最終更新日:2024年04月18日に更新しました。現在までに確認した競艇予想サイトの口コミ数:15,797

競艇予想で勝つ競艇ボートレースの「舟券の買い方」〜競艇マークシートの書き方

▼ 競艇予想で勝つ舟券の買い方研究

  1. 舟券の勝つ買い方〜マークシートについて

    舟券購入に本場で使うのはマークシート

    競艇ボートレースにおいて舟券を買う際には、本場であるなら競馬のマークシート同様にいくらでも無料でもらえるマークシートを利用するだろう。


    競艇用マークシートの置いてある場所

    投票用紙は本場に行けば置いてある


    競艇のマークシートの種類

    通常投票の用紙に加え、BOX用や、流し用、最近ではフォーメーション投票用の用紙も様々な場で追加されている。

    インターネット投票についても同様で、BOX投票やフォーメーション投票をしている人も多いことだろう。(基本競馬と同じだ)

    ただ、どれだけ点数を買おうが的中する舟券は1つしかなく、多点買いをしている段階で、必ずハズレ舟券を買っていることになる。
    流しやBOXなど、面倒だからと均等買いを続けていては、どんどん回収率も下がってしまう

    そこで勝つ舟券の効率的な買い方を中心に、マクシートの書き方も添えて考えてみたいと思う。



  2. 勝つ舟券の効率的な買い方を考える

    ❶競艇 舟券の「BOX買い」について

    競艇ボートレースの舟券購入に使うマークシートの書き方、BOX買い_ボックス買い
     
    これはボートレース多摩川の第3レースにて、的中率の高い①-②-③で1点100円で買った場合の三連単「BOX買い」のサンプル画像です。

    このフォーメーションってマークシートは、けっこう万能なマークシートで、流しも買えるし、フォーメーションも競馬で言うマルチも、ボックスも全部買える。

    だがまだ導入してない競艇場もあったと思うので、どこでも手に入るわけではないと思う。
    順次導入されており、既に全場導入されてるのかは不明(2020年5月時点)


    舟券の「BOX買い」とは

    競艇ボートレースの「BOX買い」とは当該レースにおいて、1〜3着までに来る艇選び、その選んだ複数のレーサーの組み合わせを、全て買う買い方のことだ。

    この舟券の「BOX買い」の買い方だが、非常に効率が悪い買い方である。

    というのも、競艇ボートレースという競技は、非常に人気が偏りがちな競技であるからだ。
    昨今のインコースが異常に強い状況が、その大きな要因だろうが、オッズに偏りがあるため、無駄な舟券を買っているケースが多く、損をする可能性が高いのだ。


    「BOX買い」の回収率は?

    6艇あるうち、3艇に絞る事で、買い目は6点まで絞れるのだからお得ではないかと思われがちだが、実際はなかなか当たらない
    当たらないだけではなく、回収率もすこぶる悪い。

    一般戦も含めた、全レースの回収率で最も高いのは「①=②=③」であるが、その回収率は75%を切るのだ。

    それ以外の3艇BOXは回収率が70%を切るものばかりで、とてもこれでは買う事が出来ないだろう。
    自信があって3艇に絞れたのなら話は別だが、それでも基本的には割に合わない買い方だという事はいっておきたい。

    ただ、SGやG1などのレベルの高いレースになると、そもそも3艇に絞るのが難しく「②=③=⑥」や「②=④=⑥」であれば、回収率も90%を超えるくらいまではあるので、買えない事もない。

    そして全グレードについて言えるのが、BOXを買うのであれば、儲けるというよりも損しないために、内枠重視が良いだろう。



    ❷競艇 舟券の「流し買い」について

    競艇ボートレースの舟券購入に使うマークシートの書き方、流し買い
     
    これはボートレース多摩川の第3レースにて、①-③、④で1点100円で買った場合の三連単「流し買い」のサンプル画像です。


    舟券の「流し買い」とは

    競艇ボートレースの「流し買い」とは1艇もしくは2艇を軸にし、手広く買う方法である

    3着は何がくるか分からないのが競艇の一つの定石であり、3着を絞ったことで、外れた経験がある人は多いだろう。
    そういった経験から「とりあえず流しておこう」というのがこの「流し舟券」の一番買われる理由だと思う。


    「流し買い」の回収率は?

    全レースで見た「流し買い」で回収率が一番高いのは「①-②-流し」で、その数字は76%もある
    それ以降も1を頭に固定した流しならば、大体が75%くらいの回収率にはなる。

    なので一般戦を含めると、流すより、絞って買った方がいいと思われる。

    ただBOX買いと同様に、SG・G1のレースに限定すると回収率が高い目も出てくる。シンプルな「①-②-流し」でも85%近くあるし、「③-⑤-流し」は91%もあり、3着が分からないのならば、流しておいた方がいいかもしれない。
    3着は誰がきてもおかしくないくらいに、皆が上手い選手ばかりだからだ。



    ❸競艇 舟券の「フォーメーション買い」について

    競艇ボートレースの舟券購入に使うマークシートの書き方、フォーメーション買い
     
    これはボートレース多摩川の第3レースにて、1着①,②-2着①,②-3着③,④の三連単「流し買い」のサンプル画像です。


    舟券の「フォーメーション買い」とは

    フォーメーション買いとは、1着艇、2着艇、3着艇を、それぞれ1艇以上選択して、購入可能な組合せのすべてを購入する投票方法である

    この買い方が広まってきたおかげで、いろんな予想スタイルに対応できるようになり、利用する人も多いと思う。
    ただ「フォーメーション買い」は点数を絞ることもできれば、手広くすることもできるので、儲けが少なくなったりトリガミになることもあるので、そこがフォーメーションの欠点と言える。


    「フォーメーション」の回収率は?

    回収率はというと、1着を①号艇に固定して、2・3着を3艇ずつで買った時のパターンで検証すると、どの目も75%近くを推移しており、そこまで押す理由は見当たらなくなった。

    ただ、的中率は高く、2・3着を②号艇・③号艇・④号艇にした時は、28%もあるし、平均的にも15%以上あり、ここに関しては優秀だ。

    フォーメーション買いをするとしたら、内枠に強い選手を配置する賞典レースのような①号艇の信頼度の高いレースで、2・3着を外枠絡みで買う方法がオススメだ。
    そうすれば、回収率も80%超えるくらいまでにはなるだろう。



    ❹競艇 舟券の「マルチ買い」について

    競艇ボートレースのネット投票の画面
     
    競馬でいう「マルチ」って買い方は競艇には無い
    なので「マルチ買い」対応のマークシートも無いし、ネット投票でもマルチの買い方は無い。


    「マルチ買い」が無い理由

    6艇しかない競艇では基本的には無い買い方だが、一応紹介しよう。
    この買い方は、必ず3着以内に入る軸艇を選び、その相手を選んで買う方法である。

    1艇軸マルチなら、相手数が3艇なら18点、4艇なら36点、5艇なら60点になる。
    あまりにも購入する点数が多くなるので、やるなら競艇なら2艇軸マルチがいいだろう。

    2艇軸なら、2艇なら12点、3艇なら18点、4艇でも24点で済むのだ。
    まぁ、すでに3着までに入る艇を2艇選んで段階でかなり絞っているのだが。

    この買い方だが、当然ながら回収率は良くない。
    2艇軸を決めた後に、相手を4艇にした時の回収率はとても悪く、最高でも70%と、そのほとんどが50%台であった。

    これは外枠の頭の舟券が含まれてしまう関係でそうなっているのだろう。
    1号艇と2号艇を軸固定して、相手を絞ったとしても、基本的には回収率は悪く、この買い方は競艇には向いていないと断言できる。



  3. 勝つ舟券の買い方〜おすすめの舟券

    これまでマークシートの記入方法と一緒に「舟券の買い方」について書いてきたわけだが、競艇ボートレースで勝つ為には、実は競艇場別になるとその傾向も変わってくることも知っておいた方が良いだろう。

    そこで最後に、おすすめの舟券を紹介しよう。

    勝つ為の、おすすめ競艇場別「BOX買い」

    まずBOX舟券についてだが、ボートレース徳山の「②=④=⑥」が一番おすすめだ。
    回収率は128%もあり、十分に買う事のできる数字だ。


    勝つ為の、おすすめ競艇場別「流し買い」

    流し舟券については、ボートレース大村の「②−④−流し」がおすすめと言える。
    これも回収率110%と優秀で、買い続けられる目だろう。

    この2つの競艇場に共通するのは「競艇の1コースの勝率」にも書いたようにインコースの勝率が非常に高いという事だ。

    それゆえ出現率とオッズのバランスで、このような結果になっていると思われる。
    なににしても、盲点だと思うので、選ぶレースは自分で考えるしか無いが、是非ここに注目して舟券を購入してほしい。


無料予想のある、優良競艇予想サイト

  • 【優良】

    競艇ジャンキーTの知識と情報、見解がスゴイ

     4/12にはまたもや「ナイトパック」で大村5R(24.3倍)→大村6R(12.5倍)で24万 2500円の払戻し。

    業界一の競艇の知識を持つサイトではないだろうか。実際に予想担当者が現地で収穫した情報やブログなど、生々しい本物の情報が提供されるのはココだけだと思う。
    無料予想とコンテンツだけでも十分に楽しめるサイトだ。

  • 【優良】

    見解はないが精度はいい

     4/11 「イン鉄板コロガシ」で戸田10R(22.0倍)→戸田12R(14.9倍)とコロガシ成功、26万 2240円の払戻し。
    無料予想の見解が載っていないのが少し残念ではあるが、的中率、回収率は良いのでヨシとしよう。

  • 【優良】

    競艇道と同じIPだが随分と違う。

     4/10 「ラリアットナイター」という予想で鳴門10R(21.9倍)→鳴門11R(16.2倍)とコロガシが成功し、15万 8760円の配当となった。
    闘魂ボートでも無料予想の長期検証を2回、2ヶ月もかけて行ったが、結果が良かったので注目することとなった。

  • 【優良】

    安い。3000円からで無料予想の的中率、回収率も高い!

     4/4にはクイーン(200pt)というコースで、多摩川4R(19.1倍)→多摩川7R(12.2倍)と、5点と4点という少点数で転がしを成功させ、13万 9080円の払い戻し。
    リアルタイムボートは有料コースの値段の安さが魅力的だ。最近減ったがリアルタイム予想も必見だ。

  • 見解が凄い。競艇・競馬・競輪の予想販売をしてる3競 3K

     4/3には「村上予想」で、蒲郡6R(30.0倍)→蒲郡8R(8.2倍)とコロガシで、14万 7600円の払戻し。
    競馬予想も、競艇予想も、競輪予想も、なんと1つのアカウント全ての無料予想の閲覧が可能となる。また、この三競競艇という競艇予想サイトも提供される予想に「必ず載ってる」見解が秀逸なので、無料情報でも参考になるぞ。

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競艇予想サイトの抜き打ち検証」は、競艇予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/04/17

ボートセンスという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競艇予想サイトボートセンスの無料予想(無料情報)は、2024/04/17の児島3Rで提供された買い目である。

ボートセンスという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ボートセンスの無料予想(2024/04/17)

後半に準優を控える1号艇北中
今節の仕上がりは中堅程度の足色であったが、インならしっかりと持つレベルにはあったように思う。
スタートもしっかりと行けているので、先マイして逃げるのみであった(準優前でもインで人気を背負うならスタートは決める)
1着固定で良い。

焦点は2・3着争い
本来であれば2号艇小池を中心視したい所なのだが、調整を合わせられるか微妙な所であった。
昨日は回転を合わせられておらずインから惜敗。
合えば出足中心に良い部類だとは思うが、絶対的な信頼はおけないという感じである。

3号艇渡邊裕貴や、5号艇末永も絡むだけの足はあった。
特に末永はギアケースを交換してから気配が上昇しており、軽視は禁物であったと思う。

6号艇渡邉に関しては伸び寄りの足だったので、6コースという事も考慮すれば、2・3着には厳しかった。
自力で仕掛けられるレベルの足ではない(出足や回り足があれば展開も突けるだろうが)
北中から小池・渡邊裕・末永を絡めれば的中できていただろう。

予想は小池の逆転目も含めて、6号艇の渡邉入れすぎである。
もっと柔軟に予想をすれば、末永の2着は買えるので勿体なかった。



2024/04/15

ザブーンという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競艇予想サイト競艇ザブーンの無料予想(無料情報)は、2024/04/15の津4Rで提供された買い目である。

競艇ザブーンという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 競艇ザブーンの無料予想(2024/04/15)

1号艇には近況、インから全く逃げ切れていない鈴木が乗艇していた。
直近6ヶ月の1着率は約15%、3連対率でさえ約31%と、信頼するには程遠い数字が並んでいた。
その上、モーターの仕上がりも良くない。
逃げで買える要素はほぼなかった。

では誰を中心視するか
間違いなく3号艇水摩であろう。

今節は出足が弱いものの、行き足から伸びにかけての足が良かった。
特に伸び切ってからの足が良い。
2日目の8Rを見れば明らかで、まくり切るまではいかなかったものの、スローからでも内を呑み込んで行く雰囲気があった。
後半の12Rも同様である。

足だけではなく、選手自身もまくりタイプの選手である。
3〜6コース、全てのコースでまくり勝ちが差し勝ちよりも多い。
3コースに関して言えば、倍以上も違う(まくり勝ち5、差し勝ち2)
1マークは絶対にまくりに行くと想定できた。

そう考えれば展開も非常に分かりやすい
水摩の攻めに乗って4号艇宇佐見5号艇富永は差すだけで良かった。
「3-4-5」は真っ先に思いつく目である。

競艇ザブーンの予想は買い目を見る限り、2号艇深澤が攻めている展開を想定してるのだろう。
一つ外の水摩が攻めれば、深澤は1マーク窮屈になるので圏外になる可能性が高いからだ。

2コースから攻めるのは難しい上に、水摩がまくる気満々の気配。
全く見当外れの予想であったと断言できる。
「3-4-5」は1番人気の決着であった、と締めておきたい。