最終更新日:2024年04月18日に更新しました。現在までに確認した競艇予想サイトの口コミ数:15,797

競艇漫画、ボートレース漫画で一番有名な「モンキーターン」について徹底解説

▼ 競艇ボートレース屈指の人気漫画「モンキーターン」

  1. 競艇ボートレース屈指の人気漫画「モンキーターン」

    競艇ボートレース漫画「モンキーターン」を今一度振り返ってみる

    大抵のスポーツにはそれを題材にした漫画アニメがある。

    野球、サッカー、バスケットボール、ボクシングなどメジャースポーツなら、誰しもが知っているような有名なものが沢山ある。

    公営競技に関して言えば、競馬はみどりのマキバオー」や、オグリキャップを主人公にした擬人マンガの「ウマ娘」などがある。

    ではボートレースにおいてはどうだろうか?

    もちろんボートレースを題材にした漫画はあり、その中でも競艇漫画の金字塔「モンキーターン」は別格の存在だと言える。

    ボートレースを知らない人にも興味を持たせるくらいに大ヒットした有名漫画であり、アニメゲームパチンコと様々な所でメディア展開された。

    競艇ボートレース漫画「モンキーターン」
    競艇ボートレース漫画の、モンキーターン



    とうに完結しているこの名作を見てボートレーサーを目指したという現役選手も沢山おり、一世を風靡したこの「モンキーターン」であるが、改めてその作品を振り返ってみたいと思う。(前にも書いた気がするが、更に詳しく書いてみた)



    ボートレース漫画「モンキーターン」の作品概要

    モンキーターン」という競艇ボートレース漫画は「週刊少年サンデー」にて、1996年 36・37号合併号から2005年3号までの約9年間掲載されていた漫画だ。

    コミックスは全30巻、累計発行部数は1000万部を突破しており、第45回小学館漫画賞も受賞している作品である。

    作者は「帯をギュッとね!」や「とめはねっ!」の作者でもある河合克敏先生だ。

    河合克敏先生
    原作者の、河合克敏先生



    アニメ化もされており、2004年1月10日から12月18日までテレビ東京にて全50話放映された。

    まずガチの公営競技漫画がアニメ化をしている(徹底してスポーツ競技として描かれている)という段階でかなり凄いと思うし、それがボートレース予想サイトで飽和状態となった現在ではなくボートレースの売り上げが少なく、人気のなかった時代に様々なメディアで展開されたというところに余計価値があると思う。

    よくここまで人気になったものだなという感じである。
    ボートレース云々より、単純にストーリーが面白かったという事だろう。
    CS放送レジャーチャンネルでアニメモンキーターン
     


    ボートレース漫画「モンキーターン」の登場人物

    モンキーターンの登場人物をおさらいしつつ、軽くその話の内容にも触れておきたい。

    波多野憲二

    競艇ボートレース漫画「モンキーターン」に登場する波多野憲二


    競艇ボートレース漫画「モンキーターン」の主人公である。
    東京支部に所属するボートレーサーで、この波多野憲二がグランプリを優勝するまでというのがストーリーの中心である。
    モンキーターンだけではなく、Vモンキーというさらに鋭角にターンする技術を身につけ、ボートレース界に旋風を巻き起こす。
    モデルは「濱野谷憲吾」。
    ちなみにだが、ボートレースの漫画を描こうとした作者河合が、出版社の人と平和島に下見をしに行った時に、この濱野谷のターンがカッコ良くて、モデルに決めたらしい。


    洞口雄大

    競艇ボートレース漫画「モンキーターン」に登場する洞口雄大


    主人公波多野憲二の本栖時代の同期であり、最大のライバル。
    「愛知の巨人」と呼ばれる名選手・洞口武雄を父に持つ。
    物語途中では「洞口スペシャル」という超出足型のプロペラを駆使し、一気にスターダムへと駆け上がっていった。


    青島優子

    競艇ボートレース漫画「モンキーターン」に登場する青島優子
     

    波多野の同期であり、福岡支部に属する選手。
    ターンテクニックだけでなく、精神面でも強く、女子の一流レーサーへと成長していく。
    波多野のライバル洞口がこの青島の事を好きであり、物語の後半では波多野も巻き込んでドロドロの恋愛展開になる(笑)


    榎木祐介

    競艇ボートレース漫画「モンキーターン」に登場する榎木祐介
     

    物語における最強レーサー
    艇王」という異名を誇り、全ての選手の目標となる選手である。
    モデルは引退した「植木通彦」であり、大怪我をしたエピソードなどは、実際に植木が現役の時に起こった出来事をモチーフにしている。


    生方澄

    競艇ボートレース漫画「モンキーターン」に登場する生方澄
     

    波多野憲二の幼なじみであり恋人
    ボートレーサーではないが、波多野の事をいつも応援している。
    しかし前述した通り、物語の後半では波多野が、同期の青島とこの生方のどちらを好きなのか、みたいな全くボートレースに関係ないドロドロストーリーが展開され、読者から非難がかなりきたらしい。
    結局は生方に落ち着くのだが、なんでそういう構成になったのかは、作者の河合ですら分からないのだとか(笑)

    この他にも現役選手がモデルになった登場人物としては、蒲生秀隆(山室展弘がモデル)や潮崎俊也(山崎智也がモデル)、もっと直接的には田胴満(田頭実がモデル)なんてキャラもいた。



    ボートレース漫画「モンキーターン」に影響を受けた選手

    現役選手の中でもモンキーターンに影響を受けた選手は多いと書いたが、少しだけ紹介したいと思う。(他にもいるだろう)

    ・芦澤克彦
    ・山本浩輔
    ・樋口喜彦
    ・鈴木智啓
    ・若林将
    ・松本晶恵
    ・宮地元輝
    ・木場悠介
    ・石田貴洋

    この辺りが、直接的に選手になるキッカケとなったわけだが、クイーンズクライマックスを2度制するなど、女子のトップとして活躍する「松本晶恵」もモンキーターンが要因というのは驚くべき事実である。

    もし、モンキーターンがなければ今の松本はないという事を考えると、改めてその影響力の大きさが分かる。
    皆漫画を読んで憧れて、レーサーを目指したというわけである。
    多くの人の人生を左右するほどのものすごい影響力のあった競艇ボートレースのレジェンド漫画だ。



    「モンキーターン」はパチンコ・パチスロ化で一気にファン拡大手

    漫画が連載されている当時にモンキーターンのファンになった人も多いとは思うが、最近のファンはパチンコ・パチスロから入った人の方が多いかもしれない。

    現在までに「モンキーターン」のパチンコ5タイトルパチスロ4タイトルと出ており、かなり人気のあるタイトルとなっているだが、中でも2011年に導入された初代パチスロ・モンキーターンが一番人気らしい。

    パチスロなど詳しくないのでどれくらいの数がヒットなのかあまり分からないが「6万台以上も売れるヒット」だったらしく、今でも初代モンキーターンの話をするファンがいるそうだ。

    パチスロ初代モンキーターン
    パチスロ初代モンキーターン



    パチンコの発表会時には菊池や、池田など、SGクラスの現役のトップレーサーが登場したりと、ボートレース業界を上げて盛り上げようとしていたらしい。

    一漫画であったものが、様々な形でメディア展開され、業界本部をも動かすという典型的な例だと思う。

    また他にプレイステーション2携帯ソーシャルゲームにもなっていたそうだ。
    ほんとに凄いモンキーターン」なのだ。

    現在となっては、そこまでこの漫画に触れる機会はないかもしれないが、いろいろな意味で今のボートレース人気の礎を築いた作品である事は間違いない。(きっと競艇予想サイトの運営者達も、この漫画読んで勉強でもしてるのだろうw)


無料予想のある、優良競艇予想サイト

  • 【優良】

    競艇ジャンキーTの知識と情報、見解がスゴイ

     4/12にはまたもや「ナイトパック」で大村5R(24.3倍)→大村6R(12.5倍)で24万 2500円の払戻し。

    業界一の競艇の知識を持つサイトではないだろうか。実際に予想担当者が現地で収穫した情報やブログなど、生々しい本物の情報が提供されるのはココだけだと思う。
    無料予想とコンテンツだけでも十分に楽しめるサイトだ。

  • 【優良】

    見解はないが精度はいい

     4/11 「イン鉄板コロガシ」で戸田10R(22.0倍)→戸田12R(14.9倍)とコロガシ成功、26万 2240円の払戻し。
    無料予想の見解が載っていないのが少し残念ではあるが、的中率、回収率は良いのでヨシとしよう。

  • 【優良】

    競艇道と同じIPだが随分と違う。

     4/10 「ラリアットナイター」という予想で鳴門10R(21.9倍)→鳴門11R(16.2倍)とコロガシが成功し、15万 8760円の配当となった。
    闘魂ボートでも無料予想の長期検証を2回、2ヶ月もかけて行ったが、結果が良かったので注目することとなった。

  • 【優良】

    安い。3000円からで無料予想の的中率、回収率も高い!

     4/4にはクイーン(200pt)というコースで、多摩川4R(19.1倍)→多摩川7R(12.2倍)と、5点と4点という少点数で転がしを成功させ、13万 9080円の払い戻し。
    リアルタイムボートは有料コースの値段の安さが魅力的だ。最近減ったがリアルタイム予想も必見だ。

  • 見解が凄い。競艇・競馬・競輪の予想販売をしてる3競 3K

     4/3には「村上予想」で、蒲郡6R(30.0倍)→蒲郡8R(8.2倍)とコロガシで、14万 7600円の払戻し。
    競馬予想も、競艇予想も、競輪予想も、なんと1つのアカウント全ての無料予想の閲覧が可能となる。また、この三競競艇という競艇予想サイトも提供される予想に「必ず載ってる」見解が秀逸なので、無料情報でも参考になるぞ。

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競艇予想サイトの抜き打ち検証」は、競艇予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/04/17

ボートセンスという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競艇予想サイトボートセンスの無料予想(無料情報)は、2024/04/17の児島3Rで提供された買い目である。

ボートセンスという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ボートセンスの無料予想(2024/04/17)

後半に準優を控える1号艇北中
今節の仕上がりは中堅程度の足色であったが、インならしっかりと持つレベルにはあったように思う。
スタートもしっかりと行けているので、先マイして逃げるのみであった(準優前でもインで人気を背負うならスタートは決める)
1着固定で良い。

焦点は2・3着争い
本来であれば2号艇小池を中心視したい所なのだが、調整を合わせられるか微妙な所であった。
昨日は回転を合わせられておらずインから惜敗。
合えば出足中心に良い部類だとは思うが、絶対的な信頼はおけないという感じである。

3号艇渡邊裕貴や、5号艇末永も絡むだけの足はあった。
特に末永はギアケースを交換してから気配が上昇しており、軽視は禁物であったと思う。

6号艇渡邉に関しては伸び寄りの足だったので、6コースという事も考慮すれば、2・3着には厳しかった。
自力で仕掛けられるレベルの足ではない(出足や回り足があれば展開も突けるだろうが)
北中から小池・渡邊裕・末永を絡めれば的中できていただろう。

予想は小池の逆転目も含めて、6号艇の渡邉入れすぎである。
もっと柔軟に予想をすれば、末永の2着は買えるので勿体なかった。



2024/04/15

ザブーンという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競艇予想サイト競艇ザブーンの無料予想(無料情報)は、2024/04/15の津4Rで提供された買い目である。

競艇ザブーンという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 競艇ザブーンの無料予想(2024/04/15)

1号艇には近況、インから全く逃げ切れていない鈴木が乗艇していた。
直近6ヶ月の1着率は約15%、3連対率でさえ約31%と、信頼するには程遠い数字が並んでいた。
その上、モーターの仕上がりも良くない。
逃げで買える要素はほぼなかった。

では誰を中心視するか
間違いなく3号艇水摩であろう。

今節は出足が弱いものの、行き足から伸びにかけての足が良かった。
特に伸び切ってからの足が良い。
2日目の8Rを見れば明らかで、まくり切るまではいかなかったものの、スローからでも内を呑み込んで行く雰囲気があった。
後半の12Rも同様である。

足だけではなく、選手自身もまくりタイプの選手である。
3〜6コース、全てのコースでまくり勝ちが差し勝ちよりも多い。
3コースに関して言えば、倍以上も違う(まくり勝ち5、差し勝ち2)
1マークは絶対にまくりに行くと想定できた。

そう考えれば展開も非常に分かりやすい
水摩の攻めに乗って4号艇宇佐見5号艇富永は差すだけで良かった。
「3-4-5」は真っ先に思いつく目である。

競艇ザブーンの予想は買い目を見る限り、2号艇深澤が攻めている展開を想定してるのだろう。
一つ外の水摩が攻めれば、深澤は1マーク窮屈になるので圏外になる可能性が高いからだ。

2コースから攻めるのは難しい上に、水摩がまくる気満々の気配。
全く見当外れの予想であったと断言できる。
「3-4-5」は1番人気の決着であった、と締めておきたい。