最終更新日:2024年07月20日に更新しました。現在までに確認した競艇予想サイトの口コミ数:16,237

競艇(ボートレース)における面白い冠協賛レース名や、企業向け、個人向け冠協賛レースの料金

▼ 競艇ボートレースにおける面白い冠協賛レースタイトルと料金

  1. 競艇の面白いレースタイトル

    競艇ボートレース開催タイトルで、かなりふざけた面白いレースタイトル名をたまに目にする。
    競馬では考えられないタイトルも多く、例えば冠協賛レース(金を払えば自分の好きなレース名を付けられる)で「大根おろしの彼女募集記念レース」のように冗談としか思えないレースでは、女性アナウンサーが笑ってしまう、放送事故までおきた(笑)

    競艇でタイトルが面白すぎて笑ってしまい放送事故となった「大根おろしの彼女募集記念レース」
    YouTubeで見る



    「大根おろし、38歳 会社員群馬県南部在住、ボートピア岡部をはじめ桐生戸田を愛する男、人柄はいいのに何故か女性に縁がない、ここいらで〜」…って、何言わしてんねん、と言いたくなるような面白いものがあり、競馬とはそこらへん、随分と違うようだが一体どうなっているのだろう?



  2. 競艇のレースタイトル名

    競艇ボートレースにおいてSGなどだと、毎年開催場所こそ変わっても、基本的にはレースのタイトル名だけは変わらない。

    …まぁ2014年には、タイトル名を一新してたので「絶対」ではなく、「賞金王決定戦」は「グランプリ」になったし、「総理大臣杯」は「ボートレースクラシック」にもなっており、全然名前が違うものになったものもいくつかあり、改名当初は馴染みが薄く、慣れない感じであったらしいのだが、いまではもうすんなりと受け入れられるくらいにまでなってきているのではないだろうか。
    変更は過去に何度かはあったものの、基本的には変わらずにいるのがSGのタイトル名だ。

    同様に、各競艇場における周年記念レースも、多少の改名はあったものもあるものの、基本的には同じ名称が変わらずにずっと続いている。

    SGやG1レベルになると、伝統や歴史があるので、タイトル名にも馴染みというものがあるだろうが、一般戦になると冒頭にも可笑しなタイトルを紹介したが、よくわからないタイトル名や、冠協賛レースが妙に増えているのが現在の競艇ボートレースの状況だ。


    調べてみると、昔はタイトル名のついていない、「一般競走」というものがあったらしい。
    2003年あたりまでは、普通の一般戦の約半数はこの「一般競走」というものだったようだ。
    それが、2004年頃から徐々に減っていき、2007年には14%くらいで、2011年には3%(22開催)くらいまで減っていった。
    2012年以降は、ほぼなくなり、2016年10月を最後にこの「一般競走」というタイトル名は無くなったのである。
    確かに、レースに名前がついてある方が、なんの味気もない「徒競走」とか言われてるような「一般競走」みたいな名前よりは良いとは思うが、何かしらの方針などがあったのかは分からない。

    そこで次の項目からは、一般戦における、おもしろいタイトル名や、冠協賛レースを調べてみたので紹介していきたい。



  3. 面白いタイトル名がついたレース

    ● オータムモーニングバトル〜私のイケメン選手権〜(唐津)

    2018年 10月4日から9日まで行われた当レースなのだが、タイトル名についてある、「私のイケメン選手権」というところに目が引かれる。

    「私の」…「え、誰の?」…と思わず問いたくなってくるのだが、誰かがイケメンを選んだのではないかという事は想像できる。
    どうせファン投票で選ばれた選手だろ、とか安易に思いそうだが、そうではない
    実はこのレース、からつ競艇場の女性職員たちが選んだ選手80〜90人を競走会の斡旋課に提出した後に、級別や開催日程が考慮されて、46人の出場選手が決まったのである。

    つまり「私の」の「私」は、からつ競艇場の女性職員の皆さんで、かなり、独特なレース斡旋の仕方となったレースだった。で、「その思い」がタイトルにも付けられているのだ。

    中でも長崎支部の、飯山晃三選手は、自身がこのイケメン選手権に選ばれたのが不思議だったのだが、からつでその飯山を選んだ担当者が自ら、自信を持って私が選んだと説明していたらしい。
    何にせよおもしろいタイトル名である。



    ● 尼崎市長杯争奪 尼崎城築城400周年記念競走(尼崎)

    尼崎城築城400周年と、競艇のどこに関係があるのか不明だが、今現在尼崎は尼崎城の再建に沸いている。

    なんだかセットのような尼崎城築城、綺麗すぎじゃないか?
     


    なんでも 家電量販店エディオン(売上高はヤマダ電機、ビックカメラグループに次いで業界3位)の創業者である安保詮氏が、私財10億円を投じて尼崎城の再建をかって出たそうだ。
    この城は、完成後に市に寄付されることから、レース開催当時それを記念してこういったタイトル名になったそうだが、そこまで貢献したなら「永久背番号」もとい「永久レース名」でもいいのではないだろうか。
    レース開催時には、尼崎競艇内に尼崎城のふわふわ遊具が設置され、子供たちも大いに楽しんだらしい。
    ちなみに、尼崎城はというと、もう完成されているのだが、まぁ現代人が再建したからか、完成直後だからか知らないが、なんだか昭和ゴ●ラの映画のセットのような見栄えだ。
    まるで1/5スケールとかで踏み潰されてしまいそうに見えるのは、写真のアングルのせいだろうか?



    ● つるやパン提供 みんな大好き!サラダパン競走(びわこ)

    他の地区に住んでいるいる人は馴染みが無いだろうが、実はこの「つるやパン」は、滋賀県ではかなりの有名な店らしい。

    競艇ボートレースで冠協賛レースした、つるやパン
     


    テレビ番組「秘密のケンミンショー」でも紹介されたくらいの、滋賀県民のソウルフードである。
    開催中の指定席利用者に、この「サラダパン」がプレゼントされたり、優勝した選手にはサラダパンTシャツがプレゼントされたりと、タイアップレースらしさも随所にある。
    そしてこのレース、2016年から毎年行われており、ここまでスポンサー感が出ていると、個人的には競艇ボートレースはもっとスポンサーを募って盛り上げてもらいたいので良い傾向だと思う。



    ● 津ぎょうざ小学校 春の交通安全運動(津)

    交通安全だけは祈願したいのはわかるが、もはや競艇ボートレースを連想させるものはおろか、「〜競走」や、「〜選手権」という名も付いていないので、なんのことだかサッパリ分からないようなレースタイトルである。

    あまりにも不思議なこのタイトルだが、こんなフザケたタイトルでも金さえ払えばOKで、こちらもすでに3回行われている。こんなレース名でさえ定番化しつつある。

    この「津ぎょうざ」だが、津市内の学校給食発祥のご当地グルメで、市民団体「津ぎょうざ小学校」がこれを通して津の町おこしをおこなったり、情報を発信したりしている。

    そういった活動の一環として、このレースタイトルが付いたみたいだ。

    なので、決して地元の人々にとってはフザケて付けたレース名ではなく、共感を得ているもので、確かにこのレース名はインパクトがあるので、宣伝にはなっていると思う。
    ちなみに津ぎょうざは、グルメフェスなどでも賞を獲得するなどしていて、非常に人気が高いらしい。
    一度食べてみてみたいものだ。

    このあたりが、代表的なおもしろいレースタイトルだが、この他にもいっぱいあるので、皆さんも検索してみてはいかがだろうか。



  4. 冠協賛レースの料金

    冠協賛レースの料金は、安い
    例えば「ボートレース浜名湖」の場合、ウェブサイトからも簡単に料金は確認ができる。
    ■企業向け、冠協賛レース

    企業向け、競艇ボートレース 冠協賛レースの料金


    ■ 募集対象
    ボートレース浜名湖で開催される、4~6日間のノンタイトル一般戦

    ■ 協賛金
    4日間:現金 20万円、もしくは相当額の物品
    5日間:現金 25万円、もしくは相当額の物品
    6日間:現金 30万円、もしくは相当額の物品

    ■ 協賛タイトル名およびPR内容の告知
    出走表、場内テレビ、浜名湖ニュース、新聞広告、JLC、ライブ&リプレイ、ボートレース浜名湖ホームページなどでタイトル名等を紹介。

    ■ 冠協賛の特典
    企業協賛の場合は、場内テレビにCM・PRビデオの放映、また場内の特設ブースでイベント・キャンペーンが無料で実施できる。さらに、冠協賛者を特別席に招待、1節間のタイトル協賛者および優勝戦のタイトル協賛者は表彰式に参加することができる。

    ■ 問い合わせ
    浜名湖競艇企業団 宣伝課 冠協賛レース担当



    ■個人向け、冠協賛レース

    企業向け、競艇ボートレース 冠協賛レースの料金


    ■ 募集対象
    ボートレース浜名湖で開催される1レース
    ※ボートレース浜名湖の開催日程をご確認の上、問合せる。
    ※希望日の2週間前までに申し込みをする。

    ■ 協賛金
    1レース:現金 1万円
    優勝戦:現金 3万円

    ■ 協賛タイトル名およびPR内容の告知
    出走表、場内テレビ、JLC、ライブ&リプレイ、ボートレース浜名湖ホームページなどでタイトル名等を紹介。
    ※ボートレース浜名湖場内ではレース開始前にタイトル名をアナウンスするが、映像内には音声は流れない。

    ■ 冠協賛の特典
    当日の出走表、オリジナルクオカード500円分、冠レース映像DVD1枚(デッキ再生用)をプレゼント。さらに、冠協賛者を特別席に招待、優勝戦のタイトル協賛者はプレゼンターとして表彰式に参加することも出来る。
    ※特別席をご利用の場合、協賛日当日に案内文書を持参して来場すること。

    ■ 申込方法
    申請書に必要事項を記入し、指定アドレスへ添付し、申し込む。


無料予想のある、優良競艇予想サイト

  • 【優良】

    安い。3000円からで無料予想の的中率、回収率も高い!

     7/13には「ナイトコロガシ」というコースで、大村3R(39.2倍)→丸亀7R(8.6倍)と、2レースとも5点で転がしを成功させ、20万 2100円の払い戻し。
    リアルタイムボートは有料コースの値段の安さが魅力的だ。最近減ったがリアルタイム予想も必見だ。

  • 【優良】

    見解はないが、提供する予想の精度はいい

     7/11イン鉄板コロガシ」で三国11R(16.9倍)→宮島9R(13.2倍)とコロガシ成功、26万 6640円の払戻し。
    無料予想の見解が載っていないのが少し残念ではあるが、的中率、回収率は良いのでヨシとしよう。

  • 【優良】

    競艇ジャンキーTの知識と情報、見解がスゴイ

     7/4には「ちょいプラス+」という低額プランでびわこ8R(12.5倍)→びわこ9R(11.3倍)と、2レースともわずか4点で的中させ、21万 1310円の払戻し。

    業界一の競艇の知識を持つサイトではないだろうか。実際に予想担当者が現地で収穫した情報やブログなど、生々しい本物の情報が提供されるのはココだけだと思う。
    無料予想とコンテンツだけでも十分に楽しめるサイトだ。

  • 見解が凄い。競艇・競馬・競輪の無料予想が1つのアカウントで閲覧可能。

     7/3には「H予想」で、浜名湖8R(20.6倍)→浜名湖10R(32.4倍)とコロガシで、26万 5680円の払戻し。
    競馬予想も、競艇予想も、競輪予想も、なんと1つのアカウント全ての無料予想の閲覧が可能となる。また、この三競競艇という競艇予想サイトも提供される予想に「必ず載ってる」見解が秀逸なので、無料情報でも参考になる。

  • 【優良】

    競艇道と同じIPだが随分と違う。

     6/19 「ラリアットデイ」という予想で江戸川6R(17.3倍)→江戸川7R(9.7倍)とコロガシが成功し、20万 790円の配当となった。
    闘魂ボートでも無料予想の長期検証を2回、2ヶ月もかけて行ったが、結果が良かったので注目することとなった。

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競艇予想サイトの抜き打ち検証」は、競艇予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/07/16

ビッグボートという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競艇予想サイト「ビッグボート」の無料予想(無料情報)は、2024/07/16の江戸川2Rで提供された買い目である。

ビッグボートという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ビッグボートの無料予想(2024/07/16)

江戸川2Rのレース結果:4-5-6


江戸川で始まったG2戦。全選手がA級の選手であり、基本的には内コースが有利になるが、このレースに関しては例外であった。4号艇の佐藤のまくり一撃が有力だったからである。


まず、佐藤の引いたモーター50号機は、前節行き足から伸びにかけての足がかなり良かった。
この足で4カドになれば攻めていくのは必至であり、内枠勢としては抵抗できる足もなく、正直厳しかったように思う。普通にスタートを決めるだけでいい。


さらに、佐藤自身がまくり屋であるという点も大きい。4コースの1着のほとんどがまくりでのものであり、全コースで差しよりもまくり勝ちの方が多いのだ。佐藤がまくるのは明白だった。


相手として展開が向くのは5号艇上田6号艇山田だろう。

佐藤のまくりに乗って差し続くだけでいい。2・3着として信頼できたと思う。
いわゆるスジ舟券」というやつだ。


そんな状況に反して、予想は内枠4人の3連複BOX。本当に1マークの展開を考えているのかと疑うレベルのものであった。
モーターと選手(佐藤)を考えれば簡単なレースだった。



2024/07/18

ビーボートという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競艇予想サイト「ビーボート」の無料予想(無料情報)は、2024/07/18の浜名湖7Rで提供された買い目である。

ビーボートという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ビーボートの無料予想(2024/07/18)

浜名湖7Rのレース結果:2-5-1

1号艇にはB1級の羽野諒。初日2走は2連対と好発進を切っていた。
足は回り足がやや良く見え、出足や伸びも中堅レベルはあったように思う。しかし、イン戦で必勝かと問われると、かなり疑問であった


要因は羽野のイン戦の特徴にある。
羽野はインコース時にターンが流れることが多く、直近6ヶ月の1着率も25%とインとしてはかなり低い。これでは1着で推すことはできない。

ただ、流れるだけで先マイはしているので2・3着に残る可能性は十分ある。2連対率は約67%、3連対率に関しては約92%と信頼できるだろう。
要は「差されて負けている」ということだ。

そう考えると2号艇石塚差しが有力となる。羽野同様回り足の気配が良かったので、普通に考えれば差し切る。


また、4コースになりそうな5号艇天野も忘れてはいけない(新人の4号艇井澤が外に出るため)。4コース時は2連対率約52%、3連対率も約86%と差しの展開は逃さない。2番差しから高い確率で伸ばしてくると想定できる。


ビーボートの予想はとにかく羽野の1着が多いのが間違っている。
通常は勝てるコースの1コースだが、得意としていない選手や走り方に特徴のある選手は間違いなくいる。羽野はそういう選手だ。

今回、その辺りを考えない単調な予想だったと言える。堅くないインを必要以上に推して、その結果外したということだ。