最終更新日:2024年07月20日に更新しました。現在までに確認した競艇予想サイトの口コミ数:16,237

競艇ボートレース予想や、競艇ボートレース情報、競艇ボートレースブログなど、役立つ競艇関連サイトを紹介しています。

▼ 競艇検証.comの紹介サイト

  1. 「競艇検証.com」の紹介サイト

    競艇ボートレース関連のブログや、情報サイトを見ると、9割競艇予想サイトを運営している運営社が、まるで『ブロガーが推薦している』ように見せている自作自演の集客サイトなのが分かります(もしくは外部のライターにブログの運営をさせている)

    このページでは、そんな「自作自演のキャラ誘導」や集客サイトではない、競艇ボートレースに関連したブログや、情報サイトを「競艇検証.com」が紹介紹介して、まとめたページです。

    「競艇検証.com」では競艇ボートレース関連の独自コンテンツとして魅力的なサイトであれば、随時情報を募集をしております。

    お互いのサイトを紹介し合うことで、悪質な競艇予想サイトへの登録を未然に防ぎ、競艇の魅力などを伝えることができれば幸いです。
    (競艇予想サイトや、競艇予想サイトを運営している運営社が運営している集客サイトの紹介はお断りさせて頂きます)


    「競艇検証.com」を紹介していただく場合

    サイト名競艇検証.com
    アドレス:https://freeboatrace.com/

    バナーURL (47×160 jpeg.)https://freeboatrace.com/common/img/47_160_rogo.jpg

    バナーURL (47×160 gif.)https://freeboatrace.com/common/img/47_160_rogo.gif

    バナーURL (40×300 gif.)https://freeboatrace.com/common/img/40_300_rogo.gif

    バナーURL (80×600 gif.)https://freeboatrace.com/common/img/80_600_rogo.gif

    バナーURL (100×100 png.)https://freeboatrace.com/common/img/icon_bookmark2.png


    サイト説明
    「競艇検証.com」は競艇予想サイトの運営社ではありません。
    1つの予想サイトに対し、常に約8時間ほどかけて運営会社情報や、予想サイトとの関連性など不自然なところも徹底的に暴き、徹底的に検証しています。
    無料予想の検証についても、1サイトに対して1ヶ月、30日以上1日も欠かさず毎日キャプチャ画像を撮って「本当の予想精度」を追求しています。



  2. 「競艇検証.com」が紹介できないサイト

    「競艇検証.com」が紹介できないサイトについて

    尚、以下のようなサイトは「紹介」を受け付けておりませんのでご了承下さい。

    また、管理人が登録内容について変更・削除する必要があると判断した場合、またはサイトが閉鎖している場合、またはリンク一覧ページにリンクが無くなっている場合には、削除する場合があります。


    お断りさせて頂くサイト

    ・競艇ボートレースと関係の無いサイトは申し訳ありませんがお断りします。
    ・予想販売サイト、情報商材の宣伝サイト、検証サイト、投資などのジャンルはお断りします。
    ・サイト運営者からの情報発信(コンテンツ)の無いサイトは申し訳ありませんがお断りします。
    ・RSSで記事を引っ張ってきているだけコンテンツの無いサイトは申し訳ありませんがお断りします。



  3. 「競艇検証.com」の紹介サイト一覧

    紹介サイト一覧

    現在、確認中です。


無料予想のある、優良競艇予想サイト

  • 【優良】

    安い。3000円からで無料予想の的中率、回収率も高い!

     7/13には「ナイトコロガシ」というコースで、大村3R(39.2倍)→丸亀7R(8.6倍)と、2レースとも5点で転がしを成功させ、20万 2100円の払い戻し。
    リアルタイムボートは有料コースの値段の安さが魅力的だ。最近減ったがリアルタイム予想も必見だ。

  • 【優良】

    見解はないが、提供する予想の精度はいい

     7/11イン鉄板コロガシ」で三国11R(16.9倍)→宮島9R(13.2倍)とコロガシ成功、26万 6640円の払戻し。
    無料予想の見解が載っていないのが少し残念ではあるが、的中率、回収率は良いのでヨシとしよう。

  • 【優良】

    競艇ジャンキーTの知識と情報、見解がスゴイ

     7/4には「ちょいプラス+」という低額プランでびわこ8R(12.5倍)→びわこ9R(11.3倍)と、2レースともわずか4点で的中させ、21万 1310円の払戻し。

    業界一の競艇の知識を持つサイトではないだろうか。実際に予想担当者が現地で収穫した情報やブログなど、生々しい本物の情報が提供されるのはココだけだと思う。
    無料予想とコンテンツだけでも十分に楽しめるサイトだ。

  • 見解が凄い。競艇・競馬・競輪の無料予想が1つのアカウントで閲覧可能。

     7/3には「H予想」で、浜名湖8R(20.6倍)→浜名湖10R(32.4倍)とコロガシで、26万 5680円の払戻し。
    競馬予想も、競艇予想も、競輪予想も、なんと1つのアカウント全ての無料予想の閲覧が可能となる。また、この三競競艇という競艇予想サイトも提供される予想に「必ず載ってる」見解が秀逸なので、無料情報でも参考になる。

  • 【優良】

    競艇道と同じIPだが随分と違う。

     6/19 「ラリアットデイ」という予想で江戸川6R(17.3倍)→江戸川7R(9.7倍)とコロガシが成功し、20万 790円の配当となった。
    闘魂ボートでも無料予想の長期検証を2回、2ヶ月もかけて行ったが、結果が良かったので注目することとなった。

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競艇予想サイトの抜き打ち検証」は、競艇予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/07/18

ビーボートという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競艇予想サイト「ビーボート」の無料予想(無料情報)は、2024/07/18の浜名湖7Rで提供された買い目である。

ビーボートという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ビーボートの無料予想(2024/07/18)

浜名湖7Rのレース結果:2-5-1

1号艇にはB1級の羽野諒。初日2走は2連対と好発進を切っていた。
足は回り足がやや良く見え、出足や伸びも中堅レベルはあったように思う。しかし、イン戦で必勝かと問われると、かなり疑問であった


要因は羽野のイン戦の特徴にある。
羽野はインコース時にターンが流れることが多く、直近6ヶ月の1着率も25%とインとしてはかなり低い。これでは1着で推すことはできない。

ただ、流れるだけで先マイはしているので2・3着に残る可能性は十分ある。2連対率は約67%、3連対率に関しては約92%と信頼できるだろう。
要は「差されて負けている」ということだ。

そう考えると2号艇石塚差しが有力となる。羽野同様回り足の気配が良かったので、普通に考えれば差し切る。


また、4コースになりそうな5号艇天野も忘れてはいけない(新人の4号艇井澤が外に出るため)。4コース時は2連対率約52%、3連対率も約86%と差しの展開は逃さない。2番差しから高い確率で伸ばしてくると想定できる。


ビーボートの予想はとにかく羽野の1着が多いのが間違っている。
通常は勝てるコースの1コースだが、得意としていない選手や走り方に特徴のある選手は間違いなくいる。羽野はそういう選手だ。

今回、その辺りを考えない単調な予想だったと言える。堅くないインを必要以上に推して、その結果外したということだ。



2024/07/16

ビッグボートという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競艇予想サイト「ビッグボート」の無料予想(無料情報)は、2024/07/16の江戸川2Rで提供された買い目である。

ビッグボートという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ビッグボートの無料予想(2024/07/16)

江戸川2Rのレース結果:4-5-6


江戸川で始まったG2戦。全選手がA級の選手であり、基本的には内コースが有利になるが、このレースに関しては例外であった。4号艇の佐藤のまくり一撃が有力だったからである。


まず、佐藤の引いたモーター50号機は、前節行き足から伸びにかけての足がかなり良かった。
この足で4カドになれば攻めていくのは必至であり、内枠勢としては抵抗できる足もなく、正直厳しかったように思う。普通にスタートを決めるだけでいい。


さらに、佐藤自身がまくり屋であるという点も大きい。4コースの1着のほとんどがまくりでのものであり、全コースで差しよりもまくり勝ちの方が多いのだ。佐藤がまくるのは明白だった。


相手として展開が向くのは5号艇上田6号艇山田だろう。

佐藤のまくりに乗って差し続くだけでいい。2・3着として信頼できたと思う。
いわゆるスジ舟券」というやつだ。


そんな状況に反して、予想は内枠4人の3連複BOX。本当に1マークの展開を考えているのかと疑うレベルのものであった。
モーターと選手(佐藤)を考えれば簡単なレースだった。