最終更新日:2024年04月18日に更新しました。現在までに確認した競艇予想サイトの口コミ数:15,797

競艇用語(ボートレース用語)〜競艇初心者向けの競艇専門用語の使い方、語源や意味を徹底解説

▼ 競艇用語(ボートレース用語)の意味や使い方

  1. 競艇用語(ボートレース用語)の使い方

    競艇(ボートレース)の専門用語は沢山ある。

    競艇でも競馬でも、あるいは他の競技でもそうだが、競艇ボートレースにおいても競艇初心者だとちょっと聞いただけでは分からないような、専門的な用語がたくさん存在する。

    競艇の事をよく知っている人が競艇初心者の人に競艇のルールを教えようにも、あまりにも専門用語が多いため、なかなか難しく、その逆も然りで「こーいうターンが…」と、話そうにも伝えられない。

    決まり手として公式サイトでも使われている「まくり」など競艇ボートレースでは頻繁に使われる言葉ですら、初心者はその意味がわからないだろう。
    …「ツケマイ」や「先マイ」、「キャビる」とか日常会話の語源ではないので意味が分からなくて当然だ。

    そこでそういった競艇における専門用語個人チョイスで解説したいと思う。



  2. 決まり手における競艇用語

    ● 逃げ

    競馬などをしている人であれば、この競艇用語の意味は何となく分かるであろうが、競艇ボートレースでも同じような意味で、スタートしてから先頭にたち、そのまま先頭のままゴールする事をいう。
    競艇においては、1コースがゴールまでの一番近いコースであることから、1コースからそのまま1度も抜かれることなくゴールすることを「逃げ」、もしくは「イン逃げ」と表現する。


    ● まくり

    この競艇用語は、競艇独自のものだろうが、1コース以外の選手が、その内の艇の外を旋回する事をいう。
    1着にならなくても、外を回った段階でまくりという言葉は普通に使われるし、まくっていって1着になったりすると「まくりが決まる」などという事もある。


    ● 差し

    「差し」の意味は言葉の通りなので何となく分かるだろうが、内コースの相手を先に回らせておいて、その内側を旋回する事をいう。
    1周目1マークであれば、2コースの選手が多用する決まり手であり、道中においても頻繁に使われる競艇用語だ。


    ● まくり差し

    先ほど説明した「まくり」と「差し」をミックスさせたような用語であるが、自分の艇の1つや2つ内側の艇の外を旋回しながら、そのもっと内の艇には先に旋回をさせ、その内を旋回する技を言う。
    基本的にはまくって差すには、自分の内側に最低2艇は必要となってくるため3コースから外の艇しかすることができない


    ● 抜き

    この競艇用語は、1周目の第1ターンマークを旋回した段階では、先頭ではなかった艇が、道中で先頭艇を抜かした結果、1着になる事をいう。
    仮に1周目1マークで先頭だった艇が、道中で抜かれ、またその艇を抜き返した場合でも決まり手として使われる。


    ● 恵まれ

    これはいわゆる「ラッキー」って意味だが、競艇用語においては先に走っている艇の欠場(フライングや転覆)などによって、その後ろを走っている艇が1着になる事をいう。


    ● ツケマイ

    これは正式な決まり手ではないが、道中における戦法だ。
    道中で、2艇ないしは3艇で競っている時に、内側の艇の外ギリギリを旋回する事である。
    これが決まると、内側の艇は直に外の艇の波を食らうので、一気に差がひらく、必殺技的戦法。しかし外を旋回するため、よほど旋回スピードが違うかしないとなかなか決まらない。決まるとカッコイイw



  3. モーターの足における競艇用語

    ● 足

    足とは、モーターの性能を表す用語だ。


    ● 伸び足

    これは直線での加速を示す競艇用語だ。
    トップスピードに乗った時のものでもあり、モーターの差が一番分かりやすいものである。


    ● 出足

    エンジンはかかっているが、ほとんど動いていない状態から、一気に加速する時の競艇用語だ。
    この足が、基本的に競艇では一番大事になってくる。


    ● まわり足(回り足)

    競艇で旋回する時に、ボートの操縦性の良さを表す競艇用語だ。
    この足がいいと、旋回しやすいことになる。


    ● 行き足

    出足とトップスピードに入る伸びとの間の足のことで「二の足」ともいわれる、選手用語に近いものだ。



  4. 進入における競艇用語

    ● 前付け

    艇番の大きい、本来ならアウトコースに入るであろう艇が、内側のコースを取りに来ること
    その代償としてスタートまでの助走距離が少なくなり、トップスピードにならないままスタートを切る可能性があるという、リスクがある


    ● スロースタート

    1コース〜3コースの選手が多くとるスタート戦法で、助走距離は短くなる


    ● ダッシュスタート

    4コース〜6コースの選手が多くとるスタート戦法で、助走距離が長くなり、トップスピードにのった状態でスタートが決まれば、内側の艇をまくることも可能になる。


    ● カド

    ダッシュスタートをする艇の中で、一番内側にいる艇のことをいう。
    この選手(カド)が起点になってレースが展開されることが多い。



  5. その他の競艇用語

    ● 放る

    競艇用語でスロットルレバーを放して減速することをいう。
    スタートする時などに、そのタイミングを調整(フライングしないようにするため)するために行われることが多く、スタートにおいての放りは「アジャスト(調整する)」ともいわれる。


    ● 安定板

    強風などで水面の波が強い時に艇を安定させるために付けられるプレートのことだが、ただこの「安定板」をつけると伸びが弱くなり、まくりが決まりにくくなるというデメリットがある。


    ● かかり

    旋回の時に、プロペラが水を食う度合いをさす競艇用語で、これがいいと、旋回が早くなる
    使い方としては、選手が「もう少しかかりが欲しい」などと、いった感じで使われる競艇用語だ。


    ● キャビる

    キャビテーション」という言葉を短くしたもので、水の中の気泡によって、プロペラが空転状態になり、急減速する事をいう。
    とくに、前の艇の波の後を走る時に、起こりやすい。


    ● 節一

    一つの開催において、一番出ているモーターのこと(調子いいモーター)をいう。


    ● 先マイ

    他の艇よりも先に旋回体制に入ることである。


    ● 外マイ

    他の艇の外を旋回することである。
    2艇での並走でターンに向かった場合、外から旋回体制入ったとしても差したりもできるので、それは外マイとは言わない。


    ● チルト

    モーターをボートに取り付ける角度のことをいう。
    小さい角度だと、出足、回り足がよくなり大きい角度になると伸び足がよくなる。
    因みにこの調整は−0.5〜3度で調整ができる。


    ● 鳴く

    スタート時に、キャビり(水中の気泡で、プロペラが空転状態になり急減速する事)に近いような状態になり、思うような加速ができないこと。
    空吹かしによって高いエンジン音が出るため、このように呼ばれている


    ● 振り込む

    旋回時に、必要以上にボートが回ってしまい、減速してしまうことで、コレはキャビテーションとリンクしている部分が多少あり、その場合言葉の使い方は「キャビって振り込んだ」などと表現する。


    ● バックストレッチ

    1マーク(スタートして最初にターンする)と2マークを直線で結んで水面を手前と奥側の2つに分けた時の奥側の事
    つまり1マークを回った後に2マークまで走る側の水面の事をいう。


    ● 展示タイム

    レース直前に選手が周回展示する、2周目バックストレッチにおける、スタートラインの延長線上から2マークまでの150m走破タイムのこと

    詳しくは「展示タイムを使って予想する」で解説しています。




    「競艇専門用語」は競艇場で観戦しながら覚えよう。

    …このあたりが、競艇初心者がちょっと聞いただけでは分からないような競艇専門用語だが、説明をよんでお分かり頂けただろうか?

    実際にレースにおいて、そのシーンが起きた時に説明した方がもっと分かると思うので、機会があれば最寄りの競艇場などを探し、この説明をもとに競艇場で観戦しながら見てると、なんとなく分かると思いますw


無料予想のある、優良競艇予想サイト

  • 【優良】

    競艇ジャンキーTの知識と情報、見解がスゴイ

     4/12にはまたもや「ナイトパック」で大村5R(24.3倍)→大村6R(12.5倍)で24万 2500円の払戻し。

    業界一の競艇の知識を持つサイトではないだろうか。実際に予想担当者が現地で収穫した情報やブログなど、生々しい本物の情報が提供されるのはココだけだと思う。
    無料予想とコンテンツだけでも十分に楽しめるサイトだ。

  • 【優良】

    見解はないが精度はいい

     4/11 「イン鉄板コロガシ」で戸田10R(22.0倍)→戸田12R(14.9倍)とコロガシ成功、26万 2240円の払戻し。
    無料予想の見解が載っていないのが少し残念ではあるが、的中率、回収率は良いのでヨシとしよう。

  • 【優良】

    競艇道と同じIPだが随分と違う。

     4/10 「ラリアットナイター」という予想で鳴門10R(21.9倍)→鳴門11R(16.2倍)とコロガシが成功し、15万 8760円の配当となった。
    闘魂ボートでも無料予想の長期検証を2回、2ヶ月もかけて行ったが、結果が良かったので注目することとなった。

  • 【優良】

    安い。3000円からで無料予想の的中率、回収率も高い!

     4/4にはクイーン(200pt)というコースで、多摩川4R(19.1倍)→多摩川7R(12.2倍)と、5点と4点という少点数で転がしを成功させ、13万 9080円の払い戻し。
    リアルタイムボートは有料コースの値段の安さが魅力的だ。最近減ったがリアルタイム予想も必見だ。

  • 見解が凄い。競艇・競馬・競輪の予想販売をしてる3競 3K

     4/3には「村上予想」で、蒲郡6R(30.0倍)→蒲郡8R(8.2倍)とコロガシで、14万 7600円の払戻し。
    競馬予想も、競艇予想も、競輪予想も、なんと1つのアカウント全ての無料予想の閲覧が可能となる。また、この三競競艇という競艇予想サイトも提供される予想に「必ず載ってる」見解が秀逸なので、無料情報でも参考になるぞ。

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競艇予想サイトの抜き打ち検証」は、競艇予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/04/15

ザブーンという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競艇予想サイト競艇ザブーンの無料予想(無料情報)は、2024/04/15の津4Rで提供された買い目である。

競艇ザブーンという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 競艇ザブーンの無料予想(2024/04/15)

1号艇には近況、インから全く逃げ切れていない鈴木が乗艇していた。
直近6ヶ月の1着率は約15%、3連対率でさえ約31%と、信頼するには程遠い数字が並んでいた。
その上、モーターの仕上がりも良くない。
逃げで買える要素はほぼなかった。

では誰を中心視するか
間違いなく3号艇水摩であろう。

今節は出足が弱いものの、行き足から伸びにかけての足が良かった。
特に伸び切ってからの足が良い。
2日目の8Rを見れば明らかで、まくり切るまではいかなかったものの、スローからでも内を呑み込んで行く雰囲気があった。
後半の12Rも同様である。

足だけではなく、選手自身もまくりタイプの選手である。
3〜6コース、全てのコースでまくり勝ちが差し勝ちよりも多い。
3コースに関して言えば、倍以上も違う(まくり勝ち5、差し勝ち2)
1マークは絶対にまくりに行くと想定できた。

そう考えれば展開も非常に分かりやすい
水摩の攻めに乗って4号艇宇佐見5号艇富永は差すだけで良かった。
「3-4-5」は真っ先に思いつく目である。

競艇ザブーンの予想は買い目を見る限り、2号艇深澤が攻めている展開を想定してるのだろう。
一つ外の水摩が攻めれば、深澤は1マーク窮屈になるので圏外になる可能性が高いからだ。

2コースから攻めるのは難しい上に、水摩がまくる気満々の気配。
全く見当外れの予想であったと断言できる。
「3-4-5」は1番人気の決着であった、と締めておきたい。



2024/04/17

ボートセンスという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競艇予想サイトボートセンスの無料予想(無料情報)は、2024/04/17の児島3Rで提供された買い目である。

ボートセンスという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ボートセンスの無料予想(2024/04/17)

後半に準優を控える1号艇北中
今節の仕上がりは中堅程度の足色であったが、インならしっかりと持つレベルにはあったように思う。
スタートもしっかりと行けているので、先マイして逃げるのみであった(準優前でもインで人気を背負うならスタートは決める)
1着固定で良い。

焦点は2・3着争い
本来であれば2号艇小池を中心視したい所なのだが、調整を合わせられるか微妙な所であった。
昨日は回転を合わせられておらずインから惜敗。
合えば出足中心に良い部類だとは思うが、絶対的な信頼はおけないという感じである。

3号艇渡邊裕貴や、5号艇末永も絡むだけの足はあった。
特に末永はギアケースを交換してから気配が上昇しており、軽視は禁物であったと思う。

6号艇渡邉に関しては伸び寄りの足だったので、6コースという事も考慮すれば、2・3着には厳しかった。
自力で仕掛けられるレベルの足ではない(出足や回り足があれば展開も突けるだろうが)
北中から小池・渡邊裕・末永を絡めれば的中できていただろう。

予想は小池の逆転目も含めて、6号艇の渡邉入れすぎである。
もっと柔軟に予想をすれば、末永の2着は買えるので勿体なかった。