最終更新日:2024年04月18日に更新しました。現在までに確認した競艇予想サイトの口コミ数:15,797

競艇ボートレースのSG、G1では5コースが熱い。大事なのは相手選び。

▼ 競艇SG、G1の相手は5コース?

  1. 競艇ボートレースにおいてコースは大事

    1着率が70%もある競艇で他5艇の枠番を考える

    競艇ボートレースにおいて、進入コースはとても大事である。
    競艇の1コースの勝率」でも書いたようにインコースの1着率が60%近くまで上昇してきた現代競艇においては、その選手の実力以上に「コースが重要」になってくる時も沢山ある。

    SG、G1の優勝戦に限れば、1号艇の1着率はなんと70%をも超え、基本的に超本命傾向であるために、穴党の出番はほとんどないのが現状だ。
    なんのアタマも使わずに、ただただ1号艇から3連単総流しを買い続けたとしても、回収率は95%もあり、この数字は驚くべき数字だと言える。

    データ的に見ても70%以上勝利する1号艇を買わないわけにはいかないので、今回は1号艇が優勝する時に、その他5艇でどの枠番の選手がいいのか?を考えたいと思う。



  2. 実は5コースの活躍がすごい競艇ボートレース

    実は5号艇の活躍が目立つのだ

    1号艇が優勝する時に、その他5艇でどの枠番の選手がいいのか?

    ズバリ、その枠番は 5号艇だ。



    5号艇=5コースというわけではないのだが、現代競艇は枠なり進入全盛の時代なので、とりあえずはそういう事にしておこう。

    昨年のG1(2018)を振り返ると、実は5号艇の活躍が目立っている
    1着もしばしばあるし、2着争いなどで競り勝ったレースなども多い。そしてなにより、5号艇は基本的にはオッズがつくのだ。

    オッズ的にはもっとつく①−⑥という目も昔はファンが多かったのだが、今はなかなか来ないというのが難点で、皆もそこは気づいている。

    SG、G1における5コースの2連対率は26%、3連対率は51%と、これは1コース、2コースの成績に次いで高く、3コースが2連対率20%、3連対率44%、4コースが2連対率17%、3連対率37%と、5コースのほうが圧倒的に勝っているのだ。

    実は5コースの回収率においては、1コースの95%を凌ぐ、112%を誇っており、まさに5コースの独り勝ち状態だということはあまり知られていないだろう。こんなにおいしい5コースを買わない手はないと、断言できる数字だ。

    これは、全体としての連対率だが、1号艇1着時においての傾向はもっとすごい。
    下が1号艇1着時の各枠番の回収率だ。
    ①-②-流し 113.6%
    ①-③-流し 65.1%
    ①-④-流し 36.6%
    ①-⑤-流し 157.3%
    ①-⑥-流し 105.2%

    …如何だろう?
    この数字を見ると、なんだか「①−⑤−流し」だけ買い続ければいい気もする。

    というよりも改めてデータにしてみると③、④コース(3、4号艇)の回収率が悪すぎるのも面白い。
    人気な割には、あまり来ないという事がすごく分かるデータだ。
    確かに、①−③の目から3連単を買えば、平均的には2000円くらいの配当だろう。

    ①−④も同じで2500円くらいなものか。
    だが①−⑤だと4000円くらいの配当はつくだろうから、無料の競艇予想サイトを使わないで自分で舟やるならやはりここが狙い目になる。

    意外なのは①−②−流しでも回収率が100%を超えることだ。
    本命党は何も考えず、面白くないけど①−②−流しだけを買っておくのが正解なのかもしれない。

    このようにデータ的に見れば5コースが「買い」なのは間違いないと言える。



  3. 5コース2着率上位者を挙げてみた

    5コースの2着率上位者を挙げてみた

    そんな「5コース」をもっと「鉄板化」するためにSG、G1における5コースの2着率上位者を調べてみた。これを知っておけば、狙いうちできるだろう。
    (2019年6月時点)


    1位は、岩瀬裕亮

    競艇ボートレースの5コースの2着率上位者、岩瀬裕亮選手
     
    1位は「岩瀬裕亮」だ。
    なんと、2着率が50%もあり、回収率も100%を超えている。

    スタートが早い選手だけに、5コースから内枠にプレッシャーをかけて、まくり差しを狙うということから、2着率がここまで高いのではないかと予想され、2位以下の選手を2着率でぶっちぎっているところも注目だ。


    2位は、三井所尊春

    競艇ボートレースの5コースの2着率上位者、三井所尊春選手
     
    2位は「三井所尊春」である。
    2着率は37%なのだが、回収率が凄まじく、297%もある。
    どうやら人気の盲点になることからこれくらいの数字になったのだろうが、それにしてもすごい数字だ。


    バケモノは、上野真之介

    競艇ボートレースの5コースの2着率上位者、上野真之介選手
     
    そして、その2着回収率を上回る、化け物級の選手が「上野真之介」だ。
    2着率26%で、14位とそこまで特注するものではないのだが、そういうこともあっての回収率は437%。すごい(笑)

    シンプルに上野2着でここまで回収できるのなら、「上野真之介」についてはこのまま何も言わずに買っておいた方がいいかもしれない。

    まぁ、上野真之介選手本人的には喜べない数字だろうw…なにせ「回収率は437%」というのは上野が強い選手じゃない故に、このような回収率が出てるワケで、上野選手自身が「化け物級」って表現できるような選手では「ない」ってことは忘れないでほしい(笑)


    ただ、なんにせよ上野の名前をSG、G1で見つけたら買っておいて損はないと思う

    現在の競艇界ナンバーワンレーサー峰竜太」も、2着率は6位の27%なのだが、やはり人気な選手なので回収率は72%と低い。
    そう考えると青田買いする必要性があるのだが、回収率トップの「上野真之介」は、この峰竜太の弟子であるというのも何かの縁なのかもしれないw


    このようにSG、G1優勝戦において大事なのは相手
    それは5コースである。という事は知っておくといいだろう。


無料予想のある、優良競艇予想サイト

  • 【優良】

    競艇ジャンキーTの知識と情報、見解がスゴイ

     4/12にはまたもや「ナイトパック」で大村5R(24.3倍)→大村6R(12.5倍)で24万 2500円の払戻し。

    業界一の競艇の知識を持つサイトではないだろうか。実際に予想担当者が現地で収穫した情報やブログなど、生々しい本物の情報が提供されるのはココだけだと思う。
    無料予想とコンテンツだけでも十分に楽しめるサイトだ。

  • 【優良】

    見解はないが精度はいい

     4/11 「イン鉄板コロガシ」で戸田10R(22.0倍)→戸田12R(14.9倍)とコロガシ成功、26万 2240円の払戻し。
    無料予想の見解が載っていないのが少し残念ではあるが、的中率、回収率は良いのでヨシとしよう。

  • 【優良】

    競艇道と同じIPだが随分と違う。

     4/10 「ラリアットナイター」という予想で鳴門10R(21.9倍)→鳴門11R(16.2倍)とコロガシが成功し、15万 8760円の配当となった。
    闘魂ボートでも無料予想の長期検証を2回、2ヶ月もかけて行ったが、結果が良かったので注目することとなった。

  • 【優良】

    安い。3000円からで無料予想の的中率、回収率も高い!

     4/4にはクイーン(200pt)というコースで、多摩川4R(19.1倍)→多摩川7R(12.2倍)と、5点と4点という少点数で転がしを成功させ、13万 9080円の払い戻し。
    リアルタイムボートは有料コースの値段の安さが魅力的だ。最近減ったがリアルタイム予想も必見だ。

  • 見解が凄い。競艇・競馬・競輪の予想販売をしてる3競 3K

     4/3には「村上予想」で、蒲郡6R(30.0倍)→蒲郡8R(8.2倍)とコロガシで、14万 7600円の払戻し。
    競馬予想も、競艇予想も、競輪予想も、なんと1つのアカウント全ての無料予想の閲覧が可能となる。また、この三競競艇という競艇予想サイトも提供される予想に「必ず載ってる」見解が秀逸なので、無料情報でも参考になるぞ。

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競艇予想サイトの抜き打ち検証」は、競艇予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/04/17

ボートセンスという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競艇予想サイトボートセンスの無料予想(無料情報)は、2024/04/17の児島3Rで提供された買い目である。

ボートセンスという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ボートセンスの無料予想(2024/04/17)

後半に準優を控える1号艇北中
今節の仕上がりは中堅程度の足色であったが、インならしっかりと持つレベルにはあったように思う。
スタートもしっかりと行けているので、先マイして逃げるのみであった(準優前でもインで人気を背負うならスタートは決める)
1着固定で良い。

焦点は2・3着争い
本来であれば2号艇小池を中心視したい所なのだが、調整を合わせられるか微妙な所であった。
昨日は回転を合わせられておらずインから惜敗。
合えば出足中心に良い部類だとは思うが、絶対的な信頼はおけないという感じである。

3号艇渡邊裕貴や、5号艇末永も絡むだけの足はあった。
特に末永はギアケースを交換してから気配が上昇しており、軽視は禁物であったと思う。

6号艇渡邉に関しては伸び寄りの足だったので、6コースという事も考慮すれば、2・3着には厳しかった。
自力で仕掛けられるレベルの足ではない(出足や回り足があれば展開も突けるだろうが)
北中から小池・渡邊裕・末永を絡めれば的中できていただろう。

予想は小池の逆転目も含めて、6号艇の渡邉入れすぎである。
もっと柔軟に予想をすれば、末永の2着は買えるので勿体なかった。



2024/04/15

ザブーンという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競艇予想サイト競艇ザブーンの無料予想(無料情報)は、2024/04/15の津4Rで提供された買い目である。

競艇ザブーンという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 競艇ザブーンの無料予想(2024/04/15)

1号艇には近況、インから全く逃げ切れていない鈴木が乗艇していた。
直近6ヶ月の1着率は約15%、3連対率でさえ約31%と、信頼するには程遠い数字が並んでいた。
その上、モーターの仕上がりも良くない。
逃げで買える要素はほぼなかった。

では誰を中心視するか
間違いなく3号艇水摩であろう。

今節は出足が弱いものの、行き足から伸びにかけての足が良かった。
特に伸び切ってからの足が良い。
2日目の8Rを見れば明らかで、まくり切るまではいかなかったものの、スローからでも内を呑み込んで行く雰囲気があった。
後半の12Rも同様である。

足だけではなく、選手自身もまくりタイプの選手である。
3〜6コース、全てのコースでまくり勝ちが差し勝ちよりも多い。
3コースに関して言えば、倍以上も違う(まくり勝ち5、差し勝ち2)
1マークは絶対にまくりに行くと想定できた。

そう考えれば展開も非常に分かりやすい
水摩の攻めに乗って4号艇宇佐見5号艇富永は差すだけで良かった。
「3-4-5」は真っ先に思いつく目である。

競艇ザブーンの予想は買い目を見る限り、2号艇深澤が攻めている展開を想定してるのだろう。
一つ外の水摩が攻めれば、深澤は1マーク窮屈になるので圏外になる可能性が高いからだ。

2コースから攻めるのは難しい上に、水摩がまくる気満々の気配。
全く見当外れの予想であったと断言できる。
「3-4-5」は1番人気の決着であった、と締めておきたい。