最終更新日:2024年04月18日に更新しました。現在までに確認した競艇予想サイトの口コミ数:15,797

競艇(ボートレース)におけるモーターの中間整備とは? 競艇の整備士は競艇予想を左右する?

▼ 競艇の中間整備(整備士)の実力は?

  1. 競艇予想で勝つための3大要素

    競艇のレースにおける「勝つ」ための要素はいくつかある。

    まず最も重要なのは、選手の「ターン力」というものになってくるだろうが、その他にも「スタート力」、それとモーターを整備する「整備力」というものもある。

    この3つが特に重要な3大要素になるのだが、この内一つでも秀でているものがあれば、A級にもなれるだろうし、2つ揃っていればG1級、3つ全てならSGでも十分に活躍することが出来るくらい重要なのだ。


    …この3つの能力が非常に大事になってくるわけだが、ことその1節だけに限って言えば、凄くいいモーターを引くことで(モーターは抽選で割り振られる)、例えこの3つの要素が全くない選手でも、かなりいいところまで活躍できる可能性は高まる。

    ソコも競艇の面白いところで、「3大要素」の知識はもちろん、今節で引いたモーター情報も抑えられていない口先ばかりの競艇予想サイトでは、予想をする上で必要な情報が何なのかも知らない素人予想なので、スグに「裏情報」だのとありもしない都市伝説をでっち上げたりしていて、失笑モンだ。



  2. 休催中にも整備が行われる競艇の中間整備

    さて競艇のモーターは抽選制なので、B2級の選手が「お化けモーター」と言われるような、化け物級の伸び足を誇るようなモーターを引いてしまえば、格上の選手を破って勝利をあげることも可能だろうし、優勝すら射程範囲に入る。
    それくらいに、競艇においてモーターは大事だ。

    そもそも、モーターは基本的に、工場で同じ製造過程で作られるので、性能も同じになると思われがちなのだが、ほんと0.001mmとか、誤差レベルの部品の相違の積み重ねなどで(モーターはピストンやリングなど様々な部品から作られる)なぜか性能に差が出てしまうのだ。

    競艇ボートレースにおいて抽選会で引くモーターが運命を分ける
     


    不思議と初おろしの時から良いモーター悪いモーターがあり、それが色々な選手が整備していくことによって、更にモーターの性能が良くなったり、悪くなったりするのだ。

    先述した「3大要素」の1つである整備力の優れた選手が整備をすれば、悪いモーターでも、予選の後半になると、戦えるレベルの足に仕上がるというのはよくある話だ。

    ただ、本当に質が悪いモーターは、どれだけ選手が整備しても直ることが少なく、むしろ使えば使うほどに、どんどん悪くなることが多いという。
    そして、そのまま放置し続ければ、良いモーターや普通くらいのモーターとの差があまりにも大きくなり、レースで使用できないレベルになってしまう。

    そうなってしまう事を防ぐために登場するのが、どの競艇場でも行われる「中間整備」である。


    中間整備とは、その場のモーター整備のプロである競艇のモーターに特化した整備士が、レース非開催時に、低調なモーターを整備する事をいう。

    レース開催時は、基本的にモーターは自主整備といって、選手自身が整備をしなければならない

    整備士は選手にアドバイスを送る事はあっても、自身が整備することは、禁止されている
    だが、レースの非開催日には整備することができ、レース開催の合間で行われることから「中間整備」と言われているのだ。

    整備士は選手とは違って、その道のプロであるから、当たり前の話だが選手より整備が上手く、その整備士が、本気がかりで、モーターを直すのであるから、この中間整備後には劇的に良くなるモーターもでてくるのだ。

    競艇ボートレースの中間整備も行う整備士という職業
     


    低調機を直して、全てのモーターの複勝率の差(モーター評価の一つの指標)を縮めるつもりが、現行のエース機を追い抜いて、そのモーターがエース機になる事だってある。
    それくらいに中間整備の力は凄いのである。

    競艇ボートレースにおいての整備士メカニックはこんなかんじだw
     


    ただ、整備をしても、全てのモーターが絶対に良くなるという保証はなく、だいたい3つに1つくらい良くなるくらいなのだという。
    ただ、3分の1と考えると、随分と高確率で良くなるのではないかと思う。



  3. 競艇のびわこ競艇場の中間整備、整備士がすごい

    「中間整備」を語る上でびわこ競艇場の中間整備は欠かせない。

    それくらい「びわこ競艇場の中間整備」は選手間でも凄く評判らしく、整備後に気配が一変することは多々あることみたいだ。


    そこで、びわこの中間整備のすごさが分かるデータを紹介したい。
    9か月使用された時点での上位機と下位機の複勝率状況のデータなのだが、分かりやすくするために他の場(多摩川・住之江)とも比較している。
    まずは3場の、上位モーターの複勝率だ。

    競艇ボートレースにおける中間整備でびわこ競艇場の中間整備のすごさが分かるデータ
     


    そして以下が3場の、下位モーターの複勝率となる。

    競艇ボートレースにおける中間整備でびわこ競艇場の中間整備のすごさが分かるデータで10位以下
     


    この「びわこ競艇場の中間整備データ」を見ると一目瞭然だろうが、びわこと他2場では、上位と下位のモーターのレベル差が違いすぎるのだ。

    多摩川や住之江では、下位のモーターが複勝率20%を切っているのに対して、びわこでは20%を割っていない。
    それどころか、一番良いモーターと悪いモーターの差も20%あたりに収まっている。

    これはやはり、中間整備によって低調モーターのパワーが底上げされた結果、モーター差がなくなったという事を、如実に表していると思われる。



  4. びわこ競艇場の中間整備のすごさが分かる事例

    前章の「びわこ競艇場の中間整備データ」だけでも十分に、びわこの凄さがわかるのだが、過去の例で凄いものを紹介したい。

    それは2017年に初おろしをされた51号機なのだが、その翌年(2018年)の1月の時点では、複勝率17.4%だったものが中間整備後に一変した

    その直後から連続優出し、3節後の近畿地区選(G1)では、野添貴裕に19年ぶりのG1優勝をもたらした。
    使い納めの最終節あたりには、複勝率も35%近くまで上がり、好調モーターの1つにまで数えられるようになっていたのだ。
    「びわこ競艇場の中間整備」は、こういう例が過去にたくさんあるので、いかに びわこの整備士の腕が凄いのかが分かる。



  5. 中間整備の新着情報は、新聞や専門紙で確認しよう

    びわこほどではないまでも、他の場でも中間整備は行われており、そこは我々ファンにはとても分かりづらいところではある。

    出走表を見ても、中間整備が行われたモーターかどうかは、書いてある場とない場があるので、やはり競艇に興味が湧いてきた人は新聞や専門紙で確認して、モーター気配に注目した方がよさそうだ。

    中間整備が行われたかどうかは新聞とかに書かれるとしても、記事とかで書かれるだけなので、新聞の出走表には載ってない
    書かれるとしたら、下のような感じで「中間整備後に激変した」とか「気配が上向いた」といった感じで記事として書かれていることが多い。

    競艇予想サイトでも持っていない中間整備情報を掴め



    モーターの能力を見る時は、複勝率だけにとらわれず、こういった事も頭にいれておくと、より舟券の成績も上がるのではないだろうか?
    特に初日は、中間整備後のモーター気配に注目しておいた方がいいかもしれない。


無料予想のある、優良競艇予想サイト

  • 【優良】

    競艇ジャンキーTの知識と情報、見解がスゴイ

     4/12にはまたもや「ナイトパック」で大村5R(24.3倍)→大村6R(12.5倍)で24万 2500円の払戻し。

    業界一の競艇の知識を持つサイトではないだろうか。実際に予想担当者が現地で収穫した情報やブログなど、生々しい本物の情報が提供されるのはココだけだと思う。
    無料予想とコンテンツだけでも十分に楽しめるサイトだ。

  • 【優良】

    見解はないが精度はいい

     4/11 「イン鉄板コロガシ」で戸田10R(22.0倍)→戸田12R(14.9倍)とコロガシ成功、26万 2240円の払戻し。
    無料予想の見解が載っていないのが少し残念ではあるが、的中率、回収率は良いのでヨシとしよう。

  • 【優良】

    競艇道と同じIPだが随分と違う。

     4/10 「ラリアットナイター」という予想で鳴門10R(21.9倍)→鳴門11R(16.2倍)とコロガシが成功し、15万 8760円の配当となった。
    闘魂ボートでも無料予想の長期検証を2回、2ヶ月もかけて行ったが、結果が良かったので注目することとなった。

  • 【優良】

    安い。3000円からで無料予想の的中率、回収率も高い!

     4/4にはクイーン(200pt)というコースで、多摩川4R(19.1倍)→多摩川7R(12.2倍)と、5点と4点という少点数で転がしを成功させ、13万 9080円の払い戻し。
    リアルタイムボートは有料コースの値段の安さが魅力的だ。最近減ったがリアルタイム予想も必見だ。

  • 見解が凄い。競艇・競馬・競輪の予想販売をしてる3競 3K

     4/3には「村上予想」で、蒲郡6R(30.0倍)→蒲郡8R(8.2倍)とコロガシで、14万 7600円の払戻し。
    競馬予想も、競艇予想も、競輪予想も、なんと1つのアカウント全ての無料予想の閲覧が可能となる。また、この三競競艇という競艇予想サイトも提供される予想に「必ず載ってる」見解が秀逸なので、無料情報でも参考になるぞ。

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競艇予想サイトの抜き打ち検証」は、競艇予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/04/15

ザブーンという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競艇予想サイト競艇ザブーンの無料予想(無料情報)は、2024/04/15の津4Rで提供された買い目である。

競艇ザブーンという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 競艇ザブーンの無料予想(2024/04/15)

1号艇には近況、インから全く逃げ切れていない鈴木が乗艇していた。
直近6ヶ月の1着率は約15%、3連対率でさえ約31%と、信頼するには程遠い数字が並んでいた。
その上、モーターの仕上がりも良くない。
逃げで買える要素はほぼなかった。

では誰を中心視するか
間違いなく3号艇水摩であろう。

今節は出足が弱いものの、行き足から伸びにかけての足が良かった。
特に伸び切ってからの足が良い。
2日目の8Rを見れば明らかで、まくり切るまではいかなかったものの、スローからでも内を呑み込んで行く雰囲気があった。
後半の12Rも同様である。

足だけではなく、選手自身もまくりタイプの選手である。
3〜6コース、全てのコースでまくり勝ちが差し勝ちよりも多い。
3コースに関して言えば、倍以上も違う(まくり勝ち5、差し勝ち2)
1マークは絶対にまくりに行くと想定できた。

そう考えれば展開も非常に分かりやすい
水摩の攻めに乗って4号艇宇佐見5号艇富永は差すだけで良かった。
「3-4-5」は真っ先に思いつく目である。

競艇ザブーンの予想は買い目を見る限り、2号艇深澤が攻めている展開を想定してるのだろう。
一つ外の水摩が攻めれば、深澤は1マーク窮屈になるので圏外になる可能性が高いからだ。

2コースから攻めるのは難しい上に、水摩がまくる気満々の気配。
全く見当外れの予想であったと断言できる。
「3-4-5」は1番人気の決着であった、と締めておきたい。



2024/04/17

ボートセンスという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競艇予想サイトボートセンスの無料予想(無料情報)は、2024/04/17の児島3Rで提供された買い目である。

ボートセンスという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ボートセンスの無料予想(2024/04/17)

後半に準優を控える1号艇北中
今節の仕上がりは中堅程度の足色であったが、インならしっかりと持つレベルにはあったように思う。
スタートもしっかりと行けているので、先マイして逃げるのみであった(準優前でもインで人気を背負うならスタートは決める)
1着固定で良い。

焦点は2・3着争い
本来であれば2号艇小池を中心視したい所なのだが、調整を合わせられるか微妙な所であった。
昨日は回転を合わせられておらずインから惜敗。
合えば出足中心に良い部類だとは思うが、絶対的な信頼はおけないという感じである。

3号艇渡邊裕貴や、5号艇末永も絡むだけの足はあった。
特に末永はギアケースを交換してから気配が上昇しており、軽視は禁物であったと思う。

6号艇渡邉に関しては伸び寄りの足だったので、6コースという事も考慮すれば、2・3着には厳しかった。
自力で仕掛けられるレベルの足ではない(出足や回り足があれば展開も突けるだろうが)
北中から小池・渡邊裕・末永を絡めれば的中できていただろう。

予想は小池の逆転目も含めて、6号艇の渡邉入れすぎである。
もっと柔軟に予想をすれば、末永の2着は買えるので勿体なかった。