最終更新日:2024年04月18日に更新しました。現在までに確認した競艇予想サイトの口コミ数:15,797

競艇(ボートレース)のスタートの強い選手や、競艇場のスタートの特徴を知る

▼ 競艇(ボートレース)のスタートの強い選手や、競艇場の特徴を知る

  1. 競艇ボートレースで「スタート」は大事なファクター

    競艇「3つのファクター」のひとつ「スタート」について

    競艇ボートレースにおいて大事なファクターは大きく分けて3つあるあると言える。それは、

    スタート力・ターン力・整備力



    この3つのうち、1つが優れていればA1級、2つが優れていれば記念級(G1級)、3つとも優れていれば超1流の選手になれると言われており、もちろん現在トップで活躍している選手は、この3つの能力どれをとっても素晴らしいということは言うまでもない。
    その中でも次の表を見て欲しい。

    競艇予想サイトを利用する前に競艇ボートレースのスタート情報を知る
     
    ↑スタートが着順に大きく影響する競艇



    スタート順1位1着率は 33%もあることがわかる。
    またこのスタートの良い選手がどれだけの勝率をあげているのか調べると、3回に1回は、トップスタートを切った選手が勝利している
    この「事実」を知ることで競艇ボートレースにおいて、どれだけ「スタート」が大事なのかが分かる。

    競艇予想サイト(ボートレース予想サイト)で予想をしている予想家が、どこまでココに注目していて、最新の情報を抑えて競艇予想に活かせているかわからないが、競艇ボートレースで予想をするなら「スタート」はとても大事なファクターだ。
    そこで今回は、この「スタート」について掘り下げて書いていきたいと思う(2019年 1月時点)



  2. フライングには厳しい競艇ボートレース

    競艇ボートレースのフライングとは

    「競艇のスタート」がどのようなものか、そもそも水上でどのように「公平」にスタートが出来るのか?…そういったはじめに持つ「疑問」に対する回答は「競艇検証.com」のサイト理念の「知っておいた方がいい競艇(ボートレース)のルール」の中に書いてあるが、ここでも改めて書くと、競艇では水面で止まって待つことができないので「フライングスタート方式」になっている。

    「1秒以内」にスタート地点を通過しなければならず、競艇は「フライング(F)」にはとても厳しい。

    また逆にフライングにビビって遅れてもアウトだ。1秒以上遅れると「出遅れ(L)」となり、欠場扱いになり、その場合舟券を買っていた客には舟券全額払い戻しになる。
    その場合「フライング(F)」または「出遅れ(L)」を除いてオッズも再計算されるわけだが、発売締め切り時点で100倍超えた大穴が出ても、レース着順が確定した後の払戻金では、その半分以下になってしまうことも珍しくないので、客は激昂し、言葉汚く罵っているのを度々見かける。


    競艇ボートレースのフライングの罰則について

    先ほども「競艇」は「フライング」にとても厳しいと書いたが、フライングした選手はただ「欠場扱い」になるだけでなく、私が知る限りどの競技よりも厳しい「罰則」がある

    フライング(F)1本目は30日ものあっせん(出場)停止となり、同じ期のうちに2本目のフライングを切れば、60日間のあっせん停止、つまり1本目の30日間に加算されて合計90日間のあっせん停止となり、この間、競艇選手は収入が無くなってしまうのだ。
    だからフライングの多い新人選手にとって「フライング」は死活問題で、新人競艇選手に実家住まいが多いのはこういうのもあり、出場停止になっている間にバイトをしている選手も多い。

    また、新人には関係ないがG1・G2優勝戦でのフライングをした場合は更に「罰則」は厳しくなり、出場辞退期間消化後もまだペナルティは続き、なんと6か月間もG1・G2選出除外されてしまうのである。
    これは「事故防止」と、もうひとつはもし、フライングがハズレ(失格)扱いになるだけなら、人気を背負った選手が「故意」に速いスタートを切れば大穴を出すことができてしまうから、重賞で更にフライングが厳しくなっているのは「八百長防止」という目的もある。



  3. 平均スタートタイミングの「変化」が起きている

    競艇ボートレースのスタートタイミングについて

    話を「スタート」に戻すが、競艇の「スタート」には「スタートタイミング」というものがあり、ピットアウトから艇が動き出し、どの競艇場でもスタンド中央の水面寄りに設置されている「大時計」(正式名称は「発走信号用時計」)の針が、12時の位置を指した時がスタートの時間となる。

    因みにこの競艇場に必ずある「大時計」は、スタートライン手前40mラインの中央を向いており、直径も3m以上と決まっている。
    どの選手もスタート2分前を知らせる2分前表示灯と、1回転1分の白針、1回転12秒の黄針を目視し、後は自分の感との勝負になる。


    このスタートまでの「数字」が少なければ少ないほど「スタートが速い」ということが分かる。
    競艇予想をする上でも各選手のスタート技術を知ることは重要なことで、そのスタートタイミング(略してST)を平均すると、その選手の平均STが分かり、各選手の「スタート力」というのも分かる


    競艇ボートレースで起きてるスタートタイミングの「変化」

    そしてこの「ST」で面白い「変化」があり、注目されているのが全選手の平均STを集計するとわかる、ここ20年間の「変化」だ。
    簡単に言ってしまえば、この20年間で随分と「速くなっている」のである。
    "マク—ル2019年2月号"にそのグラフが載っていたのだが、年々速くなっており、20年前よりもコンマ05も速くなったのだ。

    競艇ボートレースの全選手平均スタート返還図の画像が面白い

    ↑競艇全選手平均スタート返還図



    なぜ、こんなに速くなったのか?

    ちょっと調べてみると、やはり第一に「選手の技量」が向上したという事が大きいようだ。

    それともう一つの重要な要因が、選手の技量と同時に、モーターの精度もこの20年で飛躍的に向上しており、ちょっとスロットルを緩めても(ボートにはブレーキがないので、アクセルを緩めることで速度を調整している)すぐに全速に戻すことができ、その結果STが合わせやすくなったというのだ。

    この2つの要因の他にも、2002年から導入された「スタート展示の導入」もスタート技術の向上に繋がることになった。レース前にコースやスタートを来客に見せ、予想しやすくしてもらおうというサービスなのだが、選手としてもレースの30分程前にスタートの練習ができるので、気象条件とか風向きとかも含めて参考にできるのでフライング数もこれによって減少した。

    また、個々の競艇場における「スタート特訓の回数の増加」なども技術向上の要因と考えられる。
    これは新人だけのものではなく、その節に参加している選手に対して「スタートの練習をしてもらう」ことなのだが、例えば9Rの発売中に水面で、12Rに出場する選手6人にスタートを練習してもらうようなことで、参加しない選手もいるが、どの選手も良いスタート切りたいので、参加する人は多い。

    施工者としては、選手にフライングをされると、返還しなくてはならず、売り上げが下がるため、こういった特訓を推奨しているのだろう。

    競艇ボートレースにおいてスタートの技術が上がっていることのわかる分布図
     
    全選手の平均STは 0.22から 0.17まで速くなっているのが現状だ。



  4. スタートしやすい競艇場とは?

    一概に「スタート」といっても、全国には24競艇場があり、その競艇場ごとにスタートがしやすいところもあれば、しにくいところもある。
    その差はどこから生まれるのだろうか!?
    要因は次のようなことが考えられる。

    ・目標物があるかどうか
    ・風向きやその強さ
    ・潮の干潮
    ・うねりなどの流れ
    ・季節や自然状況
    ・水面の形状
    ・ハレーション(西日)



    全国のスタートしやすい競艇場はどこ?

    では、具体的にどの競艇場がスタートがしやすくて、どの競艇場がしにくいのか。
    スタートしにくい競艇場のトップは、何といっても江戸川競艇場だ。

    「江戸川競艇場」がスタートしにくい原因は、全国の競艇場の中で、唯一河川のコースを使っており、川の流れもあるし、波も高く、風の影響も受けるので、はっきり言って選手を困らすために造ったんではないかと思うくらいの、スタートしにくい競艇場なのだ。
    当然スリット隊形(スタート時の隊形)もばらばらになりがちで、慣れている選手じゃないとまともにレースに参加すらさせてもらえない状況もあるくらいだ。


    あともう1場「スタートしにくい競艇場」を挙げるとするならば、九州の若松競艇場だろう。
    江戸川に並ぶくらいの、フライング多発の競艇場で、その原因潮の影響と、西日による影響と思われる。
    夕方には西日によって選手が時計が見えない中で、スロットルを緩めず行った選手がフライングを切るといった事が多いようである。
    これは酷い。技術云々ではないから、若松競艇場を設計した「九和設計株式会社?」の責任か?


    逆にスタートしやすい競艇場はどこだろうか?
    それは多摩川競艇場だろう。

    日本一の静水面と言われるくらいで、一年を通して風もあまりなく、波も立たないので選手はフライングぎりぎりの際どいスタートが揃うことも多く、スタートしやすい競艇場なのである。


    最後に自分の競艇をする人、また競艇予想サイトを使う人でも、可能であればスタートしやすい競艇場ならば別だが、しにくい競艇場の舟券を購入するときは、その選手が地元であるかどうか、もしくは好相性を残している水面であるかをチェックしてから舟券買う方がいいだろう。

    こういった「特性」も理解した上で買い目を提供できている競艇予想サイトは、今のところほぼ無く、見解自体書けてる予想サイトもほぼ無い現在の競艇予想サイトの中で「特性」も踏まえた上で、見解を書けている予想サイトは、数少ないので利用者はよく自分の目で見極めてほしい。



  5. 競艇ボートレースのスタート巧者はコイツらだ

    スタートのことをこれまで書いてきたのだが、現在のボートレース界におけるスタートが際立って速い選手、「スタート野郎」を紹介したい。


    ロケットスターター瀬尾達也選手

    まず「スタートといえばこの人」と名前が挙がるのが、年齢58歳(2019年 1月時点)瀬尾達也競艇選手だ。…この選手、全選手平均が今よりもっと遅かった時代から、平均ST 0.11くらいを記録したのだから、スタートモンスターだ。

    あだ名が「ロケットスターター」と言われていたくらい、スタートだけは抜群に速かった。だが残念なのがターン力と整備力は普通くらいみたいだから、冒頭に書いた「3つの大事なファクター」は揃っていない(笑)
    …普通の会社員だともうすぐ定年を迎えるような年齢で、動体視力も鈍ってきそうなものだが、今でも十分早く、過去形ではなく、現在進行形の瀬尾達也選手だ。

    競艇ボートレース界のロケットスターター瀬尾達也選手

    ↑ロケットスターター瀬尾達也



    フライングしない男、菊池孝平選手

    次に2019年 1月時点で競艇界(ボートレース界)のトップにいて、抜群にスタートが速いのが、菊池孝平競艇選手だ。
    STも平均0.12 あたりと、もちろん速いのだが、なにより菊池が凄いのは、これだけスタートが速いのにもかかわらず、フライングを切らないことである。

    これだけのスタートを切っているのに、2015年5月を最後に、もう3年半以上フライングをしていない
    最速でありながらも抜群の安定だ。その間にも、毎年のようにグランプリに出場し続けるというのは速いだけじゃなく、ターン力、整備力ともに艇界でも上位に入るくらいの選手だ。

    スタートが抜群に早くフライングもしない菊池孝平選手

    ↑スタートも早くフライングもしない、菊池孝平



    ターンを練習すればいい山田哲也選手

    それともう一人。3人目は山田哲也競艇選手だ。
    某野球チームのホームランバッターにいそうな名前だが、この山田哲也 競艇選手は、名前負けしていないくらいスタートが速い。
    ここ何年も、安定して平均STランキングのトップ10に入っており、アウトコースからの、スタート一撃のまくりは何度となく目にしたことがある。
    もう少しターン力が上がれば、SGやG1の大舞台でも活躍できるだろうと私は思っているので、ターン練習してくれ(笑)

    ターン力がまだ甘いがSTランキング10入りの山田哲也選手
     
    ↑STランキング10入りの山田哲也




    最後に若手、いや新人といった方がいいくらいの「金の卵」を紹介。
    愛知支部所属の野中一平競艇選手だ。

    記事を書いている時点では、まだデビューしてそんなに年月がたっていないのだが、平均STを0.11〜0.13でまとめており、通算でもST 0.12と非凡なスタート力を発揮している。
    ターン力等は、割と努力や練習で向上すると言われているが、残念ながら「スタート力」はほぼ才能と言われているだけに、野中一平選手のこの才能は、やはり今後の競艇界では「注目しがいのある」ものではないだろうか。


    …以上のようにスタートのことを紹介してきたわけだが、どうだっただろうか?
    これから競艇レースを見るときは、1マークの攻防だけではなく、その1マークに至るまでの攻防にも注目していくと、よりレースの楽しみ方が増えるので、是非とも競艇予想サイト(ボートレース予想サイト)の提供する買い目だけでなく、自分の競艇も楽しんでみるといいと思う。


無料予想のある、優良競艇予想サイト

  • 【優良】

    競艇ジャンキーTの知識と情報、見解がスゴイ

     4/12にはまたもや「ナイトパック」で大村5R(24.3倍)→大村6R(12.5倍)で24万 2500円の払戻し。

    業界一の競艇の知識を持つサイトではないだろうか。実際に予想担当者が現地で収穫した情報やブログなど、生々しい本物の情報が提供されるのはココだけだと思う。
    無料予想とコンテンツだけでも十分に楽しめるサイトだ。

  • 【優良】

    見解はないが精度はいい

     4/11 「イン鉄板コロガシ」で戸田10R(22.0倍)→戸田12R(14.9倍)とコロガシ成功、26万 2240円の払戻し。
    無料予想の見解が載っていないのが少し残念ではあるが、的中率、回収率は良いのでヨシとしよう。

  • 【優良】

    競艇道と同じIPだが随分と違う。

     4/10 「ラリアットナイター」という予想で鳴門10R(21.9倍)→鳴門11R(16.2倍)とコロガシが成功し、15万 8760円の配当となった。
    闘魂ボートでも無料予想の長期検証を2回、2ヶ月もかけて行ったが、結果が良かったので注目することとなった。

  • 【優良】

    安い。3000円からで無料予想の的中率、回収率も高い!

     4/4にはクイーン(200pt)というコースで、多摩川4R(19.1倍)→多摩川7R(12.2倍)と、5点と4点という少点数で転がしを成功させ、13万 9080円の払い戻し。
    リアルタイムボートは有料コースの値段の安さが魅力的だ。最近減ったがリアルタイム予想も必見だ。

  • 見解が凄い。競艇・競馬・競輪の予想販売をしてる3競 3K

     4/3には「村上予想」で、蒲郡6R(30.0倍)→蒲郡8R(8.2倍)とコロガシで、14万 7600円の払戻し。
    競馬予想も、競艇予想も、競輪予想も、なんと1つのアカウント全ての無料予想の閲覧が可能となる。また、この三競競艇という競艇予想サイトも提供される予想に「必ず載ってる」見解が秀逸なので、無料情報でも参考になるぞ。

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競艇予想サイトの抜き打ち検証」は、競艇予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/04/17

ボートセンスという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競艇予想サイトボートセンスの無料予想(無料情報)は、2024/04/17の児島3Rで提供された買い目である。

ボートセンスという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ボートセンスの無料予想(2024/04/17)

後半に準優を控える1号艇北中
今節の仕上がりは中堅程度の足色であったが、インならしっかりと持つレベルにはあったように思う。
スタートもしっかりと行けているので、先マイして逃げるのみであった(準優前でもインで人気を背負うならスタートは決める)
1着固定で良い。

焦点は2・3着争い
本来であれば2号艇小池を中心視したい所なのだが、調整を合わせられるか微妙な所であった。
昨日は回転を合わせられておらずインから惜敗。
合えば出足中心に良い部類だとは思うが、絶対的な信頼はおけないという感じである。

3号艇渡邊裕貴や、5号艇末永も絡むだけの足はあった。
特に末永はギアケースを交換してから気配が上昇しており、軽視は禁物であったと思う。

6号艇渡邉に関しては伸び寄りの足だったので、6コースという事も考慮すれば、2・3着には厳しかった。
自力で仕掛けられるレベルの足ではない(出足や回り足があれば展開も突けるだろうが)
北中から小池・渡邊裕・末永を絡めれば的中できていただろう。

予想は小池の逆転目も含めて、6号艇の渡邉入れすぎである。
もっと柔軟に予想をすれば、末永の2着は買えるので勿体なかった。



2024/04/15

ザブーンという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競艇予想サイト競艇ザブーンの無料予想(無料情報)は、2024/04/15の津4Rで提供された買い目である。

競艇ザブーンという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 競艇ザブーンの無料予想(2024/04/15)

1号艇には近況、インから全く逃げ切れていない鈴木が乗艇していた。
直近6ヶ月の1着率は約15%、3連対率でさえ約31%と、信頼するには程遠い数字が並んでいた。
その上、モーターの仕上がりも良くない。
逃げで買える要素はほぼなかった。

では誰を中心視するか
間違いなく3号艇水摩であろう。

今節は出足が弱いものの、行き足から伸びにかけての足が良かった。
特に伸び切ってからの足が良い。
2日目の8Rを見れば明らかで、まくり切るまではいかなかったものの、スローからでも内を呑み込んで行く雰囲気があった。
後半の12Rも同様である。

足だけではなく、選手自身もまくりタイプの選手である。
3〜6コース、全てのコースでまくり勝ちが差し勝ちよりも多い。
3コースに関して言えば、倍以上も違う(まくり勝ち5、差し勝ち2)
1マークは絶対にまくりに行くと想定できた。

そう考えれば展開も非常に分かりやすい
水摩の攻めに乗って4号艇宇佐見5号艇富永は差すだけで良かった。
「3-4-5」は真っ先に思いつく目である。

競艇ザブーンの予想は買い目を見る限り、2号艇深澤が攻めている展開を想定してるのだろう。
一つ外の水摩が攻めれば、深澤は1マーク窮屈になるので圏外になる可能性が高いからだ。

2コースから攻めるのは難しい上に、水摩がまくる気満々の気配。
全く見当外れの予想であったと断言できる。
「3-4-5」は1番人気の決着であった、と締めておきたい。