最終更新日:2024年07月20日に更新しました。現在までに確認した競艇予想サイトの口コミ数:16,237

競艇ボートレースのSG高配当ランキング

▼ 競艇ボートレースの、SG高配当ランキング

  1. 競艇 SG高配当ランキング

    2019年の11月桐生競艇場で行われた「SGチャレンジカップ」の3日目10Rにおいて、SGの3連単としての高配当が歴代7位となる17万 7670円の超高配当が出た。
    (2019年の11月桐生10R)


    レース自体は、4コースのカド「稲田浩二」がまくっていき、5、6コースの大山千広、魚谷智之が差し抜けた結果⑥-⑤-④の出目で決まった。

    このレース、1号艇の「篠崎元志」にかなり人気があったため、このような高配当になったのだろうが、SGなので全体の投票数も多く、661票も的中していたのには驚きだ。
    人気順は117番人気だった。

    最近のSGではよく超のつく高配当が出ている。
    その原因も最後にまとめてあるが、その前に歴代SG 3連単高配当ベスト5を発表していきたいと思う(2019年12月時点)



  2. 競艇 SGビッグ配当ランキング〜第5位

    競艇配当ランキング〜第5位の2018年6月徳山10R 徳山競艇場SGグランドチャンピオン
    2018年6月徳山10R


    配当:19万 3670円


    2018年6月徳山競艇場で行われた「SGグランドチャンピオン」の5日目10Rにおいて出た配当だ。
    出目は⑥-④-②。

    1号艇に圧倒的人気を背負った「峰竜太」が敗れたことがその要因だろうが、それにしてもインコースが強い徳山で、6コースの選手が勝つというのも想定外の結果となり高配当になった。
    コースの特性というのは競艇やる人、ましてや地元なら知っていることなので、このレースは誰も予想もしえない展開だったということだろう。

    人気順は120番人気で最下位人気だったのだが、的中票数は972票もあり、さすがSGといったところだろうか。



  3. 競艇 SGビッグ配当ランキング〜第4位

    競艇配当ランキング〜第4位の2009年5月福岡7R 福岡競艇場SGオールスター
    2009年5月福岡7R


    配当:19万 9840円


    2009年5月福岡競艇場で行われた「SGオールスター」の5日目7Rにおいて飛び出した。
    出目は⑥-⑤-②。

    このレースは【競艇女子】でも書いた女子選手の6号艇「佐々木裕美」が勝ったことで配当がかなり上がったのだと思われる。
    確かに、SGにおいて女子選手は格下扱いだし、ましてや一番不利な6号艇ならだれも勝つとは予想しないだろう。

    それはその時の人気順でも表していて、116番人気と非常に低かったのだが、的中数は549票もあった。
    よくこの目に全国で549票も投票があったと思うのだが、やはり佐々木裕美の人気だろうか。




  4. 競艇 SGビッグ配当ランキング〜第3位

    競艇配当ランキング〜第3位の2019年7月常滑6R 常滑競艇場SGオーシャンカップ
    2019年7月常滑6R


    配当:21万 4760円



    2019年7月常滑競艇場で行われた「SGオーシャンカップ」の5日目6Rにおいて飛び出した。
    出目は⑥-⑤-②。

    このレースは6号艇の「松尾拓」がこの節がSG初出場の若手であり、やはり成績が残せていなかったのが要因の一つだろう。
    それと1号艇「遠藤エミ」も女子の中では上手い選手だが、男子に混ざればそこまでの選手ではないので、そんなに人気する選手ではないのに過剰に人気してたようで、その結果これだけの高配当が飛び出したのである。

    このレースに関しては、そこまで買えない舟券ではないそうだが、人気順は120番人気であったというのがとても意外だ。
    ちなみに的中数は431票だった。



  5. 競艇 SGビッグ配当ランキング〜第2位

    競艇配当ランキング〜第2位の2016年12月住之江5R 住之江競艇場SGグランプリシリーズ
    2016年12月住之江5R


    配当:25万 2220円



    2016年12月住之江競艇場で行われた「SGグランプリシリーズ」の最終日5Rにおいて飛び出した。
    またしても出目は⑥-⑤-②。

    基本的にこの住之江もインコースが強く、この日も4レース中3レースでインコースが勝利し、負けた一戦も2着と抜群の成績をインが納めていた。(コレは覚えておいたほうがいい)
    その結果、やはり1号艇に人気が偏り、このような超高配当が出るまでになったのだろう。
    6号艇の「伊藤将吉」もSGに出て通用するような選手ではなく名前的にも人気薄だったという事もあるだろう。

    人気順も120番人気であり、的中数も少なめの395票だった。
    年末にこの配当をゲットした人は、さぞかし喜んだことだろう(笑)



  6. 競艇 SGビッグ配当ランキング〜第1位

    競艇配当ランキング〜第1位の2019年7月常滑10R 常滑競艇場SGオーシャンカップ
    2019年7月常滑10R


    配当:30万 4770円


    2019年7月常滑競艇場で行われた「SGオーシャンカップ」の初日10Rにおいて出た、超高配当。
    出目は⑥-③-②。

    先程紹介した第3位とともに1位はまたしても常滑オーシャンカップである。

    このレース、1周目が終わる段階では全然⑥-③-②の出目などではなく、人気を背負っていた1号艇「岡崎恭裕」と4号艇「桐生順平」が先頭争いを繰り広げていたのだが、2周目1マークにおいて岡崎が振り込んだ結果、桐生もその影響を受けてしまい、その次を走っていた6号艇の「濱野谷憲吾」がまさかの逆転した形となった。

    人気の2艇がいなくなったのだから、そりゃ配当はつくだろう。
    人気2艇を軸に買ってた人も多かったので、この2艇を買っていた人はさぞかしガックリしたことだろう。
    それにしても濱野谷という、実力者が1着にもかかわらず、これだけの配当がついたのはちょっと意外であった。
    人気順は116番人気で、的中数は326票だった。




    …以上が、歴代SG3連単高配当、ベスト5である。

    まぁこういうアクシデントがないと、競艇の場合、超のつく高配当は生まれないのかもしれない。…だから逆に言えば「アクシデント」を予想することはただでさえ点数の少ない競艇予想では「予想家」としてすることはないので、そんな高配当をさも「予想した」と豪語する競艇予想サイトがいたら、そりゃ逆に「競艇知らない素人」のやってるニセ競艇予想サイトの可能性が高いだろう。


    それとやはり思うのが、ここ数年にその高配当が集中しているようだ。
    その要因はインコースが強くなった結果、そこに人気が集中しすぎるからだろう。

    もしこれから出走表を見て、インコースが堅いと思っても、今一度疑ってみるのもいいかもしれない。
    過剰に人気してないかを確認するといい。
    そうすれば、こういった超高配当がいつか取れるかもしれない(笑)


無料予想のある、優良競艇予想サイト

  • 【優良】

    安い。3000円からで無料予想の的中率、回収率も高い!

     7/13には「ナイトコロガシ」というコースで、大村3R(39.2倍)→丸亀7R(8.6倍)と、2レースとも5点で転がしを成功させ、20万 2100円の払い戻し。
    リアルタイムボートは有料コースの値段の安さが魅力的だ。最近減ったがリアルタイム予想も必見だ。

  • 【優良】

    見解はないが、提供する予想の精度はいい

     7/11イン鉄板コロガシ」で三国11R(16.9倍)→宮島9R(13.2倍)とコロガシ成功、26万 6640円の払戻し。
    無料予想の見解が載っていないのが少し残念ではあるが、的中率、回収率は良いのでヨシとしよう。

  • 【優良】

    競艇ジャンキーTの知識と情報、見解がスゴイ

     7/4には「ちょいプラス+」という低額プランでびわこ8R(12.5倍)→びわこ9R(11.3倍)と、2レースともわずか4点で的中させ、21万 1310円の払戻し。

    業界一の競艇の知識を持つサイトではないだろうか。実際に予想担当者が現地で収穫した情報やブログなど、生々しい本物の情報が提供されるのはココだけだと思う。
    無料予想とコンテンツだけでも十分に楽しめるサイトだ。

  • 見解が凄い。競艇・競馬・競輪の無料予想が1つのアカウントで閲覧可能。

     7/3には「H予想」で、浜名湖8R(20.6倍)→浜名湖10R(32.4倍)とコロガシで、26万 5680円の払戻し。
    競馬予想も、競艇予想も、競輪予想も、なんと1つのアカウント全ての無料予想の閲覧が可能となる。また、この三競競艇という競艇予想サイトも提供される予想に「必ず載ってる」見解が秀逸なので、無料情報でも参考になる。

  • 【優良】

    競艇道と同じIPだが随分と違う。

     6/19 「ラリアットデイ」という予想で江戸川6R(17.3倍)→江戸川7R(9.7倍)とコロガシが成功し、20万 790円の配当となった。
    闘魂ボートでも無料予想の長期検証を2回、2ヶ月もかけて行ったが、結果が良かったので注目することとなった。

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競艇予想サイトの抜き打ち検証」は、競艇予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/07/16

ビッグボートという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競艇予想サイト「ビッグボート」の無料予想(無料情報)は、2024/07/16の江戸川2Rで提供された買い目である。

ビッグボートという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ビッグボートの無料予想(2024/07/16)

江戸川2Rのレース結果:4-5-6


江戸川で始まったG2戦。全選手がA級の選手であり、基本的には内コースが有利になるが、このレースに関しては例外であった。4号艇の佐藤のまくり一撃が有力だったからである。


まず、佐藤の引いたモーター50号機は、前節行き足から伸びにかけての足がかなり良かった。
この足で4カドになれば攻めていくのは必至であり、内枠勢としては抵抗できる足もなく、正直厳しかったように思う。普通にスタートを決めるだけでいい。


さらに、佐藤自身がまくり屋であるという点も大きい。4コースの1着のほとんどがまくりでのものであり、全コースで差しよりもまくり勝ちの方が多いのだ。佐藤がまくるのは明白だった。


相手として展開が向くのは5号艇上田6号艇山田だろう。

佐藤のまくりに乗って差し続くだけでいい。2・3着として信頼できたと思う。
いわゆるスジ舟券」というやつだ。


そんな状況に反して、予想は内枠4人の3連複BOX。本当に1マークの展開を考えているのかと疑うレベルのものであった。
モーターと選手(佐藤)を考えれば簡単なレースだった。



2024/07/18

ビーボートという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競艇予想サイト「ビーボート」の無料予想(無料情報)は、2024/07/18の浜名湖7Rで提供された買い目である。

ビーボートという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ビーボートの無料予想(2024/07/18)

浜名湖7Rのレース結果:2-5-1

1号艇にはB1級の羽野諒。初日2走は2連対と好発進を切っていた。
足は回り足がやや良く見え、出足や伸びも中堅レベルはあったように思う。しかし、イン戦で必勝かと問われると、かなり疑問であった


要因は羽野のイン戦の特徴にある。
羽野はインコース時にターンが流れることが多く、直近6ヶ月の1着率も25%とインとしてはかなり低い。これでは1着で推すことはできない。

ただ、流れるだけで先マイはしているので2・3着に残る可能性は十分ある。2連対率は約67%、3連対率に関しては約92%と信頼できるだろう。
要は「差されて負けている」ということだ。

そう考えると2号艇石塚差しが有力となる。羽野同様回り足の気配が良かったので、普通に考えれば差し切る。


また、4コースになりそうな5号艇天野も忘れてはいけない(新人の4号艇井澤が外に出るため)。4コース時は2連対率約52%、3連対率も約86%と差しの展開は逃さない。2番差しから高い確率で伸ばしてくると想定できる。


ビーボートの予想はとにかく羽野の1着が多いのが間違っている。
通常は勝てるコースの1コースだが、得意としていない選手や走り方に特徴のある選手は間違いなくいる。羽野はそういう選手だ。

今回、その辺りを考えない単調な予想だったと言える。堅くないインを必要以上に推して、その結果外したということだ。