最終更新日:2024年07月20日に更新しました。現在までに確認した競艇予想サイトの口コミ数:16,237

ナナマ - 無料予想と的中率・回収率を徹底検証 | 競艇予想サイト

▼ ナナマの無料予想の検証結果

  • ■サイト名:
    ナナマ
    ■補足情報:

    ナナマという競艇予想サイトは、2023年までは「エウロパ」として運営してたが、2024年、ある日突然「ユラナス」に変わっていた。ナナマの運営社は、予想が下手すぎて競艇予想サイト業界から一度は完全撤退した、あの、ウソをついていると宣言をしているグループだ。1ヶ月以上かけて無料予想を抜き打ちで検証してみると、的中率は13%で32戦4勝 28敗。なんと収支結果は回収率21%マイナス-50万 2800円の、超マイナス収支となった。

    ■無料予想(無料情報)の検証結果:
    無料予想の検証期間
    10レース
    無料予想の的中率
    13%(32戦4勝 28敗)
    無料予想の回収率
    21%(-50万 2,800円)

▼ ナナマの関連サイト情報

▼ ナナマの無料予想レポート

  1. ナナマという競艇予想サイト(ボートレース予想サイト)の無料情報(無料予想)について徹底検証

    ナナマという競艇予想サイトの無料予想(無料情報)の提供場所

    ナナマの提供する、無料予想(無料情報)だが、ナナマの有料コースとは違い、ナナマの会員TOPに「商品リスト」と「公開中の情報」と書かれたボタンがあるので、「公開中の情報」と書かれた方のボタンを押す。

    買い目の公開時刻にボタンを押すと、次のページで「公開中の買い目」が確認ができるので、最上段にあるのがナナマの無料予想(無料情報)だ。

    ナナマという競艇予想サイト(ボートレース予想サイト)の無料予想を確認する
    ▲ ナナマの無料予想の提供場所



    2-ナナマの無料予想(無料情報)の提供内容・詳細

    次にナナマの提供する、無料予想の内容や、提供されるのがいつ、どのようなものか見ていこう。

    ナナマという競艇予想サイトの無料予想・無料情報の内容・詳細
    ▲ ナナマの無料予想の提供内容


    ナナマの無料予想・無料情報の提供時間

    ナナマという競艇予想サイトで提供される無料情報(無料予想)は、基本的にはレース当日の朝(10:00頃)に予想が提供される。


    ナナマの無料予想・無料情報の内容

    ナナマで提供される無料予想(無料情報)の内容は、1日2レース(デイ・ナイター)の提供となり、券種は基本的に「3連単」の提供となる。

    点数は6点の提供で、1点あたりの推奨金額は4点が4,000円、2点が2,000円の、1レースあたりの合計は20,000円になる。



  2. ナナマという競艇予想サイトの無料予想の検証結果

    ナナマの無料予想を抜き打ち検証

    ナナマという競艇予想サイトのサイト情報の徹底検証は既に行ったが、実際のナナマの予想精度はいかがなものか?
    そこでナナマの無料予想の買い目を抜き打ちで検証してみた。

    ナナマの無料予想を分析することで、有料コースに参加しなくてもナナマの予想精度がどのようなものか分かってくる。


    2024/03/25(びわこ7R)に提供されたナナマの無料予想検証

    ナナマの無料予想(無料情報)だが、1ヶ月かけて検証した、ナナマの無料予想の予想精度は、的中率13%(32戦4勝 28敗)の回収率は21%-50万 2,800円)となった。

    そんな、使えば使うほど赤字になりそうなナナマだが、今回検証するナナマの無料予想は、2024/03/25に提供されたびわこ7Rの買い目である。

    ナナマという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
    ▲ ナナマの無料予想(2024/03/25)

    このレースの注目ポイント1号艇角浜逃げ切れるかどうかであった。

    初日から前日まで3連続6着(前半戦も6着)
    決して足も良いとは言えない状況で、そのすぐ横に2号艇出畑や、外枠に得点上位の5号艇下條が乗艇していた事を考えれば、逃げるのは難しいと考える人も多いかもしれない。
    ただ、ここは高い確率で逃げると言えたと思う。
    それには2つの理由がある

    1つ目は、角浜は1コースからきっちり逃げているという点だ。
    B級の選手であるが1着率は約64%もあり、直近10走での勝率も8点近くある。
    インでは信頼度が高いという事だ。

    そして、こういうケースは多々ある。
    他のコースでは全く結果を残せないけど、インではしっかり逃げる。
    1節間に1回しかまわってこないかもしれない1号艇のチャンスを逃すわけにはいかないからだ。
    スタートは何が何でも決めて、絶対に押し切ろうとする。
    予選敗退が決まっている状況や、負け戦でもだ。
    初日から6着続きの角浜としては、他の選手と気合いが違っていると見る事ができる。

    2つ目は、2号艇出畑がとにかく2コースで2着が多いという点だ。
    1着率は約8%であるのに、2連対率は約58%と異様に高い。
    つまり、インの選手を逃がすための壁役になって、自身は差し続いて2着を確保するレースが多いという事だ。
    実績がそう物語っている

    この2点から、角浜が逃げると言えたわけである。
    2・3着は出畑や下條を絡めれば十分だ。

    予想は角浜が逃げると全く思っていないものであった。
    特に、2コースから1着の少ない出畑の1着予想が多く、そこに角浜も絡めていなかった。
    見当外れの予想であったと断言できるだろう。



    2024/01/26(浜名湖7R)に提供されたナナマの無料予想検証

    今回検証する競艇予想サイトナナマの無料予想(無料情報)は、2024/01/26の浜名湖7Rで提供された買い目である。

    ナナマという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
    ▲ ナナマの無料予想(2024/01/26)

    この日の浜名湖は風が強く、波高も高そうな水面状況。
    安定板も装着されており、周回も短縮されてのレースであった。

    安定板が付くとなれば、基本的にインコースが有利になってくる。
    全体的にモーターパワーが減少する事になり、センターから攻める艇にとって不利になるからだ。
    攻めると流れる可能性もある。

    1号艇上村は、初日は5着に敗れたものの足自体は現状中堅程度はある。
    インコースでの実績もあるので、ここは信頼度は高かった。
    1着予想で良い。

    2着争い、リードしていたのは2号艇萩原だろう。
    先程述べた通り、安定板が付いている状況では内側が有利である。
    その上、萩原の2コース実績も抜群だ。
    2連対率、3連対率ともに非常に高く、着外は考えづらかったと思う。

    名前的に人気しそうな3号艇毒島だが、センター枠の3コースは仕掛けていくと流れるリスクがある。
    向かい風が強く、波高が高いので攻める選手は流れやすい。
    その点は懸念材料であった。

    水面状況的には差す選手が良い。
    そういう意味では4号艇原田や、5号艇宮之原6号艇服部の展開もあった。
    ただ遅れての差しなので、1着まではきつく、2着ですらも萩原がきっちりと回れば厳しかった。
    3着といった感じか。
    この辺りが良かったように思う。

    ナナマの予想毒島が連軸になっている。
    1着逆転もあるくらいだ。
    やはり、外を攻めるであろう毒島はこの水面では買いづらい。
    リスクが高いので、人気していてもだ。

    水面状況が悪化した時こそ、予想の真価が問われる。



  3. ナナマという競艇予想サイトの無料予想の回収率と的中率について検証

    ナナマの無料予想の長期検証結果

    以下、抜き打ちで1ヶ月以上(32戦)検証した、ナナマという競艇予想サイトの無料情報(無料予想)の検証結果となる。

    ナナマの無料予想の長期検証結果
    ▲ ナナマの無料予想の長期検証結果



    ナナマというボートレース予想サイトの無料予想の検証は、基本的に無料予想の精度を検証開始しはじめた日から、提供日は毎日、1日も欠かさず無料予想のキャプチャ画像を撮り、収集して的中率回収率などを算出している。(今回の検証でも抜けてる日はありません)

    午前と午後の2回提供するサイトの場合、午後レースはいつ提供されるか分からないところが多く、これまでに検証した競艇予想サイトは不思議と午後の方が的中しているところが多く、疑わしいところも多かったので、1ヶ月の長期検証では午前レースだけで検証しています。

    1/13 不的中 -20,000円
    1/14 不的中 -20,000円
    1/15 15倍 +10,000円
    1/18 19.8倍 +19,600円
    1/19 不的中 -20,000円
    1/20 不的中 -20,000円
    1/21 不的中 -20,000円
    1/22 不的中 -20,000円
    1/25 3.5倍 -6,000円
    1/26 不的中 -20,000円
    1/27 不的中 -20,000円
    1/28 不的中 -20,000円
    1/29 不的中 -20,000円
    2/1 不的中 -20,000円
    2/2 不的中 -20,000円
    2/3 13.4倍 +33,600円
    2/4 不的中 -20,000円
    2/5 不的中 -20,000円
    2/8 不的中 -20,000円
    2/9 不的中 -20,000円
    2/10 不的中 -20,000円
    2/11 不的中 -20,000円
    2/12 不的中 -20,000円
    2/15 不的中 -20,000円
    2/16 不的中 -20,000円
    2/17 不的中 -20,000円
    2/18 不的中 -20,000円
    2/19 不的中 -20,000円
    2/23 不的中 -20,000円
    2/24 不的中 -20,000円
    2/25 不的中 -20,000円
    2/26 不的中 -20,000円


    ナナマの無料予想の予想精度結果は、本気でクソサイト

    ナナマという競艇予想サイトの無料予想の検証を1ヶ月間(32戦)行った、ナナマの、無料予想精度の結果発表となる。

    もし仮にナナマが提示する推奨金額(1レースあたり2万円)1ヶ月間(32戦)毎日買い続けた場合、賭金は64万円もかかり、結果払戻しは13万 7200円となっていただろう。

    1ヶ月間(32戦)で収支結果は、

    マイナス−50万 2,800円だ。


    ナナマの無料予想の検証結果

    検証期間 1ヶ月(32戦)
    的中率 13%(32戦4勝 28敗)
    回収率 21%
    収支結果 −50万 2,800円


    鬼・検証レポートはコチラ
    ↓ ↓
    ナナマの検証レポ



ナナマという競艇予想サイトの「検証レポート」も見てみる。

▼ 徹底検証した、注目度の高い無料競艇予想サイト

【悪評】 舟王

舟王という競艇予想サイトは「 フネラボ系」である。舟王の的中実績やドメイン取得日から検証時までを逆算すると、11日ほどしか運営してないことがわかった。しかしTOPには「会員月間平均収益 100万円突破記念」などと書かれている。どう考えてもウソ。…それとウケたのが、舟王がウェーブの予想をパクってたことも発覚した。舟王の無料予想は、ウェーブの無料予想よりも後に出しており買い目がすべて被っていたのだ。

舟王という競艇予想サイトの無料予想を徹底検証

検証期間 検証中
的中率 検証中
回収率 検証中
【悪評】 クイックボート

通常の競艇予想サイトの無料予想なら、レース当日の午前10時頃に参加するのだが、クイックボートの場合、無料予想に前日申込みをしておかないと、当日の9:30でもSOLD OUT(完売)になってて閲覧できない。…他に会員数よりも多い利用者の声自作自演?っぽいから信じない方がいいし、利用規約やソースがそっくりなので、「ZONE」がグループサイトのようだぞ。

クイックボートという競艇予想サイトの無料予想を徹底検証

検証期間 1ヶ月
的中率 43%(30戦13勝17敗)
回収率 81%(-5万超)
【悪評】 競艇アルカナ

競艇アルカナという競艇予想サイトは、競艇TRIBEなどの フネラボ系身内サイトだろうということが想像つく。…というのもフネラボだけがどこの検証サイトよりも早くから競艇アルカナの記事ページを公開して優良評価していたからなぁ(笑) ここのグループサイトはどれも似ている。1ヶ月かけて競艇アルカナの無料予想を検証すると、的中率は33%(30戦10勝20敗)で、回収率は58%、収支結果は-12万円超えの赤字となった。

競艇アルカナという競艇予想サイトの無料予想を徹底検証

検証期間 1ヶ月
的中率 33%(30戦10勝20敗)
回収率 58%(-12万超)

無料予想のある、優良競艇予想サイト

  • 【優良】

    安い。3000円からで無料予想の的中率、回収率も高い!

     7/13には「ナイトコロガシ」というコースで、大村3R(39.2倍)→丸亀7R(8.6倍)と、2レースとも5点で転がしを成功させ、20万 2100円の払い戻し。
    リアルタイムボートは有料コースの値段の安さが魅力的だ。最近減ったがリアルタイム予想も必見だ。

  • 【優良】

    見解はないが、提供する予想の精度はいい

     7/11イン鉄板コロガシ」で三国11R(16.9倍)→宮島9R(13.2倍)とコロガシ成功、26万 6640円の払戻し。
    無料予想の見解が載っていないのが少し残念ではあるが、的中率、回収率は良いのでヨシとしよう。

  • 【優良】

    競艇ジャンキーTの知識と情報、見解がスゴイ

     7/4には「ちょいプラス+」という低額プランでびわこ8R(12.5倍)→びわこ9R(11.3倍)と、2レースともわずか4点で的中させ、21万 1310円の払戻し。

    業界一の競艇の知識を持つサイトではないだろうか。実際に予想担当者が現地で収穫した情報やブログなど、生々しい本物の情報が提供されるのはココだけだと思う。
    無料予想とコンテンツだけでも十分に楽しめるサイトだ。

  • 見解が凄い。競艇・競馬・競輪の無料予想が1つのアカウントで閲覧可能。

     7/3には「H予想」で、浜名湖8R(20.6倍)→浜名湖10R(32.4倍)とコロガシで、26万 5680円の払戻し。
    競馬予想も、競艇予想も、競輪予想も、なんと1つのアカウント全ての無料予想の閲覧が可能となる。また、この三競競艇という競艇予想サイトも提供される予想に「必ず載ってる」見解が秀逸なので、無料情報でも参考になる。

  • 【優良】

    競艇道と同じIPだが随分と違う。

     6/19 「ラリアットデイ」という予想で江戸川6R(17.3倍)→江戸川7R(9.7倍)とコロガシが成功し、20万 790円の配当となった。
    闘魂ボートでも無料予想の長期検証を2回、2ヶ月もかけて行ったが、結果が良かったので注目することとなった。

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競艇予想サイトの抜き打ち検証」は、競艇予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/07/18

ビーボートという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競艇予想サイト「ビーボート」の無料予想(無料情報)は、2024/07/18の浜名湖7Rで提供された買い目である。

ビーボートという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ビーボートの無料予想(2024/07/18)

浜名湖7Rのレース結果:2-5-1

1号艇にはB1級の羽野諒。初日2走は2連対と好発進を切っていた。
足は回り足がやや良く見え、出足や伸びも中堅レベルはあったように思う。しかし、イン戦で必勝かと問われると、かなり疑問であった


要因は羽野のイン戦の特徴にある。
羽野はインコース時にターンが流れることが多く、直近6ヶ月の1着率も25%とインとしてはかなり低い。これでは1着で推すことはできない。

ただ、流れるだけで先マイはしているので2・3着に残る可能性は十分ある。2連対率は約67%、3連対率に関しては約92%と信頼できるだろう。
要は「差されて負けている」ということだ。

そう考えると2号艇石塚差しが有力となる。羽野同様回り足の気配が良かったので、普通に考えれば差し切る。


また、4コースになりそうな5号艇天野も忘れてはいけない(新人の4号艇井澤が外に出るため)。4コース時は2連対率約52%、3連対率も約86%と差しの展開は逃さない。2番差しから高い確率で伸ばしてくると想定できる。


ビーボートの予想はとにかく羽野の1着が多いのが間違っている。
通常は勝てるコースの1コースだが、得意としていない選手や走り方に特徴のある選手は間違いなくいる。羽野はそういう選手だ。

今回、その辺りを考えない単調な予想だったと言える。堅くないインを必要以上に推して、その結果外したということだ。



2024/07/16

ビッグボートという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競艇予想サイト「ビッグボート」の無料予想(無料情報)は、2024/07/16の江戸川2Rで提供された買い目である。

ビッグボートという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ビッグボートの無料予想(2024/07/16)

江戸川2Rのレース結果:4-5-6


江戸川で始まったG2戦。全選手がA級の選手であり、基本的には内コースが有利になるが、このレースに関しては例外であった。4号艇の佐藤のまくり一撃が有力だったからである。


まず、佐藤の引いたモーター50号機は、前節行き足から伸びにかけての足がかなり良かった。
この足で4カドになれば攻めていくのは必至であり、内枠勢としては抵抗できる足もなく、正直厳しかったように思う。普通にスタートを決めるだけでいい。


さらに、佐藤自身がまくり屋であるという点も大きい。4コースの1着のほとんどがまくりでのものであり、全コースで差しよりもまくり勝ちの方が多いのだ。佐藤がまくるのは明白だった。


相手として展開が向くのは5号艇上田6号艇山田だろう。

佐藤のまくりに乗って差し続くだけでいい。2・3着として信頼できたと思う。
いわゆるスジ舟券」というやつだ。


そんな状況に反して、予想は内枠4人の3連複BOX。本当に1マークの展開を考えているのかと疑うレベルのものであった。
モーターと選手(佐藤)を考えれば簡単なレースだった。