最終更新日:2024年04月18日に更新しました。現在までに確認した競艇予想サイトの口コミ数:15,797

競艇予想サイトを使う前に、覚えておくといい競艇(ボートレース)の年間スケジュール

▼ 覚えておくといい、競艇ボートレースの年間スケジュール

  1. 競艇のスケジュールを知っておくといいワケ

    365日開催されるボートレースは予想サイトも多い

    競艇ボートレース365日、全国どこかの競艇場で開催されている

    だから最近では、元々競馬予想サイトを運営していた予想会社が、競艇予想サイト(ボートレース予想サイト)の運営にどこもかしこもシフトして、新サイトを作るのがよくわかる。
    競馬のように土日集中じゃないから平日も課金者がいるし、タイミングずらせば競合サイトとバッティングしないからだ。

    なので、良くも悪くも競艇(ボートレース)が注目されていることで、悪質な競艇予想サイトも増えているので、要注意だ。


    毎日携帯でボートレースを楽しむことができるが…

    競艇ボートレースは365日、全国どこかの競艇場で開催されているので、本場に行って賭けるのはもちろんの事、インターネット投票ならば、朝から晩まで「毎日」競艇ボートレースを楽しむことができる

    しかも最近ではリアルタイムの中継や、リプレイや、展示プレイまで携帯で見れるようになった。

    昔に比べて非常にいい時代になったものだが、逆に毎日、時間を問わず賭けれてしまうことによって、どのレースが上手い選手がたくさん出場していて、どのレースがおもしろそうなのか分からなくなってしまったという声も聞く。


    番組マンが魅力的な番組を作る

    純粋に競艇だけを楽しみたいなら、どのレースであっても同じハズだが、それではマンネリ化してつまらないので、色々な特色を「番組」によって作っている。

    それはレースのグレード…つまりは賞金によって、舟券を購入している者も気持ちが変わり、応援にも力が入り、購入する額なども増えるだろうし、何より大きいレースであれば「祭り」的なエンタメ感覚で楽しませられるからだ。

    舟券を買う側としては、特に何でもないレースの優勝者のことは、よほどのことが無い限りは覚えてないだろうが、大きなレースの優勝者というのは覚えている人も多く、出場選手も賞金以上に「大会」に出る意義がそこにはある。

    そういったこともあるので、競艇の1年間の大まかなスケジュールというものを頭に入れておくと、普段の競艇ライフもより楽しめると思うので、紹介させてほしい。



  2. 競艇ボートレースのグレード

    競艇ボートレースの「グレード」について

    競艇ボートレースのレースには、様々なグレードのレースがある。

    グレードは高い順にSG、G1、G2、G3、一般戦とあり、言うまでもなくグレードが高ければ高いほど、選手のレベルは上がり、賞金額も高くなる。


    SGは年9回しかない

    競艇(ボートレース)の「SG」は年間に9回しか無く、開催月も競馬の重賞レースと同じように、毎年決まっている

    競艇ボートレースの、G1

    G1」は基本的には、各競艇場の開設記念として行われるので、開催月は流動的なのだが、G1の中でもプレミアムG1というものは開催される月は決まっている。

    競艇ボートレースの、G2

    G2」は全国の中でも毎年開催されるのは琵琶湖と大村だけであり、年によっていろいろな競艇場で開催される。
    しかし開催される月は流動的だ。

    競艇ボートレースの、G3

    G3」や一般戦は基本的にいつでも開催されており、平場レースと呼ばれている。(G2以上は特別戦と呼ばれる)



  3. 競艇ボートレースの、SGやプレミアムG1の選出基準

    競艇ボートレースの場合、SGやプレミアムG1への出場権は、開催する施工者が選手を選ぶのではない
    決められた選出の基準があるのだ。

    SGを観戦する機会があったら、その日の大舞台の前には長い熾烈な戦いがあり、ようやく決戦の日を迎えていることを知っておくといい。

    以下がSGとプレミアムG1の選出基準である。



    《 SG 》

    ボートレースクラシック

    前年優勝、グランプリ優出6名、前年1月1日〜12月31日のSG・G1・G2優勝、G3以下の競走における優勝戦回数上位者。

    ボートレースオールスター

    前年優勝、グランプリ優出6名、直近のSGボートレースクラシック優勝者、ファン投票上位。

    グランドチャンピオン

    前年優勝、グランプリ優出6名、直近のSGオールスター優勝者、前年4月1日〜3月31日におけるSG優出完走者、SG予選得点上位者。

    オーシャンカップ

    前年優勝、グランプリ優出6名、直近のSGグランドチャンピオン優勝者、前年5月1日〜4月30日のG1、G2優勝戦得点上位。

    ボートレースメモリアル

    前年優勝、グランプリ優出6名、直近のSGオーシャンカップ優勝、各場推薦選手(一場あたり2名)、開催場希望選手。

    ボートレースダービー

    前年優勝、グランプリ優出6名、直近のSGボートレースメモリアル優勝、前年8月1日〜7月31日の勝率上位者。

    チャレンジカップ

    1月1日〜10月31日の獲得賞金上位者。

    グランプリ

    1月1日〜SGチャレンジカップまでの獲得賞金上位18名。

    グランプリシリーズ

    グランプリ出場選手を除く、1月1日〜SGチャレンジカップまでの獲得賞金上位者。



    《 プレミアムG1 》

    マスターズチャンピオン

    前年優勝、当年4月1日現在で満45歳以上のマスターズリーグ優勝者、勝率上位者、施行者希望者2名。

    レディースチャンピオン

    前年優勝、オールレディース優勝選手、女子レーサー勝率上位者。

    クイーンズクライマックス

    1月1日〜SGチャレンジカップ及びG2レディースチャレンジカップまでの女子レーサー獲得賞金上位12名。

    ヤングダービー

    前年優勝者、G3イースタンヤングもしくはウエスタンヤング優勝者、当年9月1日時点で満30歳未満の勝率上位者。



    選出基準があるG2

    また例外として、G2においても選出基準があるものがあるので、それも記したい。

    レディースオールスター

    優先出場者(クイーンズクライマックス優出6名)、ファン投票の獲得票数上位者及びレディースオールスター出場選手選考委員会の推薦によるA1級、A2級、B1級(優先出場者についてはこの限りではない。)の選手52名

    レディースチャレンジカップ

    1月1日〜10月31日の獲得賞金上位者。



  4. 競艇ボートレースの開催される時期

    前述に書いたようにSGとプレミアムG1は、開催される月が決まっている。

    それをまとめると、競艇(ボートレース)の年間スケジュールは以下の様になる。


    1月
    ・各競艇場の正月開催
    ・ファン感謝3days ボートレースバトルトーナメント(一般戦だが、斡旋されるのはG2級という特別レース)

    2月
    ・地区選手権(関東、東海、近畿、中国、四国、九州の6地区に分けられて行われるG1戦)

    3月
    ・G2レディースオールスター
    ・SGボートレースクラシック

    4月
    ・PG1マスターズチャンピオン

    5月
    ・各競艇場のGW開催
    ・SGボートレースオールスター

    6月
    ・SGグランドチャンピオン

    7月
    ・SGオーシャンカップ

    8月
    ・各競艇場のお盆開催
    ・PG1レディースチャンピオン
    ・SGボートレースメモリアル

    9月
    ・PG1ヤングダービー

    10月
    ・SGボートレースダービー

    11月
    ・SGチャレンジカップ
    ・G2レディースチャレンジカップ

    12月
    ・SGグランプリ
    ・SGグランプリシリーズ
    ・PG1クイーンズクライマックス

    以上が大まかな一年間の競艇におけるスケジュールである。
    このスケジュールの間に各競艇場の開設記念やその他の特別戦等が行われるのである。



  5. 競艇ボートレースの一年間の楽しみ方(見方)

    競艇(ボートレース)の「一年の流れ」については説明済みなので、あとは実際「どのような見方を年間通してするか」も紹介したい。


    競艇ボートレースの一年間の楽しみ方

    基本的に競艇(ボートレース)は、SGとPSGとG1を中心に構成されている
    というよりも、全ては12月にある「SGグランプリ」のための「前フリ」だと思ってもいい

    まず優勝賞金が1億円であるということが大きく、これによって選手のモチベーションは必然的に高くなる。

    あとは、この優勝賞金とも関係しているのだが、1600人近くいる選手の中で、今年のナンバーワンを決めるレースであるがゆえに、選手はそれを目指して1年間走るのである。

    グランプリ以外にも他のSGやG1があるが、もちろんその大会を優勝すること自体にも価値はすごくあるのだが、グランプリに「出場するための賞金を加算する」という目的で走っている選手も沢山いる。

    兎にも角にも「グランプリ」が一番の総決算、物語の完結であるということは知っておいて欲しい。



    1600人中、52人の選手たち

    …勿論「グランプリ」を視野に入れられる選手であれば、1年のゴールもそこに集中させてスケジュールを考えるだろう。
    だがそこに至らない選手はSGPG1を優勝する事、あるいは「出場すること」自体を目標にしている選手も大勢おり、SGに出ること自体、超難しいのだ。

    1600人いる内で52人しか出れないというところにポイントがある。



    一般戦で「勝率」などを上げる工夫も必要

    各SGによって選出基準が違うのは前述したが、それぞれの大会に出るために、一般戦を地道に走って、優勝回数を重ねたり、勝率を上げたりと、色々と工夫をしている。

    A1〜B2といったクラス分けも、勝率で分けられるわけだが、このクラスによって出れるレースも変わってくるので、一般戦でもみんな本気で走ってくる理由がここにある。



    「本気」で楽しむには年間通して見よう

    SGの中でも、特に3月にある「SGボートレースクラシック」と「SGボートレースダービー」は、一般戦をメインに走っている「一般戦の鬼」なるレーサーがたくさん出場する。

    なので競艇(ボートレース)を純粋に楽しみたいのであれば、365日毎日の一般戦も、あながちチェックしとかなくていいとは言い切れないのだ。


    「競艇ボートレースの楽しみ方」の、まとめ

    以上をまとめると1月からSG、G1などの賞金が高いレースは特に注目をしながら、そのレースに出るための一般戦も程よく見ていき、最後にグランプリで締める。というのが、競艇ボートレースの楽しむための一年の見方だろう。

    競馬以上に予想しやすいので、少しレースを追ってみると自分の予想も直ぐにできるようになるだろう。

    予想サイトの運営社による自作自演の評価サイトには注意するようにして、自分に合った競艇予想サイトも「応用」するといいかもしれない。


無料予想のある、優良競艇予想サイト

  • 【優良】

    競艇ジャンキーTの知識と情報、見解がスゴイ

     4/12にはまたもや「ナイトパック」で大村5R(24.3倍)→大村6R(12.5倍)で24万 2500円の払戻し。

    業界一の競艇の知識を持つサイトではないだろうか。実際に予想担当者が現地で収穫した情報やブログなど、生々しい本物の情報が提供されるのはココだけだと思う。
    無料予想とコンテンツだけでも十分に楽しめるサイトだ。

  • 【優良】

    見解はないが精度はいい

     4/11 「イン鉄板コロガシ」で戸田10R(22.0倍)→戸田12R(14.9倍)とコロガシ成功、26万 2240円の払戻し。
    無料予想の見解が載っていないのが少し残念ではあるが、的中率、回収率は良いのでヨシとしよう。

  • 【優良】

    競艇道と同じIPだが随分と違う。

     4/10 「ラリアットナイター」という予想で鳴門10R(21.9倍)→鳴門11R(16.2倍)とコロガシが成功し、15万 8760円の配当となった。
    闘魂ボートでも無料予想の長期検証を2回、2ヶ月もかけて行ったが、結果が良かったので注目することとなった。

  • 【優良】

    安い。3000円からで無料予想の的中率、回収率も高い!

     4/4にはクイーン(200pt)というコースで、多摩川4R(19.1倍)→多摩川7R(12.2倍)と、5点と4点という少点数で転がしを成功させ、13万 9080円の払い戻し。
    リアルタイムボートは有料コースの値段の安さが魅力的だ。最近減ったがリアルタイム予想も必見だ。

  • 見解が凄い。競艇・競馬・競輪の予想販売をしてる3競 3K

     4/3には「村上予想」で、蒲郡6R(30.0倍)→蒲郡8R(8.2倍)とコロガシで、14万 7600円の払戻し。
    競馬予想も、競艇予想も、競輪予想も、なんと1つのアカウント全ての無料予想の閲覧が可能となる。また、この三競競艇という競艇予想サイトも提供される予想に「必ず載ってる」見解が秀逸なので、無料情報でも参考になるぞ。

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競艇予想サイトの抜き打ち検証」は、競艇予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/04/15

ザブーンという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競艇予想サイト競艇ザブーンの無料予想(無料情報)は、2024/04/15の津4Rで提供された買い目である。

競艇ザブーンという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 競艇ザブーンの無料予想(2024/04/15)

1号艇には近況、インから全く逃げ切れていない鈴木が乗艇していた。
直近6ヶ月の1着率は約15%、3連対率でさえ約31%と、信頼するには程遠い数字が並んでいた。
その上、モーターの仕上がりも良くない。
逃げで買える要素はほぼなかった。

では誰を中心視するか
間違いなく3号艇水摩であろう。

今節は出足が弱いものの、行き足から伸びにかけての足が良かった。
特に伸び切ってからの足が良い。
2日目の8Rを見れば明らかで、まくり切るまではいかなかったものの、スローからでも内を呑み込んで行く雰囲気があった。
後半の12Rも同様である。

足だけではなく、選手自身もまくりタイプの選手である。
3〜6コース、全てのコースでまくり勝ちが差し勝ちよりも多い。
3コースに関して言えば、倍以上も違う(まくり勝ち5、差し勝ち2)
1マークは絶対にまくりに行くと想定できた。

そう考えれば展開も非常に分かりやすい
水摩の攻めに乗って4号艇宇佐見5号艇富永は差すだけで良かった。
「3-4-5」は真っ先に思いつく目である。

競艇ザブーンの予想は買い目を見る限り、2号艇深澤が攻めている展開を想定してるのだろう。
一つ外の水摩が攻めれば、深澤は1マーク窮屈になるので圏外になる可能性が高いからだ。

2コースから攻めるのは難しい上に、水摩がまくる気満々の気配。
全く見当外れの予想であったと断言できる。
「3-4-5」は1番人気の決着であった、と締めておきたい。



2024/04/17

ボートセンスという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競艇予想サイトボートセンスの無料予想(無料情報)は、2024/04/17の児島3Rで提供された買い目である。

ボートセンスという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ボートセンスの無料予想(2024/04/17)

後半に準優を控える1号艇北中
今節の仕上がりは中堅程度の足色であったが、インならしっかりと持つレベルにはあったように思う。
スタートもしっかりと行けているので、先マイして逃げるのみであった(準優前でもインで人気を背負うならスタートは決める)
1着固定で良い。

焦点は2・3着争い
本来であれば2号艇小池を中心視したい所なのだが、調整を合わせられるか微妙な所であった。
昨日は回転を合わせられておらずインから惜敗。
合えば出足中心に良い部類だとは思うが、絶対的な信頼はおけないという感じである。

3号艇渡邊裕貴や、5号艇末永も絡むだけの足はあった。
特に末永はギアケースを交換してから気配が上昇しており、軽視は禁物であったと思う。

6号艇渡邉に関しては伸び寄りの足だったので、6コースという事も考慮すれば、2・3着には厳しかった。
自力で仕掛けられるレベルの足ではない(出足や回り足があれば展開も突けるだろうが)
北中から小池・渡邊裕・末永を絡めれば的中できていただろう。

予想は小池の逆転目も含めて、6号艇の渡邉入れすぎである。
もっと柔軟に予想をすれば、末永の2着は買えるので勿体なかった。