最終更新日:2024年07月20日に更新しました。現在までに確認した競艇予想サイトの口コミ数:16,237

競艇道場 - 無料予想と的中率・回収率を徹底検証 | 競艇予想サイト

▼ 競艇道場の無料予想の検証結果

  • ■サイト名:
    競艇道場
    ■補足情報:

    競艇神風、ボートパイレーツ、競艇サラリーマン、船国無双、競艇チャンピオン、SIXBOAT(シックスボート)、競艇BULL(競艇ブル)、船の時代、競艇インパクト、クラブ銀河、スピード、VMAX、鬼アツ(オニアツ)、競艇ライナー、競艇グランドスラム、競艇ブルーオーシャン、競艇RITZ(競艇リッツ)、フルスロットル、ボートクエストは同じグループサイト。

    ■無料予想(無料情報)の検証結果:
    無料予想の検証期間
    1ヶ月
    無料予想の的中率
    27%
    無料予想の回収率
    47%

▼ 競艇道場の関連サイト情報

▼ 競艇道場の無料予想レポート

  1. 競艇道場という競艇予想サイト(ボートレース予想サイト)の無料情報や、無料予想の検証結果情報

    競艇予想サイト「競艇道場」の無料予想・無料情報の提供場所

    まずは競艇道場の提供する、無料予想(無料情報)の提供場所を見ていこう。

    競艇道場という競艇予想サイト(ボートレース予想サイト)の無料予想(無料情報)を確認する
    ▲ 競艇道場の無料予想の提供場所

    競艇道場という競艇予想サイト(ボートレース予想サイト)が提供する無料情報(無料予想)だが、会員ページに並ぶ提供コースの下の方に「お試し」とあるので、その一番右にある「入門押すと、次のページで提供される日付の記されたボタンが並んでいるので、自分が見たい日付の書かれたボタンを押すと、次のページで無料情報(無料予想)の確認ができる。



    競艇道場という競艇予想サイトの無料予想・無料情報の内容・詳細

    次に競艇道場の提供する、無料予想(無料情報)の提供されるタイミングや、その内容がどのようなものか見ていこう。

    競艇道場という競艇予想サイトの無料予想・無料情報の内容・詳細
    ▲ 競艇道場の無料予想の提供内容

    無料予想・無料情報の提供時間

    競艇道場という競艇予想サイト(ボートレース予想サイト)では、レース当日の朝(12:00頃)に予想が提供される。


    無料予想・無料情報の内容

    競艇道場で提供される無料予想(無料情報)は、1日1レースの提供となり、月曜が定休日だ。

    競艇道場で提供される無料予想(無料情報)の券種は、私が検証していた期間では常に「3連単」の提供となり点数8点の提供で1点あたり2000円を推奨している。
    不的中だった場合1レースあたり16,000円のマイナスとなる。



  2. 競艇道場という競艇予想サイトの無料予想の検証結果

    競艇道場という競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

    競艇道場という競艇予想サイトのサイト情報の徹底検証は行ったが、実際の競艇道場の予想精度はいかがなものか?
    そこで競艇道場の無料予想の買い目を抜き打ちで検証してみた。

    競艇道場という競艇予想サイトの無料予想検証
    2022/09/15(宮島10R)

    以下、2022/09/15に提供された競艇道場の無料予想の検証結果である。

    競艇道場という競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
    ▲ 競艇道場の無料予想(2022/09/15)

    3連単740円1番人気決着の簡単なレースを、競艇道場がなぜ的中できなかったのか、詳しく説明したいと思う。

    まずこのレースの展開予想だが、特に伸びの良い選手がいたり、スタートが早い選手はいなかったので、オーソドックスな1マークの形が濃厚であった(2・4・6コースが差し、3コースが外マイ、5コースはまくり差し)

    そうなると、やはりイン北川断然有利となる。
    足は整備の結果上向いていたし、何より最終日の地元イン戦であったので逃げで堅かったというわけだ。

    対して名前的には格上の存在である4号艇丸岡だが、自ら仕掛けていくような足はなく、スタートも今節はあまり良いのが決まっていなかった。

    その一つ内枠の3号艇米田も、3コースからまくり切るような選手でもなく、伸び足も平凡で、米田が攻めてからの丸岡の差し1着展開も可能性としては低かった。
    自力でも他力でも1着までは厳しいと予想する事ができたのである。

    ここが不的中の最大の要因である。
    1着になる可能性の低い丸岡の逆転1着の予想をしているのが大きな間違いで、なぜそんな予想を出しているのか不思議で仕方がない。
    この4点を素直な予想に充てていれば(堅い北川の1着固定から相手を2号艇松田の1番差し絡み)十分的中できていただろう。

    凄く簡単なレースだったので不的中はかなり痛く、予想の精度を疑いたくなる

    ちなみにだが、丸岡の4コース1着率(約13%)は5コース時よりも低く(約20%)、この面からも1着で推せない事がよく分かる(2・3コースよりももちろん低い)



    競艇道場という競艇予想サイトの無料予想検証
    2022/06/01(多摩川9R)

    以下、2022/06/01に提供された競艇道場の無料予想の検証結果である。

    競艇道場という競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
    ▲ 競艇道場の無料予想(2022/06/01)

    今回検証する競艇道場の無料予想多摩川G3最終日の一般戦。
    いわゆる負け戦なのだが、このレースの予想は「1-2」、「2-1」の折り返し、順当決着の3連単であった。
    果たしてこの予想にあるように、そこまで内2人で堅かったレースなのだろうか?
    答えは「ノー」だと断言したい。

    理由として一番大きいのは、松下一也が4号艇にいた事であろう。
    松下はボートレースに関わっている人であれば当然知っているだろうが、4コース時に果敢にまくっていく事が多い選手である(4コースからの1着決まり手で一番多いのはまくり)
    調整を伸び型仕様にしているというわけではないのだが、基本的にスタートの早い選手であるので、スリット覗く事が多く、結果的にまくりに行くというのである。

    今節も平均スタートコンマ08と、このレースに出走している中でも抜けて早かった。
    楽に4コースカドが取れるだけに、まくり一撃の可能性も十分にあったのだ。

    こういった想定ができる中において、順当な決着である「1=2」を予想するのは危険すぎだ
    「1=2」を推奨できるのは、あくまでインと2コースの選手がずば抜けていて(モーターや実力)、尚且つセンターから外に攻めるような艇が見当たらない時である。
    少しでも不安がある時は、当然推せるはずもないし、「1=2」で決まる可能性が低いのにオッズがどうしても低くなってしまうので、回収率としても悪くなるのだ。

    少なくとも、このレースでの「1=2」予想は上手いとは言えないだろう。



    競艇道場という競艇予想サイトの無料予想検証
    2022/01/19(津9R)

    以下、2022/01/19に提供された競艇道場の無料予想の検証結果である。

    競艇道場という競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
    ▲ 競艇道場の無料予想(2022/01/19)

    津一般戦最終日の最後の一般戦である。
    1号艇にはA2級の小野達哉が乗艇していた。
    結果的には優出漏れを喫してしまった小野だが、足自体は成績以上の気配であった。

    そして小野自体の1コースの1着率も80%近くあり、非常に高い成績を残していた。
    となれば、このレースにおいてもそのイン戦は十分に信頼することができた。
    風もほぼ無風で、スタートの揃う最終日という要素もより強調できる点であったと思う。

    これだけイン逃げで堅い要素が詰まっていたので、無料予想に関しても当然小野から予想をしていると思って見てみたら、全く違っていたのである。

    2号艇中里3号艇大石の1着予想。…といったもので、正直かなり驚いた

    両選手とも今節は出足が弱く、小野を差しても届かない気配だったからである。
    大石に関しては伸びも弱かった。

    なぜこの足劣勢の2人を1着にしてしたのか?
    予想をした人の真意が分からない。

    逆に、この2選手が1着になる展開を敢えて探ってみよう。
    4号艇小池がカドから攻めたところを小野が牽制しに行った結果、ターンが少し流れ中里・大石の両選手が差し展開を捉える。
    もしくは伸び含めて足はいい5号艇市川の仕掛けを受け止めての同じような展開。
    中里・大石が自力での差し。

    小池は今節伸び劣勢であったので最初の予想も厳しいし、市川は若手(ほぼ新人)だけあってスタートのバラつきがひどく、伸び切るまではなさそう。
    自力での差しはやはり小野とのモーター差があるので、よほど小野がミスしない限りは厳しい。
    考えれば考えるほど中里・大石2人の1着はなさそうに思えてくるし、小野の逃げで堅そうである。

    どこにもそういった逆転要素がないのに、配当的な旨みだけで裏の予想をしている感じがした。



    競艇道場という競艇予想サイトの無料予想検証
    2021/12/13(びわこ11R)

    以下、2021/12/13に提供された競艇道場の無料予想の検証結果である。

    競艇道場という競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
    ▲ 競艇道場の無料予想(2021/12/13)

    競艇道場無料予想大事なポイントいくつも見落としている、そんな予想であった。
    絶好枠、1号艇吉田軽視しすぎである。

    どうして吉田の1着を全く予想していなかったのか正直意味不明である。
    おそらくだが、吉田B1級の格下選手であるということ、そして予想の軸の3号艇内山4号艇明石がともにA級選手であったという事だけで、吉田1着から外したのだと考えられる。

    しかし、このレースは準優勝戦であり、明日の優勝戦進出をかけた大事なレースである。
    一番有利なインコースであろう吉田もいつも以上に気合が入るだろうし、スタートも早いのを決めてくる可能性が高い。
    つまり普通の予選のレースとは違う、という事だ。
    この点が「いくつも」の部分の大きな1つである。

    そしてもう1つの大きなポイントが、吉田のモーターが超抜の動きを見せているという点だ。
    そのパワーは節一級で、このレースにおいても1人だけ抜けていた
    伸び・出足・回り足と3拍子揃っていたのである。
    ここを見落としている点も、非常に重要なミスであった。

    他にも3号艇内山3コースの実績が悪すぎるという点や、4号艇赤石足が劣勢、という要素もあったので、吉田の1着ではなく、この2選手を1着に予想しているのは普通に考えればあり得なかったわけである。



    競艇道場という競艇予想サイトの無料予想検証
    2021/10/26(平和島8R)

    以下、2021/10/26に提供された競艇道場の無料予想の検証結果である。

    競艇道場という競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
    ▲ 競艇道場の無料予想(2021/10/26)

    10/25も豪快にハズレ、10/26もハズレだった。

    10/26SGボートレースダービーの開催初日、今回は強豪選手揃いのため、インコースに有利に働くレースが多そうな開催だが、このレースに関してはインコースは買いではなかった。
    1号艇太田2号艇江口足が違い過ぎていたからである。

    太田は前検から気配が良くなく、伸びがかなり弱かった。
    太田自身のコメントにもあった通り、伸びがなさ過ぎなので、いくら有利なイン戦とはいえ、よほど早いスタートをいかない限りは先マイできなかったというわけである。

    そしてその太田とは対照的に江口のモーターは実績機であり、前検の気配も強めであった。
    楽に2コースに入れる(江口は基本前付けする選手で、いつもは起こし深くからスタートする)このレースは、ほぼ確実に早いスタートを行くと想定できた。

    そのように考えれば、1マークは江口が太田をまくる形になり、そのまくりから生まれる展開を3号艇渡辺4号艇興津が捉えるという予想はかなり簡単にできた。
    むしろ、すんなりのイン逃げよりもそちらの方が可能性が高いとすら思えたものである。

    足の弱いインを1着固定にするのならよほどの理由が必要だ。

    ただこのレースに関しては全くその理由は見つからず、展開を考えたり、機力比較を考えたりすればするほど、インが負けるという結論にしかならないレースであったと思う。

    このレースのインを中心にした予想を出している段階で、予想サイトとしては厳しいと言わざるをえない。
    第12Rの1号艇峰のイン戦の方がよほど堅かったと思う(峰のモーターは評判機)
    インの取捨選択だけではなく、予想としてもそこまで難しくなかったと言える。
    3連単13400円の配当はつきすぎなくらいであり、むしろかなりおいしいレースだった。



    競艇道場という競艇予想サイトの無料予想検証
    2021/08/16(戸田8R)

    以下、2021/08/16に提供された競艇道場の無料予想の検証結果である。

    競艇道場という競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
    ▲ 競艇道場の無料予想(2021/08/16)

    本来であれば軸視したい2号艇平石であるが、今節は調整に苦しみ足的には厳しいといった感じであった。

    戸田の2コースは、攻める3コースとインとの間に挟まれる形になり、スタートをきっちりと決めないと1マーク相当厳しい隊形となる。
    その意味でも、平石スタートが安定していけてなかっただけに、苦戦を強いられるのは必至であった。
    平石2コース時の成績が悪い点もさらに推せない要素だったと言えよう。

    そしてもう一人の格上6号艇畑田だが、正直昨日のフライングが痛かった。

    足自体は伸び中心に良いのだが、やはりスタートを踏み込めないのは相当なマイナスである。
    道中の捌きで何とか着は残すだろうが、1着まで突き抜けるのはかなり厳しかった。

    その2艇を1着にフォーメーションの予想をしている点が、この予想の全くダメな所である。
    2艇とも1着軸として信頼できるレベルに達していないのに、名前や級別だけで判断しているのか、実際のこのレースにおける信頼度とは大きくかけ離れているといったところだった。
    もっと1マークの展開をリアルにシュミレーションした方がいい。

    攻め手不在の一戦ではあるけれども、平石が差し切るまでの足はない。
    そう考えれば1号艇堂原のイン押し切りも十分に狙えるし、2・3着に平石・畑田と絡んだ事を考えれば、割と的中しやすいレースだったように思う。



    競艇道場という競艇予想サイトの無料予想検証
    2021/06/25(福岡6R)

    以下、2021/06/25に提供された競艇道場の無料予想の検証結果である。

    競艇道場という競艇予想サイトの無料予想(無料情報)の抜き打ち検証
    ▲ 競艇道場の無料予想(2021/06/25)

    このレースだが、まず予想を開始する上でポイントとなってくるのは1号艇前川が、インから逃げ切れるといったと事であった。
    オッズ的にも割れると思われたのだが、足自体としては回り足が軽快でモーター勝率以上の仕上がりにはあった。

    そして初日からスタートは早いのがきっちりと行けており、ここもスタート横一線に揃いそうな一戦だけに、そのままの押し切りという想定も十分に考えられた。
    結論としてはこのイン戦の信頼度は高いと言えただろう。

    一方で予想の軸にもあった3号艇柴田だが、確かにモーター雰囲気よくセンターからどう攻めるのか注目であったが、スタート一気に内を呑み込めるほどの足ではなかったと思う。

    スタートが揃うとやはり選手技量が大切になってくるが、その意味で柴田3コース実績を考えると、決してこのレースにおいては買える要素はなかったと思う。

    ただ結果にもある通り、モーター生かして外マイからの2着としては十分に信頼できたので、シンプルに前川から柴田へという予想でよかったと思う。

    このインはけっこう買いだったから思うのが、イン外しの予想という割と攻めた予想だが、そのための分析がどれほどのものだったのだろう。



  3. 競艇道場という競艇予想サイト(ボートレース予想サイト)の無料予想の長期検証結果

    競艇予想サイト「競艇道場」の無料予想の長期検証結果

    以下、抜き打ちで1ヶ月間検証した、競艇道場という競艇予想サイトの無料情報(無料予想)の検証結果となる。

    競艇道場というボートレース予想サイトの無料予想の検証は、基本的に無料予想の精度を検証開始しはじめた日から、提供日は毎日できる限り無料予想のキャプチャ画像を撮り、収集して的中率回収率などを算出している。

    毎週日曜定休日だから抜けているのだが、7/28だけ、特に定休日でもないのにいつもの確認時間に無料予想の確認をすると「完売」となっていた。
    「空売り」だったのだろうか。

    7/6 無料予想 -16,000円
    7/7 無料予想 -16,000円
    7/8 無料予想 -16,000円
    7/9 無料予想 -16,000円
    7/10 無料予想 -16,000円
    7/12 無料予想 -16,000円
    7/13 無料予想 -16,000円
    7/14 無料予想 -16,000円
    7/15 無料予想 -16,000円
    7/16 無料予想 -16,000円
    7/17 無料予想 +16,000円
    7/19 無料予想 -16,000円
    7/20 無料予想 -5,600円
    7/21 無料予想 -16,000円
    7/22 無料予想 -10,400円
    7/23 無料予想 -16,000円
    7/24 無料予想 -16,000円
    7/26 無料予想 -16,000円
    7/27 無料予想 +28,800円
    7/29 無料予想 +16,600円
    7/30 無料予想 -16,000円
    7/31 無料予想 +15,000円
    8/2 無料予想 +22,400円
    8/3 無料予想 -16,000円
    8/4 無料予想 -16,000円
    8/5 無料予想 -16,000円


    競艇予想サイト「競艇道場」の無料予想の予想精度結果発表

    競艇道場無料予想の検証を1ヶ月間行ったわけだが、もし仮に競艇道場が提示する推奨金額で(1点あたり2000円)1ヶ月間毎日買い続けた場合、賭金は41万 6000円もかかり、結果払戻しは19万 4800円となっていただろう。

    1ヶ月間で収支結果は、

    マイナス-22万 1200円だ。


    競艇道場の無料予想の検証結果

    検証期間 1ヶ月
    的中率 27%
    回収率 47%


    鬼・検証レポートはコチラ
    ↓ ↓
    競艇道場の検証レポ


競艇道場という競艇予想サイトの「検証レポート」も見てみる。

▼ 徹底検証した、注目度の高い無料競艇予想サイト

【悪評】 舟王

舟王という競艇予想サイトは「 フネラボ系」である。舟王の的中実績やドメイン取得日から検証時までを逆算すると、11日ほどしか運営してないことがわかった。しかしTOPには「会員月間平均収益 100万円突破記念」などと書かれている。どう考えてもウソ。…それとウケたのが、舟王がウェーブの予想をパクってたことも発覚した。舟王の無料予想は、ウェーブの無料予想よりも後に出しており買い目がすべて被っていたのだ。

舟王という競艇予想サイトの無料予想を徹底検証

検証期間 検証中
的中率 検証中
回収率 検証中

競艇ホットライン という競艇予想サイトの集客YouTuberがとても怪しい。インスタ、SNSなどで自作自演のステマで集客をしているグループサイトだ。
笑えるのが、明らかに競艇ホットラインはオープンしたばかりの競艇予想サイトなのに、競艇ホットライン の会員数を確認すると、キッカリ 1,000人となっていた。いかにも購入したような数字だと検証記事に書くと、その数日後に再度確認すると800人近く減っていた

競艇ホットラインという競艇予想サイトの無料予想を徹底検証

検証期間 1ヶ月
的中率 42%(26戦11勝 15敗)
回収率 86%(-5万超)

新しい競艇のリーダーズという競艇予想サイトは、HELPと同一IPだ。そんなHELPはガーデンや、競艇予想サイトのオーシャンと同じ運営だということが確認済み。更にオーシャンは競艇予想サイトのPITと同じ電話番号なので、ここら辺が「新しい競艇のリーダーズ」のお仲間として紐づけられていく。そんなグループサイトのPITは過去の検証で無料予想の実績捏造していることが証明されており、評判の悪い予想サイトが多い。新しい競艇のリーダーズの無料予想も1ヶ月かけて検証する。

新しい競艇のリーダーズという競艇予想サイトの無料予想を徹底検証

検証期間 1ヶ月
的中率 30%(30戦9勝 21敗)
回収率 50%(-14万超)

無料予想のある、優良競艇予想サイト

  • 【優良】

    安い。3000円からで無料予想の的中率、回収率も高い!

     7/13には「ナイトコロガシ」というコースで、大村3R(39.2倍)→丸亀7R(8.6倍)と、2レースとも5点で転がしを成功させ、20万 2100円の払い戻し。
    リアルタイムボートは有料コースの値段の安さが魅力的だ。最近減ったがリアルタイム予想も必見だ。

  • 【優良】

    見解はないが、提供する予想の精度はいい

     7/11イン鉄板コロガシ」で三国11R(16.9倍)→宮島9R(13.2倍)とコロガシ成功、26万 6640円の払戻し。
    無料予想の見解が載っていないのが少し残念ではあるが、的中率、回収率は良いのでヨシとしよう。

  • 【優良】

    競艇ジャンキーTの知識と情報、見解がスゴイ

     7/4には「ちょいプラス+」という低額プランでびわこ8R(12.5倍)→びわこ9R(11.3倍)と、2レースともわずか4点で的中させ、21万 1310円の払戻し。

    業界一の競艇の知識を持つサイトではないだろうか。実際に予想担当者が現地で収穫した情報やブログなど、生々しい本物の情報が提供されるのはココだけだと思う。
    無料予想とコンテンツだけでも十分に楽しめるサイトだ。

  • 見解が凄い。競艇・競馬・競輪の無料予想が1つのアカウントで閲覧可能。

     7/3には「H予想」で、浜名湖8R(20.6倍)→浜名湖10R(32.4倍)とコロガシで、26万 5680円の払戻し。
    競馬予想も、競艇予想も、競輪予想も、なんと1つのアカウント全ての無料予想の閲覧が可能となる。また、この三競競艇という競艇予想サイトも提供される予想に「必ず載ってる」見解が秀逸なので、無料情報でも参考になる。

  • 【優良】

    競艇道と同じIPだが随分と違う。

     6/19 「ラリアットデイ」という予想で江戸川6R(17.3倍)→江戸川7R(9.7倍)とコロガシが成功し、20万 790円の配当となった。
    闘魂ボートでも無料予想の長期検証を2回、2ヶ月もかけて行ったが、結果が良かったので注目することとなった。

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競艇予想サイトの抜き打ち検証」は、競艇予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/07/18

ビーボートという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競艇予想サイト「ビーボート」の無料予想(無料情報)は、2024/07/18の浜名湖7Rで提供された買い目である。

ビーボートという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ビーボートの無料予想(2024/07/18)

浜名湖7Rのレース結果:2-5-1

1号艇にはB1級の羽野諒。初日2走は2連対と好発進を切っていた。
足は回り足がやや良く見え、出足や伸びも中堅レベルはあったように思う。しかし、イン戦で必勝かと問われると、かなり疑問であった


要因は羽野のイン戦の特徴にある。
羽野はインコース時にターンが流れることが多く、直近6ヶ月の1着率も25%とインとしてはかなり低い。これでは1着で推すことはできない。

ただ、流れるだけで先マイはしているので2・3着に残る可能性は十分ある。2連対率は約67%、3連対率に関しては約92%と信頼できるだろう。
要は「差されて負けている」ということだ。

そう考えると2号艇石塚差しが有力となる。羽野同様回り足の気配が良かったので、普通に考えれば差し切る。


また、4コースになりそうな5号艇天野も忘れてはいけない(新人の4号艇井澤が外に出るため)。4コース時は2連対率約52%、3連対率も約86%と差しの展開は逃さない。2番差しから高い確率で伸ばしてくると想定できる。


ビーボートの予想はとにかく羽野の1着が多いのが間違っている。
通常は勝てるコースの1コースだが、得意としていない選手や走り方に特徴のある選手は間違いなくいる。羽野はそういう選手だ。

今回、その辺りを考えない単調な予想だったと言える。堅くないインを必要以上に推して、その結果外したということだ。



2024/07/16

ビッグボートという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競艇予想サイト「ビッグボート」の無料予想(無料情報)は、2024/07/16の江戸川2Rで提供された買い目である。

ビッグボートという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ビッグボートの無料予想(2024/07/16)

江戸川2Rのレース結果:4-5-6


江戸川で始まったG2戦。全選手がA級の選手であり、基本的には内コースが有利になるが、このレースに関しては例外であった。4号艇の佐藤のまくり一撃が有力だったからである。


まず、佐藤の引いたモーター50号機は、前節行き足から伸びにかけての足がかなり良かった。
この足で4カドになれば攻めていくのは必至であり、内枠勢としては抵抗できる足もなく、正直厳しかったように思う。普通にスタートを決めるだけでいい。


さらに、佐藤自身がまくり屋であるという点も大きい。4コースの1着のほとんどがまくりでのものであり、全コースで差しよりもまくり勝ちの方が多いのだ。佐藤がまくるのは明白だった。


相手として展開が向くのは5号艇上田6号艇山田だろう。

佐藤のまくりに乗って差し続くだけでいい。2・3着として信頼できたと思う。
いわゆるスジ舟券」というやつだ。


そんな状況に反して、予想は内枠4人の3連複BOX。本当に1マークの展開を考えているのかと疑うレベルのものであった。
モーターと選手(佐藤)を考えれば簡単なレースだった。