最終更新日:2024年07月20日に更新しました。現在までに確認した競艇予想サイトの口コミ数:16,239

クラブ銀河 - 無料予想と的中率・回収率を徹底検証 | 競艇予想サイト

▼ クラブ銀河の無料予想の検証結果

  • ■サイト名:
    クラブ銀河
    ■補足情報:

    スピード(SPEED)と、ホースプランナーと同一IP。SIXBOAT(シックスボート)、競艇BULL(競艇ブル)、船の時代、競艇インパクト、船国無双、スピード、VMAX、鬼アツ(オニアツ)、競艇ライナー、競艇グランドスラム、競艇ブルーオーシャン、競艇RITZ(競艇リッツ)、フルスロットル、ボートクエストは同じグループサイト。ClubGinga、クラブギンガ

    ■無料予想(無料情報)の検証結果:
    無料予想の検証期間
    1ヶ月
    無料予想の的中率
    39%
    無料予想の回収率
    79%

▼ クラブ銀河の関連サイト情報

▼ クラブ銀河の無料予想レポート

  1. クラブ銀河という競艇予想サイト(ボートレース予想サイト)の無料予想(無料情報)の検証

    クラブ銀河の無料予想(無料情報)の抜き打ち検証

    クラブ銀河という競艇予想サイトで提供された無料予想(無料情報)の買い目を抜き打ちで検証してみた。


    2021/05/24の無料予想検証(三国10R)

    クラブ銀河という競艇予想サイトの無料予想(無料情報)の抜き打ち検証
     
    クラブ銀河の無料予想の検証だが、この三国10R第一のポイント1号艇國分インから逃げ切れるかという所にあった。

    まだデビューして3年弱の若手であるからして、信頼度的にはそこまで高くないように思えるのだが、今節のモーターの動きは超抜級でインからもしっかりと押し切るだけの機力があった。多少ターンが流れようとも舟がかえってくる(逃げ切る事ができる)、そんな状態だった。

    そういう意味ではこの予想もインから3点予想してるが、2着の相手が2号艇烏野だけと少々心許ない気がした。

    というのも技量的にはこのメンバーなら上位の烏野だが、決して足が良いというわけではなかった。
    むしろ4号艇梶原5号艇細川の方が良かったくらいである。

    その点を考慮していれば、烏野の差し切りの2-1-4、2-1-5という予想は全くいらなかっただろう。
    どう考えても國分の足と烏野の足では差がありすぎて、差さるとは思えなかった。
    この2点分を素直に國分の1着から手広く流していれば、1-4-2という予想まで十分入れれただろう事を考えると非常に残念な予想だった



    2021/03/03の無料予想検証(唐津12R)

    クラブ銀河という競艇予想サイトの無料予想(無料情報)の抜き打ち検証
     
    最近だと2/28×、3/1 7.3倍、3/2×、3/3×、といったかんじで、その中で今回は「3/3 唐津12R」で提供された無料予想の買い目について検証をしてみる。

    1号艇赤岩が堅そうな一戦。
    仕上がり途上ではあるが十分に戦える足はあるだけに、このイン戦は楽に逃げ切るだろうと思われた。
    攻める艇が不在なのも追い風であったので、1号艇を1着に固定した予想をだしている点は評価はできる

    ただこの予想を見て思うのは、どこが2・3着の軸か全くわからない。
    クラブ銀河の無料予想の買い目はいつものことだが、今回も予想の目自体がバラバラ一貫性がないのだ。

    例を挙げると、1-2-3・1-2-4とあるのに1-3-2が無い事や、1-3-4・1-3-5とあるのに1-4-5だけあって1-4-2、1-4-3は無い。といったところである。

    つまりどういうことかと言うと普通に考えれば1-2を本線にして予想を組み立てられるレースだけに、2号艇を2・3着の軸に据えればいいだけの話である。
    「1-2-3・1-2-4・1-2-5・1-3-2・1-4-2」くらいの5点にすれば、この予想が2号艇を2着軸に置いていて、その次に3・4号艇、5号艇は3着まで。といったように、見解を文字に起こさなくても伝わるものである。

    予想の点数をいつも5点に縛りをつけているからなのかもしれないが、このような目だと不安になる人もいるだろう。
    どういう展開で予想しているのか謎だし、予想出す側で何かしらのルールがあるのかもしれないが、予想の目のバランスが悪いように思えてしまう。

    そんなバラバラな予想をしているから、結果的に1-3-2の舟券を取り損なってしまったのだ。
    どの艇を推すか以前に「予想の出し方」がいつも良くないと思う。



    クラブ銀河の無料予想(無料情報)の検証

    以下、抜き打ちで1ヶ月間検証したクラブ銀河の無料情報(無料情報)の検証結果となる。

    クラブ銀河の無料予想(無料情報)の検証は、基本的に検証の開始を始めた日から、提供日は毎日げきる限り無料予想(無料情報)のキャプチャ画像を撮り、収集して的中率回収率などを算出しています。



    9/20 無料情報 -5000円
    9/21 無料情報 5000円
    9/22 無料情報 -5000円
    9/23 無料情報 5000円
    9/24 無料情報 +3500円
    9/25 無料情報 -5000円
    9/26 無料情報 5000円
    9/27 無料情報 +2500円
    9/28 無料情報 -5000円
    9/29 無料情報 +2100円
    9/30 無料情報 -5000円
    10/1 無料情報 +10100円
    10/2 無料情報 -5000円
    10/3 無料情報 +900円
    10/4 無料情報 -5000円
    10/5 無料情報 +7400円
    10/6 無料情報 -5000円
    10/7 無料情報 +6500円
    10/8 無料情報 -5000円
    10/9 無料情報 +3000円
    10/10 無料情報 -5000円
    10/11 無料情報 +5900円
    10/12 無料情報 -5000円
    10/13 無料情報 -5000円
    10/14 無料情報 -5000円
    10/15 無料情報 -5000円
    10/16 無料情報 -5000円
    10/17 無料情報 +7500円
    10/18 無料情報 +900円
    10/19 無料情報 +11800円
    10/20 無料情報 -5000円


    クラブ銀河の無料予想(無料情報)の検証結果

    今回は1ヶ月間の毎日、クラブ銀河の無料予想(無料情報)の検証をしたわけだが、もし仮にクラブ銀河が推奨した通りに1ヶ月間毎日買い続けていたら、検証期間でかかった軍資金は15万 5000円となり、払戻しは12万 2100円となっていた。

    1ヶ月間で収支結果は、

    マイナス3万 2900円だ。


    クラブ銀河の無料予想(無料情報)の検証結果

    検証期間 1ヶ月
    的中率 39%
    回収率 79%
    鬼・検証レポートはコチラ
    ↓ ↓
    クラブ銀河の検証レポ


クラブ銀河という競艇予想サイトの「検証レポート」も見てみる。

▼ 徹底検証した、注目度の高い無料競艇予想サイト

【悪評】 あたりマクリ

あたりマクリ」という競艇予想サイトは、検証開始直後に「あたりマクリ」の会員数がわずか5人しかいないことが確認されたが、驚くことに集客サイトには、既に口コミが7件も投稿されていた。会員数より口コミの数が上回るというのはありえない。…さらに集客サイトは13戦13勝の的中率100%と謳っているが、我々の検証では23戦1勝 22敗の、マイナス-44万円だった
乖離しすぎだろw

あたりマクリという競艇予想サイトの無料予想を徹底検証

検証期間 1ヶ月
的中率 4%(23戦1勝 22敗)
回収率 4%(-44万円)
【悪評】 競艇アルカナ

競艇アルカナという競艇予想サイトは、競艇TRIBEなどの フネラボ系身内サイトだろうということが想像つく。…というのもフネラボだけがどこの検証サイトよりも早くから競艇アルカナの記事ページを公開して優良評価していたからなぁ(笑) ここのグループサイトはどれも似ている。1ヶ月かけて競艇アルカナの無料予想を検証すると、的中率は33%(30戦10勝20敗)で、回収率は58%、収支結果は-12万円超えの赤字となった。

競艇アルカナという競艇予想サイトの無料予想を徹底検証

検証期間 1ヶ月
的中率 33%(30戦10勝20敗)
回収率 58%(-12万超)

新しい競艇のリーダーズという競艇予想サイトは、HELPと同一IPだ。そんなHELPはガーデンや、競艇予想サイトのオーシャンと同じ運営だということが確認済み。更にオーシャンは競艇予想サイトのPITと同じ電話番号なので、ここら辺が「新しい競艇のリーダーズ」のお仲間として紐づけられていく。そんなグループサイトのPITは過去の検証で無料予想の実績捏造していることが証明されており、評判の悪い予想サイトが多い。新しい競艇のリーダーズの無料予想も1ヶ月かけて検証する。

新しい競艇のリーダーズという競艇予想サイトの無料予想を徹底検証

検証期間 1ヶ月
的中率 30%(30戦9勝 21敗)
回収率 50%(-14万超)

無料予想のある、優良競艇予想サイト

  • 【優良】

    安い。3000円からで無料予想の的中率、回収率も高い!

     7/19には「KING」というコースで、江戸川7R(25.1倍)→江戸川10R(26.1倍)と、2レースとも5〜6点で転がしが成功し、19万 5750円の払い戻し。
    リアルタイムボートは有料コースの値段の安さが魅力的だ。最近減ったがリアルタイム予想も必見だ。

  • 【優良】

    競艇道と同じIPだが随分と違う。

     7/17ラリアットデイ」という予想で常滑7R(14.7倍)→常滑11R(11.4倍)と2レースともわずか4点でコロガシを成功させ、20万 8620円の配当となった。
    闘魂ボートでも無料予想の長期検証を2回、2ヶ月もかけて行ったが、結果が良かったので注目することとなった。

  • 【優良】

    競艇ジャンキーTの知識と情報、見解がスゴイ

     7/17にはモーニングパック(ブログ)というプランで三国5R(26.5倍)→三国7R(21.6倍)と、2レースとも5〜6点で的中させ、17万 640円の払戻し。

    業界一の競艇の知識を持つサイトではないだろうか。実際に予想担当者が現地で収穫した情報やブログなど、生々しい本物の情報が提供されるのはココだけだと思う。
    無料予想とコンテンツだけでも十分に楽しめるサイトだ。

  • 【優良】

    見解はないが、提供する予想の精度はいい

     7/11イン鉄板コロガシ」で三国11R(16.9倍)→宮島9R(13.2倍)とコロガシ成功、26万 6640円の払戻し。
    無料予想の見解が載っていないのが少し残念ではあるが、的中率、回収率は良いのでヨシとしよう。

  • 見解が凄い。競艇・競馬・競輪の無料予想が1つのアカウントで閲覧可能。

     7/3には「H予想」で、浜名湖8R(20.6倍)→浜名湖10R(32.4倍)とコロガシで、26万 5680円の払戻し。
    競馬予想も、競艇予想も、競輪予想も、なんと1つのアカウント全ての無料予想の閲覧が可能となる。また、この三競競艇という競艇予想サイトも提供される予想に「必ず載ってる」見解が秀逸なので、無料情報でも参考になる。

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競艇予想サイトの抜き打ち検証」は、競艇予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/07/18

ビーボートという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競艇予想サイト「ビーボート」の無料予想(無料情報)は、2024/07/18の浜名湖7Rで提供された買い目である。

ビーボートという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ビーボートの無料予想(2024/07/18)

浜名湖7Rのレース結果:2-5-1

1号艇にはB1級の羽野諒。初日2走は2連対と好発進を切っていた。
足は回り足がやや良く見え、出足や伸びも中堅レベルはあったように思う。しかし、イン戦で必勝かと問われると、かなり疑問であった


要因は羽野のイン戦の特徴にある。
羽野はインコース時にターンが流れることが多く、直近6ヶ月の1着率も25%とインとしてはかなり低い。これでは1着で推すことはできない。

ただ、流れるだけで先マイはしているので2・3着に残る可能性は十分ある。2連対率は約67%、3連対率に関しては約92%と信頼できるだろう。
要は「差されて負けている」ということだ。

そう考えると2号艇石塚差しが有力となる。羽野同様回り足の気配が良かったので、普通に考えれば差し切る。


また、4コースになりそうな5号艇天野も忘れてはいけない(新人の4号艇井澤が外に出るため)。4コース時は2連対率約52%、3連対率も約86%と差しの展開は逃さない。2番差しから高い確率で伸ばしてくると想定できる。


ビーボートの予想はとにかく羽野の1着が多いのが間違っている。
通常は勝てるコースの1コースだが、得意としていない選手や走り方に特徴のある選手は間違いなくいる。羽野はそういう選手だ。

今回、その辺りを考えない単調な予想だったと言える。堅くないインを必要以上に推して、その結果外したということだ。



2024/07/16

ビッグボートという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競艇予想サイト「ビッグボート」の無料予想(無料情報)は、2024/07/16の江戸川2Rで提供された買い目である。

ビッグボートという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ビッグボートの無料予想(2024/07/16)

江戸川2Rのレース結果:4-5-6


江戸川で始まったG2戦。全選手がA級の選手であり、基本的には内コースが有利になるが、このレースに関しては例外であった。4号艇の佐藤のまくり一撃が有力だったからである。


まず、佐藤の引いたモーター50号機は、前節行き足から伸びにかけての足がかなり良かった。
この足で4カドになれば攻めていくのは必至であり、内枠勢としては抵抗できる足もなく、正直厳しかったように思う。普通にスタートを決めるだけでいい。


さらに、佐藤自身がまくり屋であるという点も大きい。4コースの1着のほとんどがまくりでのものであり、全コースで差しよりもまくり勝ちの方が多いのだ。佐藤がまくるのは明白だった。


相手として展開が向くのは5号艇上田6号艇山田だろう。

佐藤のまくりに乗って差し続くだけでいい。2・3着として信頼できたと思う。
いわゆるスジ舟券」というやつだ。


そんな状況に反して、予想は内枠4人の3連複BOX。本当に1マークの展開を考えているのかと疑うレベルのものであった。
モーターと選手(佐藤)を考えれば簡単なレースだった。