最終更新日:2024年06月25日に更新しました。現在までに確認した競艇予想サイトの口コミ数:16,140

大瀧明日香という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_0
登録番号 3999

大瀧明日香

(44)  オオタキ アスカ
生年月日 1979/07/25
支部 愛知
身長 154cm
出身地 静岡県
体重 45kg
登録期 83期
血液型 A型
級別 A2級

大瀧明日香の期別成績

2023/05/01-2023/10/31
勝率 6.07 能力 53
優出 4回 優勝 0回
1着 19.0%(29回) 2着 22.9%(35回)
3着 21.6%(33回) 4着 15.7%(24回)
5着 11.8%(18回) 6着 8.5%(13回)

大瀧明日香の写真画像

大瀧明日香という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_1 大瀧明日香という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_2 大瀧明日香という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_3 大瀧明日香という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_4 大瀧明日香という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_5 大瀧明日香という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_6 大瀧明日香という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_7 大瀧明日香という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_8 大瀧明日香という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_9 大瀧明日香という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_10 大瀧明日香という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_11 大瀧明日香という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_12 大瀧明日香という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_13 大瀧明日香という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_14 大瀧明日香という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_15 大瀧明日香という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_16 大瀧明日香という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_17 大瀧明日香という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_18 大瀧明日香という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_19 大瀧明日香という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_20 大瀧明日香という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_21 大瀧明日香という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_22 大瀧明日香という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_23

大瀧明日香について

  1. 大瀧明日香美人競艇選手(女子ボートレーサー)について

  2. 大瀧明日香選手(おおたき あすか)という、美人競艇選手(女子ボートレーサー)は、「大瀧明日香=3999」で3000番台最後のレーサーとして覚えられることも多いが、それより二児の母となった人妻であろうと、やっぱり今でも美しい美人レーサーだ。

    こんな美人の大瀧明日香選手の夫って誰だよ?…と、思うだろう。
    大瀧明日香選手を射止めた夫は、同じ競艇選手の渡辺真至選手だ。
    大瀧明日香選手を射止めた夫の渡辺真至選手 
    ↑大瀧明日香選手の夫、渡辺真至選手


    大瀧明日香選手の出身は静岡県だが、現在所属は愛知支部になっている。
    それも2004年渡辺真至選手と入籍し、静岡支部から→愛知支部に移籍したからだ。
    こんな静岡代表美人ボートレーサーが所属を移籍してしまうのは、地元ファンはガッカリだっただろうな。



  3. 大瀧明日香美人競艇選手(女子ボートレーサー)について

  4. 大瀧明日香選手は、地元静岡県の菊川市にある、偏差値は45-58の「常葉学園菊川高等学校」を卒業している。
    私立中高一貫高校だ。高校野球の常連校でもあり、スポーツの強い高校だ。


    そんな高校で、大瀧明日香選手は中学生の頃からバスケットボールをしていた。高校では県でベスト16に入った実績がある。
    ポジションはチームの司令塔の役割を担うポイントガード。チーム内で最も器用な選手が務めるポジションを守っていた。

    特に大瀧明日香選手の時代が強く、常葉菊川女子バスケット部に新たな歴史を刻んだ学年でもあったそうで、最強のガードとしてチームを引っ張っていたんだとか。


    その活躍と、この美貌だったから、当時の後輩の、現ボートレーサーで圧倒的な優勝回数を更新し続け、既に「競艇女子」でも書いている長嶋万記選手からも「かっこよかったです」と、大瀧明日香選手のことは長嶋万記選手にとって憧れだったと話している。
    大瀧明日香選手の高校時代。この頃からダントツにかわいくて美人だから人気もある。 
    ↑大瀧明日香選手の高校時代。右上が長嶋万記選手

    上の写真見ると、高校時代から美人だ。長嶋万記選手も大瀧明日香選手と同じ「常葉菊川女子バスケット部」だったので、写真に写っているw


    長嶋万記選手がボートレーサーを目指したのも、憧れの大瀧明日香選手がボートレーサーを目指していたからで、その影響を受けて、後に続きボートレーサーになったと言っている。
    高校を卒業し、今では愛知支部に移籍してしまった大瀧明日香選手だが、長嶋万記選手とは今でも仲が良く、長嶋万記選手のブログ見ても、今でも大瀧明日香選手のことが大好きなんだと伝わってくる(笑)



  5. 大瀧明日香美人競艇選手が女子ボートレーサーになろうとしたキッカケ

  6. 大瀧明日香選手が、ボートレースを初めて観たのは3歳、4歳ぐらいだったという。
    女子の競艇選手に「ありがちなパターン」だが、父親が競艇好きで幼少から連れられて行き、物心ついた頃から「父に小さな頃からボートレーサーになれ」と言われていたそうで、そんなある意味洗脳教育により、最終的に「競艇選手」になろうと決断したのは中学の時だと言う。

    小さな頃は嫌だと拒否していたそうだが、中学生の頃に将来のことを考えるようになった時、父に言われてた「ボートレーサー」という職について自分で本気でなろうと、考え直したそうだ。

    大瀧明日香選手は高校生の時には急に目が悪くなり、目のためにいろいろ頑張ったり、学校に受かるように勉強も頑張ってやり抜き、ボートレーサーへの決意は大きかったようだ。

    そして悩みぬいた末に、
    高校を中退し、ボートレーサー養成所に入所することにした。


    あれだけ打ち込んでたバスケだが、後になって大瀧明日香選手自身、バスケをやっていたことが今の「競艇」にも大きく繋がっている部分も多く、中学時代のバスケ部顧問が相当厳しく、競技を通して精神的にもいろんなことを教えてもらっていたそうだが、その頃の経験が、今のボートレーサーという職にかなり役に立っている、と話している。



  7. 大瀧明日香美人競艇選手の「実績」

  8. 大瀧明日香選手は1998年 11月デビューに常滑競艇場でデビューした83期・中堅レーサーだ。

    同期には須藤博倫選手北村征嗣選手重野哲之選手らがいて、同期女子は3人で、まぁまぁ美人の永井聖美選手と、ちょっとKABAちゃん似の茶谷桜選手がいる。
    大瀧明日香選手と同期の、永井聖美選手と茶谷桜選手 
    ↑2018年情報だけど、参考までにw


    そんな大瀧明日香選手は、デビュー翌年の1999年2月17日、徳山競艇場で初勝利をする。デビューから約2年後の2000年7月には、初優出を果たした。
    女子選手にしては割と出征は早かったほうだろう。

    だが、そこから初優勝するまでにはかなり苦戦することになる。
    優出33回目となった、2011年9月の鳴門「ジャパンネット銀行杯競走」で、念願の初優勝を果たした。…初優出からなんと11年もの月日が流れていた。
    初優勝後に「33回目の優出でやっと優勝ができた。うれしいというよりホッとしました」と喜びを噛み締めたコメントを言っている。

    その後の大きな大会の実績としては、
    2015年の「G1レディースチャンピオン」、2015年の「クイーンズクライマックス」で2度のG1優出歴があるが、もしかしたら大瀧明日香選手の全盛期この頃だったのかもしれない。
    特に、2015年の「クイーンズクライマックス」では、優勝戦で1号艇に乗っていたのだが、残念ながら結果は3着に敗れてしまった。


    その後、2016年7月に鳴門で行われた「第21回オーシャンカップ」でSG初出走を果たし、最終日にSG初勝利を飾り、水神祭をおこなった。

    2017年12月の桐生「第37回群馬テレビ杯・G3オールレディース」での優勝を最後に、しばらく優勝から遠ざかっている。
    これまでの優勝回数は7回で、「G3オールレディース」の優勝が過去最高となり、G2以上での優勝はない


    大瀧明日香選手に、「師匠」や「弟子」は特にいない

    生涯獲得賞金は「313,232,940円」(2018年終了時点)と、レーサーとしては20年やってきて、だいたい毎年1500万円ぐらいの収入がある計算になる。

    現在はA2級と上から2番目の階級に属しており、最近はA2級に定着していて本人としても不本意な成績のようだが、若い時には”全速ターンが最大の魅力”だったので再びA1級に戻ってくると思われる選手なので期待している。(2019/4時点)

    今現在の成績に苦しんでいるのも、もしかすると「事故」の影響が若干残っているかもしれない・・・



  9. 大瀧明日香競艇選手の「事故」

  10. 大瀧明日香選手の「事故」とは…2017年12月に大村競艇場で開催された「クイーンズクライマックス」で自らの失敗で事故を招いてしまった。

    2号艇で出場した大瀧明日香選手はスタートで遅れをとり、スタートで遅れたのに無理に差し込みに行こうとしたところ、引き波に掛かり1Mに激突してしまい、そこに後続を走っていた水口由紀選手が、大瀧明日香選手に乗り上げるという大事故が発生するという事態になった。
    大瀧明日香選手のクラッシュ事故 
    大瀧明日香選手のクラッシュ事故(YouTube)


    すぐに大瀧明日香選手は担架で運ばれ、病院に搬送された。
    この事故により、左肩関節脱臼、2カ所の骨折など大けがを負い、控えていたドリーム戦を欠場して帰郷となった。


    復帰戦となったのは、3ヶ月後の2018年3月。
    常滑で行われた「男女W優勝戦」で復帰後、いきなり優出を果たした。

    「事故によって引退せざるを得なくなった人もたくさんいる中、復帰することが出来て本当に良かった。」と答えている。
    ただあれだけ大きな事故を招いてしまったからには、思い切って攻めきれない部分もあるだろうし、まだ本調子を出し切れていないといったところでもあるようだ。

    大瀧明日香選手は競艇歴20年のレーサーとなるが、決してスタートも早いわけではなく、未だにレースでのセールスポイントは特に無い。

    強いて言えば女子戦の成績が良く、2017年11月1日〜2018年10月31日の統計では、全体の勝率は5.65に収まったが、女子戦だけの成績を見れば7.24と非常に強い
    女子戦に出ている大瀧明日香選手は狙い目だということだ。



  11. 大瀧明日香競艇選手の「プライベート」

  12. 大瀧明日香選手は、2006年12月に一人目、2010年春頃に二人目を出産しており、2人の子供にも恵まれた。
    今でも美しい大瀧明日香選手なので、あまり「ママ感」を感じないが、休みの日には子供のために時間を費やしているそうでしっかり母親なのだ。

    趣味はショッピングや、クロスステッチ。
    宿舎では暇な時間にクロスステッチ(刺繍)をすることが多いそうだ。

    あとは後輩の犬童千秋選手と2人で城廻りをすることも。かなり渋い。

    料理は簡単に作れる料理はやるそうで、得意料理は餃子。
    なお大瀧明日香選手はツイッターやブログといったSNSはやっていないので、プライベートのことはあまり分からなかった。


    競艇検証.com」では今後も美人競艇選手(女子ボートレーサー)の大瀧明日香競艇選手のイチファンとして応援を続けます!
    大瀧明日香競艇選手についてのプロフィールレポートなどは基本的に更新しませんが、もし大瀧明日香競艇選手と写真を撮ったり、自慢ネタがあったら、公開するかも?しれません(笑)

優良競艇予想サイトを探すなら、競艇予想サイト検証.COM

無料予想のある、優良競艇予想サイト

  • 【優良】

    安い。3000円からで無料予想の的中率、回収率も高い!

     6/21には「KING」というコースで、びわこ6R(22.3倍)→びわこ8R(10.4倍)と、2レースとも4点という少点数で転がしを成功させ、20万 8000円の払い戻し。
    リアルタイムボートは有料コースの値段の安さが魅力的だ。最近減ったがリアルタイム予想も必見だ。

  • 【優良】

    競艇道と同じIPだが随分と違う。

     6/19 「ラリアットデイ」という予想で江戸川6R(17.3倍)→江戸川7R(9.7倍)とコロガシが成功し、20万 790円の配当となった。
    闘魂ボートでも無料予想の長期検証を2回、2ヶ月もかけて行ったが、結果が良かったので注目することとなった。

  • 【優良】

    見解はないが、提供する予想の精度はいい

     6/19デイスタンダード」でびわこ11R(15.8倍)→多摩川8R(15.5倍)とコロガシ成功、19万 5300円の払戻し。
    無料予想の見解が載っていないのが少し残念ではあるが、的中率、回収率は良いのでヨシとしよう。

  • 【優良】

    競艇ジャンキーTの知識と情報、見解がスゴイ

     6/7には「モーニングパック」で芦屋2R(20.9倍)→芦屋4R(12.3倍)で15万 3750円の払戻し。

    業界一の競艇の知識を持つサイトではないだろうか。実際に予想担当者が現地で収穫した情報やブログなど、生々しい本物の情報が提供されるのはココだけだと思う。
    無料予想とコンテンツだけでも十分に楽しめるサイトだ。

  • 見解が凄い。競艇・競馬・競輪の予想販売をしてる3競 3K

     6/6には「H予想」で、児島10R(30.1倍)→児島12R(21.9倍)とコロガシで、26万 2800円の払戻し。
    競馬予想も、競艇予想も、競輪予想も、なんと1つのアカウント全ての無料予想の閲覧が可能となる。また、この三競競艇という競艇予想サイトも提供される予想に「必ず載ってる」見解が秀逸なので、無料情報でも参考になる。

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競艇予想サイトの抜き打ち検証」は、競艇予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/06/19

舟ビジョンという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

検証当時、舟ビジョン(舟VISION)はサイトが未完成だったからか、何度試しても無料予想の閲覧ができなくなった。後日、別の手法で再検証できるようになったのだが、わずか12日間の予想精度があまりにも集客サイトの戦績と違うから笑える。


集客サイト(解体新書)によれば的中率100%の10戦10勝だったハズなんだが、的中率25%12戦3勝 9敗だぞ(笑)

収支結果も集客サイトによれば回収率539%の、43万超えのプラス収支とのことだが、競艇検証.comが12日間連続検証してみたら、回収率は24%で、 わずか12日間で収支結果はマイナスー9万 1100円となった。


競艇検証.comが舟ビジョン (舟VISION)の「調子の悪かったところだけを切り取った」と思われたくないので、今後も引き続き舟ビジョン (舟VISION)の無料予想の検証を続けるが、とりあえず今回検証するのは2024/06/19の三国9Rで提供された買い目である。

舟ビジョン (舟VISION)という競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 舟ビジョン (舟VISION)の無料予想(2024/06/19)

三国9Rのレース結果:4-2-1


現在のボートレースはインコースが圧倒的に強いことはこれまでに何度も伝えている。それは間違いないのだが、全ての選手がインが得意というわけではない。 中には苦手な選手もいる。このレースはそういう部分が重要なレースであった。


1号艇柴田インが不得意な選手の一人である。とにかくインで逃げ切れていない。直近6ヶ月の1着率は約13%、それ以前も1着率はひどいものであった。


間違いなくインに苦手意識を持っている。こういう選手はモーターが良かろうが関係ない。外コースで成績を残していてもだ。 つまり、1着では買えないというわけだ(2・3着でも買いづらい)


その点を考慮すれば、まず4号艇川上が軸になるだろう。足は伸び中心に悪くはない。ただ、伸び切るまでではないのでおそらく1マークは差しに絞ってくる。

インの柴田がターンを外すのでその内を切り込むだけで良い。1・2着争い必至であった。


正味の足では地元2号艇川村も負けていない。全ての足が水準以上で、同じく柴田の内を差せば高い確率で着に絡んでくる。この2人中心で良かった。


柴田1着の予想ばかりをしている段階で、的中する気あるのかと思ってしまう。インがいくら強いと言っても、乗っている選手の方が圧倒的に重要だからだ。その辺りを考慮できない所がよく分かる買い目であった。



2024/06/17

ハピボという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ハピボ」という競艇予想サイト特商法に基づく表記を見ると、「株式会社ビギニング」という法人が運営していることになっているが、現在「ユラナス」という社名で運営している会社がリリースしている競艇予想サイトにソックリ

ハピボの住所もユラナスが社名変更する前の旧グループ会社の「ACT」が使用していた同じ住所を使用しているし、関連会社なのか、ただ真似をしているだけなのか分からない。とても気になる運営会社である。


そんな「ハピボ」の第一回目の抜き打ち検証だが、無料予想もユラナス運営の競艇予想サイト「あたりマクリ」などの買い目とそっくりで、1レースあたり2万円も推奨している。

今回検証する競艇予想サイト「ハピボ」の無料予想(無料情報)は、2024/06/17のびわこ2Rで提供された買い目である。

ハピボという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ハピボの無料予想(2024/06/17)

結果:2-5-1

ヤング戦という事もあり、実力差に開きがある事が多い。そういうレースは特に、A級の実績のある選手を注目しがちなのだが、実際はどうなのか。このレースではまず5号艇宮之原に目がいった。

ただ、モーター自体はまだまだな気配である。ドリームを快勝したものの正味の足はどれも弱い。インというのが勝てた要因として大きかった。コースも遠いので1着にくるのは厳しく、相手までの評価だった。


足が良いのは間違いなく2号艇上田だろう。スリット近辺の行き足が良いだけでなく、その後の伸びもある。びわこで有名な中間整備(非開催日に整備士が整備する事)好影響が間違いなく出ていた。コースも2コースと内コースであり、ここは1着信頼しかなかったように思う。

あとは1号艇上原のイン残し、近況好調な4号艇飛田までで良かった。


ハピボの予想はやはり足をきちんと分析できていない。宮之原が1着で来る可能性は高くないレースなのに、全面的に1着で信頼している。これでは的中する事はできない。


上田のモーターが出ているのは初日を見れば明らかであった。おそらくレースリプレイも見ずに予想していたんだろう