最終更新日:2024年06月25日に更新しました。現在までに確認した競艇予想サイトの口コミ数:16,140

西岡成美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_0
登録番号 5056

西岡成美

(28)  ニシオカ ナルミ
生年月日 1996/04/21
支部 徳島
身長 158cm
出身地 徳島県
体重 45kg
登録期 123期
血液型 B型
級別 A2級

西岡成美の期別成績

2023/05/01-2023/10/31
勝率 5.74 能力 54
優出 1回 優勝 1回
1着 20.8%(22回) 2着 16.0%(17回)
3着 18.9%(20回) 4着 17.9%(19回)
5着 12.3%(13回) 6着 12.3%(13回)

西岡成美の写真画像

西岡成美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_1 西岡成美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_2 西岡成美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_3 西岡成美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_4 西岡成美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_5 西岡成美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_6 西岡成美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_7 西岡成美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_8 西岡成美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_9 西岡成美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_10 西岡成美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_11 西岡成美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_12 西岡成美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_13 西岡成美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_14 西岡成美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_15 西岡成美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_16 西岡成美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_17 西岡成美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_18 西岡成美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_19 西岡成美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_20 西岡成美という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_21

西岡成美の「本日」出場予定

  • 出走の予定はありません

西岡成美について

  1. 西岡成美競艇選手(女子ボートレーサー)について

  2. 西岡成美選手(にしおか なるみ)という、競艇選手(女子ボートレーサー)は、2018年11月26日鳴門競艇場でプロデビューしたばかりの競艇選手(ボートレーサー)だ。
    西岡成美競艇選手(ボートレーサー)の無事デビューを祝うレーサー仲間 
    ↑なるみ丸カップでデビューした西岡成美選手の競走無事故完走を祝う


    西岡成美選手(ボートレーサー)は「123期生」としてボートレーサー養成所に入所した。
    全体的に少ない123期であるが、その中で同期女子は全部で4人だけだ。
    西岡成美選手のいた123期の同期女子の写真画像 
    ↑この西岡成美選手のかわいさは目立つな(笑)


    この123期の面白い特徴として、123期は「前原大道」選手(姉が前原哉選手)、「上田紗奈」選手(兄が上田龍星選手)、「中村駿平」選手(兄が中村泰平選手)といった兄弟レーサーが多く誕生している

    同期も同時期にデビューをしたばかりなので、もちろんまだ誰も記録を残すような走りはしていないが、これからこの中から頭角を表す選手が1、2年以内に出てくることだろう。



  3. 西岡成美競艇選手(女子ボートレーサー)の姉は、西岡育未選手

  4. 西岡成美選手の競走無事故完走を祝ってる写真を見ると、西岡成美選手の背後で緑の服着てピースサインしてるのは、以前に「競艇女子」で記事を書いた、2015年5月にデビューした116期のボートレーサー、西岡育未選手だ。

    西岡成美選手と、西岡育未選手が同じ「西岡」なので分かるように、この2人は姉妹で、西岡成美選手との年齢は2歳違い

    ふたりとも徳島県出身で、支部は徳島支部に所属する。
    西岡成美選手がデビューすることで、四国初の姉妹選手が誕生すると、新聞でも取り上げられ、しかも西岡成美選手はかなりかわいい(美人)から、「美人姉妹レーサー」として話題にもなる。

    西岡成美選手のプロフィール画像も見ると、かなり将来が期待できる器量だ(笑)
    西岡成美競艇選手(女子ボートレーサー)の姉は、西岡育未選手 
    ↑四国初の姉妹選手として、なにかと企画が組まれる2人w



  5. 西岡成美競艇選手(女子ボートレーサー)の学生時代がかわいい。

  6. 西岡成美選手は徳島県 三好市東みよし町出身で、中学校時代はバスケットボール部、高校時代ソフトボール部に所属していた。

    西岡成美選手の出身高校は、徳島県の美馬市脇町大字脇町という場所にある、偏差値61の、「徳島県立脇町高校」という高校だ。
    偏差値が徳島県内で9位と高く、ほとんどの生徒が進学を希望している県立高校らしい。


    この高校は部活動も盛んで、運動部、文化部ともに盛んな高校として知られており、西岡成美選手の高校時代の写真も、西岡成美選手が管理してる「Decolog」で見つけた。

    プリクラ写真とか見ると、アイドルのようなかわいさだ。…コリャ競艇選手になってから人気が出るわけだw
    西岡成美選手(ボートレーサー)の高校時代の写真画像が超かわいい 
    ↑写真には同級生も写っているので、そのうち閉められるかも。今のうちに見ておこうw→コレ


    高校時代は部活の「ソフトボール」以外に韓流スターにもハマってたようで、プリクラにも韓国語でなんか書いている

    特に元・東方神起のJUNOが好きなんだそうで、当時は「東方神起」のことについて語り出すと止まらないほどのファンだったそうだが、今でもファンをやっているのだろうか。


    充実した高校3年間を送った後は、進学校なだけに「とにかく大学に行きたかった」と話している。
    大学は「高知県立大学」に入学した。

    …大学に通っていて、一体ナニがあって競艇選手(ボートレーサー)になったのか?
    転機を迎えたのは大学3年生の時。

    就職を決める時期になり、先に競艇選手(ボートレーサー)として活躍していた姉の姿を見ていて、自分もボートレーサーになろうと決意したそうだ。(大学に行く必要なかったかもねw)
    ボートレーサー養成所の試験を受け、ようやく5回目にして試験に合格。と言うから、随分と入学まで苦戦したようだ。これまでに書いてきた「競艇女子」の中では5回も挑戦したヒトいなかったかも。


    大学3年の秋(2017年10月)に休学し、123期生として福岡にあるボートレーサー養成所に入所し、ボートレーサーとしての道が開かれた。

    頑張って入学した甲斐があり、後輩のボートレーサー養成所の124期入所式では、西岡成美養成員が在所生を代表して、「歓迎のことば」を行った。 

    約3分間もの激励は、とても立派だ。 是非動画で見て欲しい←ココ
    西岡成美選手(ボートレーサー)が在所生代表の言葉 
    ↑西岡成美選手が在所生代表に挨拶の言葉。



  7. 西岡成美が競艇選手(女子ボートレーサー)になったキッカケ

  8. 2018年11月26日にデビューした西岡成美選手がボートレーサーを目指したのは、家族の影響だ。

    姉、西岡育未選手の記事を書いた時に、姉が競艇選手になった「キッカケ」で書いたように、妹の西岡成美選手も父親のボートレース好きが西岡成美選手の人生に大きく影響を及ぼした。

    子供の頃からよく競艇場に連れられて来たというから、影響を受けたのは必然だ。
    姉・西岡育未選手が競艇選手を目指したもんだから、父、姉の両方の影響を受けてしまったということか(笑)
    根っからの競艇狂の父親からすれば、2人も自分の家族から競艇選手が出たことは誇りだろう。
    「互いに切磋琢磨して、2人ともファンに愛される選手になってほしい」と徳島の実家から2人を応援している。


    訓練時代は通算成績勝率5.92」を残し、これは同期24人の中で第7位の成績だった。
    訓練後半に飛躍的に伸びたそうで、訓練時代の教官からも「男子にもついていける女子」と高い評価のコメントを貰っており、男子の中でも負けず陸の上でも献身的な動きで期を引っ張ったという。
    そういった姿勢が評価され、在学生代表の挨拶をすることになる。


    西岡成美選手が掲げる「レーサーとしての目標」は、「3年以内にA級選手になること」だそうで、その後の目標は「レディースチャンピオンを勝ち、ティアラも被りたい」とのこと。
    …3年以内にA級選手とは、先日「競艇女子」で書いた天才女子レーサー中村桃佳選手じゃないんだから、そう簡単にはいかないだろうケド。がんばれー。


    西岡成美選手が尊敬しているのは、元ボートレーサー・現ボートレーサー養成所の「荘林幸輝」教官だという。
    人間的にも尊敬できるし、考え方すべてが荘林教官みたいになりたい、とコメントをしており、「荘林幸輝」元選手はG1で8回優勝したことがある実績の持ち主で、その人柄にも憧れたのかもしれない。
    「尊敬する人」に「教官」を選ぶあたりが、「新卒」って感じがして初々しいw



  9. 西岡成美競艇選手(女子ボートレーサー)は人気が出そう

  10. …ところで「西岡成美」と「西岡育未」の姉妹2人は、とにかく似ているそうだ。
    話し方、声のトーン、もう何もかもそっくり!」…と、2人に直接会ったファンや、どちらのこともよく知るボートレーサー養成所の教官がそう話す。

    直接会った熱狂的なファンの方いわく、「育未ちゃんよりかしっかりしてそう(笑)」と言ってて、訓練時代も、”負けん気の強さ”を生かした「まくり」で男子に引けを取らない走りをしていたようだ。


    地元・ボートレース鳴門のマスコットキャラクター「なるちゃん」と同じ名前ということもあり、そういったトコでも実力さえ伴えば色々と鳴門としても「コラボ」しやすいだろうし、「美人姉妹レーサー」の姉・西岡育未選手、妹・西岡成美選手として声がかかることが多くなりそうだ。

    早速、四国のラジオ番組にも呼ばれて大忙しだw

    今後ますます注目を集めるだろう。
    まずは姉に追いつけるように頑張っていってもらいたい。


    競艇検証.com」では今後も競艇選手(女子ボートレーサー)の西岡成美競艇選手のイチファンとして応援を続けます!
    西岡成美競艇選手についてのプロフィールレポートなどは基本的に更新しませんが、もし西岡成美競艇選手と写真を撮ったり、自慢ネタがあったら、公開するかも?しれません(笑)

優良競艇予想サイトを探すなら、競艇予想サイト検証.COM

無料予想のある、優良競艇予想サイト

  • 【優良】

    安い。3000円からで無料予想の的中率、回収率も高い!

     6/21には「KING」というコースで、びわこ6R(22.3倍)→びわこ8R(10.4倍)と、2レースとも4点という少点数で転がしを成功させ、20万 8000円の払い戻し。
    リアルタイムボートは有料コースの値段の安さが魅力的だ。最近減ったがリアルタイム予想も必見だ。

  • 【優良】

    競艇道と同じIPだが随分と違う。

     6/19 「ラリアットデイ」という予想で江戸川6R(17.3倍)→江戸川7R(9.7倍)とコロガシが成功し、20万 790円の配当となった。
    闘魂ボートでも無料予想の長期検証を2回、2ヶ月もかけて行ったが、結果が良かったので注目することとなった。

  • 【優良】

    見解はないが、提供する予想の精度はいい

     6/19デイスタンダード」でびわこ11R(15.8倍)→多摩川8R(15.5倍)とコロガシ成功、19万 5300円の払戻し。
    無料予想の見解が載っていないのが少し残念ではあるが、的中率、回収率は良いのでヨシとしよう。

  • 【優良】

    競艇ジャンキーTの知識と情報、見解がスゴイ

     6/7には「モーニングパック」で芦屋2R(20.9倍)→芦屋4R(12.3倍)で15万 3750円の払戻し。

    業界一の競艇の知識を持つサイトではないだろうか。実際に予想担当者が現地で収穫した情報やブログなど、生々しい本物の情報が提供されるのはココだけだと思う。
    無料予想とコンテンツだけでも十分に楽しめるサイトだ。

  • 見解が凄い。競艇・競馬・競輪の予想販売をしてる3競 3K

     6/6には「H予想」で、児島10R(30.1倍)→児島12R(21.9倍)とコロガシで、26万 2800円の払戻し。
    競馬予想も、競艇予想も、競輪予想も、なんと1つのアカウント全ての無料予想の閲覧が可能となる。また、この三競競艇という競艇予想サイトも提供される予想に「必ず載ってる」見解が秀逸なので、無料情報でも参考になる。

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競艇予想サイトの抜き打ち検証」は、競艇予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/06/17

ハピボという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ハピボ」という競艇予想サイト特商法に基づく表記を見ると、「株式会社ビギニング」という法人が運営していることになっているが、現在「ユラナス」という社名で運営している会社がリリースしている競艇予想サイトにソックリ

ハピボの住所もユラナスが社名変更する前の旧グループ会社の「ACT」が使用していた同じ住所を使用しているし、関連会社なのか、ただ真似をしているだけなのか分からない。とても気になる運営会社である。


そんな「ハピボ」の第一回目の抜き打ち検証だが、無料予想もユラナス運営の競艇予想サイト「あたりマクリ」などの買い目とそっくりで、1レースあたり2万円も推奨している。

今回検証する競艇予想サイト「ハピボ」の無料予想(無料情報)は、2024/06/17のびわこ2Rで提供された買い目である。

ハピボという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ハピボの無料予想(2024/06/17)

結果:2-5-1

ヤング戦という事もあり、実力差に開きがある事が多い。そういうレースは特に、A級の実績のある選手を注目しがちなのだが、実際はどうなのか。このレースではまず5号艇宮之原に目がいった。

ただ、モーター自体はまだまだな気配である。ドリームを快勝したものの正味の足はどれも弱い。インというのが勝てた要因として大きかった。コースも遠いので1着にくるのは厳しく、相手までの評価だった。


足が良いのは間違いなく2号艇上田だろう。スリット近辺の行き足が良いだけでなく、その後の伸びもある。びわこで有名な中間整備(非開催日に整備士が整備する事)好影響が間違いなく出ていた。コースも2コースと内コースであり、ここは1着信頼しかなかったように思う。

あとは1号艇上原のイン残し、近況好調な4号艇飛田までで良かった。


ハピボの予想はやはり足をきちんと分析できていない。宮之原が1着で来る可能性は高くないレースなのに、全面的に1着で信頼している。これでは的中する事はできない。


上田のモーターが出ているのは初日を見れば明らかであった。おそらくレースリプレイも見ずに予想していたんだろう


2024/06/19

舟ビジョンという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

検証当時、舟ビジョン(舟VISION)はサイトが未完成だったからか、何度試しても無料予想の閲覧ができなくなった。後日、別の手法で再検証できるようになったのだが、わずか12日間の予想精度があまりにも集客サイトの戦績と違うから笑える。


集客サイト(解体新書)によれば的中率100%の10戦10勝だったハズなんだが、的中率25%12戦3勝 9敗だぞ(笑)

収支結果も集客サイトによれば回収率539%の、43万超えのプラス収支とのことだが、競艇検証.comが12日間連続検証してみたら、回収率は24%で、 わずか12日間で収支結果はマイナスー9万 1100円となった。


競艇検証.comが舟ビジョン (舟VISION)の「調子の悪かったところだけを切り取った」と思われたくないので、今後も引き続き舟ビジョン (舟VISION)の無料予想の検証を続けるが、とりあえず今回検証するのは2024/06/19の三国9Rで提供された買い目である。

舟ビジョン (舟VISION)という競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 舟ビジョン (舟VISION)の無料予想(2024/06/19)

三国9Rのレース結果:4-2-1


現在のボートレースはインコースが圧倒的に強いことはこれまでに何度も伝えている。それは間違いないのだが、全ての選手がインが得意というわけではない。 中には苦手な選手もいる。このレースはそういう部分が重要なレースであった。


1号艇柴田インが不得意な選手の一人である。とにかくインで逃げ切れていない。直近6ヶ月の1着率は約13%、それ以前も1着率はひどいものであった。


間違いなくインに苦手意識を持っている。こういう選手はモーターが良かろうが関係ない。外コースで成績を残していてもだ。 つまり、1着では買えないというわけだ(2・3着でも買いづらい)


その点を考慮すれば、まず4号艇川上が軸になるだろう。足は伸び中心に悪くはない。ただ、伸び切るまでではないのでおそらく1マークは差しに絞ってくる。

インの柴田がターンを外すのでその内を切り込むだけで良い。1・2着争い必至であった。


正味の足では地元2号艇川村も負けていない。全ての足が水準以上で、同じく柴田の内を差せば高い確率で着に絡んでくる。この2人中心で良かった。


柴田1着の予想ばかりをしている段階で、的中する気あるのかと思ってしまう。インがいくら強いと言っても、乗っている選手の方が圧倒的に重要だからだ。その辺りを考慮できない所がよく分かる買い目であった。