最終更新日:2024年07月20日に更新しました。現在までに確認した競艇予想サイトの口コミ数:16,237

競艇ボートレースのコラボ企画 (【続報】「相席食堂」の峰竜太企画) 〜競艇検証.comの競艇コラム

  1. 【続報】「相席食堂」の峰竜太企画

    峰竜太企画が再始動

    2021年7月27日に放送された「相席食堂」について書いた競艇コラムの事を覚えているだろうか?

    峰竜太」がロケを地元唐津で行っただけでなく、タレントで同姓同名の「峰竜太」が、峰の出走しているレースに賭ける、という企画が放送されたのだ(関西ローカルではある)
    まさに峰竜太だけで番組が構成されており、ボートレースファンの間では伝説となっている放送回である。

    その詳しい内容についてはでは以前当コラム内でお伝えした通りなのだが、その続編が先日放送された

    いろいろあって峰が出場停止処分を受けた事もあり、企画の存続自体が出来るのか疑問ではあったのだが、どうやらその辺りもクリアしたようである。

    そこで、今回のコラムは1回目の峰竜太企画続編となる企画内容を詳しく掘り下げていきたいと思う。



    峰竜太全BETプロジェクトとは?

    そもそもだが、この「峰竜太企画」とはどのようなものなのだろうか?
    改めて一旦おさらいしてみたい。

    まず、相席食堂TVerの特別賞を受賞した際に、賞金として30万円をもらったのが全ての始まりである。
    当初から海外でのロケを希望(ハワイ)していた千鳥の2人ではあるのだが、そこまで製作費もなく、現実的には不可能であった。
    そこでその費用を稼ぐために、賞金を元手にして峰竜太のレースに賭けよう、となったのがこの企画である。

    峰竜太全BETプロジェクト
    ▲ 峰竜太全BETプロジェクト


    名付けて「峰竜太全BETプロジェクト」。
    当然ながら峰絡みの舟券を買う事を前提にして、レース場まで勝負しに行くという感じだ。
    これが峰竜太企画の大まかな流れである。



    ラッパー「呂布カルマ」が登場

    第一回タレント峰竜太が、30万円の元手を52万円5千円にしたのだが、続いて第二回に登場したのが、YouTubeでも名前の上がるラッパー呂布カルマ」である。
    相席食堂に出演した事が過去にあったからなのかよく分からないが、なぜ呂布カルマかの理由は特になさそうだ。

    ッパー「呂布カルマ」が相席食堂に出演
    ▲ ッパー「呂布カルマ」が相席食堂に出演


    その呂布カルマは全くのボートレース初心者で、地元のスポーツ新聞記者や、本場に来ているファンに教えてもらいながら、買い目を決める。
    まぁ峰竜太絡みしか購入しないので、何着に峰を置くのか、そしてどう割り振るかの部分しかないのだけれども。

    4号艇で出走していた峰を1着、そして1号艇の1着からの2着付けで舟券を買った結果、見事に的中を果たした。
    配当は27.6倍、それを4万円分買っていたので、結果払戻しは110万4000円となった。
    ビギナーズラック的な事なのかもしれないけど、シンプルにこの企画、面白かった。

    映像的には10万円の束を11個作っているものが流れているので、千鳥の2人も思わず「呂布カイジだ」とツッコミを入れて(笑)をとった。



    110万円がどうなった?

    呂布カルマの回が放送されたのが去年11月30日。
    それから1年の時を経て、2022年12月6日に遂に3弾目となる続編が放送された。

    今回相席食堂に登場したのが、金沢や銀座で8個のクラブを経営する「理恵ママ」である。

    理恵ママが相席食堂に出演
    ▲ 理恵ママが相席食堂に出演


    理恵ママって誰だよ(笑)、と思わずツッコミたくなる人選だが、こちらも過去の相席食堂に出演した事があるようだ。
    確かに、それだけ多くのクラブを経営しているくらいだから、運は持っているかもしれない(?)

    勝負はボートレース丸亀の一般戦。
    理恵ママも、もちろんボートレース初心者であるので、誰かに教えてもらわなくてはいけないのだが、そこに丸亀の公式YouTubeで番組を配信している芸人大木亀丸」が登場した。
    丸亀の配信でしか見た事がなかったので、テレビに映っているのが凄く違和感がある。

    大木亀丸も相席食堂に出演
    ▲ 大木亀丸も相席食堂に出演


    まず、峰の出走の前半レースで勝負。
    5号艇で登場していたのだが、そこまでの成績がオール1着で完璧という事もあり、理恵ママも1着で買っていた。
    しかし、結果は差し届かず2着。不的中

    試しに賭けたというナレーションがあったので、そこまでの勝負は行っていないだろうと思ったのだが、その額は26万
    思わず笑ってしまったし、千鳥も一斉にツッコんでいた(笑)

    理恵ママ相席食堂で不的中。26万溶かす
    ▲ 理恵ママ不的中。26万溶かした顔


    そして、勝負の後半戦。
    峰は4号艇で出走しており、あの名言「4カドの峰は峰なんよ!」のごとく、峰から勝負していた。

    2着付けも抑えで買っている辺りがしぶとい。
    果たして結果はどうなったのか・・・
    見事に的中!!

    1マークを回った辺りで思わず大悟が「うまぁ」と言ったくらいに、会心のまくり差しが決まり1着でゴールした。

    理恵ママ相席食堂で的中
    ▲ 理恵ママ相席食堂で的中


    またしても神展開で的中したわけだが、その配当は14.3倍、そちらに10万円を賭けていたので、払戻しは143万円となった。

    レース後の峰も出演しており、番組的にも盛り上がっていた。
    これが今回放送された内容である。


    「峰竜太」から「呂布カルマ」、「呂布カルマ」から「理恵ママ」と3連続で的中(TVなのでどこまでガチかわからないが)、コロがっている「峰竜太全BETプロジェクト

    峰竜太全BETプロジェクト
    ▲ 峰竜太全BETプロジェクト


    どこまでお金が増えるのか、そして無事ハワイへ行く事はできるのか。
    これからの展開に期待したい。



無料予想のある、優良競艇予想サイト

  • 【優良】

    安い。3000円からで無料予想の的中率、回収率も高い!

     7/13には「ナイトコロガシ」というコースで、大村3R(39.2倍)→丸亀7R(8.6倍)と、2レースとも5点で転がしを成功させ、20万 2100円の払い戻し。
    リアルタイムボートは有料コースの値段の安さが魅力的だ。最近減ったがリアルタイム予想も必見だ。

  • 【優良】

    見解はないが、提供する予想の精度はいい

     7/11イン鉄板コロガシ」で三国11R(16.9倍)→宮島9R(13.2倍)とコロガシ成功、26万 6640円の払戻し。
    無料予想の見解が載っていないのが少し残念ではあるが、的中率、回収率は良いのでヨシとしよう。

  • 【優良】

    競艇ジャンキーTの知識と情報、見解がスゴイ

     7/4には「ちょいプラス+」という低額プランでびわこ8R(12.5倍)→びわこ9R(11.3倍)と、2レースともわずか4点で的中させ、21万 1310円の払戻し。

    業界一の競艇の知識を持つサイトではないだろうか。実際に予想担当者が現地で収穫した情報やブログなど、生々しい本物の情報が提供されるのはココだけだと思う。
    無料予想とコンテンツだけでも十分に楽しめるサイトだ。

  • 見解が凄い。競艇・競馬・競輪の無料予想が1つのアカウントで閲覧可能。

     7/3には「H予想」で、浜名湖8R(20.6倍)→浜名湖10R(32.4倍)とコロガシで、26万 5680円の払戻し。
    競馬予想も、競艇予想も、競輪予想も、なんと1つのアカウント全ての無料予想の閲覧が可能となる。また、この三競競艇という競艇予想サイトも提供される予想に「必ず載ってる」見解が秀逸なので、無料情報でも参考になる。

  • 【優良】

    競艇道と同じIPだが随分と違う。

     6/19 「ラリアットデイ」という予想で江戸川6R(17.3倍)→江戸川7R(9.7倍)とコロガシが成功し、20万 790円の配当となった。
    闘魂ボートでも無料予想の長期検証を2回、2ヶ月もかけて行ったが、結果が良かったので注目することとなった。

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競艇予想サイトの抜き打ち検証」は、競艇予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/07/18

ビーボートという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競艇予想サイト「ビーボート」の無料予想(無料情報)は、2024/07/18の浜名湖7Rで提供された買い目である。

ビーボートという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ビーボートの無料予想(2024/07/18)

浜名湖7Rのレース結果:2-5-1

1号艇にはB1級の羽野諒。初日2走は2連対と好発進を切っていた。
足は回り足がやや良く見え、出足や伸びも中堅レベルはあったように思う。しかし、イン戦で必勝かと問われると、かなり疑問であった


要因は羽野のイン戦の特徴にある。
羽野はインコース時にターンが流れることが多く、直近6ヶ月の1着率も25%とインとしてはかなり低い。これでは1着で推すことはできない。

ただ、流れるだけで先マイはしているので2・3着に残る可能性は十分ある。2連対率は約67%、3連対率に関しては約92%と信頼できるだろう。
要は「差されて負けている」ということだ。

そう考えると2号艇石塚差しが有力となる。羽野同様回り足の気配が良かったので、普通に考えれば差し切る。


また、4コースになりそうな5号艇天野も忘れてはいけない(新人の4号艇井澤が外に出るため)。4コース時は2連対率約52%、3連対率も約86%と差しの展開は逃さない。2番差しから高い確率で伸ばしてくると想定できる。


ビーボートの予想はとにかく羽野の1着が多いのが間違っている。
通常は勝てるコースの1コースだが、得意としていない選手や走り方に特徴のある選手は間違いなくいる。羽野はそういう選手だ。

今回、その辺りを考えない単調な予想だったと言える。堅くないインを必要以上に推して、その結果外したということだ。



2024/07/16

ビッグボートという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競艇予想サイト「ビッグボート」の無料予想(無料情報)は、2024/07/16の江戸川2Rで提供された買い目である。

ビッグボートという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ビッグボートの無料予想(2024/07/16)

江戸川2Rのレース結果:4-5-6


江戸川で始まったG2戦。全選手がA級の選手であり、基本的には内コースが有利になるが、このレースに関しては例外であった。4号艇の佐藤のまくり一撃が有力だったからである。


まず、佐藤の引いたモーター50号機は、前節行き足から伸びにかけての足がかなり良かった。
この足で4カドになれば攻めていくのは必至であり、内枠勢としては抵抗できる足もなく、正直厳しかったように思う。普通にスタートを決めるだけでいい。


さらに、佐藤自身がまくり屋であるという点も大きい。4コースの1着のほとんどがまくりでのものであり、全コースで差しよりもまくり勝ちの方が多いのだ。佐藤がまくるのは明白だった。


相手として展開が向くのは5号艇上田6号艇山田だろう。

佐藤のまくりに乗って差し続くだけでいい。2・3着として信頼できたと思う。
いわゆるスジ舟券」というやつだ。


そんな状況に反して、予想は内枠4人の3連複BOX。本当に1マークの展開を考えているのかと疑うレベルのものであった。
モーターと選手(佐藤)を考えれば簡単なレースだった。