最終更新日:2024年07月20日に更新しました。現在までに確認した競艇予想サイトの口コミ数:16,239

競艇の楽しみ方〜キャンペーン編 (テレボートの、2022夏のプレゼントキャンペーンが熱い) 〜競艇検証.comの競艇コラム

  1. テレボートの、2022夏のプレゼントキャンペーンが熱い

    テレボートの、夏のプレゼントキャンペーン

    ボートレースの投票はネット投票が主流

    ボートレースの投票の主流と言えば、もはやネット投票である。
    本場ボートレースチケットショップでの投票割合はかなり少なくなり、多くの人がネットで投票しているのが現状だ。

    ネット投票初期の頃とは違い、投票するためのハードル(手続きなど)は相当低くなっているのだが、その中で必ず「テレボート」という投票のためのサイトに登録しなければいけない。

    まぁ投票をするためのプラットフォームというか、競馬で言えば即PATみたいなもので、そこで投票したり、自分の投票の管理が行われていたりするのだ。



    2022夏の会員限定現金キャッシュバックキャーンペーン

    そんなテレボートなのだが、3・4ヶ月に1回くらいの割合で、会員限定の現金キャッシュバックキャーンペーンを行っている。(前にも書いたことある)

    現金1万円が1万名に当たる回もあれば、10万円が1000名に当たる回、額を会員側で2つの候補から選べる回もある。
    とにかく、決まっている額以上の投票をすれば、現金が返ってくる可能性があるのだ。

    投票している舟券が的中するチャンスがあるだけでなく、ダブルチャンスとして、こうして現金が帰ってくる可能性があるというわけだ。
    これはテレボート会員からしてみれば、得しかない企画である。

    だが今年2022年の夏キャンペーンは、いつもと様子が違っている
    いつもの現金還元ではなく、商品プレゼントに変更されているのだ。
    プレゼントされる商品は豪華で、現金に負けないくらいの魅力がある。

    なぜ現金ではなくプレゼントに変更したのか分からないが、とにかく良い商品が多いので、今回はそれをいくつか紹介していきたいと思う。

    テレボートの、夏のプレゼントキャンペーンが熱い!
    ▲ 2022テレボートの夏のキャンペーン


    期間:2022年7月19日〜8月9日

    テレボートの、夏キャンペーン



    テレボートキャンペーンの3つのコースの概要

    まず商品を紹介する前に、コースについて説明したい。

    現金キャッシュバックの時にもあったのだが、会員自らが選択できる仕組みを今回も取り入れている。

    A賞「激アツコース」の概要

    まず目玉のA賞は、その名も「激アツコース」である。

    開催期間中(2022年7月19日〜8月9日)に、テレボートで合計10,000円以上の購入すると応募する事ができるコースで、名前の通り「激アツ」な商品が用意されている。
    10,000円以上というハードルもかなり低いので(競艇予想サイトを使えば1回でそれくらい巣買うだろうし、一般的なテレボート会員でも、3週間でそれくらいは投票するであろう)、実際は当選人数との兼ね合いかと思う。


    B賞「熱中コース」の概要

    続いてB賞は「熱中コース」だ。

    こちらは期間中、5,000円以上の購入でオッケーみたいである。
    コース名と商品に共通点があるというわけではなく「まぁ夏だしこんな感じでしょ」、みたいにコース名がつけられた気が凄くする。
    ただ、こちらの商品も普通に良いものが揃っている。


    C賞「真夏日コース」の概要

    最後にC賞の「真夏日コース」だ。

    期間中、2,000円以上の購入という事もあり、ほぼ条件がないと言っても過言ではない。
    ネーミングもそのままという感じだ。
    ただ商品自体は一番下なコースの割には…と思えるものが多く、意外と侮れない。
    当選人数的にもこちらの方が熱い可能性もある。

    以上が3つのコースの説明である。



    C賞「真夏日コース」商品

    一番良い商品から紹介すると出オチ感があるので、まずは「真夏日コース」から。

    オリジナル トラベルセット 当選1000名

    PRINCESS パーティーセット 当選1000名

    OPAQUE.CLIP オリジナルコラボバック 当選2000名

    オリジナル ビールサーバーセット 当選1000名


    以上が真夏日コースである。
    間近で見ていないのでどれほどのクオリティの商品か分からないが、キャリーバック解説もないし、ちょっと安っぽそうだ。元値は1万円もしないだろう。

    Table Grill Pure」のホットプレートは、元値が22,000円だ。
    卓上電気鍋のセットは元値が15,400円する。
    実用性もあるし、メーカーもはっきりしているので、キャリーバッグや、次の女性用バッグよりいいだろう。

    OPAQUE.CLIP」というブランドは、大体5,000円くらいの元値の女性のバッグのようで、割と人気はあるようだがそこまで人気はなさそうだ。

    ビールサーバーも、テレボートの刻印入れてるだけで、アマゾン見ると、元値は10,000円くらいだろう。
    ビール好きでもわざわざ買うか微妙な商品なだけに、プレゼントであれば嬉しいかもしれない。

    どの商品ももらっても全く嬉しくないような、オリジナルの携帯クリーナーや、容量の少ないモバイルバッテリーなどではなく、普通に欲しいと思える商品がC賞にもある。
    これが今回のキャンペーンの本気度という事なのだろうかと思う。



    B賞「熱中コース」商品

    続いてはB賞熱中コースだ。
    まず商品を見て欲しい。

    オリジナルAirPods Proセット 当選600名
    オリジナルAirPods Proセット
    ▲ オリジナルAirPods Proセット


    GoPro HERO8 当選800名

    ミラブルzero 当選800名


    熱中コースはこんな感じだ。
    既に商品レベルが格段に上がっている。

    AirPods Proは、楽天で元値が33,000円くらいで売っているが、ボートレースオリジナルケースは嬉しいだろう。貰ったら確実に嬉しい商品だ。

    GoPro HERO8はアマゾンで元値が55,000円くらいで売っている。

    ミラブルzeroはCMでお馴染みのミラブルシャワーヘッドの進化版となる商品で、2022年の6月に発売したばかり新商品だ。
    アマゾンでは取り扱っていないので公式サイトで確認すると、元値が49,390円だった。

    …テレボートが本当にこの当選者数全員に商品をプレゼントするかは確認のしようがないが、仮にミラブルだけ見ても約5万円の商品なので(テレボートが定価で買うとは思えないが)、当選者数が800名ならこれだけでも4000万円だ。

    女性のユーザーは少なめだと推測できるので、ここが一番の狙い目なのかもしれない。



    A賞「激アツコース」商品

    既にこの段階でも凄い商品ばかりなのだが、このプレゼントキャンペーンのメインである、激アツコースを紹介したい。

    Apple Watch Series7 当選300名

    大人気のアップルウォッチの最新モデルである。
    機能に関しては詳しくは分からないが、大人気商品である事は間違いなく、欲しいと思っている人はかなり多いのではないだろうか。
    価格も約6万円と高額なので、まさに激アツという感じである。


    PlayStation5 当選200名

    そして最大の目玉は何といっても「プレイステーション5」だろう。
    当選人数は200名となっているが、未だに店舗に在庫がほぼなく、抽選販売が行われている大人気ゲーム機である。

    手に入れる事が相当困難という事もあり、アマゾンや楽天などのショップでは定価の倍以上の価格(8〜10万円)で売られているこの商品を、まず200台も本当に提供できるのか?というのが率直な疑問で、それを200名もの大人数にプレゼントするとは。

    おそらくこちらが一番人気になると思われるので、当選自体は難しくなってくるだろうが、それでも選びたくなる商品だろう。
    以上が各コースの商品説明である。



    キャンペーンの応募方法

    商品を一通り紹介したので、実際に応募してみた

    まずキャンペーンのサイトにアクセスする。
    テレボートの、夏のプレゼントキャンペーン 応募はこちら
    ▲ 「応募はこちら」をクリック


    応募はこちら」というボタンがあるので、それをクリックすると応募フォームに遷移する。
    そのフォームにテレボートの加入者番号や氏名、希望商品などを入れ「応募する」を押す。

    最終確認画面で間違いがなければ、「送信」ボタンを押して終了だ。
    テレボートの、夏のプレゼントキャンペーンに応募
    ▲ 応募完了


    きちんと応募できていれば、登録したメアドにメッセージがくる。

    こんな感じだが、如何に今回のプレゼントキャンペーンが激アツかお分かり頂けただろうか?
    テレボート会員であれば誰でも応募できるので、ぜひともまだな人は応募してみてはいかがだろうか。


無料予想のある、優良競艇予想サイト

  • 【優良】

    安い。3000円からで無料予想の的中率、回収率も高い!

     7/19には「KING」というコースで、江戸川7R(25.1倍)→江戸川10R(26.1倍)と、2レースとも5〜6点で転がしが成功し、19万 5750円の払い戻し。
    リアルタイムボートは有料コースの値段の安さが魅力的だ。最近減ったがリアルタイム予想も必見だ。

  • 【優良】

    競艇道と同じIPだが随分と違う。

     7/17ラリアットデイ」という予想で常滑7R(14.7倍)→常滑11R(11.4倍)と2レースともわずか4点でコロガシを成功させ、20万 8620円の配当となった。
    闘魂ボートでも無料予想の長期検証を2回、2ヶ月もかけて行ったが、結果が良かったので注目することとなった。

  • 【優良】

    競艇ジャンキーTの知識と情報、見解がスゴイ

     7/17にはモーニングパック(ブログ)というプランで三国5R(26.5倍)→三国7R(21.6倍)と、2レースとも5〜6点で的中させ、17万 640円の払戻し。

    業界一の競艇の知識を持つサイトではないだろうか。実際に予想担当者が現地で収穫した情報やブログなど、生々しい本物の情報が提供されるのはココだけだと思う。
    無料予想とコンテンツだけでも十分に楽しめるサイトだ。

  • 【優良】

    見解はないが、提供する予想の精度はいい

     7/11イン鉄板コロガシ」で三国11R(16.9倍)→宮島9R(13.2倍)とコロガシ成功、26万 6640円の払戻し。
    無料予想の見解が載っていないのが少し残念ではあるが、的中率、回収率は良いのでヨシとしよう。

  • 見解が凄い。競艇・競馬・競輪の無料予想が1つのアカウントで閲覧可能。

     7/3には「H予想」で、浜名湖8R(20.6倍)→浜名湖10R(32.4倍)とコロガシで、26万 5680円の払戻し。
    競馬予想も、競艇予想も、競輪予想も、なんと1つのアカウント全ての無料予想の閲覧が可能となる。また、この三競競艇という競艇予想サイトも提供される予想に「必ず載ってる」見解が秀逸なので、無料情報でも参考になる。

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競艇予想サイトの抜き打ち検証」は、競艇予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/07/18

ビーボートという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競艇予想サイト「ビーボート」の無料予想(無料情報)は、2024/07/18の浜名湖7Rで提供された買い目である。

ビーボートという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ビーボートの無料予想(2024/07/18)

浜名湖7Rのレース結果:2-5-1

1号艇にはB1級の羽野諒。初日2走は2連対と好発進を切っていた。
足は回り足がやや良く見え、出足や伸びも中堅レベルはあったように思う。しかし、イン戦で必勝かと問われると、かなり疑問であった


要因は羽野のイン戦の特徴にある。
羽野はインコース時にターンが流れることが多く、直近6ヶ月の1着率も25%とインとしてはかなり低い。これでは1着で推すことはできない。

ただ、流れるだけで先マイはしているので2・3着に残る可能性は十分ある。2連対率は約67%、3連対率に関しては約92%と信頼できるだろう。
要は「差されて負けている」ということだ。

そう考えると2号艇石塚差しが有力となる。羽野同様回り足の気配が良かったので、普通に考えれば差し切る。


また、4コースになりそうな5号艇天野も忘れてはいけない(新人の4号艇井澤が外に出るため)。4コース時は2連対率約52%、3連対率も約86%と差しの展開は逃さない。2番差しから高い確率で伸ばしてくると想定できる。


ビーボートの予想はとにかく羽野の1着が多いのが間違っている。
通常は勝てるコースの1コースだが、得意としていない選手や走り方に特徴のある選手は間違いなくいる。羽野はそういう選手だ。

今回、その辺りを考えない単調な予想だったと言える。堅くないインを必要以上に推して、その結果外したということだ。



2024/07/16

ビッグボートという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競艇予想サイト「ビッグボート」の無料予想(無料情報)は、2024/07/16の江戸川2Rで提供された買い目である。

ビッグボートという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ビッグボートの無料予想(2024/07/16)

江戸川2Rのレース結果:4-5-6


江戸川で始まったG2戦。全選手がA級の選手であり、基本的には内コースが有利になるが、このレースに関しては例外であった。4号艇の佐藤のまくり一撃が有力だったからである。


まず、佐藤の引いたモーター50号機は、前節行き足から伸びにかけての足がかなり良かった。
この足で4カドになれば攻めていくのは必至であり、内枠勢としては抵抗できる足もなく、正直厳しかったように思う。普通にスタートを決めるだけでいい。


さらに、佐藤自身がまくり屋であるという点も大きい。4コースの1着のほとんどがまくりでのものであり、全コースで差しよりもまくり勝ちの方が多いのだ。佐藤がまくるのは明白だった。


相手として展開が向くのは5号艇上田6号艇山田だろう。

佐藤のまくりに乗って差し続くだけでいい。2・3着として信頼できたと思う。
いわゆるスジ舟券」というやつだ。


そんな状況に反して、予想は内枠4人の3連複BOX。本当に1マークの展開を考えているのかと疑うレベルのものであった。
モーターと選手(佐藤)を考えれば簡単なレースだった。