最終更新日:2024年07月20日に更新しました。現在までに確認した競艇予想サイトの口コミ数:16,237

競艇ボートレースのCM (2023年ボートレースCMは例年と違う?) 〜競艇検証.comの競艇コラム

  1. 2023年ボートレースCMは例年と違う?

    2023年版ボートレースのCMが変わった

    2023年に入り早くも2ヶ月が過ぎようとしているが、ボートレースのCMが1月1日から一新されたのをご存じだろうか?

    コンセプト自体は「アイ アム ア ボートレーサー」と昨年から同じなのだが、雰囲気が全然違う。

    中でも一番分かりやすく変わったのがメインキャラに女子レーサーがなった事である。

    このCMが第1話として放映された際、インパクトがあった。
    女性が注目されるのは、今の時代においては普通な事かもしれないが、ボートレースはまだ断然男子が強いスポーツである。
    CMにおいても、年間を通して中には女子メイン回というものがあるが、最初からというのはこれまでにない(と思う)

    ではなぜそのようなCMになったのだろうか?

    理由は、ある女子レーサーの昨年の偉業達成による。

    2023年競艇ボートレースCM
    ▲ 2023年競艇ボートレースCM



    遠藤エミのSG優勝で、CMにも影響が

    偉業を達成した女子レーサーとは、競艇女子でも紹介している「遠藤エミ」である。

    遠藤は2022年3月にボートレース大村で行われた、SGボートレースクラシックにおいて、女子選手として初めてSG優勝を成し遂げたのである。

    女子選手として初めてSG優勝を成し遂げた遠藤エミ
    ▲ 女子選手初のSG優勝をした遠藤エミ


    何と言っても、ボートレース70年の歴史の中で初めてなので、その衝撃は凄かった。

    ヤフーニュースのトップニュースや、ツイッターのトレンドワードにもなるなど、ボートレースを知らないような人でも目にするような、インパクトを残したのだ。

    その遠藤の偉業を基に、CMを作成したようである。
    それが年始から放映された第1話だ。



    2023年ボートレースCMの登場人物とモデル

    女子レーサーがCMの主役になるという事以外にも、最近のボートレースCMとは大きく違う点がある。
    CMに登場するキャラクターに、レーサーのモデルがいるというところだ。

    主人公の、長谷川京子演じる「キョウコ(名前はすごく安易笑)のモデルが遠藤エミであるように、他のキャラも同じような感じである。

    なんでその選手をチョイス?
    みたいな謎の人選もあるので、それぞれのキャラを紹介したいと思う。

    キャラ名 キャスト モデル選手
    キョウコ 長谷川京子 遠藤エミ
    シドウ 中村獅童 今村豊
    カミオ 神尾楓珠 丸野一樹
    フジモリ 藤森慎吾 西山貴浩
    スズ 山之内すず 守屋美穂
    オウリン 王林 倉持莉々・高田ひかる

    キョウコ(長谷川京子/遠藤エミ)

    まず主人公のキョウコであるが、遠藤エミありきでこのCMは進んでいくと思われるので、モデルが遠藤なのは分かる。
    しかし、それを演じるのが長谷川京子というのが少し謎である。

    長谷川京子自体、最近メディアでほとんど見ないので、なぜ急に抜擢されたのか不思議だ。
    遠藤エミのイメージとも全く合わないし、モデル体型の長谷川とはシルエットも全く違う。
    CMだからと言われてしまえばそれまでだが、何か釈然としない
    (ボートレースCMには、まだ少しギャラの安そうなタレントや俳優を使う傾向がある)

    2023ボートレースCM 長谷川京子/遠藤エミ
    ▲ 2023ボートレースCM (長谷川京子/遠藤エミ)



    シドウ(中村獅童/今村豊)

    シドウに関しては、昨年から引き続いてのキャラクターだが、シドウのモデルが引退した今村豊というのがかなり引っかかる。
    というのも、シドウのキャッチコピーは「ボートレース界の絶対王者」。
    これなら今村じゃなくて、どう考えても松井繁だろ(松井は王者と呼ばれているので)
    今村が王者と呼ばれていた事は一度もないのだ。本当によく分からない。

    2023ボートレースCM (中村獅童/今村豊)
    ▲ 2023ボートレースCM (中村獅童/今村豊)



    カミオ(神尾楓珠/丸野一樹)

    カミオの丸野一樹はそんなもんかなと思う。
    立ち位置的にも。

    2023ボートレースCM (神尾楓珠/丸野一樹)
    ▲ 2023ボートレースCM (神尾楓珠/丸野一樹)



    フジモリ(藤森慎吾/西山貴浩)

    今年から登場する新キャラ、フジモリは、まぁ「お笑い」といったキャラなら西山貴浩っていうのもイメージに合うが、顔なら中村獅童の方が西山貴浩だろう(笑)

    2023ボートレースCM (藤森慎吾/西山貴浩)
    ▲ 2023ボートレースCM (藤森慎吾/西山貴浩)



    スズ(山之内すず/守屋美穂)

    山之内すずが守屋美穂ってのも、まぁ、まぁかな。

    2023ボートレースCM(山之内すず/守屋美穂)
    ▲ 2023ボートレースCM(山之内すず/守屋美穂)



    オウリン(王林/倉持莉々・高田ひかる)

    今回のキャストでまぁ納得感があったのはオウリンだけかな。

    オウリンのキャッチコピーが、「元水球選手の豪快まくり姫」なのだが、これは「倉持莉々」の競艇女子でも書いているように、倉持莉々が水球の選手であったという事と、高田ひかるが女子レーサー1のまくり屋という事を合わせているようだ。

    倉持・高田両選手ともにSGボートレースオールスターに選ばれるほど、現在かなり人気がある選手なので、モデルになるのも自然と言えば自然だ。

    2023ボートレースCM(王林/倉持莉々・高田ひかる)
    ▲ 2023ボートレースCM(王林/倉持莉々・高田ひかる)



    2023年ボートレースCMは2話まで放送中

    現在2月中旬の段階では、第2話まで放映されている。

    ・リンク→ボートレースCM第1話
    ・リンク→ボートレースCM第2話

    第1話は、キョウコが女子選手としてボートレース史上初めてSG優勝を果たしたシーンがメインである。

    第2話でその続きとして、キョウコの優勝に触発された後輩女子レーサーのスズやオウリンが、自分もSG優勝できるんじゃないかと思い気合いを入れ直す(目の色を変える)、というドラマ的な流れになっている。


    まぁ、実際のボートレース界でもこのように「自分も遠藤に続く」的な心境になっている選手も多いだろうから、その辺りを描いているのだろう。
    でも、これからの展開はどうしていくのだろうか?
    キョウコに続いて、どちらかがSGを優勝したりするシーンを作るのだろうか?
    現実では女子の2人目のSG優勝は出てないので、どこまでフィクションを描くのかが気になる所である。

    例年とは一味違った2023年ボートレースCM。
    一年を通して見続けたいものだ。


    ↓ ↓

    2023年ボートレースCMサイトはコチラ



無料予想のある、優良競艇予想サイト

  • 【優良】

    安い。3000円からで無料予想の的中率、回収率も高い!

     7/13には「ナイトコロガシ」というコースで、大村3R(39.2倍)→丸亀7R(8.6倍)と、2レースとも5点で転がしを成功させ、20万 2100円の払い戻し。
    リアルタイムボートは有料コースの値段の安さが魅力的だ。最近減ったがリアルタイム予想も必見だ。

  • 【優良】

    見解はないが、提供する予想の精度はいい

     7/11イン鉄板コロガシ」で三国11R(16.9倍)→宮島9R(13.2倍)とコロガシ成功、26万 6640円の払戻し。
    無料予想の見解が載っていないのが少し残念ではあるが、的中率、回収率は良いのでヨシとしよう。

  • 【優良】

    競艇ジャンキーTの知識と情報、見解がスゴイ

     7/4には「ちょいプラス+」という低額プランでびわこ8R(12.5倍)→びわこ9R(11.3倍)と、2レースともわずか4点で的中させ、21万 1310円の払戻し。

    業界一の競艇の知識を持つサイトではないだろうか。実際に予想担当者が現地で収穫した情報やブログなど、生々しい本物の情報が提供されるのはココだけだと思う。
    無料予想とコンテンツだけでも十分に楽しめるサイトだ。

  • 見解が凄い。競艇・競馬・競輪の無料予想が1つのアカウントで閲覧可能。

     7/3には「H予想」で、浜名湖8R(20.6倍)→浜名湖10R(32.4倍)とコロガシで、26万 5680円の払戻し。
    競馬予想も、競艇予想も、競輪予想も、なんと1つのアカウント全ての無料予想の閲覧が可能となる。また、この三競競艇という競艇予想サイトも提供される予想に「必ず載ってる」見解が秀逸なので、無料情報でも参考になる。

  • 【優良】

    競艇道と同じIPだが随分と違う。

     6/19 「ラリアットデイ」という予想で江戸川6R(17.3倍)→江戸川7R(9.7倍)とコロガシが成功し、20万 790円の配当となった。
    闘魂ボートでも無料予想の長期検証を2回、2ヶ月もかけて行ったが、結果が良かったので注目することとなった。

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競艇予想サイトの抜き打ち検証」は、競艇予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/07/18

ビーボートという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競艇予想サイト「ビーボート」の無料予想(無料情報)は、2024/07/18の浜名湖7Rで提供された買い目である。

ビーボートという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ビーボートの無料予想(2024/07/18)

浜名湖7Rのレース結果:2-5-1

1号艇にはB1級の羽野諒。初日2走は2連対と好発進を切っていた。
足は回り足がやや良く見え、出足や伸びも中堅レベルはあったように思う。しかし、イン戦で必勝かと問われると、かなり疑問であった


要因は羽野のイン戦の特徴にある。
羽野はインコース時にターンが流れることが多く、直近6ヶ月の1着率も25%とインとしてはかなり低い。これでは1着で推すことはできない。

ただ、流れるだけで先マイはしているので2・3着に残る可能性は十分ある。2連対率は約67%、3連対率に関しては約92%と信頼できるだろう。
要は「差されて負けている」ということだ。

そう考えると2号艇石塚差しが有力となる。羽野同様回り足の気配が良かったので、普通に考えれば差し切る。


また、4コースになりそうな5号艇天野も忘れてはいけない(新人の4号艇井澤が外に出るため)。4コース時は2連対率約52%、3連対率も約86%と差しの展開は逃さない。2番差しから高い確率で伸ばしてくると想定できる。


ビーボートの予想はとにかく羽野の1着が多いのが間違っている。
通常は勝てるコースの1コースだが、得意としていない選手や走り方に特徴のある選手は間違いなくいる。羽野はそういう選手だ。

今回、その辺りを考えない単調な予想だったと言える。堅くないインを必要以上に推して、その結果外したということだ。



2024/07/16

ビッグボートという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競艇予想サイト「ビッグボート」の無料予想(無料情報)は、2024/07/16の江戸川2Rで提供された買い目である。

ビッグボートという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ビッグボートの無料予想(2024/07/16)

江戸川2Rのレース結果:4-5-6


江戸川で始まったG2戦。全選手がA級の選手であり、基本的には内コースが有利になるが、このレースに関しては例外であった。4号艇の佐藤のまくり一撃が有力だったからである。


まず、佐藤の引いたモーター50号機は、前節行き足から伸びにかけての足がかなり良かった。
この足で4カドになれば攻めていくのは必至であり、内枠勢としては抵抗できる足もなく、正直厳しかったように思う。普通にスタートを決めるだけでいい。


さらに、佐藤自身がまくり屋であるという点も大きい。4コースの1着のほとんどがまくりでのものであり、全コースで差しよりもまくり勝ちの方が多いのだ。佐藤がまくるのは明白だった。


相手として展開が向くのは5号艇上田6号艇山田だろう。

佐藤のまくりに乗って差し続くだけでいい。2・3着として信頼できたと思う。
いわゆるスジ舟券」というやつだ。


そんな状況に反して、予想は内枠4人の3連複BOX。本当に1マークの展開を考えているのかと疑うレベルのものであった。
モーターと選手(佐藤)を考えれば簡単なレースだった。