最終更新日:2024年07月20日に更新しました。現在までに確認した競艇予想サイトの口コミ数:16,239

競艇ボートレースのCM (2022年ボートレースCM「アイアム☆ボートレーサー」) 〜競艇検証.comの競艇コラム

  1. 2022年ボートレースCM「アイアム☆ボートレーサー」

    2022年のボートレースCMがスタート

    2022年がスタートして約1カ月、新年早々ボートレース新CMがスタートした。

    2022年ボートレースCM「アイアム☆ボートレーサー」
    2022年ボートレースCMサイト


    正直言って昨年のCMは個人的に不評だったので、2022年版にもあまり期待もしていなかったのだが、第一弾のものを見る限り良い感じである。

    何より昨年みたいに養成所をメインにしたような、もっさりしたストーリーではなく、きっちりボートレースのカッコよさが出ていると思うので、シンプルだが好感が持てた。

    そこで今回は2022年ボートレースCMストーリーや、CMに出演するキャストなどを含め、掘り下げていきたいと思う。



    2022年ボートレースCMのテーマは?

    早速だが2022年ボートレースCMのテーマについて紹介したい。

    アイアム☆ボートレーサー


    これが今年のテーマである。

    漫画、花沢健吾の「アイアムアヒーロー」と名前が似てるが、それでも直球で分かりやすくていい。
    真ん中の☆は「ア」を星の形にしているので目立たないが「つのだ☆ひろ」みたいである(笑)

    昨年のテーマが「Splash ボートレーサーになりたい!」というテーマだった事を考えると、新キャストを加えテーマとしても「続編」となっているようだ。

    実は今年のCM、ストーリーとしては昨年後期からの続きものなので、昨年養成所で厳しい訓練を受けた主人公の2人(カミオとハルカ)が、プロのボートレーサーになって先輩達に立ち向かっていくというような展開である。

    誰に向けての宣伝をしているのか分からないような昨年のCMが、どうやら今年のCMの言わば「フリ」だったようだ
    そう考えれば昨年の意味不明なCMにも理解できる部分もできてくる。

    まぁでも根本的にドラマ仕立てといえ「CM」なので、いつ更新されるのか分からないようなもので、主人公の成長を毎回楽しみにしているファンなどいないだろうけど。
    とにかく2年ものの大作CMといった感じである。


    2022年ボートレースCMのキャストは?

    続いて2022年ボートレースCMのキャスト(登場人物)についてだが、ここが昨年のものとの一番の違いと言っていいと思う。

    競艇予想サイトなどがボートレース業界の売り上げを伸ばした結果、業界が潤い予算が増えたのか、出演者が少し豪華になっているのだ。
    順に紹介したい。


    カミオ(神尾楓珠)

    2022年ボートレースCMのキャスト-カミオ(神尾楓珠)
     
    昨年からの引き続きの出演で、このCMの主人公的ポジション。
    設定としては将来を期待される新人レーサーで、後で紹介する「シドウ」に弟子入りを志願するが断られたらしい。
    なぜ断られたのかが今後のストーリーで明かされるのかには注目だ。

    ちなみに神尾楓珠は、また仮面ライダーデビューの俳優かと思ったが、俳優の伊藤英明に憧れ、伊藤が所属していた事務所のオーディションに応募して合格して現在に至るらしい。
    人気急上昇中の俳優らしいが、個人的には全然知らない(笑)


    ハルカ(芋生悠)

    2022年ボートレースCMのキャスト-ハルカ(芋生悠)
     
    こちらも昨年からの出演で、カミオと共に主人公である。
    実力派であるレーサーを母親に持つレーサーで、先輩にも可愛がられるキャラらしい。
    おそらく「大山千広」をモデルにしていると思われる(大山も母親はレーサーであった)

    演じているのは芋生悠(いもう はるか)という女優で、名字がかなり珍しい芸名なのかと思ったら本名だそうだ。

    写真写りが毎回違って(写真写りが悪いのか?)毎回「キャスト変わった?」って思うくらい変わる。
    2015年から「女優」として活動を開始した新人なのだが、既に映画だけでもかなりの作品に出演している期待の新人で、このボートレーサーの写真と、メガネっ娘と、着物の人が同じ人物に見えないくらい変わるのも、女優としては魅力の一つなのだろう。


    シドウ(中村獅童)

    2022年ボートレースCMのキャスト-シドウ(中村獅童)
     
    今回から登場するボートレース界の絶対王者。絶対王者っていう事なので「松井繁」をモデルにしているのだろう。

    口癖は「6万年はえぇ!(松井はそんなこと言わないがw)で、とにかく一番強い先輩的なキャラだ。
    あとカミオを弟子に取らなかったのは、過去のトラウマがあるかららしい。まぁたぶんレース中の事故とかそういうベタなパターンだろうけど、数十秒のCMでそこまでやるか少し気になるところ。

    演じているのは歌舞伎役者の「中村獅童」だ。どのレーサーも本名や芸名が使われている。


    アンナ(土屋アンナ)

    2022年ボートレースCMのキャスト-アンナ(土屋アンナ)
     
    「水上のクイーン」と呼ばれる元モデルのレーサーで、ハルカの頼れる先輩という事らしい。
    土屋アンナを起用したからモデルという事にしたのか、モデルにしたいから土屋アンナを起用したのか、どちらか知らないが、元モデルの設定って要るのだろうか。

    「日常の振る舞いからファンや後輩を魅了する」ともあるのだが、そこも謎設定で、日常の振る舞いとかCMで関係あるのだろうか?一番意味の分からないキャラ設定である。

    土屋アンナ自体は普通に雑誌・テレビ等で有名なタレントなので説明不要だと思うが、CMを見てると一瞬タレントの「フィフィ」に見えてしまうのが少し面白ポイントである。


    ユリ(ゆりやんレトリィバァ)

    2022年ボートレースCMのキャスト-ユリ(ゆりやんレトリィバァ)
     
    自称「水上のプリンセス」という女性レーサーは、明るい性格でファンが多く、ボートレース界を盛り上げるのだとか。

    正直このキャラがどの位置づけでストーリーに組み込まれているのか全く分からないし、そもそも要るのかっていう疑問もあるが、昨年に引き続いての芸人枠って事なんだろう。
    まぁ知名度はあると思うけど、ゆりやんレトリィバァを起用したっていうのも、なんか吉本と広告代理店とのつながりみたいな感じがして少し冷める。


    メグミ(MEGUMI)

    2022年ボートレースCMのキャスト-メグミ(MEGUMI)
     
    ハルカの母親であり、実力派のベテランレーサー。
    コチラも昨年から引き続いてのキャラで、昨年はちょい役だったが、今年はガッツリレーサーとして出演するそうだ。

    そもそも母親が40歳そこそこのMEGUMIっていうのが少し若すぎる気もするのだが、まぁでも女性レーサーっぽい気の強そうなイメージはあるので適役かな。

    以上が2022年ボートレースCM主な登場人物である。
    昨年が飯尾和樹(ずん)や博多華丸だったが、今年は出て来なそうだ。



    2022年ボートレースCMの第一弾紹介

    登場人物も紹介し終えたところで、とにもかくにも2022年ボートレースCMの第一弾を見てもらいたい。
    2022年ボートレースCM レジェンド登場編
    2022年ボートレースCMの第一弾

    どうだろうか?

    まず最初にも書いたが、はっきりとボートレースのCMだという事が分かるのが良い。
    各艇が次々と映し出されるのもそうだし、ボートの躍動感もある。
    昨年のダラダラしたストーリーを見せる感じとは全く違うのだ。

    中村獅童の後ろ姿からの始まりも様になっているし、登場キャラの紹介が終わった後の場面転換もいい。

    細かく言えば、躍動感出そうとしてるのだろうが、各キャラの後のエフェクトが少し要らないかなっていうくらいで、ほぼ完璧なんじゃないかなと思うが、まぁ人それぞれ意見があるだろう。
    第一弾でこのくらいのデキであれば当然、今後の展開も気になってくるし、CMとしてのインパクトもあるので、CMの効果も良いのではないだろうか。



    2022年ボートレースCMの主題歌はSuperfly

    この「ダイナマイトボートレース」のCMをさらに高揚させるような効果をあげてるのが、Superflyの主題歌「ダイナマイト」だ。
    こういう躍動感あるもの歌うのが上手いし、今回のボートレースとマッチしているとも思う。

    2022年のボートレースCMは今から期待できそうだ。
    どういうストーリー展開になるのか、「ボートレース」をカッコいいと思わせる演出はあるのか?
    そういったところに注目しながら一年間見続けていきたいと思う。


無料予想のある、優良競艇予想サイト

  • 【優良】

    安い。3000円からで無料予想の的中率、回収率も高い!

     7/19には「KING」というコースで、江戸川7R(25.1倍)→江戸川10R(26.1倍)と、2レースとも5〜6点で転がしが成功し、19万 5750円の払い戻し。
    リアルタイムボートは有料コースの値段の安さが魅力的だ。最近減ったがリアルタイム予想も必見だ。

  • 【優良】

    競艇道と同じIPだが随分と違う。

     7/17ラリアットデイ」という予想で常滑7R(14.7倍)→常滑11R(11.4倍)と2レースともわずか4点でコロガシを成功させ、20万 8620円の配当となった。
    闘魂ボートでも無料予想の長期検証を2回、2ヶ月もかけて行ったが、結果が良かったので注目することとなった。

  • 【優良】

    競艇ジャンキーTの知識と情報、見解がスゴイ

     7/17にはモーニングパック(ブログ)というプランで三国5R(26.5倍)→三国7R(21.6倍)と、2レースとも5〜6点で的中させ、17万 640円の払戻し。

    業界一の競艇の知識を持つサイトではないだろうか。実際に予想担当者が現地で収穫した情報やブログなど、生々しい本物の情報が提供されるのはココだけだと思う。
    無料予想とコンテンツだけでも十分に楽しめるサイトだ。

  • 【優良】

    見解はないが、提供する予想の精度はいい

     7/11イン鉄板コロガシ」で三国11R(16.9倍)→宮島9R(13.2倍)とコロガシ成功、26万 6640円の払戻し。
    無料予想の見解が載っていないのが少し残念ではあるが、的中率、回収率は良いのでヨシとしよう。

  • 見解が凄い。競艇・競馬・競輪の無料予想が1つのアカウントで閲覧可能。

     7/3には「H予想」で、浜名湖8R(20.6倍)→浜名湖10R(32.4倍)とコロガシで、26万 5680円の払戻し。
    競馬予想も、競艇予想も、競輪予想も、なんと1つのアカウント全ての無料予想の閲覧が可能となる。また、この三競競艇という競艇予想サイトも提供される予想に「必ず載ってる」見解が秀逸なので、無料情報でも参考になる。

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競艇予想サイトの抜き打ち検証」は、競艇予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/07/18

ビーボートという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競艇予想サイト「ビーボート」の無料予想(無料情報)は、2024/07/18の浜名湖7Rで提供された買い目である。

ビーボートという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ビーボートの無料予想(2024/07/18)

浜名湖7Rのレース結果:2-5-1

1号艇にはB1級の羽野諒。初日2走は2連対と好発進を切っていた。
足は回り足がやや良く見え、出足や伸びも中堅レベルはあったように思う。しかし、イン戦で必勝かと問われると、かなり疑問であった


要因は羽野のイン戦の特徴にある。
羽野はインコース時にターンが流れることが多く、直近6ヶ月の1着率も25%とインとしてはかなり低い。これでは1着で推すことはできない。

ただ、流れるだけで先マイはしているので2・3着に残る可能性は十分ある。2連対率は約67%、3連対率に関しては約92%と信頼できるだろう。
要は「差されて負けている」ということだ。

そう考えると2号艇石塚差しが有力となる。羽野同様回り足の気配が良かったので、普通に考えれば差し切る。


また、4コースになりそうな5号艇天野も忘れてはいけない(新人の4号艇井澤が外に出るため)。4コース時は2連対率約52%、3連対率も約86%と差しの展開は逃さない。2番差しから高い確率で伸ばしてくると想定できる。


ビーボートの予想はとにかく羽野の1着が多いのが間違っている。
通常は勝てるコースの1コースだが、得意としていない選手や走り方に特徴のある選手は間違いなくいる。羽野はそういう選手だ。

今回、その辺りを考えない単調な予想だったと言える。堅くないインを必要以上に推して、その結果外したということだ。



2024/07/16

ビッグボートという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競艇予想サイト「ビッグボート」の無料予想(無料情報)は、2024/07/16の江戸川2Rで提供された買い目である。

ビッグボートという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ビッグボートの無料予想(2024/07/16)

江戸川2Rのレース結果:4-5-6


江戸川で始まったG2戦。全選手がA級の選手であり、基本的には内コースが有利になるが、このレースに関しては例外であった。4号艇の佐藤のまくり一撃が有力だったからである。


まず、佐藤の引いたモーター50号機は、前節行き足から伸びにかけての足がかなり良かった。
この足で4カドになれば攻めていくのは必至であり、内枠勢としては抵抗できる足もなく、正直厳しかったように思う。普通にスタートを決めるだけでいい。


さらに、佐藤自身がまくり屋であるという点も大きい。4コースの1着のほとんどがまくりでのものであり、全コースで差しよりもまくり勝ちの方が多いのだ。佐藤がまくるのは明白だった。


相手として展開が向くのは5号艇上田6号艇山田だろう。

佐藤のまくりに乗って差し続くだけでいい。2・3着として信頼できたと思う。
いわゆるスジ舟券」というやつだ。


そんな状況に反して、予想は内枠4人の3連複BOX。本当に1マークの展開を考えているのかと疑うレベルのものであった。
モーターと選手(佐藤)を考えれば簡単なレースだった。