最終更新日:2024年06月25日に更新しました。現在までに確認した競艇予想サイトの口コミ数:16,140

競艇ボートレースのCM (若松ボートレースのCMは、必見!) 〜競艇検証.comの競艇コラム

  1. 若松ボートレースのCM

    若松のCMがおもしろい

    若松競艇の中継をYouTubeで見ていたら、「なんだこれ?」と思うような映像が流れてきた。


    僕の息子がこういった」「尊敬する人?西山貴浩」というフレーズと、BGMに合ったキレッキレ、の2秒ほどの映像が切り替わり、そのまま見ていくと、西山のふざけている姿の後に「父として、心配になった」という言葉。

    あーこれは西山貴浩をイジっている動画なんだなと理解した直後「僕たちはニシヤマが大好きだ!」と画面いっぱいに大きく書かれた文字。

    ここまで、わずか18秒。

    そして残り数秒は、西山のレースシーンが何枚か切り替わり、最後に「若松パイナップルナイター」と、ドーン、と締めてあった。
    競艇ボートレースの若松CM若松CM西山編

    若松ボートレースCM西山編


    若松ボートレースのCMかい!!


    最初は何の映像かまったく分からなかったが、どうやら若松競艇オリジナルのCMらしい。
    そしてその完成度は、スポーツドリンクのCMとかのように疾走感があってかなりカッコいい

    確かに西山は若松が地元の選手でもあるし、競艇界でも1、2を争うくらいのエンターテイナーではあるのだが、その西山推しの動画は実にいいと思う。

    一人の選手だけにフォーカスして、それでいて競艇ボートレースの魅力、世界観が詰まっている
    誰が製作したのか知らないが、使用しているフォントや映像も超クールで、全国配信のBOATRACE本家のCMにしても良いのではないか?と思うほどであった。



  2. 若松ボートレースの他のCMを見てみる

    西山の若松CM映像に驚いたので、他にもCMが無いか調べてみたところ、けっこう制作されていた。


    競艇ボートレースの若松CM第1弾

    競艇ボートレースの若松CM第一弾
     
    若松ボートレースCM第1弾

    これが若松オリジナルCMの第1弾のようだ。

    CMの内容自体は普通で、よくありそうな感じのCMだし、選手をピックアップしているわけでもないのだが、競艇ボートレースを知らない人が見たら、「競艇ボートレースのCM 10年史」にまとめてあるこれまでのCMや、最近の田中圭を起用したCMなんかよりも、競艇のスピード感がカッコよく映し出されている。

    勿論、実際に観戦しに行くと、この映像のようなものではないのだが、短く纏まっていると思う。



    競艇ボートレースの若松CM第2弾

    競艇ボートレースの若松CM第二弾の水神祭編
     
    若松ボートレースCM第2弾

    競艇ボートレースの名物水神祭に焦点を当てたCMである。

    若松競艇で達成した水神祭の模様だろうが、ここに登場する選手は若松が地元の選手だけではないところが、競艇ファンには見どころなのかもしれない。

    競艇初心者の方には、最後の締めの「明日、誰かを祝福しに行こう。」というフレーズがグッと来そうだ。

    水神祭とかけているのは分かるし、ちょっとこれは狙い過ぎかな、とも思ったが、この「若松CM」のように何本も続けて作ったCMなら、このような水神祭をまとめたCMなんかありそうで無かったから前述したように最近のボートレースのCMなんかよりデキが良いと思う。

    選手たちの喜びが伝わって来て、「30秒」の短さでも見ている側を嬉しくさせるモノがある。
    「明日、誰かを祝福しに行こう。」…狙いすぎなセリフでも、個人的には好きだなw



    競艇ボートレースの若松CM第3弾

    競艇ボートレースの若松CM第三弾白井英治編
     
    若松ボートレースCM第3弾

    コレは、かなり良い。

    白井英治が、2014年の若松SGメモリアルでSG初優勝を果たすシーンなのだが、コレも直近のSGでは無い。というこのCMで選んだレースがいい。

    はじめに「2014年 8月31日 ボートレース若松 第60回ボートレースメモリアル」という文字が、ナイターの夜景に白い文字が1行ずつ浮かんで出ると、それだけでこのレースを知らない人は、最近のレースでないだけに(なにかその時あったのか?)という気持ちになるだろう。

    そしてレース後の白井英治のインタビューシーン?で、なにか話そうとして、グッと下を向くカットの上に「デビューから17年3ヶ月」という文字。上手い。…ここで(そんなに何が時間かかったのか?)と、思う人もいるかもしれない。

    その後に「白井英治 悲願のSG初優勝」と、レース結果が文字で伝わるのだが、その直後にこのレースのスタートシーンに戻り、引きのアングルから、白井だけを切り取った、グッと寄った同じ画像に2度切り替わるのだ。

    .00 渾身のタッチスタートだった」という文字で、白井のスタートが神スタートだったとあるのだが、競艇では別によくあること。

    だが、最後に「100分の1秒に生きる」という文字が現れることで、競艇ボートレースがどれだけ「時間と勝負」する競技なのかが伝わるだろう

    それと、確かに若松競艇で行われた名シーンなのかもしれないが、白井は山口支部なので地元という訳ではないので、このCMが地元選手を贔屓して作っていないというのも◎と言える。

    地元選手をピックアップし始めたのが第4弾だ。



    競艇ボートレースの若松CM第4弾

    競艇ボートレースの若松CM第四弾田頭実編
     
    若松ボートレースCM第4弾田頭実

    若松の重鎮田頭実である。
    田頭の若松でのSG優勝のシーンだが、念願の地元SG優勝を果たした瞬間の田頭の喜び様が伝わる。

    今までBGMと文字だけで感動を伝えて来たのに、このCMは女性のナレーションが入り、「優勝してくる。と、言い残して 彼は家を出た…」とか、初めからシラける

    この女性の声質も、喋り方もなんだか安っぽいし、コレまでのCMのように幾つもの滑走シーンを繋げた映像なのだが、同じレースを上や斜めや、別の斜めや、寄ったアングルやらと、1秒シーンを13枚も繋げる、素人が作ったような映像だから疲れる。

    今までの力作はどうしたんだ?と、制作側に聞きたくなるくらいの駄作だ



    競艇ボートレースの若松CM第5弾

    競艇ボートレースの若松CM第四弾若手仲谷編
     
    若松ボートレースCM第5弾

    第5弾も、地元の若手仲谷をピックアップしており、また前回の女のナレーションが入る。

    若手の幼少期からの写真が切り替わりながら、成長を追った作りなのはいいが、よく見るとその写真の成長期間が離れていない。
    同じ写真を引きとアップで2度使いしてて、安っぽいBGMと「彼は、清々しい風になった」とか寒いナレーションでドン引き

    最後も若い若手を特集しているだけあって「未来は絶対に明るいんだ」とかお決まりの陳腐なフレーズを使っている所が安易な感じがする。
    三作目までがとても良かっただけに、腹立たしいくらいだ。

    3作までの作りと違いすぎ。




    競艇ボートレースの若松CM第6弾

    そして第6弾が、冒頭の西山をイジったCMだ

    ここからまたCMの傾向が変わる
    前2作が駄作過ぎたから切り替えたのだろう。

    改めて西山のCMを見ると、1人レーサーに焦点を当てるのは、これまでと一緒ながらもクオリティと勢いが全然違う
    映像に言葉は入っているのだが、コレら全てその時のシーンで発した西山本人の声で、そこが上手くリピートさせたりしてBGMに合わせている。

    私もこの西山のCMに驚いて興味を持ったわけだが、4と5だったらスルーしてただろうw



    競艇ボートレースの若松CM第7弾

    競艇ボートレースの若松CM第7弾竹井兄弟編
     
    若松ボートレースCM第7弾

    第7弾は「競艇女子」でも書いた竹井奈美と、竹井奈美選手の弟、竹井貴史選手の2人をメインとした「竹井兄弟編」だ。

    2人の子供の写真が次々と変わっていき、1990という数字から始まって写真の2人も成長と共にどんどん増えていく。(だが5作目の若手仲谷とは全然違う)

    途中から画面が真っ二つに分かれ、交互にデビューした時の映像、初優勝した時の映像(前作同様にその時の音や声も入る)などがバンバン出てくる。

    カウントされていってた数字は2049で消えていき、2人が同じ方向に向かって滑走してる動画が2面で区切られているのは、兄弟が同じ競艇というフィールドで競い合ってるのが伝わる

    そして最後はまた幼少期の写真。
    2人の子供が水着着て、同じ浮き輪に入っている写真になって「BOATRACE若松 パイナップルナイター」という文字が入る。

    とても良いCMだと思う。



    競艇ボートレースの若松CM第8弾

    競艇ボートレースの若松CM第8弾は瓜生正義編
     
    若松ボートレースCM第8弾

    ボートレース若松CMの第8弾では地元のスター、大看板の瓜生正義が登場している。
    「正義」と書くので「正義のヒーロー」なんてキャッチフレーズが付いたりするのだが、やたら「有難うございました」と深々と頭を下げる瓜生正義の映像が使われており、瓜生の人の良さを全面に出した感じがして、ちょっと物足りない感じのCMだ。


  3. 若松ボートレースの他のCMはどこで流れてる?

    競艇ボートレースの若松CMについて

    以上が現在出ている若松オリジナルCMなのだが、これは一体どこで流れているのだろうか??
    レースライブでは流れていたのは分かるし、本場でも流れているようだ。

    だが、それだけなのだろうか?
    コレだけのクオリティのCMが本場だけとは勿体ない。

    地上波のテレビでは見たことないし、CMとして一番重要なところだと思うが、肝心なところが分からない。
    地元のテレビとかで流れているかは謎だが、そもそもレースライブ見ている時点で若松競艇の事を敢えて宣伝しなくても良いようにも思えるのだが…

    誰に向けて作っているのかは分からないが、内容自体はおもしろいので、興味ある方は今後の作品も要チェックだw



  4. なぜ「パイナップル」?

    最後に。
    「若松 パイナップルナイター」というが、
    なぜ「パイナップル」か?

    答えは「若」の「」が英訳すると「パイン」なので、パイナップルナイターってついたそうですw


無料予想のある、優良競艇予想サイト

  • 【優良】

    安い。3000円からで無料予想の的中率、回収率も高い!

     6/21には「KING」というコースで、びわこ6R(22.3倍)→びわこ8R(10.4倍)と、2レースとも4点という少点数で転がしを成功させ、20万 8000円の払い戻し。
    リアルタイムボートは有料コースの値段の安さが魅力的だ。最近減ったがリアルタイム予想も必見だ。

  • 【優良】

    競艇道と同じIPだが随分と違う。

     6/19 「ラリアットデイ」という予想で江戸川6R(17.3倍)→江戸川7R(9.7倍)とコロガシが成功し、20万 790円の配当となった。
    闘魂ボートでも無料予想の長期検証を2回、2ヶ月もかけて行ったが、結果が良かったので注目することとなった。

  • 【優良】

    見解はないが、提供する予想の精度はいい

     6/19デイスタンダード」でびわこ11R(15.8倍)→多摩川8R(15.5倍)とコロガシ成功、19万 5300円の払戻し。
    無料予想の見解が載っていないのが少し残念ではあるが、的中率、回収率は良いのでヨシとしよう。

  • 【優良】

    競艇ジャンキーTの知識と情報、見解がスゴイ

     6/7には「モーニングパック」で芦屋2R(20.9倍)→芦屋4R(12.3倍)で15万 3750円の払戻し。

    業界一の競艇の知識を持つサイトではないだろうか。実際に予想担当者が現地で収穫した情報やブログなど、生々しい本物の情報が提供されるのはココだけだと思う。
    無料予想とコンテンツだけでも十分に楽しめるサイトだ。

  • 見解が凄い。競艇・競馬・競輪の予想販売をしてる3競 3K

     6/6には「H予想」で、児島10R(30.1倍)→児島12R(21.9倍)とコロガシで、26万 2800円の払戻し。
    競馬予想も、競艇予想も、競輪予想も、なんと1つのアカウント全ての無料予想の閲覧が可能となる。また、この三競競艇という競艇予想サイトも提供される予想に「必ず載ってる」見解が秀逸なので、無料情報でも参考になる。

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競艇予想サイトの抜き打ち検証」は、競艇予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/06/19

舟ビジョンという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

検証当時、舟ビジョン(舟VISION)はサイトが未完成だったからか、何度試しても無料予想の閲覧ができなくなった。後日、別の手法で再検証できるようになったのだが、わずか12日間の予想精度があまりにも集客サイトの戦績と違うから笑える。


集客サイト(解体新書)によれば的中率100%の10戦10勝だったハズなんだが、的中率25%12戦3勝 9敗だぞ(笑)

収支結果も集客サイトによれば回収率539%の、43万超えのプラス収支とのことだが、競艇検証.comが12日間連続検証してみたら、回収率は24%で、 わずか12日間で収支結果はマイナスー9万 1100円となった。


競艇検証.comが舟ビジョン (舟VISION)の「調子の悪かったところだけを切り取った」と思われたくないので、今後も引き続き舟ビジョン (舟VISION)の無料予想の検証を続けるが、とりあえず今回検証するのは2024/06/19の三国9Rで提供された買い目である。

舟ビジョン (舟VISION)という競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 舟ビジョン (舟VISION)の無料予想(2024/06/19)

三国9Rのレース結果:4-2-1


現在のボートレースはインコースが圧倒的に強いことはこれまでに何度も伝えている。それは間違いないのだが、全ての選手がインが得意というわけではない。 中には苦手な選手もいる。このレースはそういう部分が重要なレースであった。


1号艇柴田インが不得意な選手の一人である。とにかくインで逃げ切れていない。直近6ヶ月の1着率は約13%、それ以前も1着率はひどいものであった。


間違いなくインに苦手意識を持っている。こういう選手はモーターが良かろうが関係ない。外コースで成績を残していてもだ。 つまり、1着では買えないというわけだ(2・3着でも買いづらい)


その点を考慮すれば、まず4号艇川上が軸になるだろう。足は伸び中心に悪くはない。ただ、伸び切るまでではないのでおそらく1マークは差しに絞ってくる。

インの柴田がターンを外すのでその内を切り込むだけで良い。1・2着争い必至であった。


正味の足では地元2号艇川村も負けていない。全ての足が水準以上で、同じく柴田の内を差せば高い確率で着に絡んでくる。この2人中心で良かった。


柴田1着の予想ばかりをしている段階で、的中する気あるのかと思ってしまう。インがいくら強いと言っても、乗っている選手の方が圧倒的に重要だからだ。その辺りを考慮できない所がよく分かる買い目であった。



2024/06/17

ハピボという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ハピボ」という競艇予想サイト特商法に基づく表記を見ると、「株式会社ビギニング」という法人が運営していることになっているが、現在「ユラナス」という社名で運営している会社がリリースしている競艇予想サイトにソックリ

ハピボの住所もユラナスが社名変更する前の旧グループ会社の「ACT」が使用していた同じ住所を使用しているし、関連会社なのか、ただ真似をしているだけなのか分からない。とても気になる運営会社である。


そんな「ハピボ」の第一回目の抜き打ち検証だが、無料予想もユラナス運営の競艇予想サイト「あたりマクリ」などの買い目とそっくりで、1レースあたり2万円も推奨している。

今回検証する競艇予想サイト「ハピボ」の無料予想(無料情報)は、2024/06/17のびわこ2Rで提供された買い目である。

ハピボという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ハピボの無料予想(2024/06/17)

結果:2-5-1

ヤング戦という事もあり、実力差に開きがある事が多い。そういうレースは特に、A級の実績のある選手を注目しがちなのだが、実際はどうなのか。このレースではまず5号艇宮之原に目がいった。

ただ、モーター自体はまだまだな気配である。ドリームを快勝したものの正味の足はどれも弱い。インというのが勝てた要因として大きかった。コースも遠いので1着にくるのは厳しく、相手までの評価だった。


足が良いのは間違いなく2号艇上田だろう。スリット近辺の行き足が良いだけでなく、その後の伸びもある。びわこで有名な中間整備(非開催日に整備士が整備する事)好影響が間違いなく出ていた。コースも2コースと内コースであり、ここは1着信頼しかなかったように思う。

あとは1号艇上原のイン残し、近況好調な4号艇飛田までで良かった。


ハピボの予想はやはり足をきちんと分析できていない。宮之原が1着で来る可能性は高くないレースなのに、全面的に1着で信頼している。これでは的中する事はできない。


上田のモーターが出ているのは初日を見れば明らかであった。おそらくレースリプレイも見ずに予想していたんだろう