最終更新日:2024年06月25日に更新しました。現在までに確認した競艇予想サイトの口コミ数:16,140

競艇の楽しみ方〜競艇選手編 (上瀧和則モーターボート選手会会長が参戦) 〜競艇検証.comの競艇コラム

  1. 上瀧和則モーターボート選手会会長が久々にレース出場

    上瀧和則モーターボート選手会会長がレースにやって来る

    競艇コラム」でも記事を書いているように、様々なニュースが起こる競艇会だが、またしてもとっておきのニュースが飛び込んできた。
    それは「エースのジョー」こと「上瀧和則日本モーターボート選手会会長が、久々にレースに出場するというのだ。
    エースのジョーこと上瀧和則モーターボート選手会会長の出場予定



    上瀧和則モーターボート選手会会長の出場予定

    上瀧和則モーターボート選手会会長の出場予定を見ると、2020年5月11日から開催される、その名も「日本財団会長杯争奪 準優進出バトル」。
    上瀧和則会長自ら番組を組むことは無いそうだが、久々に走る水面の場所を希望出してる可能性はありそうだ。

    実際にレースに出場するのは「2016年の大村お正月戦」以来となり、実に3年4か月ぶりとなる。

    2016年の大村戦ですら2年ぶりの出場だっただけに、ここ何年もの間ほとんどレースに出走していないのが分かる。
    そんなに間を開けてて感覚は鈍らないのだろうか?

    果たしてどんなレースをするのだろうか。
    ちょっと注目ではある。


    上瀧和則、会長就任以後のレース出場

    上瀧和則が選手会会長に就任したのは2011年6月の事であり、その3か月前の副会長就任時からレースに出場しなくなった

    それから久々に出場したのが、2014年8月の地元唐津のお盆戦である。
    節間2勝して、準優勝戦にも出走したみたいだが、スタート遅れが響いて優出は果たせなかった。

    3年振りにレースに出場して、準優まで残る段階でかなり凄い。

    ちなみにその準優勝戦を勝ったのは「峰竜太」だった。
    峰竜太の優勝祝勝パーティでは乾杯の音頭をとっている。

    その1年5か月後、前述した大村お正月戦に出場し、ここでも2勝を上げる活躍をした。
    それが今回の復帰前の最後の出場レースとなった。



  2. 上瀧和則の功績

    上瀧和則のレーサーとしての実績

    選手会会長としてどんな仕事をしているのか、「上瀧和則本人の具体的な日々の実務」は次の項目で詳しく書く「日本モーターボート選手会」の解説でも分からなかったが、レーサーとしての実績かなり凄かったようだ。

    SG優勝4回G1優勝17回の記録があり、生涯獲得賞金も17億円近くもある。
    実働24年で、これだけの成績を納めるのは並大抵の事ではない。


    ニックネームは「エースのジョー」。

    そのレーススタイルはインコースを積極的に狙いにいくイン屋だったみたいで、実際復帰したレースでも、ほとんどが1、2コースから進入していた。
    今回も積極的なレースが見れるのだろう。
    それだけに周りの期待も大きく、話題にもなっている


    上瀧和則の息子、上瀧絢也

    最近では息子の上瀧絢也(126期)がデビューを控えており(5月13日唐津でデビュー)、父親の威厳として、このデビューに合わせて久々のレースに出場するのかもしれない。

    斡旋場が違うので、直接対決は実現しないが、今後の展開としてはそこも楽しみの一つだと思う。
    エースのジョーこと上瀧和則の息子上瀧絢也の実力やいかに?




  3. 「日本モーターボート選手会」とは?

    長期出場しなくても抹消されない特別待遇

    そもそもなぜこれだけ長い期間、レースに出場していないのだろうか。

    その答えは、この「日本モーターボート選手会」の会長を務めているという所が大きいようだ。
    選手会の会長の職務は激務らしく、とてもレースに出場しながら片手間でできるものではないので、例外的にレースに出走しなくても大丈夫らしい。

    ちなみに斡旋は「日本モーターボート競走会」が管理しており、「日本モーターボート選手会」が選手の要望とかも汲み上げて、競走会とかと交渉したり、意見したりする競艇選手の労組的なかんじだ。

    そんな「選手会」の会長ともなれば、選手たちは上瀧和則に足向けて寝れないってなもんだw
    エースのジョーこと上瀧和則モーターボート選手会会長

    普通の選手なら、これだけ長い期間レースを走っていなければ、登録抹消になりかねない。
    選手会会長は「超特別待遇」という事だろう。



    「日本モーターボート選手会」とは?

    そんな上瀧和則モーターボート選手会会長が席を置く「日本モーターボート選手会」とは一体どんな組織なのか?
    「日本モーターボート選手会」のホームページがあるので、そこに載っていた情報をまとめてみる。
    公益社団法人 日本モーターボート選手会のホームページ

    「日本モーターボート選手会」の歴史

    この組織の原型は1953年12月に「競艇選手間の相互救済および親睦を図ることを目的」として各ボートレース場に「選手会」が誕生し、それが団結したのが「全国モーターボート選手会連合会」となった。

    当初、日本に「競艇」という競技を作った笹川良一が会長を務め、選手が競走に参加した後に事務作業を行い、多忙を極めたことから脱退者が続出し、1956年4月、わずか3年で解散となる。

    だが当時の競艇は選手への処遇への問題が多かった為、その1年後に再度同名の連合会が発足し「選手処遇の交渉をはじめ、選手賞金の一部を積立てて行う共済制度」などを作ることとなる。
    このような業績が認められ、運輸省(現:国土交通省)から正式に設立の認可を受け組織の公益法人化、そして2013年には「公益社団法人 日本モーターボート選手会」として内閣府より認定されることとなる。


    「日本モーターボート選手会」の業務内容

    「日本モーターボート選手会」の「定款」にも書かれているが、その業務内容は基本的にはプロアスリート(競艇ボートレースの選手達)に対しての社会貢献活動、発展や普及宣伝だ。
    モーターボート選手会の業務内容

    (1) モーターボート競走実施に伴う調査研究に関すること。
    (2) 競技技術・資質の向上を図る研修・訓練に関すること。
    (3) 出場条件の改善及び事故・災害の防止に関すること。
    (4) 選手の共済(認可特定保険業含む)制度及び育英制度の実施に関すること。
    (5) 海事思想の普及宣伝及び地域の振興に関すること。
    (6) 海事思想普及や地域振興に資する施設の設置・運営に関すること。
    (7) 社会貢献活動事業に関すること。
    (8) 機関誌の発行に関すること。
    (9) その他本会の目的を達成するために必要な事業。

    《参照》公益社団法人日本モーターボート選手会 定款


    役員達の給与

    役員達の給与も公開されている。
    社会貢献活動を強く出すわりにかなり高給取りである。

    《参照》役員の報酬及び費用に関する規程
    エースのジョーこと上瀧和則モーターボート選手会会長、公益社団法人で給料高い



    ホームページ上の面白情報

    「日本モーターボート選手会」のホームページには、競艇ボートレースの収益金の流れについても図解されており、興味深いものがある。

    また「日本モーターボート選手会」の組織図を見ると、思っていた以上に大きく組織化されており、どのような人選で組まれているかも公表されている。

    上瀧和則モーターボート選手会会長の会長挨拶も載っており、役員履歴見ると、上瀧和則は2003年〜2005年までを「選手会理事」、2005年〜2009年までを「選手会監事」、2011年から「選手会副会長」、2012年から2020年現在に至るまで「選手会会長」を務めていることが分かった。

    2009年から2011年までが何してたのかわからないが、まぁそのように17年かけて「モーターボート選手会会長」となり、2020年5月11日には会長自ら降臨されるというわけだ。

    上瀧和則の復帰戦は、5月11日〜17日の下関一般戦、6月1日〜5日の丸亀一般戦である。
    無観客開催継続濃厚で、本場に行くことはできないが、レース中継で見ようと思う。


無料予想のある、優良競艇予想サイト

  • 【優良】

    安い。3000円からで無料予想の的中率、回収率も高い!

     6/21には「KING」というコースで、びわこ6R(22.3倍)→びわこ8R(10.4倍)と、2レースとも4点という少点数で転がしを成功させ、20万 8000円の払い戻し。
    リアルタイムボートは有料コースの値段の安さが魅力的だ。最近減ったがリアルタイム予想も必見だ。

  • 【優良】

    競艇道と同じIPだが随分と違う。

     6/19 「ラリアットデイ」という予想で江戸川6R(17.3倍)→江戸川7R(9.7倍)とコロガシが成功し、20万 790円の配当となった。
    闘魂ボートでも無料予想の長期検証を2回、2ヶ月もかけて行ったが、結果が良かったので注目することとなった。

  • 【優良】

    見解はないが、提供する予想の精度はいい

     6/19デイスタンダード」でびわこ11R(15.8倍)→多摩川8R(15.5倍)とコロガシ成功、19万 5300円の払戻し。
    無料予想の見解が載っていないのが少し残念ではあるが、的中率、回収率は良いのでヨシとしよう。

  • 【優良】

    競艇ジャンキーTの知識と情報、見解がスゴイ

     6/7には「モーニングパック」で芦屋2R(20.9倍)→芦屋4R(12.3倍)で15万 3750円の払戻し。

    業界一の競艇の知識を持つサイトではないだろうか。実際に予想担当者が現地で収穫した情報やブログなど、生々しい本物の情報が提供されるのはココだけだと思う。
    無料予想とコンテンツだけでも十分に楽しめるサイトだ。

  • 見解が凄い。競艇・競馬・競輪の予想販売をしてる3競 3K

     6/6には「H予想」で、児島10R(30.1倍)→児島12R(21.9倍)とコロガシで、26万 2800円の払戻し。
    競馬予想も、競艇予想も、競輪予想も、なんと1つのアカウント全ての無料予想の閲覧が可能となる。また、この三競競艇という競艇予想サイトも提供される予想に「必ず載ってる」見解が秀逸なので、無料情報でも参考になる。

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競艇予想サイトの抜き打ち検証」は、競艇予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/06/19

舟ビジョンという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

検証当時、舟ビジョン(舟VISION)はサイトが未完成だったからか、何度試しても無料予想の閲覧ができなくなった。後日、別の手法で再検証できるようになったのだが、わずか12日間の予想精度があまりにも集客サイトの戦績と違うから笑える。


集客サイト(解体新書)によれば的中率100%の10戦10勝だったハズなんだが、的中率25%12戦3勝 9敗だぞ(笑)

収支結果も集客サイトによれば回収率539%の、43万超えのプラス収支とのことだが、競艇検証.comが12日間連続検証してみたら、回収率は24%で、 わずか12日間で収支結果はマイナスー9万 1100円となった。


競艇検証.comが舟ビジョン (舟VISION)の「調子の悪かったところだけを切り取った」と思われたくないので、今後も引き続き舟ビジョン (舟VISION)の無料予想の検証を続けるが、とりあえず今回検証するのは2024/06/19の三国9Rで提供された買い目である。

舟ビジョン (舟VISION)という競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 舟ビジョン (舟VISION)の無料予想(2024/06/19)

三国9Rのレース結果:4-2-1


現在のボートレースはインコースが圧倒的に強いことはこれまでに何度も伝えている。それは間違いないのだが、全ての選手がインが得意というわけではない。 中には苦手な選手もいる。このレースはそういう部分が重要なレースであった。


1号艇柴田インが不得意な選手の一人である。とにかくインで逃げ切れていない。直近6ヶ月の1着率は約13%、それ以前も1着率はひどいものであった。


間違いなくインに苦手意識を持っている。こういう選手はモーターが良かろうが関係ない。外コースで成績を残していてもだ。 つまり、1着では買えないというわけだ(2・3着でも買いづらい)


その点を考慮すれば、まず4号艇川上が軸になるだろう。足は伸び中心に悪くはない。ただ、伸び切るまでではないのでおそらく1マークは差しに絞ってくる。

インの柴田がターンを外すのでその内を切り込むだけで良い。1・2着争い必至であった。


正味の足では地元2号艇川村も負けていない。全ての足が水準以上で、同じく柴田の内を差せば高い確率で着に絡んでくる。この2人中心で良かった。


柴田1着の予想ばかりをしている段階で、的中する気あるのかと思ってしまう。インがいくら強いと言っても、乗っている選手の方が圧倒的に重要だからだ。その辺りを考慮できない所がよく分かる買い目であった。



2024/06/17

ハピボという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ハピボ」という競艇予想サイト特商法に基づく表記を見ると、「株式会社ビギニング」という法人が運営していることになっているが、現在「ユラナス」という社名で運営している会社がリリースしている競艇予想サイトにソックリ

ハピボの住所もユラナスが社名変更する前の旧グループ会社の「ACT」が使用していた同じ住所を使用しているし、関連会社なのか、ただ真似をしているだけなのか分からない。とても気になる運営会社である。


そんな「ハピボ」の第一回目の抜き打ち検証だが、無料予想もユラナス運営の競艇予想サイト「あたりマクリ」などの買い目とそっくりで、1レースあたり2万円も推奨している。

今回検証する競艇予想サイト「ハピボ」の無料予想(無料情報)は、2024/06/17のびわこ2Rで提供された買い目である。

ハピボという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ハピボの無料予想(2024/06/17)

結果:2-5-1

ヤング戦という事もあり、実力差に開きがある事が多い。そういうレースは特に、A級の実績のある選手を注目しがちなのだが、実際はどうなのか。このレースではまず5号艇宮之原に目がいった。

ただ、モーター自体はまだまだな気配である。ドリームを快勝したものの正味の足はどれも弱い。インというのが勝てた要因として大きかった。コースも遠いので1着にくるのは厳しく、相手までの評価だった。


足が良いのは間違いなく2号艇上田だろう。スリット近辺の行き足が良いだけでなく、その後の伸びもある。びわこで有名な中間整備(非開催日に整備士が整備する事)好影響が間違いなく出ていた。コースも2コースと内コースであり、ここは1着信頼しかなかったように思う。

あとは1号艇上原のイン残し、近況好調な4号艇飛田までで良かった。


ハピボの予想はやはり足をきちんと分析できていない。宮之原が1着で来る可能性は高くないレースなのに、全面的に1着で信頼している。これでは的中する事はできない。


上田のモーターが出ているのは初日を見れば明らかであった。おそらくレースリプレイも見ずに予想していたんだろう