最終更新日:2024年07月20日に更新しました。現在までに確認した競艇予想サイトの口コミ数:16,239

競艇の楽しみ方〜競艇選手編 (ボートレースウィークリーに元女王、横西奏恵が登場) 〜競艇検証.comの競艇コラム

  1. ボートレースウィークリーに元女王、横西奏恵が登場

    8月1日配信の番組に元女王が登場

    毎週月曜日にJLC(ボートレースの専門チャンネル)のYouTubeチャンネルにおいて配信されている「ボートレースウィークリー」に珍しい選手が登場した。(「ボートレースウィークリー」については以前「月曜の夜はボートレースウィークリー」のボートコラムでも紹介した)

    その選手とは元ボートレーサー女王、横西奏恵だ。

    ボートレーサー横西奏恵
    ▲ 横西奏恵



    2012年12月に電撃引退をして以降、名前自体が出る機会はたびたびあったのだが、メディアへの出演はほとんどと言っていいほどしてこなかった。たびあったのだが、メディアへの出演はほとんどと言っていいほどしてこなかった

    女子戦の解説や、イベント等含めてだ。

    その横西が、8月1日配信のボートレースウィークリーに出演したのである。
    昔からボートレースをしている人であれば、その存在は当たり前のように知っている人かもしれないが、ここ数年の人からすると、全く分からない伝説のような選手となっている。
    ましてやメディア露出をしていなかったので余計にだ。

    それが一体なぜ今になって急に出てきたのか?


    そこで今回は「横西奏恵」という選手がそもそもどういう選手だったのかという事と、ボートレースウィークリーの内容を少し掘り下げてみたいと思う。



    横西奏恵とはどういう選手?

    まずは横西奏恵現役時代の実績を紹介していきたい。

    76期生として1995年5月に地元徳島ボートレース鳴門でデビューした。

    デビュー戦で2着、2走目で初勝利と今では考えられないような成績を残した。
    ちなみにだが、76期はスター選手が多数出ている期でもあり、「瓜生正義」「原田幸哉」「魚谷智之」などのSGウイナーを輩出している。

    その中でも、修了記念競走を優勝(養成所を卒業する際に行われるレース)するなど、デビュー前から相当な逸材であったことがわかる。

    女王決定戦であるレディースチャンピオンは3度優勝したのだが、99年の初優勝を飾った際は、フライング2本のハンデがあったにも関わらず6コースからまくり切っての優勝であった。

    そして2度のSG優出である。
    2006年のボートレースクラシック、2011年のボートレースオールスターと共に2枠で優出した。
    惜しくも優勝は果たせなかったが、女子選手のSG優勝という偉業に目前まで迫っていた事は間違いない。

    プライベートでは「ボート界の貴公子」とよばれた今年4月に引退した「山崎智也」と2010年12月に再婚した(佐々木和伸と結婚していたが離婚しているので)

    この辺りが横西奏恵の実績である。
    「山崎智也」と2010年12月に再婚
    ▲ 横西・山崎の2人



    ボートレースウィークリーの内容

    では本題のボートレースウィークリーについてである。

    横西奏恵は番組のほぼ最初からリモートで登場したのだが、引退してから10年近く経っているにもかかわらず、とても自然な雰囲気で話していた。
    司会の植木通彦に対しても、物怖じする事なく話している感じはとても良く、本当に久々のメディア出演か?と疑いたくなるものだった。

    元ボートレーサーの横西奏恵がボートレースウィークリーに出演
    横西奏恵がボートレースウィークリーに出演


    横西奏恵自身の現役時代の話をすると(SG優出や6コースまくりでのレディースチャンピオン優勝、17連勝達成)当時を振り返って話していたのだが、どのレースに関しても淡々と話しており、今となってはもうそこまで過去に興味はないのかな?という印象を受けた。
    ただSG優出の際の2枠に関しては、凄く嫌だったようだ(2コースが苦手だったらしい)

    そして、一番の見どころ女子のレースについて話す場面である。

    横西が走っていた当時は今ほど女子選手がSGやG1に出場する機会がなく、ほとんどが男子選手ばかりだったという話も興味深いし、SG優勝を飾った「遠藤エミ」のレースを見たり、「平山智加」のSGオーシャンカップでの準優の走りを見ながらの横西なりの意見などはとても面白い。
    一線級の強豪と戦ってきた横西ならではの目線がとても興味深いものなのだ。

    横西の中では最近の女子のレベルが上がってきているという思いもあるのだが、女子がもっと強くなるためにはSGやG1を走り続けなければいけないと考えているようだ。
    女子戦ばかりでは厳しいのではないかとか、雰囲気に慣れるのも大切と話していた。

    その他、レディースチャンピオン開催前だったのでその開催場である丸亀の特性の解説などがあった。

    全体的に興味深い話ばかりで、非常に良い内容だったと思う。



    横西奏恵が急遽出演の理由は?

    初めに書いた、メディア出演してこなかった横西が急に出演した理由だが、横西奏恵が急遽出演の理由はなんだろうか。

    まず3月の遠藤のSG優勝が大きいのではないだろうか?
    間違いなく今の女子選手の活躍の礎を築いたのは横西だろうし、SG優出など実績がある横西にはいろいろなオファーがあるだろうと思う。

    そんな中で横西自身も遠藤の快挙に思う所があったりして、それを話すために出てきたのではないだろうか。
    女子の第一人者として、今の若い女子選手にエールを送る意味でも。
    そんなような気がする。

    そしてもう一つが夫である山崎の引退だろう。
    山崎自身は引退してから間もない事もあり、まだメディア出演しているが(YouTubeやイベントなど)、その夫が引退した事で言いたい事を言えるようになったりしたのではないだろうか。
    そうではなくとも、引退が一つのきっかけとして横西自身に影響を与えている可能性は非常に高いと思う。


    とにかく横西が久々にメディア出演したのは事実なので、もしかしたらこれからは少しずつ出てくるのかもしれない。
    個人的には現役選手との対談とかも見てみたい。


無料予想のある、優良競艇予想サイト

  • 【優良】

    安い。3000円からで無料予想の的中率、回収率も高い!

     7/19には「KING」というコースで、江戸川7R(25.1倍)→江戸川10R(26.1倍)と、2レースとも5〜6点で転がしが成功し、19万 5750円の払い戻し。
    リアルタイムボートは有料コースの値段の安さが魅力的だ。最近減ったがリアルタイム予想も必見だ。

  • 【優良】

    競艇道と同じIPだが随分と違う。

     7/17ラリアットデイ」という予想で常滑7R(14.7倍)→常滑11R(11.4倍)と2レースともわずか4点でコロガシを成功させ、20万 8620円の配当となった。
    闘魂ボートでも無料予想の長期検証を2回、2ヶ月もかけて行ったが、結果が良かったので注目することとなった。

  • 【優良】

    競艇ジャンキーTの知識と情報、見解がスゴイ

     7/17にはモーニングパック(ブログ)というプランで三国5R(26.5倍)→三国7R(21.6倍)と、2レースとも5〜6点で的中させ、17万 640円の払戻し。

    業界一の競艇の知識を持つサイトではないだろうか。実際に予想担当者が現地で収穫した情報やブログなど、生々しい本物の情報が提供されるのはココだけだと思う。
    無料予想とコンテンツだけでも十分に楽しめるサイトだ。

  • 【優良】

    見解はないが、提供する予想の精度はいい

     7/11イン鉄板コロガシ」で三国11R(16.9倍)→宮島9R(13.2倍)とコロガシ成功、26万 6640円の払戻し。
    無料予想の見解が載っていないのが少し残念ではあるが、的中率、回収率は良いのでヨシとしよう。

  • 見解が凄い。競艇・競馬・競輪の無料予想が1つのアカウントで閲覧可能。

     7/3には「H予想」で、浜名湖8R(20.6倍)→浜名湖10R(32.4倍)とコロガシで、26万 5680円の払戻し。
    競馬予想も、競艇予想も、競輪予想も、なんと1つのアカウント全ての無料予想の閲覧が可能となる。また、この三競競艇という競艇予想サイトも提供される予想に「必ず載ってる」見解が秀逸なので、無料情報でも参考になる。

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競艇予想サイトの抜き打ち検証」は、競艇予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/07/16

ビッグボートという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競艇予想サイト「ビッグボート」の無料予想(無料情報)は、2024/07/16の江戸川2Rで提供された買い目である。

ビッグボートという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ビッグボートの無料予想(2024/07/16)

江戸川2Rのレース結果:4-5-6


江戸川で始まったG2戦。全選手がA級の選手であり、基本的には内コースが有利になるが、このレースに関しては例外であった。4号艇の佐藤のまくり一撃が有力だったからである。


まず、佐藤の引いたモーター50号機は、前節行き足から伸びにかけての足がかなり良かった。
この足で4カドになれば攻めていくのは必至であり、内枠勢としては抵抗できる足もなく、正直厳しかったように思う。普通にスタートを決めるだけでいい。


さらに、佐藤自身がまくり屋であるという点も大きい。4コースの1着のほとんどがまくりでのものであり、全コースで差しよりもまくり勝ちの方が多いのだ。佐藤がまくるのは明白だった。


相手として展開が向くのは5号艇上田6号艇山田だろう。

佐藤のまくりに乗って差し続くだけでいい。2・3着として信頼できたと思う。
いわゆるスジ舟券」というやつだ。


そんな状況に反して、予想は内枠4人の3連複BOX。本当に1マークの展開を考えているのかと疑うレベルのものであった。
モーターと選手(佐藤)を考えれば簡単なレースだった。



2024/07/18

ビーボートという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競艇予想サイト「ビーボート」の無料予想(無料情報)は、2024/07/18の浜名湖7Rで提供された買い目である。

ビーボートという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ビーボートの無料予想(2024/07/18)

浜名湖7Rのレース結果:2-5-1

1号艇にはB1級の羽野諒。初日2走は2連対と好発進を切っていた。
足は回り足がやや良く見え、出足や伸びも中堅レベルはあったように思う。しかし、イン戦で必勝かと問われると、かなり疑問であった


要因は羽野のイン戦の特徴にある。
羽野はインコース時にターンが流れることが多く、直近6ヶ月の1着率も25%とインとしてはかなり低い。これでは1着で推すことはできない。

ただ、流れるだけで先マイはしているので2・3着に残る可能性は十分ある。2連対率は約67%、3連対率に関しては約92%と信頼できるだろう。
要は「差されて負けている」ということだ。

そう考えると2号艇石塚差しが有力となる。羽野同様回り足の気配が良かったので、普通に考えれば差し切る。


また、4コースになりそうな5号艇天野も忘れてはいけない(新人の4号艇井澤が外に出るため)。4コース時は2連対率約52%、3連対率も約86%と差しの展開は逃さない。2番差しから高い確率で伸ばしてくると想定できる。


ビーボートの予想はとにかく羽野の1着が多いのが間違っている。
通常は勝てるコースの1コースだが、得意としていない選手や走り方に特徴のある選手は間違いなくいる。羽野はそういう選手だ。

今回、その辺りを考えない単調な予想だったと言える。堅くないインを必要以上に推して、その結果外したということだ。