最終更新日:2024年07月20日に更新しました。現在までに確認した競艇予想サイトの口コミ数:16,239

競艇の楽しみ方〜競艇選手編 (日本モーターボート選手会会長、上瀧和則の続報) 〜競艇検証.comの競艇コラム

  1. 日本モーターボート選手会会長、上瀧和則の続報

    エースのジョーが4年5か月ぶりにレース出走

    上瀧和則モーターボート選手会会長が参戦」という競艇コラムに書いた、日本モーターボート選手会会長上瀧和則」が下関で約4年と4か月ぶりにレースに出走した。
    日本モーターボート選手会会長、上瀧会長の4年4ヶ月ぶりの実戦復帰で落水
     

    ・エースのジョーこと「上瀧和則」ってダレ?
    ・日本モーターボート選手会会ってナニ?
    ・4年も出場しないで除名にならないのか?

    …と、思われた人は、前回の「上瀧和則モーターボート選手会会長が参戦」という競艇コラムに全て詳しく解説してあるので読んでみて下さいw


    4年もブランクあって走れんのか?


    今回はその走りについて、詳しくレポートしたい



  2. 上瀧和則会長の実際のレースはどうだった!?

    エースのジョーご帰還レースの出走メンバー

    まず上瀧和則会長の注目の初戦だが、2Rという前半のレースで、オールB級の手薄なメンバー構成となった。

    上瀧会長様の久々のご出走をお祝いするかのようなメンバー構成に、忖度感が否めない

    まぁ4年ぶりのレースなので、いくら過去のエースのジョーが凄かったといえども強豪選手と戦って勝てるわけがないので、この辺りのメンバーが無難という事なんだろう。


    エースのジョーの注目の初戦はいかに?

    そしてレース自体だが、上瀧は3号艇で出走も前付けを敢行し、2コースから進入することとなった。
    スタートタイミング事体はそれほど早くはないが、インコースの選手がスタート後手を踏んでいたこともあり、2コースから直にまくっていこうとした。
    が、その時事件は起こった。

    ターンマークに激突し、派手に落水した上瀧

    日本モーターボート選手会会長、上瀧会長の4年4ヶ月ぶりのレースで落水
    落水失格のジョー

    コース取りで久々に出走したレースで落水とは。
    久々だからターンマークまでの距離感が狂ったのだろうか、上瀧らしからぬミスターンであった。

    スタートわずかで激突、落水となったレースだが、なんだかそのわずかな間でも1コースの田中は故意に失速させて上瀧和則会長様にコースを譲ったように見えなくもない(?)

    本当なら4年4ヶ月ぶりに実戦復帰した上瀧和則が、初戦から攻めていって勝つ。という、華々しい復活劇というシナリオがあったのではないか?…などと勘ぐってしまったが、さすがに1の田中が故意に失速ってのはないか??

    1マーク手前まで1号艇が若干上瀧に抵抗してるように見えなくもないので。


    その後も冴えないエースのジョー

    その後は、初戦落水のショックを引きずってビビったか、2着5着6着6着6着5着と、全く成績は振るわなかった

    スタートタイミングもむちゃくちゃ遅かった。


    2走目は0.44、3走目は0.36と、全然勝負にならないくらいのスタートであった。

    やる気あんのかよ上瀧!!とネット投票していた人達は思っただろう。


    勝てたが後味の悪いレース

    だが、6日目3Rでようやくチャンスが訪れる。

    5号艇で出走し、スタート展示ではそのまま5コース進入だったのだが、本番では奇襲のインコース取りに成功し、そのまま好スタートからイン逃げを決めたのだ。

    まったくもって上瀧から舟券が売れていなかったので、結果的に3連単6万円台の大穴決着となった。


    結果だけ書くとこうなのだが、
    実際のレースは何か変な感じがするものだった。
    というのも、実際には「奇襲のインコース取り」というほどのものでもなく、上瀧は前付けを楽にインコースをとる事ができてるのだ。

    他の選手が上瀧を勝たせようとして、インコースをわざと譲った感じに見えるのだ。
    実際はレース映像を見てもらいたいのだが、あきらかに違和感の残るレースだった。
    日本モーターボート選手会会長、上瀧会長の4年4ヶ月ぶりの実戦復帰の怪しい1着レース
     
    なんだか怪しいレース


    個人的にはこの勝った日のコース取りに違和感を感じるのだが、別の見方をすれば、1号艇の選手がアウトの艇を牽制しすぎて油断した結果、インを奪われたとも見える。

    ただ譲ったとしても、最初から譲ろうって感じではなくて、上瀧がインコースに入ろうとするのをあえて締めには行かなかった、みたいなかんじかな。

    選手心理で、あれだけ懐開けてしまったし、まぁ(上瀧さんだから仕方ないか、、)って感じだろうか。
    流石に西川による「競艇八百長」が発覚したばかりで八百長はありえないが、やっぱり大先輩に対する忖度的な感じはあるんじゃないだろうか。

    それに「モーターボート選手会会長」といえば、競艇選手にとっては労組的の事実上ボスだからな
    (選手たちもやりにくいだろうなーと思う)

    その後の2走は、特にこれといった事もなく無難に走り終えたが、なんだか後味の悪いレースだったので、とても上瀧の復帰を喜ぶ気にはなれなかった。



  3. 上瀧和則会長が現役であり続ける意味はあるのか?

    無選挙での会長継続が確定の上瀧和則

    そもそも今回の復帰は、かなりレアケースでのことだったみたいだ。
    というのも、毎年選手会では役員の選挙が行われているのだが、対立候補がおらず無選挙での会長継続が確定している

    その選挙は非常勤の会長として立候補をしていて、
    常勤を専務理事(鈴木茂高)に任せて、
    自らは半年間レースに出走するというのだ。
    除名されない特別待遇だ。


    これはかなりボート業界では珍しいのだが、他のスポーツでも選手会長も現役選手であるものが多く、ボート業界も現役選手での会長を擁立しやすいようにする意図もあるみたいだ。
    一応、改革ってことなのか。

    ただ実際のところ、今の上瀧の実力は明らかに全盛期よりも落ちており、このまま出走しても好成績をおさめることなく終わるのではないかと思われる。

    それなのに、出走する意味なんてあるのかと思うし、他の選手も「選手会会長」という事で、変な忖度が働かないかと心配でもある。


    会長様には変な忖度?

    先程書いた1着をとったレースにしても、このまま会長を未勝利のまま帰らすわけには行かない…みたいな、そんな選手心理(もしくは圧?)が働いてあのような形になったのではないだろうか。

    もしも、本当にわずかでもそのようなものがあるとしたら、舟券を買っているファンからしたらたまったもんじゃない


    選手達がお金をもらっているという事ではないので、八百長ではないだろうが、ファンからしたら納得はいかないだろう。
    まあ競馬でも競輪でも、そういった忖度的なものは付き物であるので、仕方がないという事なのだろうか。
    (いろんな意味で「迷惑な存在」になりつつあることを本人は自覚しているのだろうか)



  4. ここまでの上瀧和則の走りを見て。

    今の上瀧和則は、B2級まで下がっている
    今回の走り見てもそのままB2級レベルの成績だし、スタートタイミングもかなり遅い。

    まぁ流石に卒業したての選手よりかは全然上だったが、かつての上瀧の腕を動画で見るとかなり落ちてる

    デキの悪い選手は「魔の8項」により退場」にも書いたが、通常の競艇選手は4期通算勝率が3.80を下回る引退勧告されるのだが、今回の上瀧はと半年限定の現役復帰なので除名はない

    ただ、さすがに4期走って、このレベルの成績を取り続けたとしたら「日本モーターボート選手会会長」としての立場もあるし、引退するだろう。

    元々はすごい選手だったわけだし、4年4ヶ月ぶりだったのでこの成績と言うことだろう。
    半年走っていくうちに成績上がっていくと思っている。
    普通に腕は上手な選手なので。



  5. 今後も会長を兼任しながらレース出走するのか?

    今後の出走レースは!?

    今後は6月1日〜の丸亀での出走と、6月18日〜の徳山での出走が予定されている。

    半年間で下関を含めて8節くらい走るようなので、こういった忖度関係なく、エースのジョーの往年の実力を発揮して、成績で見返してもらいたいものである。
    その動向には注目しておいた方がいいね。


無料予想のある、優良競艇予想サイト

  • 【優良】

    安い。3000円からで無料予想の的中率、回収率も高い!

     7/19には「KING」というコースで、江戸川7R(25.1倍)→江戸川10R(26.1倍)と、2レースとも5〜6点で転がしが成功し、19万 5750円の払い戻し。
    リアルタイムボートは有料コースの値段の安さが魅力的だ。最近減ったがリアルタイム予想も必見だ。

  • 【優良】

    競艇道と同じIPだが随分と違う。

     7/17ラリアットデイ」という予想で常滑7R(14.7倍)→常滑11R(11.4倍)と2レースともわずか4点でコロガシを成功させ、20万 8620円の配当となった。
    闘魂ボートでも無料予想の長期検証を2回、2ヶ月もかけて行ったが、結果が良かったので注目することとなった。

  • 【優良】

    競艇ジャンキーTの知識と情報、見解がスゴイ

     7/17にはモーニングパック(ブログ)というプランで三国5R(26.5倍)→三国7R(21.6倍)と、2レースとも5〜6点で的中させ、17万 640円の払戻し。

    業界一の競艇の知識を持つサイトではないだろうか。実際に予想担当者が現地で収穫した情報やブログなど、生々しい本物の情報が提供されるのはココだけだと思う。
    無料予想とコンテンツだけでも十分に楽しめるサイトだ。

  • 【優良】

    見解はないが、提供する予想の精度はいい

     7/11イン鉄板コロガシ」で三国11R(16.9倍)→宮島9R(13.2倍)とコロガシ成功、26万 6640円の払戻し。
    無料予想の見解が載っていないのが少し残念ではあるが、的中率、回収率は良いのでヨシとしよう。

  • 見解が凄い。競艇・競馬・競輪の無料予想が1つのアカウントで閲覧可能。

     7/3には「H予想」で、浜名湖8R(20.6倍)→浜名湖10R(32.4倍)とコロガシで、26万 5680円の払戻し。
    競馬予想も、競艇予想も、競輪予想も、なんと1つのアカウント全ての無料予想の閲覧が可能となる。また、この三競競艇という競艇予想サイトも提供される予想に「必ず載ってる」見解が秀逸なので、無料情報でも参考になる。

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競艇予想サイトの抜き打ち検証」は、競艇予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/07/18

ビーボートという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競艇予想サイト「ビーボート」の無料予想(無料情報)は、2024/07/18の浜名湖7Rで提供された買い目である。

ビーボートという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ビーボートの無料予想(2024/07/18)

浜名湖7Rのレース結果:2-5-1

1号艇にはB1級の羽野諒。初日2走は2連対と好発進を切っていた。
足は回り足がやや良く見え、出足や伸びも中堅レベルはあったように思う。しかし、イン戦で必勝かと問われると、かなり疑問であった


要因は羽野のイン戦の特徴にある。
羽野はインコース時にターンが流れることが多く、直近6ヶ月の1着率も25%とインとしてはかなり低い。これでは1着で推すことはできない。

ただ、流れるだけで先マイはしているので2・3着に残る可能性は十分ある。2連対率は約67%、3連対率に関しては約92%と信頼できるだろう。
要は「差されて負けている」ということだ。

そう考えると2号艇石塚差しが有力となる。羽野同様回り足の気配が良かったので、普通に考えれば差し切る。


また、4コースになりそうな5号艇天野も忘れてはいけない(新人の4号艇井澤が外に出るため)。4コース時は2連対率約52%、3連対率も約86%と差しの展開は逃さない。2番差しから高い確率で伸ばしてくると想定できる。


ビーボートの予想はとにかく羽野の1着が多いのが間違っている。
通常は勝てるコースの1コースだが、得意としていない選手や走り方に特徴のある選手は間違いなくいる。羽野はそういう選手だ。

今回、その辺りを考えない単調な予想だったと言える。堅くないインを必要以上に推して、その結果外したということだ。



2024/07/16

ビッグボートという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競艇予想サイト「ビッグボート」の無料予想(無料情報)は、2024/07/16の江戸川2Rで提供された買い目である。

ビッグボートという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ビッグボートの無料予想(2024/07/16)

江戸川2Rのレース結果:4-5-6


江戸川で始まったG2戦。全選手がA級の選手であり、基本的には内コースが有利になるが、このレースに関しては例外であった。4号艇の佐藤のまくり一撃が有力だったからである。


まず、佐藤の引いたモーター50号機は、前節行き足から伸びにかけての足がかなり良かった。
この足で4カドになれば攻めていくのは必至であり、内枠勢としては抵抗できる足もなく、正直厳しかったように思う。普通にスタートを決めるだけでいい。


さらに、佐藤自身がまくり屋であるという点も大きい。4コースの1着のほとんどがまくりでのものであり、全コースで差しよりもまくり勝ちの方が多いのだ。佐藤がまくるのは明白だった。


相手として展開が向くのは5号艇上田6号艇山田だろう。

佐藤のまくりに乗って差し続くだけでいい。2・3着として信頼できたと思う。
いわゆるスジ舟券」というやつだ。


そんな状況に反して、予想は内枠4人の3連複BOX。本当に1マークの展開を考えているのかと疑うレベルのものであった。
モーターと選手(佐藤)を考えれば簡単なレースだった。