最終更新日:2024年06月25日に更新しました。現在までに確認した競艇予想サイトの口コミ数:16,140

向井田真紀という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_0
登録番号 4784

向井田真紀

(36)  ムカイダ マキ
生年月日 1987/10/08
支部 広島
身長 157cm
出身地 広島県
体重 48kg
登録期 113期
血液型 A型
級別 B1級

向井田真紀の期別成績

2023/05/01-2023/10/31
勝率 3.86 能力 43
優出 0回 優勝 0回
1着 6.4%(5回) 2着 17.9%(14回)
3着 11.5%(9回) 4着 7.7%(6回)
5着 24.4%(19回) 6着 29.5%(23回)

向井田真紀の写真画像

向井田真紀という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_1 向井田真紀という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_2 向井田真紀という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_3 向井田真紀という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_4 向井田真紀という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_5 向井田真紀という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_6 向井田真紀という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_7 向井田真紀という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_8 向井田真紀という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_9 向井田真紀という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_10 向井田真紀という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_11 向井田真紀という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_12 向井田真紀という競艇選手(ボートレーサー)の写真画像_13

向井田真紀について

  1. 向井田真紀という、かわいい競艇選手(女子ボートレーサー)は3兄弟

  2. 向井田真紀(むかいだ まき)という、競艇女子選手といえば、3人姉弟で、その全員がボートレーサーということを知ってる人も多いだろう。

    向井田真紀選手は、3人姉弟の中でも一番年上の長女にあたり、向井田真紀選手の2つ下向井田佑紀選手で、向井田真紀選手の3つ下向井田直弥選手だ。
    画像をクリックするとポップアップで表示 
    ↑左から、向井田直弥(4683)、向井田真紀(4784)、向井田佑紀(4811)


    3人姉弟の中で長女の、向井田真紀選手だが登録期は一番遅い
    というのは、向井田真紀選手はボートレーサーになる前、地元広島鈴峯女子短期大学を卒業した後に、保育士(元保母さん)をしていたという、かなり異色のボートレーサーなのだ。

    保育士(元保母さん)から、競艇選手(ボートレーサー)に転職したきっかけとなったのは、一番下の弟の直弥選手の影響だ。

    競艇学校の「やまと学校」を、弟の向井田直弥選手が「卒業記念競走」で走る姿を見て影響を受けたそうで、ボートレースのカッコ良さに惹かれては、自分もなりたいと思うようになったそうだ。向井田真紀選手は「やまと学校」には一発合格し、入学した。

    一番早かった直弥選手(次男)は109期、そして続く佑紀選手(長男)と、真紀選手(長女)は同じ113期でボートレーサーになり、現役選手で親子や、兄弟2人がボートレーサーというのは複数いるが、兄弟3人がとなると向井田姉弟と他にもう1組だけだ。
    後藤翔之後藤隼之後藤美翼後藤兄弟だ。
    この「後藤兄弟」も向井田真紀選手と同じ男2人の兄弟に後藤美翼の妹が1人。やっぱ精神面でも強い。

    3人姉弟ともなれば、お互いに良い刺激となるようで、仲も非常に良いそうだ。
    現在、実家で家族と一緒に住んでおり、そのためレースが終わると弟と一緒にレースを振り返って反省会をすることも多いそうだから、操縦のことやペラ調整のことなど気軽に相談できるというのは、師弟関係以上に、ライバル3人で互いのレースを話し合えるのはかなり大きなメリットのようだ。



  3. 向井田真紀という、かわいい競艇選手(女子ボートレーサー)の学校はどこ?

  4. 向井田真紀選手は、広島県、広島市にあった鈴峯女子短期大学という短大を卒業しているのだが、残念なことに2017年3月末をもって、閉校してしまっている。…ちなみに閉校してからは、広島修道大学の新設学科に完全移行された模様。

    この向井田真紀選手が通ってた「鈴峯女子短期大学」には、当時「保育学科」があり、そこで向井田真紀選手は保育士になる為に勉強していた。

    小さい頃から向井田真紀選手は保育士になることが夢で、短大卒業後には保育士に一度なっており、幼稚園教諭保育士の資格を持っている。

    競艇選手の寿命は他のスポーツに比べて長いので、いつまで向井田真紀選手が競艇を続けるのか、また保育士にいつか戻られるつもりなのかは分からないが、折角苦労して手に入れた国家資格である「保育士」なので勿体ない気もする。
    元保育士から、競艇選手(ボートレーサー)という肩書きも競艇界にはいないけど、いつか保育士に戻ったとしたら、元競艇選手の保育士ってのも、かなりレアなんじゃないだろーか。


    向井田真紀選手の学生時代は、中学では「剣道」をやっていて、初段だったそうだ。
    高校では「ソフトボール」をやっていて、中国大会にも出場している。
    そのため、プロフィールの特技欄では「ソフトボール」と挙げていて、学生時代はバリバリの体育会系の部活に属してたようだ。
    それにしても土屋南選手といい、競艇女子にはけっこう学生時代に「本気」でスポーツをやり込んでいた人が多いね。



  5. 向井田真紀という、かわいい競艇選手(女子ボートレーサー)の同期や、好きなこと

  6. 競艇選手の向井田真紀選手は「113期」で、同期の男子で知名度が上がってる選手だと、佐藤博亮椎名豊古賀智之などがいて、女子の同期だと西舘果里黒澤めぐみ高田ひかるなどがいる。
    この「113期」では間違いなく向井田真紀選手が一番、かわいいだろう。


    出身は広島県で広島支部に属しているのだが、LOVE広島で、根っからのカープ女子である。
    画像をクリックするとポップアップで表示 


    向井田真紀選手はTwitterをやっているのだが、そのアイコンも広島カープのマスコットキャラクター「スラィリー」との球場で撮られた2ショット写メである。

    カープ好きなのは昔からで、家にいるとよくテレビとかで自然と見るような習慣があったし、家族で一緒に球場に応援しに行くことも多かったようだ。
    また、好きな野球選手は小窪哲也選手と、今村猛選手と述べている。
    小窪選手の好きな所はがむしゃらな所、何をしても一生懸命喰らい付いていくような所で、今村選手の好きな所は自分のペースで変わらずいつも物事を上手くやれるようなメンタル面が好きと答えている。

    向井田真紀選手の趣味は、野球観戦(カープの応援)はもちろんのこと、ライブに行ったりとか、あとは旅行や観光、ショッピングも好きなようだ。
    さらにはヨガ、ドライブ、映画鑑賞、読書といった趣味もあるようで、多趣味なヒトだ。

    好きな食べ物は蕎麦、枝豆、トマト、カレー、お好み焼きで、この中でも特に蕎麦が好きだそうで、最近では、美味しいお蕎麦屋さんを探すことにハマっているらしい。
    嫌いな食べ物は春菊、グリーンピース、レーズン。
    枝豆は大好物なのに、同じ豆でもどうやらグリーンピースは苦手なようだ。



  7. 向井田真紀という、かわいい競艇選手(女子ボートレーサー)の、もぅ少しデープなプロフ

  8. 向井田真紀選手は見た目も、ボーイッシュ風な感じだし、実際普段からスカートは履かないみたいで、ズボンが多く全体的にシンプルな服装が好みなようだ。
    メイクに関してはいつも10分〜15分ほどで済ませるみたいで、それがオフであってもレースの時であっても同じ。
    まぁ競艇やってたら、結局はレースをするとメイクも落ちてくるみたいで、「眉毛がとりあえずあればいいかな」と、本人は言っている(笑)

    また、デビューしてから重量調整をしたことがなく、現在の公式プロフィールの体重では53kgとなっている。
    身長157cmで、53kgであれば女子レーサーの平均体重よりかやや重たくなるが、今までずっと重量調整せずに53kgをキープ出来ているのは素晴らしい。

    真紀選手は同期とも仲が良く、あだ名は「まっきー」や「まきまき」などと呼ばれているそうで、同支部の後輩で、村上奈穂新田有理と普段から仲が良いみたいだ。


    そんな真紀選手は最近ではファンからも支持を集めており、2017年の第1回レディースオールスターでは、ファン投票40位(1445票)で初のG1出場を果たした。
    結果は舟券に貢献することができなかったが、それでもファンの声援に対して「いつも応援してもらっているし、ありがたかったです」と笑顔でコメントした。

    第1回のオールスター後は、「レディースオールスターで見つかった課題をひとつずつ強化していきます」と述べており、彼女の前向きな性格がうかがえる。
    そして今年の第2回においても事前にTwitter上でファンの方に向けて「しっかり走って悔いのないレースをします」とツイートしており、ファンの方に対する想いとレースに対する前向きな姿勢が見てる。


    そんな向井田真紀選手が所属する広島支部には、角ひとみ海野ゆかりといったベテラン選手がいて今でも大活躍しているため、広島支部に居ることによってかなり刺激を貰えるのではないだろうか。

    今後の目標は「男子選手の中に混ざっても負けないような選手になること」と述べており、加えて、「上手になって姉弟で活躍し、家族に恩返しをしたい」とも述べており、姉弟がボートレーサーということを十分生かし、お互いに技術を高め合っていってほしい。
    今後の向井田真紀選手(向井田姉弟)の活躍に期待したい。


    「競艇検証.com」では今後も向井田真紀選手という競艇女子選手のイチファンとして応援を続けます!
    向井田真紀選手についてのプロフィールレポートなどは基本的に更新しませんが、もし向井田真紀選手と写真を撮ったり、自慢ネタがあったら、公開するかも?しれません(笑)

優良競艇予想サイトを探すなら、競艇予想サイト検証.COM

無料予想のある、優良競艇予想サイト

  • 【優良】

    安い。3000円からで無料予想の的中率、回収率も高い!

     6/21には「KING」というコースで、びわこ6R(22.3倍)→びわこ8R(10.4倍)と、2レースとも4点という少点数で転がしを成功させ、20万 8000円の払い戻し。
    リアルタイムボートは有料コースの値段の安さが魅力的だ。最近減ったがリアルタイム予想も必見だ。

  • 【優良】

    競艇道と同じIPだが随分と違う。

     6/19 「ラリアットデイ」という予想で江戸川6R(17.3倍)→江戸川7R(9.7倍)とコロガシが成功し、20万 790円の配当となった。
    闘魂ボートでも無料予想の長期検証を2回、2ヶ月もかけて行ったが、結果が良かったので注目することとなった。

  • 【優良】

    見解はないが、提供する予想の精度はいい

     6/19デイスタンダード」でびわこ11R(15.8倍)→多摩川8R(15.5倍)とコロガシ成功、19万 5300円の払戻し。
    無料予想の見解が載っていないのが少し残念ではあるが、的中率、回収率は良いのでヨシとしよう。

  • 【優良】

    競艇ジャンキーTの知識と情報、見解がスゴイ

     6/7には「モーニングパック」で芦屋2R(20.9倍)→芦屋4R(12.3倍)で15万 3750円の払戻し。

    業界一の競艇の知識を持つサイトではないだろうか。実際に予想担当者が現地で収穫した情報やブログなど、生々しい本物の情報が提供されるのはココだけだと思う。
    無料予想とコンテンツだけでも十分に楽しめるサイトだ。

  • 見解が凄い。競艇・競馬・競輪の予想販売をしてる3競 3K

     6/6には「H予想」で、児島10R(30.1倍)→児島12R(21.9倍)とコロガシで、26万 2800円の払戻し。
    競馬予想も、競艇予想も、競輪予想も、なんと1つのアカウント全ての無料予想の閲覧が可能となる。また、この三競競艇という競艇予想サイトも提供される予想に「必ず載ってる」見解が秀逸なので、無料情報でも参考になる。

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競艇予想サイトの抜き打ち検証」は、競艇予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/06/17

ハピボという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ハピボ」という競艇予想サイト特商法に基づく表記を見ると、「株式会社ビギニング」という法人が運営していることになっているが、現在「ユラナス」という社名で運営している会社がリリースしている競艇予想サイトにソックリ

ハピボの住所もユラナスが社名変更する前の旧グループ会社の「ACT」が使用していた同じ住所を使用しているし、関連会社なのか、ただ真似をしているだけなのか分からない。とても気になる運営会社である。


そんな「ハピボ」の第一回目の抜き打ち検証だが、無料予想もユラナス運営の競艇予想サイト「あたりマクリ」などの買い目とそっくりで、1レースあたり2万円も推奨している。

今回検証する競艇予想サイト「ハピボ」の無料予想(無料情報)は、2024/06/17のびわこ2Rで提供された買い目である。

ハピボという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ハピボの無料予想(2024/06/17)

結果:2-5-1

ヤング戦という事もあり、実力差に開きがある事が多い。そういうレースは特に、A級の実績のある選手を注目しがちなのだが、実際はどうなのか。このレースではまず5号艇宮之原に目がいった。

ただ、モーター自体はまだまだな気配である。ドリームを快勝したものの正味の足はどれも弱い。インというのが勝てた要因として大きかった。コースも遠いので1着にくるのは厳しく、相手までの評価だった。


足が良いのは間違いなく2号艇上田だろう。スリット近辺の行き足が良いだけでなく、その後の伸びもある。びわこで有名な中間整備(非開催日に整備士が整備する事)好影響が間違いなく出ていた。コースも2コースと内コースであり、ここは1着信頼しかなかったように思う。

あとは1号艇上原のイン残し、近況好調な4号艇飛田までで良かった。


ハピボの予想はやはり足をきちんと分析できていない。宮之原が1着で来る可能性は高くないレースなのに、全面的に1着で信頼している。これでは的中する事はできない。


上田のモーターが出ているのは初日を見れば明らかであった。おそらくレースリプレイも見ずに予想していたんだろう


2024/06/19

舟ビジョンという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

検証当時、舟ビジョン(舟VISION)はサイトが未完成だったからか、何度試しても無料予想の閲覧ができなくなった。後日、別の手法で再検証できるようになったのだが、わずか12日間の予想精度があまりにも集客サイトの戦績と違うから笑える。


集客サイト(解体新書)によれば的中率100%の10戦10勝だったハズなんだが、的中率25%12戦3勝 9敗だぞ(笑)

収支結果も集客サイトによれば回収率539%の、43万超えのプラス収支とのことだが、競艇検証.comが12日間連続検証してみたら、回収率は24%で、 わずか12日間で収支結果はマイナスー9万 1100円となった。


競艇検証.comが舟ビジョン (舟VISION)の「調子の悪かったところだけを切り取った」と思われたくないので、今後も引き続き舟ビジョン (舟VISION)の無料予想の検証を続けるが、とりあえず今回検証するのは2024/06/19の三国9Rで提供された買い目である。

舟ビジョン (舟VISION)という競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 舟ビジョン (舟VISION)の無料予想(2024/06/19)

三国9Rのレース結果:4-2-1


現在のボートレースはインコースが圧倒的に強いことはこれまでに何度も伝えている。それは間違いないのだが、全ての選手がインが得意というわけではない。 中には苦手な選手もいる。このレースはそういう部分が重要なレースであった。


1号艇柴田インが不得意な選手の一人である。とにかくインで逃げ切れていない。直近6ヶ月の1着率は約13%、それ以前も1着率はひどいものであった。


間違いなくインに苦手意識を持っている。こういう選手はモーターが良かろうが関係ない。外コースで成績を残していてもだ。 つまり、1着では買えないというわけだ(2・3着でも買いづらい)


その点を考慮すれば、まず4号艇川上が軸になるだろう。足は伸び中心に悪くはない。ただ、伸び切るまでではないのでおそらく1マークは差しに絞ってくる。

インの柴田がターンを外すのでその内を切り込むだけで良い。1・2着争い必至であった。


正味の足では地元2号艇川村も負けていない。全ての足が水準以上で、同じく柴田の内を差せば高い確率で着に絡んでくる。この2人中心で良かった。


柴田1着の予想ばかりをしている段階で、的中する気あるのかと思ってしまう。インがいくら強いと言っても、乗っている選手の方が圧倒的に重要だからだ。その辺りを考慮できない所がよく分かる買い目であった。