最終更新日:2024年07月20日に更新しました。現在までに確認した競艇予想サイトの口コミ数:16,237

ボートレースのYouTube編 (ボートレースYouTubeライブが面白いぞ。) 〜競艇検証.comの競艇コラム

  1. ボートレースYouTubeライブが面白いぞ。

    ボートレースもライブ映像を見るならYouTube

    現在ボートレースネット投票主流である。
    それくらいはもはや言うまでもないのだが、ではネットで舟券を購入したファンはどこでレース映像を見ているのか?

    ボートレースオフィシャルの投票アプリ一番メインで、誰もが一度は観ていることだろう。

    そこでライブ映像リプレイを見る事ができるので、それを利用している人は多いのではないだろうか。
    スタート展示周回展示も見れてとても便利なので、使い勝手という意味でもいいと思う。

    しかしライブという事に関してだけ言えば、オフィシャルではなく今やコチラの方が視聴者が多いのではないか?…と、思われるツールがある。

    それは「YouTube」だ。


    YouTube」については、今や説明する必要もないだろうが、ボートレースでもYouTubeを使って色々な配信を行っている。
    レースライブ中継は、そのメインなのだ。

    特にコロナの影響で、レース場のイベント等ができなくなってからはYouTubeライブに力を入れるレース場が多くなっている

    そこで今回は、24場各場の中からおすすめのYouTubeライブを紹介してみたいと思う。
    いろいろあるので、ぜひ最後まで読んでもらえると嬉しいです(^^)



    YouTubeのおすすめボートレースライブ映像

    まずおすすめライブを紹介するにあたって、24の競艇場全ての場がそういった配信をやっているのかを調べてみた。すると、24場中22場が配信をやっている事が分かった。(2021年8月23日時点)

    ライブ配信をしていない競艇場は、ボートレース児島ボートレース鳴門で、どちらもYouTubeチャンネルすら開設していなかった。

    なぜ配信を行っていないかは分からないが、かなりネットリテラシーが低いのかもしれない。


    では配信している22場の内オススメのものを順に紹介していこうと思う。

    みんドラ(みんなのドラキリュウライブ)

    まず桐生のライブ配信だ。
    配信のタイトルは「みんドラ(みんなのドラキリュウライブ)」である。

    みんなの」というだけあって、YouTubeを視聴している人と一緒に楽しむ感じの配信で、コメントなんかも拾ったりしている。

    あと解説者の元ボートレーサーの「関谷聖二」がおもしろい。
    解説がいちいち癖があるし、レース中に予想が外れたら解説という仕事を忘れて絶叫している。
    そこがまたファン目線な感じが凄くするのだ。

    元ボートレーサーならもっと的中させろ、と言いたくなるが、そのキャラはかなりいいので割と好感持って見る事ができる配信だろう。
    みんドラ(みんなのドラキリュウライブ)のYouTube動画配信



    WINWIN LIVE戸田

    次のおすすめは戸田のライブ配信である。
    タイトルは「WINWIN LIVE戸田」だ。

    一応名前もWINからきているし、ボートレース戸田のキャラクターの「ウインビー」と掛かっているのだろうが、射幸心満載のタイトルである。

    このライブはたまに他の人の場合もあるが、大抵はよしもと所属ボートレース芸人怪獣すーなか(本人画像)と、グランジの大(本人画像)の2人のどちらかが出演していて、レース予想を行ったりしている。

    ボートレース芸人と呼ばれているだけあって普通にボートに詳しいし、展開予想もちゃんとしているのが、この動画配信の魅力である。

    ただ「芸人」として見ると、彼らの知名度からみても想像つくように、あまり面白い事を言っている印象はなく、そこを期待して見ない方がいいだろう。
    普通のボートレースに詳しい人という感覚で見れば、けっこう気の利いた一言も出るので、その視点で楽しむくらいで良いのではないだろうか。

    あと、予想が外れた時の、MCの人が2人をいじる感じはおもしろいので必見だ。
    ボートレース戸田のYouTube配信、WINWIN LIVE戸田



    びわこのボートレースコロシアム

    びわこのYouTube配信は、舟券バトル形式の配信を行っている。
    その名は「ボートレースコロシアム」というタイトルだ。

    回収率を基準にバトルを行っており、その出演者はかなり多い。
    パチンコライターがそのほとんどなのだが、芸能人でいえば「内山信二」が参戦していたり、戸田で登場したすーなかも出演している。

    ボートレース専門誌マク—ルの「三吉」や日刊スポーツの「工藤浩伸」記者などもいるので、けっこうガチ予想番組の感じもある。

    そういったいろんな業界の人たちを集めて優勝者を決めようという企画自体が、金もかけてそうだし、ベタではあるのだがシンプルに面白いと思う。
    他の場ではあまりやっていないので、そこも魅力だ。

    ちなみに「コロシアム」というだけあり、優勝すると賞金がでる。賞金は100万円だ。
    びわこのボートレースコロシアム
     


    ボートレース芸人、芸人永島

    ボートレース芸人として「怪獣すーなか」や「グランジ大」を紹介したが、この2人はボートレースの番組にだけ出演しているわけではなく、よしもとの劇場にも出演しているし、たま〜にではあるが地上波の放送に出ている。
    そういう意味では生粋のボートレース芸人とは言えない感じもする。

    そんな中でボートレースYouTubeにおいて、ボートレース芸人と言えばこの人と誰もが即座に分かる人物がいる。
    永島知洋」だ。
    ほぼ、ボートレース関連でしか見たことがない。

    どのレース場のチャンネルをつけても出てくるし、SGやG1などの大きな大会ともなれば必ず何かしらの配信に出演している。
    ボートレースYouTube界の「明石家さんま」といった所だろうか。(さんまとは全くお笑いのレベルは違うが)
    まぁ、それくらい知名度がある

    そのボートレース芸人永島がYouTubeライブ初期(YouTubeでレース配信を行うようになったあたり)から出演しているのが、下関の配信である。

    タイトルは特にはないのだが、「ボートレース下関レースライブ」とシンプルだ。

    出演しているのは永島と、元ボートレーサー競艇女子でも以前に推してた、あの美人レーサーの「芦村幸香」である。

    競艇女子でも書いているが、芦村と言えば元モデルで、あの人気番組「恋のから騒ぎ」にも出演していた事で一時有名だった。
    ボートレーサーとしてはそこまで活躍する事なく、成績が悪くて引退し、美人だから地元下関の配信に出ているというわけだ。

    気になるのは番組内容だが、そこはいたって普通で、予想をしてそのレースを見るというだけのものである。
    注目すべきポイントがあるとすれば、永島の賭け金が見ていて気持ちいい。
    普通に1レースで1・2万は賭けるし、多い時は10万くらい勝負する。

    負けたら番組?が補填してくれているのかもしれないが、外れた時の反応とかを見ていると表情がかなりガチなので、もしかすると本当に自腹で勝負しているのかもしれない。

    最近は忙しいのか毎回出演しているわけではないようだが、永島出演時はそこに注目して見ると面白い。
    下関公式チャンネルのYouTube
     


    大村の名物番組、優勝戦10万勝負!

    最後に紹介したいのは大村の名物番組だ。

    現在のタイトルはその名も「闘え!オオムラマン」というもので、今大村がウルトラマンとコラボしているのでこのタイトルなのだろうが、かなりダサい

    内容としてはパチスロライターの「ういち」が1年間の大村で行われる全ての優勝戦で10万円の勝負をしようというものである。
    けっこう長い間やっていて、2021年で4年目に突入しているのだ(タイトルはその年で変わる)

    この魅力は、なんと言っても10万円を1レースに賭けるという金額で、それを毎回やっている。

    その負けっぷりも凄いもので、過去回ではあり得ない転覆で外れたり、あり得ないミスターンで断然人気の選手が飛んだりと、ハプニングが面白い。
    これがこの番組の一番の見どころである。

    大村の名物番組、「優勝戦10万勝負」の総集編

    「総集編」があるので是非w


    神がかり的な負けが堪能できるので、ぜひ総集編を見てみて欲しい
    特に開始15分50秒くらいからのレースは衝撃だった。


    …以上が、現在配信されているボートレースYouTubeライブのおすすめである。


無料予想のある、優良競艇予想サイト

  • 【優良】

    安い。3000円からで無料予想の的中率、回収率も高い!

     7/13には「ナイトコロガシ」というコースで、大村3R(39.2倍)→丸亀7R(8.6倍)と、2レースとも5点で転がしを成功させ、20万 2100円の払い戻し。
    リアルタイムボートは有料コースの値段の安さが魅力的だ。最近減ったがリアルタイム予想も必見だ。

  • 【優良】

    見解はないが、提供する予想の精度はいい

     7/11イン鉄板コロガシ」で三国11R(16.9倍)→宮島9R(13.2倍)とコロガシ成功、26万 6640円の払戻し。
    無料予想の見解が載っていないのが少し残念ではあるが、的中率、回収率は良いのでヨシとしよう。

  • 【優良】

    競艇ジャンキーTの知識と情報、見解がスゴイ

     7/4には「ちょいプラス+」という低額プランでびわこ8R(12.5倍)→びわこ9R(11.3倍)と、2レースともわずか4点で的中させ、21万 1310円の払戻し。

    業界一の競艇の知識を持つサイトではないだろうか。実際に予想担当者が現地で収穫した情報やブログなど、生々しい本物の情報が提供されるのはココだけだと思う。
    無料予想とコンテンツだけでも十分に楽しめるサイトだ。

  • 見解が凄い。競艇・競馬・競輪の無料予想が1つのアカウントで閲覧可能。

     7/3には「H予想」で、浜名湖8R(20.6倍)→浜名湖10R(32.4倍)とコロガシで、26万 5680円の払戻し。
    競馬予想も、競艇予想も、競輪予想も、なんと1つのアカウント全ての無料予想の閲覧が可能となる。また、この三競競艇という競艇予想サイトも提供される予想に「必ず載ってる」見解が秀逸なので、無料情報でも参考になる。

  • 【優良】

    競艇道と同じIPだが随分と違う。

     6/19 「ラリアットデイ」という予想で江戸川6R(17.3倍)→江戸川7R(9.7倍)とコロガシが成功し、20万 790円の配当となった。
    闘魂ボートでも無料予想の長期検証を2回、2ヶ月もかけて行ったが、結果が良かったので注目することとなった。

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競艇予想サイトの抜き打ち検証」は、競艇予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/07/16

ビッグボートという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競艇予想サイト「ビッグボート」の無料予想(無料情報)は、2024/07/16の江戸川2Rで提供された買い目である。

ビッグボートという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ビッグボートの無料予想(2024/07/16)

江戸川2Rのレース結果:4-5-6


江戸川で始まったG2戦。全選手がA級の選手であり、基本的には内コースが有利になるが、このレースに関しては例外であった。4号艇の佐藤のまくり一撃が有力だったからである。


まず、佐藤の引いたモーター50号機は、前節行き足から伸びにかけての足がかなり良かった。
この足で4カドになれば攻めていくのは必至であり、内枠勢としては抵抗できる足もなく、正直厳しかったように思う。普通にスタートを決めるだけでいい。


さらに、佐藤自身がまくり屋であるという点も大きい。4コースの1着のほとんどがまくりでのものであり、全コースで差しよりもまくり勝ちの方が多いのだ。佐藤がまくるのは明白だった。


相手として展開が向くのは5号艇上田6号艇山田だろう。

佐藤のまくりに乗って差し続くだけでいい。2・3着として信頼できたと思う。
いわゆるスジ舟券」というやつだ。


そんな状況に反して、予想は内枠4人の3連複BOX。本当に1マークの展開を考えているのかと疑うレベルのものであった。
モーターと選手(佐藤)を考えれば簡単なレースだった。



2024/07/18

ビーボートという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競艇予想サイト「ビーボート」の無料予想(無料情報)は、2024/07/18の浜名湖7Rで提供された買い目である。

ビーボートという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ビーボートの無料予想(2024/07/18)

浜名湖7Rのレース結果:2-5-1

1号艇にはB1級の羽野諒。初日2走は2連対と好発進を切っていた。
足は回り足がやや良く見え、出足や伸びも中堅レベルはあったように思う。しかし、イン戦で必勝かと問われると、かなり疑問であった


要因は羽野のイン戦の特徴にある。
羽野はインコース時にターンが流れることが多く、直近6ヶ月の1着率も25%とインとしてはかなり低い。これでは1着で推すことはできない。

ただ、流れるだけで先マイはしているので2・3着に残る可能性は十分ある。2連対率は約67%、3連対率に関しては約92%と信頼できるだろう。
要は「差されて負けている」ということだ。

そう考えると2号艇石塚差しが有力となる。羽野同様回り足の気配が良かったので、普通に考えれば差し切る。


また、4コースになりそうな5号艇天野も忘れてはいけない(新人の4号艇井澤が外に出るため)。4コース時は2連対率約52%、3連対率も約86%と差しの展開は逃さない。2番差しから高い確率で伸ばしてくると想定できる。


ビーボートの予想はとにかく羽野の1着が多いのが間違っている。
通常は勝てるコースの1コースだが、得意としていない選手や走り方に特徴のある選手は間違いなくいる。羽野はそういう選手だ。

今回、その辺りを考えない単調な予想だったと言える。堅くないインを必要以上に推して、その結果外したということだ。