最終更新日:2024年06月25日に更新しました。現在までに確認した競艇予想サイトの口コミ数:16,140

競艇ボートレースの旬な話 (全国ボートレース場で観客を入れて再開〜戸田競艇場のポスター) 〜競艇検証.comの競艇コラム

  1. 全国ボートレース場で観客を入れて再開〜戸田競艇場のポスター

    観客を入れてのレース再開

    コロナ禍で無観客開催が続いていた競艇ボートレースだが、2020年7月19日から全国全てのボートレース場で観客を入れてのレースが再開された。

    SGやPG1は事前抽選で、G1ではもう観客入れているのだが、混みそうな時は入場規制をするそうだ。
    一般戦なら難なく観戦が出来るようになった。

    無観客開催の期間が長かっただけに、本場の入場が再開されたことは、ボートレース界にとってとても嬉しいニュースで、やはりネット観戦にはない、生観戦の魅力があるというのが大きいだろうし、再開を楽しみにしていたファンは多かったはずだ。

    個人的には待ちに待ったファンが殺到するのか?とも思ったが、実際のところ客入りは場によっても違うし、その時によって変化するので一概には言えないが、一般戦だと基本的にちょっと少ないくらいだそう。



    戸田競艇場内の、ほっこりポスターw

    そんな再開を心待ちにしたファンの気持ちを汲み取ったようなポスターが、ボートレース戸田の様々な所で貼られているそうだ。

    その絵柄も、言葉センスも絶妙。


    よろこびいまいちサ」…とか、漢字をあえて(?)使わず読みにくいのとか、言葉足らずなのは狙ったのだろうか。
    このなんだかヌケてるところが絶妙過ぎ8枚じゃ足りない。もっと見たくなるハイクオリティーなポスターである。
    (このセンス、かなり高齢の人が本気で作ったのではないだろうか)

    見るとポスターの内容自体が明らかにコロナ後のもので、無観客開始以前は無かったものだから、戸田を訪れたファンはそのなんとも言えないシュールなポスターに驚かされ、いま「話題」になっている。

    そんなポスターを紹介してみよう。



    全8種類の、戸田競艇場内のポスター

    場内のポスターの種類は8種類もあるそうだ。

    イラストのタッチが多少違うのだが、これは2人のデザイナー(?)によって作成されたためで、デザイナーごとにテイストが違うとの事らしい。
    では順に紹介したい。



    ここで知り合つたアイツ 今日 来てるかな?

    戸田競艇場内のポスター(ここで知り合つたアイツ 今日 来てるかな?)
     

    これは「つり革を持ってる右手」が下にあるので電車やバスの中だろうが、ここで上下にある言葉に注目だ。

    〈ここで知り合つたアイツ 今日 来てるかな?〉…と、いうのはこれからボートレース場へ向かう(もちろんボートレース戸田だろう)乗り物の中で、回想しているのだろう。

    〈レースの読みうまかつたナー〉というのは無観客になる前に、戸田で知り合った人が来てるのか気になる、というストーリーだろうか。…かなり奥が深い

    この古臭いイラストやフォントや配色、
    「うまかつたナー」だけ見ても、「っ」ではなく「つ」を使ってたり、「ナー」の部分とかサイコーだ



    ここがオレの一番の 居場所なんだョー

    戸田競艇場内のポスター(ここがオレの一番の 居場所なんだョー)
     

    「ホーム水面は戸田ですね!」って言葉選びにしても、戸田に毎日来ているボート狂を思わせるポスター。
    「ここがオレの一番の 居場所なんだョー」って…この「ョー」のフォントや位置(高さ)、これ合ってるのか?

    なんで「ョー」だけこんな細いの????
    これ狙ってやってるなら、かなり高度なセンスだけど…(笑)

    「ここが一番の居場所」ってのも、どれだけ他に居場所ないんだよ。って、ツッコミたくもなるが、実際競艇場行くとこういう人けっこういるし、このポスターを見てどう思うか、なんとも複雑な想いにさせるハイレベルなポスターだ。



    迫力あるモーター音と水しぶきを感じてほしかった

    戸田競艇場内のポスター(迫力あるモーター音と水しぶきを感じてほしかった)
     

    いたってシンプルなポスターだが、「ブァオオオオオオオオーン」とか、「ヴァッシャー」とか、「ウォンウォンウォオオオー」とか、効果音をよく見ると、「ブォオオ」でも「ブオーーーー!」でもなく「ブァオオオオオオオオーン」と、最後に「ン」が入ってるとことか、残り2つの音にしても、「確かにそう聞こえるわ」と、超・納得の効果音である。

    確かに生ボートは迫力があるし、少しでも伝えたかったのだろう。その気持ちが伝わってくる
    「水面そばでどうぞシビれてください!」というメッセージも◎だ。



    今日もヒットだ ゲットだ 戸田だ 今日も(ホッ)戸田ボート

    戸田競艇場内のポスター(今日もヒットだ ゲットだ 戸田だ 今日も(ホッ)戸田ボート)
     

    親父ギャグ丸出しのポスターなんだが、「今日もヒットだ ゲットだ 戸田だ」って、韻を踏んでてなかなかのセンス。
    「お決まりのハゲおやじ」と最後に「今日も(ホッ)戸田ボート」ってのは、どこまで本気で作ったのだろうか?

    このどうなってるのか分からないキャラの短足も、幸せそーな表情も、いいなぁ。



    おかげさまで 選手たちに空白は ありませんでした。

    戸田競艇場内のポスター(おかげさまで 選手たちに空白は ありませんでした。)
     

    このどこまで本気で書いたのか分からないキャラ、良い!
    真面目にコメント書くなら、世の中の経済活動が止まっている中で、選手は活動し続けていたわけだ。
    確かに選手は無観客開催だろうが、緊急事態宣言中だろうが選手たちは走り続けていたな。と、改めて思う。

    そこを「無事つなげることができました」とか、ありきたりの言葉じゃなく選手たちに空白は ありませんでした」という言葉を持ってくるあたり、上手いわ。



    お迎えできる日が 来ないのかと 思ってました ; ;

    戸田競艇場内のポスター(お迎えできる日が 来ないのかと 思ってました ; ; )
     

    これは高度なポスターだ
    カエルと「ファンが帰る」をかけているんだろう。

    あともしかしたらボートのターンが遠くに描かれているので「ターンが返る」にもかかっているのかもしれない。
    まるで暗号のようなこのポスター、凄くないだろうか?

    これは単純に「お帰りなさい」とかいった「施工者側の素直な気持ち」をポスターにしたものではない。

    ファンのいつ通常開催が戻ってくるのか待ち望んでいた気持ちと、その事を表現するのに、普通に考えればそのうち収まるコロナを「お迎えできる日が 来ないのかと 思ってました」って、諦めきっていたという、超ネガティブ思考の文字を持ってくるあたり、すごい。



    的中券突っ込む キャッシュ出てくる これだよ これ!

    戸田競艇場内のポスター(的中券突っ込む キャッシュ出てくる これだよ これ!)
     

    なんだこのネコは?
    「スマホに入金されても よろこびいまいちサ」って、これは本場や場外などを主に利用していたファンの声なのだろう。
    8枚のポスターの1枚にこのネタを選ぶあたりも、考案した人もかなりの競艇ファンなのだろう。

    実際、当たると現金がその場で出てくるという感覚は、体験した事のある者にしか分からない感覚だろうし、これが舟券の醍醐味だというファンもいる。
    無観客開催後に舟券を買い始めるようになったファンには、一回でいいから本場で的中券を現金に換える喜びを知ってもらいたい。…という含みもあるのかもしれない



    やっぱり舟券が手許になくちゃ!

    戸田競艇場内のポスター(やっぱり舟券が手許になくちゃ!)
     

    これも同じような感じで、本場でしか味わえない魅力だ。
    ネット投票よりも勝負している感があるし、買い目もすぐ分かる。…といったところにフォーカスしたネタ。

    この絵のタッチは似てるものの、何ひとつ登場キャラには統一したものがない。
    しかし8つのポスターはどれも高度で、もしボツネタがあるなら全て見てみたいと思った。



    ポスター設置場所は?

    このなんともユルい8つのポスターは、場内のいたる所に貼られている

    現在窓口が開いている1階・3階・5階(有料席)に貼られており、普通にしていれば自ずと目に入ってくる。

    どの場所にどのポスターが貼っているかは、自分自身でボートレース戸田まで行って確認して欲しいw
    興味が湧いた人は、ぜひボートレース戸田へ行ってみては!?


無料予想のある、優良競艇予想サイト

  • 【優良】

    安い。3000円からで無料予想の的中率、回収率も高い!

     6/21には「KING」というコースで、びわこ6R(22.3倍)→びわこ8R(10.4倍)と、2レースとも4点という少点数で転がしを成功させ、20万 8000円の払い戻し。
    リアルタイムボートは有料コースの値段の安さが魅力的だ。最近減ったがリアルタイム予想も必見だ。

  • 【優良】

    競艇道と同じIPだが随分と違う。

     6/19 「ラリアットデイ」という予想で江戸川6R(17.3倍)→江戸川7R(9.7倍)とコロガシが成功し、20万 790円の配当となった。
    闘魂ボートでも無料予想の長期検証を2回、2ヶ月もかけて行ったが、結果が良かったので注目することとなった。

  • 【優良】

    見解はないが、提供する予想の精度はいい

     6/19デイスタンダード」でびわこ11R(15.8倍)→多摩川8R(15.5倍)とコロガシ成功、19万 5300円の払戻し。
    無料予想の見解が載っていないのが少し残念ではあるが、的中率、回収率は良いのでヨシとしよう。

  • 【優良】

    競艇ジャンキーTの知識と情報、見解がスゴイ

     6/7には「モーニングパック」で芦屋2R(20.9倍)→芦屋4R(12.3倍)で15万 3750円の払戻し。

    業界一の競艇の知識を持つサイトではないだろうか。実際に予想担当者が現地で収穫した情報やブログなど、生々しい本物の情報が提供されるのはココだけだと思う。
    無料予想とコンテンツだけでも十分に楽しめるサイトだ。

  • 見解が凄い。競艇・競馬・競輪の予想販売をしてる3競 3K

     6/6には「H予想」で、児島10R(30.1倍)→児島12R(21.9倍)とコロガシで、26万 2800円の払戻し。
    競馬予想も、競艇予想も、競輪予想も、なんと1つのアカウント全ての無料予想の閲覧が可能となる。また、この三競競艇という競艇予想サイトも提供される予想に「必ず載ってる」見解が秀逸なので、無料情報でも参考になる。

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競艇予想サイトの抜き打ち検証」は、競艇予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/06/17

ハピボという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ハピボ」という競艇予想サイト特商法に基づく表記を見ると、「株式会社ビギニング」という法人が運営していることになっているが、現在「ユラナス」という社名で運営している会社がリリースしている競艇予想サイトにソックリ

ハピボの住所もユラナスが社名変更する前の旧グループ会社の「ACT」が使用していた同じ住所を使用しているし、関連会社なのか、ただ真似をしているだけなのか分からない。とても気になる運営会社である。


そんな「ハピボ」の第一回目の抜き打ち検証だが、無料予想もユラナス運営の競艇予想サイト「あたりマクリ」などの買い目とそっくりで、1レースあたり2万円も推奨している。

今回検証する競艇予想サイト「ハピボ」の無料予想(無料情報)は、2024/06/17のびわこ2Rで提供された買い目である。

ハピボという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ハピボの無料予想(2024/06/17)

結果:2-5-1

ヤング戦という事もあり、実力差に開きがある事が多い。そういうレースは特に、A級の実績のある選手を注目しがちなのだが、実際はどうなのか。このレースではまず5号艇宮之原に目がいった。

ただ、モーター自体はまだまだな気配である。ドリームを快勝したものの正味の足はどれも弱い。インというのが勝てた要因として大きかった。コースも遠いので1着にくるのは厳しく、相手までの評価だった。


足が良いのは間違いなく2号艇上田だろう。スリット近辺の行き足が良いだけでなく、その後の伸びもある。びわこで有名な中間整備(非開催日に整備士が整備する事)好影響が間違いなく出ていた。コースも2コースと内コースであり、ここは1着信頼しかなかったように思う。

あとは1号艇上原のイン残し、近況好調な4号艇飛田までで良かった。


ハピボの予想はやはり足をきちんと分析できていない。宮之原が1着で来る可能性は高くないレースなのに、全面的に1着で信頼している。これでは的中する事はできない。


上田のモーターが出ているのは初日を見れば明らかであった。おそらくレースリプレイも見ずに予想していたんだろう


2024/06/19

舟ビジョンという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

検証当時、舟ビジョン(舟VISION)はサイトが未完成だったからか、何度試しても無料予想の閲覧ができなくなった。後日、別の手法で再検証できるようになったのだが、わずか12日間の予想精度があまりにも集客サイトの戦績と違うから笑える。


集客サイト(解体新書)によれば的中率100%の10戦10勝だったハズなんだが、的中率25%12戦3勝 9敗だぞ(笑)

収支結果も集客サイトによれば回収率539%の、43万超えのプラス収支とのことだが、競艇検証.comが12日間連続検証してみたら、回収率は24%で、 わずか12日間で収支結果はマイナスー9万 1100円となった。


競艇検証.comが舟ビジョン (舟VISION)の「調子の悪かったところだけを切り取った」と思われたくないので、今後も引き続き舟ビジョン (舟VISION)の無料予想の検証を続けるが、とりあえず今回検証するのは2024/06/19の三国9Rで提供された買い目である。

舟ビジョン (舟VISION)という競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 舟ビジョン (舟VISION)の無料予想(2024/06/19)

三国9Rのレース結果:4-2-1


現在のボートレースはインコースが圧倒的に強いことはこれまでに何度も伝えている。それは間違いないのだが、全ての選手がインが得意というわけではない。 中には苦手な選手もいる。このレースはそういう部分が重要なレースであった。


1号艇柴田インが不得意な選手の一人である。とにかくインで逃げ切れていない。直近6ヶ月の1着率は約13%、それ以前も1着率はひどいものであった。


間違いなくインに苦手意識を持っている。こういう選手はモーターが良かろうが関係ない。外コースで成績を残していてもだ。 つまり、1着では買えないというわけだ(2・3着でも買いづらい)


その点を考慮すれば、まず4号艇川上が軸になるだろう。足は伸び中心に悪くはない。ただ、伸び切るまでではないのでおそらく1マークは差しに絞ってくる。

インの柴田がターンを外すのでその内を切り込むだけで良い。1・2着争い必至であった。


正味の足では地元2号艇川村も負けていない。全ての足が水準以上で、同じく柴田の内を差せば高い確率で着に絡んでくる。この2人中心で良かった。


柴田1着の予想ばかりをしている段階で、的中する気あるのかと思ってしまう。インがいくら強いと言っても、乗っている選手の方が圧倒的に重要だからだ。その辺りを考慮できない所がよく分かる買い目であった。