最終更新日:2024年07月20日に更新しました。現在までに確認した競艇予想サイトの口コミ数:16,237

競艇の楽しみ方〜番外編 (競艇ボートレースにおける「決まり手」と、2コースの戦法に変化?) 〜競艇検証.comの競艇コラム

  1. 競艇ボートレースにおける「決まり手」と、2コースの戦法に変化?


  2. 【検証】各コースの基本的な「決まり手」

    競艇ボートレースにおける「決まり手」というのを知っているだろうか?
    1着の選手がどのようにして勝利を収めたのかを示すものだが(相撲の決まり手みたいな感じで)その決まり手には全部で6種類ある。

    逃げ
    差し
    まくり
    まくり差し
    抜き
    恵まれ


    これは基本的には1周目1マーク時の戦法を指しており、道中での抜きや、1着選手のフライング等による繰り上がりでの1着の恵まれを除いては、その戦法はコースによって決まっている。

    例えば1コースの選手であれば、逃げ以外の選択肢はないし、逆に言えばその他のコースの選手において逃げ勝ちは存在しない。
    そして、3〜6コースの選手に関しては全て同じで、差しまくりまくり差しの3択である。

    この中でポイントとなってくるのは2コースであろう。
    まくり差し」というのは、まくって差すという2つの戦法を組み合わせているため内に最低2艇いないと成立しないので、差しまくりの2つの選択しかない。

    2つしかないとなれば、どちらも半分ずつくらいの割合で行われているのかと思うかもしれないが、実際のレースをたくさん見れば一目瞭然で、そのほとんどが「差し」を選択する
    つまり2コースのセオリーは「差し」であるという事なのだ。

    しかし、このボートレースファンであれば誰しも知っているであろうこのセオリーに、最近少し変化が出ているようなのだ。
    2コースまくりが増えているのだ。
    それはどういう事なのか?
    今回詳しく掘り下げてみたいと思う。



    【検証】差し・まくりの割合が変化

    まず2コースにおけるまくり率の変遷を見て欲しい。

    《2コースのまくり率》

    2016年 25.4%
    2017年 25.2%
    2018年 24.5%
    2019年 23.7%(一番低い)
    2020年 24.4%
    2021年 25.7%
    2022年 27.4%(2月までの2ヶ月)

    このような感じである。
    感覚としてはもう少しまくりの割合が全体的に低いのかな?と思っていただけに、意外と高いなという印象である。
    ここ近年で一番低い時でも約24%あるのだから驚いた。
    まぁしかし4レースに1レースという割合から考えれば、圧倒的に差しが多い状況に変わりはない。

    そんな中で2019年以降まくり率が右肩上がりで上昇しているのだ。
    2022年に関してはまだ途中ではあるが、その上昇率は凄く、一気に約2%も上昇している。
    このまま30%近くまで伸びそうな勢いである。

    もし30%までまくり率が増えるとなれば、もはや2コースを差しだけと決めつけるのは相当危険であり、予想を根本的に変えなくてはいけないかもしれない。
    差し」と「まくり」ではレースの展開が全く変わってくるからだ。



    【検証】なぜまくりが増えたのか?

    ではなぜまくりが増えているのだろうか?

    確定的な理由は分からないが、ある程度要因を推測する事が出来る。
    選手自身が全体的に伸びを意識した調整にシフトしているからではないだろうか。

    現在の伸び調整はトレンドになっており、「藤山翔太」「菅章哉」「高田ひかる」などはその代表的な選手である。

    この3選手は伸び仕様にして以降、成績が右肩上がりで伸びはじめ、遂には艇界の最高峰レースSGにも出場できるようになった。
    この流れから伸びるように調整して、2コースから自ら攻めるレースをする選手が増えたのだと思う。

    そしてもう一つ。
    インコースの選手に脅威を与える事ができるというのも要因ではないだろうか。
    2コースの選手は基本「差し」、これはファンだけでなく選手もそう思っており、インの選手に関しても2コースへの対応としては差しを警戒するだけでいい。

    しかし「まくり」もあるかもしれないと思わせる事ができれば、そこを意識してインの選手は2コースの選手を張ったようなターンをするかもしれない。
    そうなれば、ターンマークが大きく開くので、差し切る事もより容易に出来るようになる。
    そういう意味で、2コースからまくりの可能性もあると思わせるのが重要であるし、実際にまくっていく姿を見せるという意味もあるのだろう。

    これはインコースの勝率が高くなり過ぎた反動なのかもしれない。
    2コース差し、3コースまくり、4コース差し、5コース差しかまくり差し、6コース差しという定番の「セオリー通り」のレースに選手自身も飽きており、この状況を打破して行こうというマインドが働いているようにも思える。
    これが2コースまくり増加の主な要因では無いだろうか。



    【検証】主な選手の2コース戦法

    全体の流れとしては「まくり」が増えているのだが、選手によっては2コースの戦法が顕著な選手もいる。
    特徴ある選手を紹介したい。

    まず、伸び仕様のトレンドを作った3選手、藤山・菅・高田である。

    藤山・菅・高田の場合(2コース戦法)

    名前 まくり 差し
    藤山翔太 90.9% 9.1%
    菅章哉 80.0% 20.0%
    高田ひかる 75.0% 16.7%
    ※外の艇に締められるなどして振り込むなどして、1マークで勝負できていないパターンもあるので合わせて100%にならない可能性もある。

    やはり「まくり」が圧倒的に多い。
    2コース「差し」がセオリーであるというのを、一瞬忘れてしまいそうになる数字だ。

    銘柄級の選手はどうか?

    銘柄級の選手の場合(2コース戦法)

    名前 まくり 差し
    佐藤翼 59.1% 40.9%
    田頭実 58.6% 35.7%
    菊池孝平 42.1% 42.1%
    瓜生正義 20.0% 77.9%
    峰竜太 20.0% 70.9%
    馬場貴也 6.7% 86.7%
    辻栄蔵 5.0% 70.0%

    これを見れば分かるのだが、本当に選手によってはっきりと差が出る。

    佐藤や田頭などは積極的に攻める選手で有名なのだが、2コースでも果敢にまくっていくのが分かる。

    その一方で、馬場や辻は「差し屋」として有名であり、2コース時もほとんど差し一本で勝負している。
    瓜生や峰は平均辺りといった所だろうか。

    菊池に関しては、戦前からまくりにいこうとするケースの他に、スタートが早く決まったために、結果的にまくっていくというのも多々ありそうである(菊池は艇界でも1.2を争うスタート巧者)


    そして最後に意外なデータをお伝えしたい。

    驚きのデータ(2コース戦法)

    名前 まくり 差し
    平尾崇典 0.0% 100%

    これには驚いた。

    平尾崇典と言えば、まくり屋のイメージが強いのだが、2コース時には必ず差しを選択している(過去1年だが)

    その他のコースではまくり勝ちの方が差し勝ちより多い選手だけに、意外である。
    唯一と言ってもいいくらいに、2コース時の戦法が自身のスタイルと真逆の選手であるので、この事実だけは覚えておくといいだろう。

    とにかく2コースまくり率が急上昇しているので、今後は舟券の予想を行う上でも、そこも考慮しておく必要があると思う。
    2コース=差し」と決めつけていると、その内痛い目をみるかもしれない。


関連コラム

無料予想のある、優良競艇予想サイト

  • 【優良】

    安い。3000円からで無料予想の的中率、回収率も高い!

     7/13には「ナイトコロガシ」というコースで、大村3R(39.2倍)→丸亀7R(8.6倍)と、2レースとも5点で転がしを成功させ、20万 2100円の払い戻し。
    リアルタイムボートは有料コースの値段の安さが魅力的だ。最近減ったがリアルタイム予想も必見だ。

  • 【優良】

    見解はないが、提供する予想の精度はいい

     7/11イン鉄板コロガシ」で三国11R(16.9倍)→宮島9R(13.2倍)とコロガシ成功、26万 6640円の払戻し。
    無料予想の見解が載っていないのが少し残念ではあるが、的中率、回収率は良いのでヨシとしよう。

  • 【優良】

    競艇ジャンキーTの知識と情報、見解がスゴイ

     7/4には「ちょいプラス+」という低額プランでびわこ8R(12.5倍)→びわこ9R(11.3倍)と、2レースともわずか4点で的中させ、21万 1310円の払戻し。

    業界一の競艇の知識を持つサイトではないだろうか。実際に予想担当者が現地で収穫した情報やブログなど、生々しい本物の情報が提供されるのはココだけだと思う。
    無料予想とコンテンツだけでも十分に楽しめるサイトだ。

  • 見解が凄い。競艇・競馬・競輪の無料予想が1つのアカウントで閲覧可能。

     7/3には「H予想」で、浜名湖8R(20.6倍)→浜名湖10R(32.4倍)とコロガシで、26万 5680円の払戻し。
    競馬予想も、競艇予想も、競輪予想も、なんと1つのアカウント全ての無料予想の閲覧が可能となる。また、この三競競艇という競艇予想サイトも提供される予想に「必ず載ってる」見解が秀逸なので、無料情報でも参考になる。

  • 【優良】

    競艇道と同じIPだが随分と違う。

     6/19 「ラリアットデイ」という予想で江戸川6R(17.3倍)→江戸川7R(9.7倍)とコロガシが成功し、20万 790円の配当となった。
    闘魂ボートでも無料予想の長期検証を2回、2ヶ月もかけて行ったが、結果が良かったので注目することとなった。

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競艇予想サイトの抜き打ち検証」は、競艇予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/07/16

ビッグボートという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競艇予想サイト「ビッグボート」の無料予想(無料情報)は、2024/07/16の江戸川2Rで提供された買い目である。

ビッグボートという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ビッグボートの無料予想(2024/07/16)

江戸川2Rのレース結果:4-5-6


江戸川で始まったG2戦。全選手がA級の選手であり、基本的には内コースが有利になるが、このレースに関しては例外であった。4号艇の佐藤のまくり一撃が有力だったからである。


まず、佐藤の引いたモーター50号機は、前節行き足から伸びにかけての足がかなり良かった。
この足で4カドになれば攻めていくのは必至であり、内枠勢としては抵抗できる足もなく、正直厳しかったように思う。普通にスタートを決めるだけでいい。


さらに、佐藤自身がまくり屋であるという点も大きい。4コースの1着のほとんどがまくりでのものであり、全コースで差しよりもまくり勝ちの方が多いのだ。佐藤がまくるのは明白だった。


相手として展開が向くのは5号艇上田6号艇山田だろう。

佐藤のまくりに乗って差し続くだけでいい。2・3着として信頼できたと思う。
いわゆるスジ舟券」というやつだ。


そんな状況に反して、予想は内枠4人の3連複BOX。本当に1マークの展開を考えているのかと疑うレベルのものであった。
モーターと選手(佐藤)を考えれば簡単なレースだった。



2024/07/18

ビーボートという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競艇予想サイト「ビーボート」の無料予想(無料情報)は、2024/07/18の浜名湖7Rで提供された買い目である。

ビーボートという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ビーボートの無料予想(2024/07/18)

浜名湖7Rのレース結果:2-5-1

1号艇にはB1級の羽野諒。初日2走は2連対と好発進を切っていた。
足は回り足がやや良く見え、出足や伸びも中堅レベルはあったように思う。しかし、イン戦で必勝かと問われると、かなり疑問であった


要因は羽野のイン戦の特徴にある。
羽野はインコース時にターンが流れることが多く、直近6ヶ月の1着率も25%とインとしてはかなり低い。これでは1着で推すことはできない。

ただ、流れるだけで先マイはしているので2・3着に残る可能性は十分ある。2連対率は約67%、3連対率に関しては約92%と信頼できるだろう。
要は「差されて負けている」ということだ。

そう考えると2号艇石塚差しが有力となる。羽野同様回り足の気配が良かったので、普通に考えれば差し切る。


また、4コースになりそうな5号艇天野も忘れてはいけない(新人の4号艇井澤が外に出るため)。4コース時は2連対率約52%、3連対率も約86%と差しの展開は逃さない。2番差しから高い確率で伸ばしてくると想定できる。


ビーボートの予想はとにかく羽野の1着が多いのが間違っている。
通常は勝てるコースの1コースだが、得意としていない選手や走り方に特徴のある選手は間違いなくいる。羽野はそういう選手だ。

今回、その辺りを考えない単調な予想だったと言える。堅くないインを必要以上に推して、その結果外したということだ。