最終更新日:2024年07月20日に更新しました。現在までに確認した競艇予想サイトの口コミ数:16,237

競艇の楽しみ方〜番外編 (女子ボートレーサー対象の、プレミアムG1新設!) 〜競艇検証.comの競艇コラム

  1. 女子ボートレーサー対象の、プレミアムG1新設!

    女子選手のプレミアムG1を新設

    日本モーターボート競走会は3月14日、女子ボートレーサーを対象としたプレミアムG1を新設すると発表した。

    その名も「プレミアムG1・スピードクイーンメモリアル競走」。

    第1回開催は2025年2月に開催されるという事だ(2024年度)。
    これにより、2月に行われているレディースオールスターは5月に移る。

    現在、女子のプレミアムG1は8月レディースチャンピオン、12月クイーンズクライマックスの2つが行われているのだが、このスピードクイーンメモリアルで3つ目となる。プレミアムG1全体の数としては6つ目だ(マスターズチャンピオン・ヤングダービー・BBCトーナメント)



    選出方法はレースタイム?選出方法が新しい

    BBCトーナメントやボートレース甲子園など、ビッグレースが新しく増える事はそこまで珍しい事ではないが、このスピードクイーンメモリアルこれまでにない画期的な選出方法を採用するようだ。

    それは「レースタイム」である。
    タイムを選出基準にしているレースは現在まで一度もなく、初の試みとなる。

    そもそもだが、タイムは1マークの展開などで随分変わってくるので、ボートレースにおいてはそれほど重視されない。
    もちろん選手の中には意識して走っている人もいるだろうが、それ以上に大事なのはそのレースにおいての着順であり、タイムは二の次・三の次と言った感じである。

    ファンの間でもほとんどの人が意識しておらず、正直どっちでもいい。
    そのタイムを基準にするというのだから、ある意味斬新である。

    詳しい選出方法としては以下の通りである。

    ・A1級、A2級、B1級の女子
    ・過去1年間(12月1日~11月30日)の各競走場の競走において1着を獲得した競走のうち、最も速いレースタイムを記録した者(24名)
    ・各競走場から推薦された者(24名)
    ・当該施工者の希望する者(4名)


    それと、複数の場で最も速いレースタイムを記録した選手がいる場合は、そのタイムを比較して、最も速いものを記録した場の代表者として選出されるようだ。
    また最も速いタイムを記録した選手が他の場の代表となった場は、次に速いレースタイムを記録した選手が選ばれるという事である。

    なんだかややこしいが、要するにタイム上位者が選ばれるとだけ覚えれば良い。



    現在のスピードクイーンは誰だ?

    タイムに注目した事がほとんどなかったので、全く未知数だが、現在女子でレースタイムが速い選手は誰なのだろうか?
    SGを優勝した遠藤エミや、クイーンズクライマックスを連覇した田口節子は上位に入っているのだろうか?

    今年の2月に開催が行われていたと仮定して、選出期間である2021年12月1日~2022年11月30日までの各場の最速タイムを調べてみた
    以下の通りである。

    2021年12月1日~2022年11月30日までの最速タイム

    開催場 日付 選手名 タイム
    桐生 2022/2/10 中田夕貴 1.46.8
    戸田 2021/12/21 大豆生田蒼 1.47.6
    戸田 2022/5/17 堀之内紀代子 1.47.6
    江戸川 2022/1/24 滝川真由子 1.49.4
    平和島 2022/2/9 廣中智紗衣 1.47.6
    多摩川 2022/1/22 渡邉優美 1.46.2
    浜名湖 2022/2/17 黒澤めぐみ 1.47.7
    蒲郡 2021/12/31 出口舞有子 1.46.4
    常滑 2021/12/5 海野ゆかり 1.47.4
    2022/1/23 藤原菜希 1.47.0
    三国 2022/3/29 遠藤エミ 1.47.3
    びわこ 2022/1/8 守屋美穂 1.47.3
    住之江 2021/12/19 遠藤エミ 1.47.1
    尼崎 2022/1/14 守屋美穂 1.46.6
    鳴門 2022/10/26 遠藤エミ 1.45.9
    丸亀 2022/5/3 守屋美穂 1.47.7
    児島 2022/5/5 田口節子 1.46.7
    宮島 2022/2/18 小野生奈 1.48.3
    徳山 2022/1/19 倉持莉々 1.49.1
    下関 2022/2/17 守屋美穂 1.46.6
    若松 2022/2/3 魚谷香織 1.47.4
    若松 2022/2/6 守屋美穂 1.47.4
    芦屋 2022/3/7 渡邉優美 1.45.4
    福岡 2021/12/28 大橋栄里佳 1.47.1
    唐津 2022/3/25 渡邉優美 1.46.9
    大村 2021/12/4 三浦永理 1.46.4

    …とまあこんな感じだが、改めて思うのは夏場に記録されたものが一切ないという事だ。

    モーターは気温の低い冬場の方が動きが良いので、そのほとんどが1・2月の一番寒い時期になる。
    なので大会出場のカギを握っているのは、この時期の走りという事になるだろう。

    そんな中でも戸田、丸亀、児島が5月に出ているのが面白い。
    戸田は良いとして、丸亀と児島は瀬戸内海地方にある。
    これが何かしら影響しているのかもしれない。

    選手としては圧倒的に守屋美穂の数が多い。
    24場中5場と凄く、その次が遠藤エミと渡邉優美の3場だと考えると突出している。

    守屋美穂
    ▲ 守屋美穂


    スピードクイーン一番近いのは、現在の所「守屋美穂」という事だろう。
    あと、田口節子はきっちり地元児島の最高タイムを記録していた。

    タイムとしては、芦屋で渡邉優美が記録した1分45秒4が最高で、平均的には1分47秒と言った所だろうか。
    ちなみに、現行モーターでの女子最高タイムも渡邉優美で、1分44秒8らしい。

    渡邉優美
    ▲ 渡邉優美



    男子も含めた歴代最高タイムは?

    参考程度に女子のタイムを出してみたが、男子も含めた歴代最高タイムはどうだろうか?

    調べた所、歴代最高最速タイムは2012年1月に馬場貴也がびわこで、2018年12月に中村尊が芦屋で記録した「1分44秒2」みたいである。

    渡邉優美の記録と1秒も変わらないと思うかもしれないが、このコンマ6秒はかなり大きい。
    3~4艇身分(大体15m弱)の差があるという事になるのだから。


    ただ逆に思うのは、馬場は昨年のMVPを獲得するレベルのトップ選手であり、その馬場が一番速いタイム、史上最高のレコードタイムを叩き出したと言っても1分44秒台であるという事だ。

    女子はたった1年間の各場のタイムでも1秒差、最高タイムだとコンマ6秒しか違わないのかと思ってしまう(最初の意見と相反するがw)
    つまり、女子の方が重量が軽く、その差がタイムに反映されているのではないかという事だ。

    ターンレベルでは男子の方が圧倒的に上である。
    これがこれまでの男女のタイム差の主な要因だったようなのだが、最近では遠藤や守屋、渡邉など、男子に負けないようなターンをする選手が多い。
    ターンレベルの差が縮まれば、シンプルに重量差がタイムに出てくるだろう。

    そう考えれば、今回のプレミアムG1新設は最高タイム更新のきっかけになるかもしれない。
    新設により女子選手がタイムを意識して走れば、馬場や中村の記録を更新できる可能性があるからだ。

    新設されたプレミアムG1は、2025年2月に初開催である。
    まだ少し先だが、気長にその開催を待ちましょう。


関連コラム

無料予想のある、優良競艇予想サイト

  • 【優良】

    安い。3000円からで無料予想の的中率、回収率も高い!

     7/13には「ナイトコロガシ」というコースで、大村3R(39.2倍)→丸亀7R(8.6倍)と、2レースとも5点で転がしを成功させ、20万 2100円の払い戻し。
    リアルタイムボートは有料コースの値段の安さが魅力的だ。最近減ったがリアルタイム予想も必見だ。

  • 【優良】

    見解はないが、提供する予想の精度はいい

     7/11イン鉄板コロガシ」で三国11R(16.9倍)→宮島9R(13.2倍)とコロガシ成功、26万 6640円の払戻し。
    無料予想の見解が載っていないのが少し残念ではあるが、的中率、回収率は良いのでヨシとしよう。

  • 【優良】

    競艇ジャンキーTの知識と情報、見解がスゴイ

     7/4には「ちょいプラス+」という低額プランでびわこ8R(12.5倍)→びわこ9R(11.3倍)と、2レースともわずか4点で的中させ、21万 1310円の払戻し。

    業界一の競艇の知識を持つサイトではないだろうか。実際に予想担当者が現地で収穫した情報やブログなど、生々しい本物の情報が提供されるのはココだけだと思う。
    無料予想とコンテンツだけでも十分に楽しめるサイトだ。

  • 見解が凄い。競艇・競馬・競輪の無料予想が1つのアカウントで閲覧可能。

     7/3には「H予想」で、浜名湖8R(20.6倍)→浜名湖10R(32.4倍)とコロガシで、26万 5680円の払戻し。
    競馬予想も、競艇予想も、競輪予想も、なんと1つのアカウント全ての無料予想の閲覧が可能となる。また、この三競競艇という競艇予想サイトも提供される予想に「必ず載ってる」見解が秀逸なので、無料情報でも参考になる。

  • 【優良】

    競艇道と同じIPだが随分と違う。

     6/19 「ラリアットデイ」という予想で江戸川6R(17.3倍)→江戸川7R(9.7倍)とコロガシが成功し、20万 790円の配当となった。
    闘魂ボートでも無料予想の長期検証を2回、2ヶ月もかけて行ったが、結果が良かったので注目することとなった。

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競艇予想サイトの抜き打ち検証」は、競艇予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/07/16

ビッグボートという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競艇予想サイト「ビッグボート」の無料予想(無料情報)は、2024/07/16の江戸川2Rで提供された買い目である。

ビッグボートという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ビッグボートの無料予想(2024/07/16)

江戸川2Rのレース結果:4-5-6


江戸川で始まったG2戦。全選手がA級の選手であり、基本的には内コースが有利になるが、このレースに関しては例外であった。4号艇の佐藤のまくり一撃が有力だったからである。


まず、佐藤の引いたモーター50号機は、前節行き足から伸びにかけての足がかなり良かった。
この足で4カドになれば攻めていくのは必至であり、内枠勢としては抵抗できる足もなく、正直厳しかったように思う。普通にスタートを決めるだけでいい。


さらに、佐藤自身がまくり屋であるという点も大きい。4コースの1着のほとんどがまくりでのものであり、全コースで差しよりもまくり勝ちの方が多いのだ。佐藤がまくるのは明白だった。


相手として展開が向くのは5号艇上田6号艇山田だろう。

佐藤のまくりに乗って差し続くだけでいい。2・3着として信頼できたと思う。
いわゆるスジ舟券」というやつだ。


そんな状況に反して、予想は内枠4人の3連複BOX。本当に1マークの展開を考えているのかと疑うレベルのものであった。
モーターと選手(佐藤)を考えれば簡単なレースだった。



2024/07/18

ビーボートという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競艇予想サイト「ビーボート」の無料予想(無料情報)は、2024/07/18の浜名湖7Rで提供された買い目である。

ビーボートという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ビーボートの無料予想(2024/07/18)

浜名湖7Rのレース結果:2-5-1

1号艇にはB1級の羽野諒。初日2走は2連対と好発進を切っていた。
足は回り足がやや良く見え、出足や伸びも中堅レベルはあったように思う。しかし、イン戦で必勝かと問われると、かなり疑問であった


要因は羽野のイン戦の特徴にある。
羽野はインコース時にターンが流れることが多く、直近6ヶ月の1着率も25%とインとしてはかなり低い。これでは1着で推すことはできない。

ただ、流れるだけで先マイはしているので2・3着に残る可能性は十分ある。2連対率は約67%、3連対率に関しては約92%と信頼できるだろう。
要は「差されて負けている」ということだ。

そう考えると2号艇石塚差しが有力となる。羽野同様回り足の気配が良かったので、普通に考えれば差し切る。


また、4コースになりそうな5号艇天野も忘れてはいけない(新人の4号艇井澤が外に出るため)。4コース時は2連対率約52%、3連対率も約86%と差しの展開は逃さない。2番差しから高い確率で伸ばしてくると想定できる。


ビーボートの予想はとにかく羽野の1着が多いのが間違っている。
通常は勝てるコースの1コースだが、得意としていない選手や走り方に特徴のある選手は間違いなくいる。羽野はそういう選手だ。

今回、その辺りを考えない単調な予想だったと言える。堅くないインを必要以上に推して、その結果外したということだ。