最終更新日:2024年07月20日に更新しました。現在までに確認した競艇予想サイトの口コミ数:16,237

★競艇基礎知識〜トリビア (急増した10万舟の現状と、出現頻度など原因などを分析) 〜競艇検証.comの競艇コラム

  1. 急増した10万舟の現状と、出現頻度など原因などを徹底分析

    ボートレースで10万舟を狙え?

    ボートレースでも競馬でも、やる上で重要なのはその配当だろう。

    最近ではインの強さが際立ってきており、1着率は約55%もあるのだが、その分的中した時の配当は低い

    3連単で300円台の超低配当も以前のようにレアケースではなく割と普通になってきており、そこまで低くはなくとも1000円を切るようなオッズはほとんどのレースで見られる。

    低配当があるという事は、逆に言えば超のつく高配当も起きる可能性があるという事だ。
    オッズが割れていればそんな事はないのだが、ここまでインに偏ったオッズになれば当然である。

    では超高額配当の基準は何だろうか?
    やはり10万円を超える配当、すなわち10万舟という事になるだろう。

    からつの10万舟
    ▲ からつの10万舟



    ボートレースの3連単は120通り

    ご存知かと思うが、ボートレースの3連単は120通りである。

    その全てを最低額の100円で賭けるとすれば、合計で1万2000円かかる。
    その約8倍もの配当であるのだから、その凄さが分かる(競馬で言えば400万馬券くらいだ)
    ほとんどの人が来ると思っていないからこその配当だ。


    万舟は取った事のある人はほとんどだろうが、10万舟となればかなり少ないのではないだろうか。
    一回でも取った事のある人はその話を自慢するレベルのものだと思うし、穴党だけではなく全ての人が一度は取ってみたいと思うのが10万舟なのだと思う。
    言わば、10万舟はボートレースファンのロマンなのだ(笑)

    勝手に豪語してみたが、実際10万舟というものがどれくらいの頻度で起きているのかや、以前との違いはどうなのかを分かっている人は少ないと思う。

    そこで今回はこの10万舟の現状について調べてみたい。
    もしかしたら10万舟ゲットのヒントが隠されているかもしれないので、絶対にチェックして欲しい。



    10万舟出現頻度と、その原因

    いきなりだが、もうシンプルに10万舟がどれくらいの確率で起きているのかを調べてみた。
    結果は以下の通りだ。

    2001年 0.19%(526レースに1回)
    2006年 0.29%(345レースに1回)
    2011年 0.42%(238レースに1回)
    2016年 0.50%(200レースに1回)
    2021年 0.53%(190レースに1回)
    2022年 0.60%(167レースに1回)


    直近の2022年では167レースに1回起きている。…こう書くとあまりピンと来ないかもしれないが、通常1日に10場以上開催しているので、1日に1回は10万舟が起きると考えたら分かりやすいだろう。

    これが多いか少ないかは個人差によるかもしれないが、基本的に10万舟は超高額配当であるので、はっきり言って多い。2001年と比べれば明らかだ。約3倍も増加している事を考えればその多さが分かると思う。

    インの1着率の増加とともに出現率も増えてきているのだが、ここ2・3年はイン1着率は微増であるにもかかわらず、10万舟は飛躍的に増加している

    なぜなのだろうか?

    推測するにインがより過剰に人気しているという事だろう。
    ここ最近の売上げの増加の主要因は、新規のファンの増加である。

    この新規ファンがあまり分からずにインで勝負をしているのではないだろうか。
    それがオッズに反映されて、結果10万舟の出現率が増えている。‥と、考える事ができると思うのだが実際はどうなのか?
    詳細はともかく、出現率が増えているのは10万舟を狙う上で素直に嬉しい事ではある。



    10万舟の多いレース場は?

    では、10万舟が出現しやすいレース場はどこなのだろうか?

    というかそこまでの大きな違いがあるのだろうか?
    2022年の出現率で比べたい。


    場   出現率   回数
    桐生  0.82% 19回
    戸田  0.33% 8回
    江戸川 0.38% 8回
    平和島 0.67% 15回
    多摩川 0.48% 11回
    浜名湖 0.53% 13回
    蒲郡  0.73% 16回
    常滑  0.48% 12回
    津   0.47% 11回
    三国  0.50% 12回
    びわこ 0.38% 8回
    住之江 0.86% 21回
    尼崎  0.63% 15回
    鳴門  0.68% 15回
    丸亀  0.96% 23回
    児島  0.95% 22回
    宮島  0.43% 10回
    徳山  0.66% 16回
    下関  0.69% 15回
    若松  0.56% 13回
    芦屋  0.53% 12回
    福岡  0.55% 13回
    唐津  0.81% 19回
    大村  0.27% 6回


    まず思うのは、差がけっこうあるという事だ。
    多い場は約1%あるのに、少ない所は0.3%ほどしかない。
    約3倍の開きがあるのだ。
    これは大きい。

    そしてもう一つ面白いのが、インの一番強い大村とインの一番弱い戸田が揃って出現率が低いという点だ。

    インが強すぎるが故にそもそもそんな超高配当が出ないという理由と、インが弱すぎる故に他のコースからでも勝負ができるので、人気が割れて超高配当にならないという理由であろう。
    オッズの面白い部分を表している数字である。

    出現率の高いのは丸亀児島の瀬戸内海2場だ。
    理由は全く分からないがそういう傾向があるというのはかなり重要なので、覚えておきたいデータである。



    10万舟の際の1着艇番

    10万舟が出現する際の1着の艇番はどうなのだろうか?
    まぁ大方の予想通りではあるが。


    1号艇  0.6%
    2号艇 12.9%
    3号艇 10.8%
    4号艇 12.0%
    5号艇 24.3%
    6号艇 39.3%


    当たり前だが6号艇が一番多い
    約4割もの10万舟が6号艇1着であるので、10万舟を狙う時(?)は6号艇だけでいいのかもしれない。

    あと驚いたのは1号艇1着でも10舟のレースがある事だ。
    まぁまず間違いなく1号艇が新人や格下の選手で、尚且つ実績のある選手がイン以外にいるケースで、2・3着も格下選手が絡んだ時だろう。


    では、6号艇1着時の2着はどうなのか?


    6-1 25.2%
    6-2 29.0%
    6-3 27.5%
    6-4 16.8%
    6-5 19.1%


    これは少し意外な結果だった。
    6号艇が1着なら、より外枠の5号艇の方が10万舟が出やすいのかと思えばそうではないようだ。

    5号艇が攻めてのスジ舟券は穴人気するという事だろうか。
    内側の残りの方が確率的に高いので、6-1や6-2、6-3を中心に絞ってみるのも良いかもしれない。


    10万舟の現状についていろいろ調べてみたが、如何だろう?
    そう簡単に取れるものではないが、これらのデータを基に自分なりに狙ってみても面白いだろう。



無料予想のある、優良競艇予想サイト

  • 【優良】

    安い。3000円からで無料予想の的中率、回収率も高い!

     7/13には「ナイトコロガシ」というコースで、大村3R(39.2倍)→丸亀7R(8.6倍)と、2レースとも5点で転がしを成功させ、20万 2100円の払い戻し。
    リアルタイムボートは有料コースの値段の安さが魅力的だ。最近減ったがリアルタイム予想も必見だ。

  • 【優良】

    見解はないが、提供する予想の精度はいい

     7/11イン鉄板コロガシ」で三国11R(16.9倍)→宮島9R(13.2倍)とコロガシ成功、26万 6640円の払戻し。
    無料予想の見解が載っていないのが少し残念ではあるが、的中率、回収率は良いのでヨシとしよう。

  • 【優良】

    競艇ジャンキーTの知識と情報、見解がスゴイ

     7/4には「ちょいプラス+」という低額プランでびわこ8R(12.5倍)→びわこ9R(11.3倍)と、2レースともわずか4点で的中させ、21万 1310円の払戻し。

    業界一の競艇の知識を持つサイトではないだろうか。実際に予想担当者が現地で収穫した情報やブログなど、生々しい本物の情報が提供されるのはココだけだと思う。
    無料予想とコンテンツだけでも十分に楽しめるサイトだ。

  • 見解が凄い。競艇・競馬・競輪の無料予想が1つのアカウントで閲覧可能。

     7/3には「H予想」で、浜名湖8R(20.6倍)→浜名湖10R(32.4倍)とコロガシで、26万 5680円の払戻し。
    競馬予想も、競艇予想も、競輪予想も、なんと1つのアカウント全ての無料予想の閲覧が可能となる。また、この三競競艇という競艇予想サイトも提供される予想に「必ず載ってる」見解が秀逸なので、無料情報でも参考になる。

  • 【優良】

    競艇道と同じIPだが随分と違う。

     6/19 「ラリアットデイ」という予想で江戸川6R(17.3倍)→江戸川7R(9.7倍)とコロガシが成功し、20万 790円の配当となった。
    闘魂ボートでも無料予想の長期検証を2回、2ヶ月もかけて行ったが、結果が良かったので注目することとなった。

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競艇予想サイトの抜き打ち検証」は、競艇予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/07/16

ビッグボートという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競艇予想サイト「ビッグボート」の無料予想(無料情報)は、2024/07/16の江戸川2Rで提供された買い目である。

ビッグボートという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ビッグボートの無料予想(2024/07/16)

江戸川2Rのレース結果:4-5-6


江戸川で始まったG2戦。全選手がA級の選手であり、基本的には内コースが有利になるが、このレースに関しては例外であった。4号艇の佐藤のまくり一撃が有力だったからである。


まず、佐藤の引いたモーター50号機は、前節行き足から伸びにかけての足がかなり良かった。
この足で4カドになれば攻めていくのは必至であり、内枠勢としては抵抗できる足もなく、正直厳しかったように思う。普通にスタートを決めるだけでいい。


さらに、佐藤自身がまくり屋であるという点も大きい。4コースの1着のほとんどがまくりでのものであり、全コースで差しよりもまくり勝ちの方が多いのだ。佐藤がまくるのは明白だった。


相手として展開が向くのは5号艇上田6号艇山田だろう。

佐藤のまくりに乗って差し続くだけでいい。2・3着として信頼できたと思う。
いわゆるスジ舟券」というやつだ。


そんな状況に反して、予想は内枠4人の3連複BOX。本当に1マークの展開を考えているのかと疑うレベルのものであった。
モーターと選手(佐藤)を考えれば簡単なレースだった。



2024/07/18

ビーボートという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競艇予想サイト「ビーボート」の無料予想(無料情報)は、2024/07/18の浜名湖7Rで提供された買い目である。

ビーボートという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ビーボートの無料予想(2024/07/18)

浜名湖7Rのレース結果:2-5-1

1号艇にはB1級の羽野諒。初日2走は2連対と好発進を切っていた。
足は回り足がやや良く見え、出足や伸びも中堅レベルはあったように思う。しかし、イン戦で必勝かと問われると、かなり疑問であった


要因は羽野のイン戦の特徴にある。
羽野はインコース時にターンが流れることが多く、直近6ヶ月の1着率も25%とインとしてはかなり低い。これでは1着で推すことはできない。

ただ、流れるだけで先マイはしているので2・3着に残る可能性は十分ある。2連対率は約67%、3連対率に関しては約92%と信頼できるだろう。
要は「差されて負けている」ということだ。

そう考えると2号艇石塚差しが有力となる。羽野同様回り足の気配が良かったので、普通に考えれば差し切る。


また、4コースになりそうな5号艇天野も忘れてはいけない(新人の4号艇井澤が外に出るため)。4コース時は2連対率約52%、3連対率も約86%と差しの展開は逃さない。2番差しから高い確率で伸ばしてくると想定できる。


ビーボートの予想はとにかく羽野の1着が多いのが間違っている。
通常は勝てるコースの1コースだが、得意としていない選手や走り方に特徴のある選手は間違いなくいる。羽野はそういう選手だ。

今回、その辺りを考えない単調な予想だったと言える。堅くないインを必要以上に推して、その結果外したということだ。