最終更新日:2024年04月12日に更新しました。現在までに確認した競艇予想サイトの口コミ数:15,759

★競艇基礎知識〜トリビア (SG最年少優勝記録〜SGの様々な記録保持者は?) 〜競艇検証.comの競艇コラム

  1. SG最年少優勝記録〜SGの様々な記録保持者は?

    羽野直也の20代でのSG優勝

    SGオーシャンカップで、羽野直也SG初優勝を果たした。

    SGオーシャンカップで、羽野直也がSG初優勝
    ▲ SGオーシャンカップで、羽野直也がSG初優勝


    羽野直也は数年前からいつ取るのだろうかと期待され続けてきた逸材なわけだが、ようやく優勝する事ができた。
    しかも、SG優勝戦歴代最高配当のおまけつきである。

    この優勝で気になったのが羽野の年齢だ。
    優勝を果たした時点で羽野は28歳

    若いと言えば若いのだが、もうすぐ30歳を迎える年齢であるので、若すぎる事もないだろう。
    アスリートの世界として考えれば、中堅の領域なのかもしれない。

    ただ、ボートレースで考えるとどうなのか。
    個人的には早い感覚だったのだが、羽野のSG戴冠は遅いのだろうか?
    ここ数年ヤングダービーに出ている選手で(30歳未満)、SGを優勝しているような選手は出場していないので、基本的には羽野はかなり早い方だとは思うのだが、果たしてどうなのか。

    そこで今回は、歴代のSG優勝記録を調べ直す事でその部分を検証していきたいと思う。



    SG最年少優勝記録

    気になるSG最年少優勝記録だが、羽野の28歳と比べてどうなのか。
    SGの最年少優勝記録を調べてみた。

    順位 選手名   優勝年齢(優勝SG)
    1位 服部幸男  21歳(92年平和島・ダービー)
    2位 今村豊   22歳(84年浜名湖・オールスター)
    3位 貴田宏一  22歳(57年びわこ・メモリアル)
    4位 岡崎恭裕  23歳(10年浜名湖・オールスター)
    5位 山崎智也  23歳(97年唐津・ダービー)

    以上である。
    これを見て思うのが、羽野の優勝が特段早くはなかったという事だ。
    5位までに入っていないどころか、それより下の10位(10位は服部の24歳4ヶ月)までにも入っていない。

    というより、1位の服部の優勝年齢が21歳と若すぎる

    SGの最年少優勝記録保持者の服部幸男
    ▲ SG最年少優勝記録保持者の服部幸男


    21歳と言えば、まだデビューして間もないような若手の時期で、普通はA級にすら上がるのが難しい時期である。
    多くの選手がまだレースを覚えている段階だ。

    その年齢で最高峰のレースであるSGを優勝する事自体が異次元すぎることなのだ。
    デビューしてから3年半というのもかなり早い。

    1位服部優勝動画
    1位服部優勝動画



    2位の今村も22歳10ヶ月というのだから、こちらも凄い。
    デビューしてから2年11ヶ月の記録という事で、服部よりもその部分では勝っている。


    上位の中で異質なのが4位の岡崎だろう。
    5位まで、もっと言えば10位まで調べても近年でランクインしているのはこの岡崎のみ。
    現代のボートレースとは違うような時代に記録されたものばかりだが、岡崎の達成した2010年は、データで見ると少しずつインの1着率が上昇していた時代である。

    言ってみれば、昔と現代の間くらいであろう。
    その中で優勝したのだからシンプルに凄い。

    ちなみだが、岡崎は2004年でデビューしているので、優勝したのは7年目という事になる。
    そう考えれば妥当なのか?

    現代のボートレースではこの記録を更新するのは難しいのかもしれない。
    なので、服部の記録は今後も永遠に破られる事はないだろうと思う。



    SG最年長優勝記録

    では逆にSG優勝の最年長記録はどうなのだろうか。
    こちらも調べてみました。

    順位 選手名   優勝年齢(優勝SG)
    1位 安岐真人  52歳7ヶ月(97年メモリアル)
    2位 野中和夫  52歳6ヶ月(96年オーシャンカップ)
    3位 野中和夫  51歳6ヶ月(95年グランドチャンピオン)
    4位 安岐真人  50歳8ヶ月(95年ダービー)
    5位 野中和夫  49歳11ヶ月(93年グランプリ)

    非常に面白い結果が出てきた

    ランキング上位は安岐真人と野中和夫が独占しているのである。

    その上、達成しているのが全て90年代だ。


    最年少も90年代がランクしている事を考えれば、若手の勢いとベテランの厚い壁がぶつかりあっていた時代だと見る事ができる。
    ある意味一番面白かった時代なのかもしれない。

    ただ一つ思うのは、昔より現代の方が50歳でも若くえるし、元気なのにもかかわらず、20年以上もこの記録が更新されていないという事だ。
    マスターズ世代でも、まだバリバリSGを走っている選手が多いのに、なぜなのだろうか?


    現在でも活躍している松井繁や今垣光太郎はすでに53歳を越えているので、更新の可能性もあると思うのだが。



    SG初優勝最年長記録

    SG初優勝を高年齢で果たした記録はどうなのだろうか。
    以下の通りである。

    順位 選手名   優勝年齢(優勝SG)
    1位 長嶺豊   49歳11ヶ月(93年ダービー)
    2位 岩口昭三  48歳0ヶ月(90年クラシック)
    3位 松野寛   47歳9ヶ月(88年メモリアル)
    4位 大森健二  46歳6ヶ月(94年クラシック)
    5位 徳増秀樹  45歳6ヶ月(20年グランドチャンピオン)

    まず注目なのが5位の徳増だろう。
    長年SGに出場してきて、ようやくの戴冠。
    SGに出場し続ける事が如何に大事なのかが分かる優勝であった。

    他の選手はかなり前に引退しているので詳しくは分からないが、おそらく徳増と同じようなパターンでの優勝なのではないだろうか。
    SGをいくつも優勝するレベルの選手であれば、そもそもこのランクに入ってくる事はない。
    だが、SGに出場できないレベルの選手であれば優勝のチャンスすらないだろう。

    その中間の選手
    G1は優勝する強豪ではあるものの、SGで優勝候補に名が挙がるレベルではない選手。

    出場回数が増えれば、時には良いモーターを引く事がある。
    そういうチャンスを、高年齢になってようやくものにしたという感じだ。


    現在SG未冠の中で、年齢が高年齢で一番可能性が高い選手おそらく重成一人だろうと思う。
    G1優勝6回、SG優出8回と限りなく実績的にSG優勝に近いだけでなく、今年8月に行われたメモリアルでも予選トップ通過も果たしており、近況も好調だ(準優2着で優勝戦2号艇を逃す)

    現在の年齢は45歳2ヶ月、徳増の記録だけでなく、もっと上位の記録も更新できる可能性は十分にある。
    本人からしたら不名誉な記録かもしれないが、ぜひランクインするようにSG初優勝を達成して欲しいと思う。


    服部21歳9か月というSG最年少優勝記録を更新する日はくるのだろうか。
    羽野の28歳が早いと思っているようでは、厳しいと言わざるを得ないかな。


無料予想のある、優良競艇予想サイト

  • 【優良】

    競艇ジャンキーTの知識と情報、見解がスゴイ

     4/5にはまたもや「モーニングパック」で津1R(29.9倍)→津4R(18.2倍)で16万 1980円の払戻し。

    業界一の競艇の知識を持つサイトではないだろうか。実際に予想担当者が現地で収穫した情報やブログなど、生々しい本物の情報が提供されるのはココだけだと思う。
    無料予想とコンテンツだけでも十分に楽しめるサイトだ。

  • 【優良】

    安い。3000円からで無料予想の的中率、回収率も高い!

     4/4にはクイーン(200pt)というコースで、多摩川4R(19.1倍)→多摩川7R(12.2倍)と、5点と4点という少点数で転がしを成功させ、13万 9080円の払い戻し。
    リアルタイムボートは有料コースの値段の安さが魅力的だ。最近減ったがリアルタイム予想も必見だ。

  • 見解が凄い。競艇・競馬・競輪の予想販売をしてる3競 3K

     4/3には「村上予想」で、蒲郡6R(30.0倍)→蒲郡8R(8.2倍)とコロガシで、14万 7600円の払戻し。
    競馬予想も、競艇予想も、競輪予想も、なんと1つのアカウント全ての無料予想の閲覧が可能となる。また、この三競競艇という競艇予想サイトも提供される予想に「必ず載ってる」見解が秀逸なので、無料情報でも参考になるぞ。

  • 【優良】

    競艇道と同じIPだが随分と違う。

     3/27 「ラリアットナイター」という予想で大村2R(30.7倍)→大村4R(11.8倍)とコロガシが成功し、21万 7120円の配当となった。
    闘魂ボートでも無料予想の長期検証を2回、2ヶ月もかけて行ったが、結果が良かったので注目することとなった。

  • 【優良】

    見解はないが精度はいい

     3/27 「デイスタンダード」で常滑7R(12.0倍)→常滑9R(11.6倍)とコロガシ成功、11万 1360円の払戻し。
    無料予想の見解が載っていないのが少し残念ではあるが、的中率、回収率は良いのでヨシとしよう。

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競艇予想サイトの抜き打ち検証」は、競艇予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/04/08

ボートぴあという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競艇予想サイトボートぴあの無料予想(無料情報)は、2024/04/08の福岡1Rで提供された買い目である。

ボートぴあという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ボートぴあの無料予想(2024/04/08)

開催5日目一般戦だ。
1号艇馬場後半に準優を控えるが、当然ここはシード番組であり人気を背負う状況。
間違いなくスタートは踏み込むと想定できた。

足自体はバランス型の印象で、どれを取っても水準以上のレベルにはある。
インから逃げるには十分であった。

その上、インでの直近10走は7勝2着2回と安定感もある。
1着固定の予想で良かったように思う。

問題はその相手であるが、筆頭候補である2号艇石倉のリズムが悪い。
減点をくらって予選落ちを喫した上に、スタートも安定していない。
本来であれば信頼したい所ではあるが、このレースにおいては過信禁物といった感じであった。

3号艇伊達は回り足が良い感じで3コース向きの足、4号艇熊本は出足型で差し展開をきっちり捉える足はあったように見えた。
6号艇竹之内は足自体は良いものの、6コースではほぼ絡まないので消しで良い。

ボートぴあの予想は石倉を信頼し過ぎである。
やはり、節間のリズムは重要なので(何事もそうだが)、その辺りを考慮していなかったという所だろう。

馬場が堅いので、シンプルに2〜4コースの選手を相手に予想していれば的中できていただけに、不的中は痛い。



2024/04/11

みずたびという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

「みずたび」の無料予想の1ヶ月検証で予想精度も出たが、相変わらずだった。

的中率:26%(23戦6勝 17敗
回収率:53%の、マイナス-21万 7200円のマイナス終始となった。

今回検証するみずたびの無料予想(無料情報)は、2024/04/11の芦屋7Rで提供された買い目である。

みずたびという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ みずたびの無料予想(2024/04/11)

今節から芦屋は新モーターを導入している。

レースをまだ走っていない段階なので、評価はまだ確定はしていないが、前検の気配を見る限りでは、2号艇雑賀は出足と行き足が強めで、3号艇渡邉は回ってからの足が良いという感じであった。
4号艇日笠も行き足はしっかりしていたと思う。
この3選手が良かったと言えるだろう。

一方、1号艇中村は少し弱めに映った。
特にターン回りの足が不安であった。

もちろん初日という事もあって、地元のアドバンテージで逃げ切る事もあるだろうが、決して鉄板ではなかったように思う。
1着固定で予想するのは危険である。
ただ、スタートは行くと想定できるので、差されても2着には残すだろう。

3コースにおける渡邉は、まくり差しで1着を取る事が多いので、ここも外マイではなく雑賀と中村の間に艇を向ける可能性が高い。
そうなれば、3-1の目は十分狙えた。

3着には雑賀と日笠辺りだろう(どちらも各コースでの3連対率は十分)
5号艇表6号艇森はコースが遠い上に実績もないので、ここでは消しで良かった。

予想は「3-4-1」の目が正直要らなかった。
渡邉がまくり差すと、1号艇中村は2着に残る。
外攻めの展開を想定していたような予想であった。
その1点を、雑賀絡みの目に振っていれば的中できたと思う。