最終更新日:2024年07月20日に更新しました。現在までに確認した競艇予想サイトの口コミ数:16,237

★競艇基礎知識〜トリビア (SG最年少優勝記録〜SGの様々な記録保持者は?) 〜競艇検証.comの競艇コラム

  1. SG最年少優勝記録〜SGの様々な記録保持者は?

    羽野直也の20代でのSG優勝

    SGオーシャンカップで、羽野直也SG初優勝を果たした。

    SGオーシャンカップで、羽野直也がSG初優勝
    ▲ SGオーシャンカップで、羽野直也がSG初優勝


    羽野直也は数年前からいつ取るのだろうかと期待され続けてきた逸材なわけだが、ようやく優勝する事ができた。
    しかも、SG優勝戦歴代最高配当のおまけつきである。

    この優勝で気になったのが羽野の年齢だ。
    優勝を果たした時点で羽野は28歳

    若いと言えば若いのだが、もうすぐ30歳を迎える年齢であるので、若すぎる事もないだろう。
    アスリートの世界として考えれば、中堅の領域なのかもしれない。

    ただ、ボートレースで考えるとどうなのか。
    個人的には早い感覚だったのだが、羽野のSG戴冠は遅いのだろうか?
    ここ数年ヤングダービーに出ている選手で(30歳未満)、SGを優勝しているような選手は出場していないので、基本的には羽野はかなり早い方だとは思うのだが、果たしてどうなのか。

    そこで今回は、歴代のSG優勝記録を調べ直す事でその部分を検証していきたいと思う。



    SG最年少優勝記録

    気になるSG最年少優勝記録だが、羽野の28歳と比べてどうなのか。
    SGの最年少優勝記録を調べてみた。

    順位 選手名   優勝年齢(優勝SG)
    1位 服部幸男  21歳(92年平和島・ダービー)
    2位 今村豊   22歳(84年浜名湖・オールスター)
    3位 貴田宏一  22歳(57年びわこ・メモリアル)
    4位 岡崎恭裕  23歳(10年浜名湖・オールスター)
    5位 山崎智也  23歳(97年唐津・ダービー)

    以上である。
    これを見て思うのが、羽野の優勝が特段早くはなかったという事だ。
    5位までに入っていないどころか、それより下の10位(10位は服部の24歳4ヶ月)までにも入っていない。

    というより、1位の服部の優勝年齢が21歳と若すぎる

    SGの最年少優勝記録保持者の服部幸男
    ▲ SG最年少優勝記録保持者の服部幸男


    21歳と言えば、まだデビューして間もないような若手の時期で、普通はA級にすら上がるのが難しい時期である。
    多くの選手がまだレースを覚えている段階だ。

    その年齢で最高峰のレースであるSGを優勝する事自体が異次元すぎることなのだ。
    デビューしてから3年半というのもかなり早い。

    1位服部優勝動画
    1位服部優勝動画



    2位の今村も22歳10ヶ月というのだから、こちらも凄い。
    デビューしてから2年11ヶ月の記録という事で、服部よりもその部分では勝っている。


    上位の中で異質なのが4位の岡崎だろう。
    5位まで、もっと言えば10位まで調べても近年でランクインしているのはこの岡崎のみ。
    現代のボートレースとは違うような時代に記録されたものばかりだが、岡崎の達成した2010年は、データで見ると少しずつインの1着率が上昇していた時代である。

    言ってみれば、昔と現代の間くらいであろう。
    その中で優勝したのだからシンプルに凄い。

    ちなみだが、岡崎は2004年でデビューしているので、優勝したのは7年目という事になる。
    そう考えれば妥当なのか?

    現代のボートレースではこの記録を更新するのは難しいのかもしれない。
    なので、服部の記録は今後も永遠に破られる事はないだろうと思う。



    SG最年長優勝記録

    では逆にSG優勝の最年長記録はどうなのだろうか。
    こちらも調べてみました。

    順位 選手名   優勝年齢(優勝SG)
    1位 安岐真人  52歳7ヶ月(97年メモリアル)
    2位 野中和夫  52歳6ヶ月(96年オーシャンカップ)
    3位 野中和夫  51歳6ヶ月(95年グランドチャンピオン)
    4位 安岐真人  50歳8ヶ月(95年ダービー)
    5位 野中和夫  49歳11ヶ月(93年グランプリ)

    非常に面白い結果が出てきた

    ランキング上位は安岐真人と野中和夫が独占しているのである。

    その上、達成しているのが全て90年代だ。


    最年少も90年代がランクしている事を考えれば、若手の勢いとベテランの厚い壁がぶつかりあっていた時代だと見る事ができる。
    ある意味一番面白かった時代なのかもしれない。

    ただ一つ思うのは、昔より現代の方が50歳でも若くえるし、元気なのにもかかわらず、20年以上もこの記録が更新されていないという事だ。
    マスターズ世代でも、まだバリバリSGを走っている選手が多いのに、なぜなのだろうか?


    現在でも活躍している松井繁や今垣光太郎はすでに53歳を越えているので、更新の可能性もあると思うのだが。



    SG初優勝最年長記録

    SG初優勝を高年齢で果たした記録はどうなのだろうか。
    以下の通りである。

    順位 選手名   優勝年齢(優勝SG)
    1位 長嶺豊   49歳11ヶ月(93年ダービー)
    2位 岩口昭三  48歳0ヶ月(90年クラシック)
    3位 松野寛   47歳9ヶ月(88年メモリアル)
    4位 大森健二  46歳6ヶ月(94年クラシック)
    5位 徳増秀樹  45歳6ヶ月(20年グランドチャンピオン)

    まず注目なのが5位の徳増だろう。
    長年SGに出場してきて、ようやくの戴冠。
    SGに出場し続ける事が如何に大事なのかが分かる優勝であった。

    他の選手はかなり前に引退しているので詳しくは分からないが、おそらく徳増と同じようなパターンでの優勝なのではないだろうか。
    SGをいくつも優勝するレベルの選手であれば、そもそもこのランクに入ってくる事はない。
    だが、SGに出場できないレベルの選手であれば優勝のチャンスすらないだろう。

    その中間の選手
    G1は優勝する強豪ではあるものの、SGで優勝候補に名が挙がるレベルではない選手。

    出場回数が増えれば、時には良いモーターを引く事がある。
    そういうチャンスを、高年齢になってようやくものにしたという感じだ。


    現在SG未冠の中で、年齢が高年齢で一番可能性が高い選手おそらく重成一人だろうと思う。
    G1優勝6回、SG優出8回と限りなく実績的にSG優勝に近いだけでなく、今年8月に行われたメモリアルでも予選トップ通過も果たしており、近況も好調だ(準優2着で優勝戦2号艇を逃す)

    現在の年齢は45歳2ヶ月、徳増の記録だけでなく、もっと上位の記録も更新できる可能性は十分にある。
    本人からしたら不名誉な記録かもしれないが、ぜひランクインするようにSG初優勝を達成して欲しいと思う。


    服部21歳9か月というSG最年少優勝記録を更新する日はくるのだろうか。
    羽野の28歳が早いと思っているようでは、厳しいと言わざるを得ないかな。


無料予想のある、優良競艇予想サイト

  • 【優良】

    安い。3000円からで無料予想の的中率、回収率も高い!

     7/13には「ナイトコロガシ」というコースで、大村3R(39.2倍)→丸亀7R(8.6倍)と、2レースとも5点で転がしを成功させ、20万 2100円の払い戻し。
    リアルタイムボートは有料コースの値段の安さが魅力的だ。最近減ったがリアルタイム予想も必見だ。

  • 【優良】

    見解はないが、提供する予想の精度はいい

     7/11イン鉄板コロガシ」で三国11R(16.9倍)→宮島9R(13.2倍)とコロガシ成功、26万 6640円の払戻し。
    無料予想の見解が載っていないのが少し残念ではあるが、的中率、回収率は良いのでヨシとしよう。

  • 【優良】

    競艇ジャンキーTの知識と情報、見解がスゴイ

     7/4には「ちょいプラス+」という低額プランでびわこ8R(12.5倍)→びわこ9R(11.3倍)と、2レースともわずか4点で的中させ、21万 1310円の払戻し。

    業界一の競艇の知識を持つサイトではないだろうか。実際に予想担当者が現地で収穫した情報やブログなど、生々しい本物の情報が提供されるのはココだけだと思う。
    無料予想とコンテンツだけでも十分に楽しめるサイトだ。

  • 見解が凄い。競艇・競馬・競輪の無料予想が1つのアカウントで閲覧可能。

     7/3には「H予想」で、浜名湖8R(20.6倍)→浜名湖10R(32.4倍)とコロガシで、26万 5680円の払戻し。
    競馬予想も、競艇予想も、競輪予想も、なんと1つのアカウント全ての無料予想の閲覧が可能となる。また、この三競競艇という競艇予想サイトも提供される予想に「必ず載ってる」見解が秀逸なので、無料情報でも参考になる。

  • 【優良】

    競艇道と同じIPだが随分と違う。

     6/19 「ラリアットデイ」という予想で江戸川6R(17.3倍)→江戸川7R(9.7倍)とコロガシが成功し、20万 790円の配当となった。
    闘魂ボートでも無料予想の長期検証を2回、2ヶ月もかけて行ったが、結果が良かったので注目することとなった。

競艇予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競艇予想サイトの抜き打ち検証」は、競艇予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/07/18

ビーボートという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競艇予想サイト「ビーボート」の無料予想(無料情報)は、2024/07/18の浜名湖7Rで提供された買い目である。

ビーボートという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ビーボートの無料予想(2024/07/18)

浜名湖7Rのレース結果:2-5-1

1号艇にはB1級の羽野諒。初日2走は2連対と好発進を切っていた。
足は回り足がやや良く見え、出足や伸びも中堅レベルはあったように思う。しかし、イン戦で必勝かと問われると、かなり疑問であった


要因は羽野のイン戦の特徴にある。
羽野はインコース時にターンが流れることが多く、直近6ヶ月の1着率も25%とインとしてはかなり低い。これでは1着で推すことはできない。

ただ、流れるだけで先マイはしているので2・3着に残る可能性は十分ある。2連対率は約67%、3連対率に関しては約92%と信頼できるだろう。
要は「差されて負けている」ということだ。

そう考えると2号艇石塚差しが有力となる。羽野同様回り足の気配が良かったので、普通に考えれば差し切る。


また、4コースになりそうな5号艇天野も忘れてはいけない(新人の4号艇井澤が外に出るため)。4コース時は2連対率約52%、3連対率も約86%と差しの展開は逃さない。2番差しから高い確率で伸ばしてくると想定できる。


ビーボートの予想はとにかく羽野の1着が多いのが間違っている。
通常は勝てるコースの1コースだが、得意としていない選手や走り方に特徴のある選手は間違いなくいる。羽野はそういう選手だ。

今回、その辺りを考えない単調な予想だったと言える。堅くないインを必要以上に推して、その結果外したということだ。



2024/07/16

ビッグボートという競艇予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競艇予想サイト「ビッグボート」の無料予想(無料情報)は、2024/07/16の江戸川2Rで提供された買い目である。

ビッグボートという競艇予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ビッグボートの無料予想(2024/07/16)

江戸川2Rのレース結果:4-5-6


江戸川で始まったG2戦。全選手がA級の選手であり、基本的には内コースが有利になるが、このレースに関しては例外であった。4号艇の佐藤のまくり一撃が有力だったからである。


まず、佐藤の引いたモーター50号機は、前節行き足から伸びにかけての足がかなり良かった。
この足で4カドになれば攻めていくのは必至であり、内枠勢としては抵抗できる足もなく、正直厳しかったように思う。普通にスタートを決めるだけでいい。


さらに、佐藤自身がまくり屋であるという点も大きい。4コースの1着のほとんどがまくりでのものであり、全コースで差しよりもまくり勝ちの方が多いのだ。佐藤がまくるのは明白だった。


相手として展開が向くのは5号艇上田6号艇山田だろう。

佐藤のまくりに乗って差し続くだけでいい。2・3着として信頼できたと思う。
いわゆるスジ舟券」というやつだ。


そんな状況に反して、予想は内枠4人の3連複BOX。本当に1マークの展開を考えているのかと疑うレベルのものであった。
モーターと選手(佐藤)を考えれば簡単なレースだった。